SWH15III

2017年08月08日

DSC06088

LEICA M-P + SWH15mm/f4.5III 
RRS L-Plate + SUNWAYFOTO DDH-03Ni + Manfrotto 755CX 

この組み合わせを固定で、残りのカットを手持ちのSONY RX10M2で押さえていくやり方で安定してきた。
RX10M2(24-200mm相当)が驚くほど使えるので、これの超広角バージョン(14-28mm相当とか)があったら最高なんだけどな...

robertohouse│コメント(0) 

2017年07月28日

IMG_0671

ステンドグラスから入る朝陽が綺麗でした。

robertohouse│コメント(0) 

2017年04月11日

IMG_9812   IMG_9815

ずっと心の中にあった建築が、ビジュアルになる瞬間に立ち会うこと。それが竣工写真撮影。
実際には基礎から順番に造られていくけれど、最後の最後まで完成した実感はない。
RRSのLプレートとコシナ15mmを外して、ズミルックスに交換し、素のライカに戻すとき、プロジェクトの終わりを実感する。

毎度同じようなこと書いてる気がするけど、毎度同じ心境だから(^_^;)

robertohouse│コメント(0) 

2016年12月11日

IMG_3081
SONY RX10M2

建築写真用のコシナSWH15mm F4.5 とLブラケットを外して、本来の底蓋とズミルックス がライカM に戻った時、プロジェクトの終わりを実感する…
しかしSONY RX10M2は何を撮るのも簡単だなあ…ライカの出番が減ってしまう(笑 

robertohouse│コメント(0) 

2016年12月03日

L1000151_640         IMG_8667

竣工写真を撮りに行ったら、知人のプロカメラマンにばったり!施工会社からの撮影依頼とのことで^^; 
というわけでお邪魔でしょうが一緒に撮りました(笑) ライカM+コシナ15mm VS キャノンEOS5D4+TS17mm の異種格闘技戦(笑)

彼もアルカスイス規格Lブラケットを付けていて、ほぼライブビューで撮影していました。
要所でストロボをバウンスさせるところはさすがプロ。やっぱり建築撮る人はTS17mmなんだよなあ... 

robertohouse│コメント(0) 

2016年12月02日

IMG_8668
LEICA M-P + SWH15mm/f4.5III

robertohouse│コメント(0) 

2016年01月30日

image
LEICA M-P + SWH15mm/f4.5III


robertohouse│コメント(0) 

2015年11月27日

robertohouse│コメント(0) 

2015年11月22日

image
SWH15mm/f4.5III

さてさて。続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2015年11月11日

14c91a47-s無限遠撮影で周辺にピントが来ない症状が腑に落ちず、コシナのサービス窓口に連絡してみた。像面湾曲が多少あるにしても、遠景に比べて近距離の解像度が猛烈にシャープで手前側に深度が深いので、もしかして無限遠が出ていないのではないかと思ったのだ。

サービス窓口の対応はとても親切で、メールで作例を送付して確認してもらい、やはり不具合の可能性があるとのことでレンズを送付した。 到着してすぐに連絡があり、ライカMとSONY α7+VMマウントアダプターでテストしたところ、やはり無限遠のピントがやや手前に来ているとのことだ。α7の場合はマウントアダプターがオーバーインフ気味(薄め)に作られているから周辺までピントが来るが、ライカでは突き当りまで回しても周辺が甘いという。中央は被写界深度になんとか収まるが、特に右側周辺が甘くなり、僅かな偏心の可能性もあるとのこと。 

(余談だが、光学系が改良されたこのIII型はα7でも周辺解像度が確保されている。II型は顕著に流れ、色かぶりもあった)

ともあれ可能な限り調整して頂けるとのことでホッとした。 コシナさんの対応は丁寧かつ迅速で素晴らしい。月末には竣工写真撮影もあるので楽しみだ。


     



robertohouse│コメント(4) 




最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索