OptonSonnar

2020年02月08日

73C373C8-218D-46A9-B87C-EF226E23B1B5  6CEF0CA9-BD8A-4504-8A8D-E025B8DEDF7C
LEICA M10-P + ZeissOptonSonnar5cm/f1.4

f1.5絞り開放で、コントラストは十分あり、解像もぎりぎり持ちこたえ、アウトフォーカスは絶妙な柔らかさ。
発色もオールドレンズにありがちな偏りはなく、ほんのり優しい味わい。これが1950年代生まれとは。
amedeoアダプターは距離計連動精度もばっちり。未だに50mmはゾナーとキエフ用ジュピター8しか持ってません。




robertohouse│コメント(0) 

2020年02月07日

C20B8753-EF69-478E-B226-2338902290C9
LEICA M10-P + ZeissOptonSonnar5cm/f1.4

 
続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2020年02月04日

EE408CD6-D347-43B2-BF24-32A5EBA0FA11
LEICA M10-P + ZeissOptonSonnar5cm/f1.4

明日からは雪の予報。ようやく冬が来ますかね...





robertohouse│コメント(0) 

2019年05月13日

L1002982a
LEICA M10-P + SWH15mm/f4.5III     AN邸

ライカMデジタルで建築写真を撮ることについて問い合わせがあった。ライカ使いはたくさんいても、建築を撮る人は少ないのかな(^^) 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年04月29日

9766180C-1F4C-48B9-96F5-33EABFF5E578
LEICA M10-P  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月27日

654297F6-F416-40CD-8731-35032A28BBF5
LeicaM10-P +ZeissOptonZonnar 50mm/f1.5

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月05日

IMG_1144
Zeiss Opton Zonnar 50mm/f1.5



robertohouse│コメント(0) 

2016年11月27日

D28131E5-F9B2-400E-B771-B2F5DEE44346 597CFCA2-DF00-4633-A776-646BBE09C690

中古美品が3800円!上カバーはまず使わないけど…
新入り君はこうしてカメラを撮るにも使いやすいし、さすがにiPhoneとは違う(^^;; 

しかしM6とツアイスゾナーは似合うなあ。amedeoの新型アダプターに感謝。 
現代のASPHレンズにも、クロームメッキのオールドレンズにも似合うのが、モダン・クラシックなM6の良さなんです。 

 

robertohouse│コメント(2) 

2016年09月07日

image

Amedeo Muscell

これは、いいものだー(^^)続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2015年01月29日

10553905_651857234934720_3737981680838765628_o 10665828_651857231601387_6468959139311403014_n

D600はもう手元に無いのだが...

当然ながらAF一眼レフとMFレンジファインダーを同列に比較することは出来ない。
D600は片手で撮れるし、接写も出来るし、超広角ズームや手振れ補正付きの望遠レンズも使える。一眼レフだから構図も正確だ。万能な仕事の道具と言える。
サイズの差は明らかで、D600を持ち出すにはちょっと気合が要るが、ライカは普通のバッグに入れて常時携帯出来る。カメラバッグも売ってしまおうかと思っている。
直感的な操作や持った感じのうっとり感はライカならではのもので、透視ファインダーの自然な視界は気持ちいい。ライカは私的な相棒という感じだろう。

AEやAWBの安定度ではニコンが上。カメラに任せるならニコンだ。ライカは自分好みに固定してオールマニュアルで撮るのが心地良い。感覚的には、フィルムカメラに近い。
メニュー構成やハードキーの操作性はライカのほうがシンプルでわかりやすい。
連写速度はニコンのほうが速いのだが、ライカのほうがタイムラグが少なくブラックアウトもない。バッテリーの持ちはほぼ同等だと思う。

ではカメラの本質たる画質はどうか。

同じ被写体で比較出来ないので印象になってしまうが、画像の雰囲気は明らかに違う。どちらも十分に優秀なので優劣ではない。
センサーの解像度はライカのほうが上だ。遠景の風景で、特にモノクロームで違いがよくわかる。ライカはピクセル単位でシャキッとしている。これはローパスレスが大きいのだと思う。
高感度は同等に感じる。ニコンはカメラ内JPEGだとカラーノイズが多いがCaptureonePRO8で現像すると解像感もノイズも劇的に向上する。
ライカはRAW現像とJPEGの差がそこまで大きくない。JPEGでもカラーノイズは目立たず、芯のしっかりした画像を出力する。ISO3200も粒状感はあるが十分実用になる。

レンズの違いもある。ズミクロン35mm/f2ASPHとニッコール35mm/f1.8を比較すると、遠景はライカが上だが、近景ではニコンが上だ。1997年発売のズミクロンはフローティング機構になっていないので、近接時に解像度が落ちるのだと思う。最近のズミルックスはフローティングである。間もなく発売予定のコシナツアイス35/1.4もそのようなので期待出来る。


robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • X-S10とX-T4
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • イノシシ
    • 上棟
    • F1.4
    • X-S10のグリップ
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • Uボート
    • Uボート
    • ブレードランナー2049