Viltorox23

2021年02月24日

DSCF0673


ずっと35mmを標準レンズとして使ってきて、F2が最低ライン、できればF1.4がベストと考えている。50mmと違ってボケや立体感が出しにくく、少し引くとパンフォーカスになってしまうからだ。 

VILTROX  AF 23mm F1.4 STMは3万円台ながらF1.4を実現しており、フルサイズ換算でF2の被写界深度を持つ。フィルム時代のレンズのように、絞りを開けると少し柔らかく変化するところが面白い。
これに対してライカズミルックス35mmF1.4ASPHは、開放から合焦部が浮き上がるような粒立ち、立体感で違いを見せる。1絞り分の深度と、コントラスト性能の差が出ていると思う。
VILTROXはX-S10の機動力も併せて自由なアングルで30cmまで寄れる便利さもあり、使い分けるのか、いずれ1本化できるのか、悩ましいところだ。




robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • X-S10とX-T4
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • イノシシ
    • 上棟
    • F1.4
    • X-S10のグリップ
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • Uボート
    • Uボート
    • ブレードランナー2049