OptonSonnar

2020年02月08日

73C373C8-218D-46A9-B87C-EF226E23B1B5  6CEF0CA9-BD8A-4504-8A8D-E025B8DEDF7C
LEICA M10-P + ZeissOptonSonnar5cm/f1.4

f1.5絞り開放で、コントラストは十分あり、解像もぎりぎり持ちこたえ、アウトフォーカスは絶妙な柔らかさ。
発色もオールドレンズにありがちな偏りはなく、ほんのり優しい味わい。これが1950年代生まれとは。
amedeoアダプターは距離計連動精度もばっちり。未だに50mmはゾナーとキエフ用ジュピター8しか持ってません。




robertohouse│コメント(0) 

2020年02月07日

C20B8753-EF69-478E-B226-2338902290C9
LEICA M10-P + ZeissOptonSonnar5cm/f1.4

 
続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2020年02月04日

EE408CD6-D347-43B2-BF24-32A5EBA0FA11
LEICA M10-P + ZeissOptonSonnar5cm/f1.4

明日からは雪の予報。ようやく冬が来ますかね...





robertohouse│コメント(0) 

2019年05月13日

L1002982a
LEICA M10-P + SWH15mm/f4.5III     AN邸

ライカMデジタルで建築写真を撮ることについて問い合わせがあった。ライカ使いはたくさんいても、建築を撮る人は少ないのかな(^^) 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年04月29日

9766180C-1F4C-48B9-96F5-33EABFF5E578
LEICA M10-P  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月27日

654297F6-F416-40CD-8731-35032A28BBF5
LeicaM10-P +ZeissOptonZonnar 50mm/f1.5

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月21日

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月05日

IMG_1144
Zeiss Opton Zonnar 50mm/f1.5



robertohouse│コメント(0) 

2017年09月11日

IMG_4519
LEICA M6  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5 lomography400

ここには都市にはない豊かさがあり、そして足りないものもまた多い。

robertohouse│コメント(0) 

2017年09月09日

IMG_4521
LEICA M6  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5 lomography400

トイラボさんのスキャンはフィルムの特徴が出ている気がする。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年09月04日

IMG_4515
LEICA M6  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5 lomography400

トイラボさんからダウンロード連絡がくると嬉しい。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年06月24日

IMG_0537
LEICA M-P  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5

久々にライカ×てて。50年代ゾナーのボケ味はやはり最高!


robertohouse│コメント(2) 

2016年12月29日

IMG_3180

フィルム送付から6日ほどでダウンロード連絡が。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2016年11月27日

D28131E5-F9B2-400E-B771-B2F5DEE44346 597CFCA2-DF00-4633-A776-646BBE09C690

中古美品が3800円!上カバーはまず使わないけど…
新入り君はこうしてカメラを撮るにも使いやすいし、さすがにiPhoneとは違う(^^;; 

しかしM6とツアイスゾナーは似合うなあ。amedeoの新型アダプターに感謝。 
現代のASPHレンズにも、クロームメッキのオールドレンズにも似合うのが、モダン・クラシックなM6の良さなんです。 

 

robertohouse│コメント(2) 

2016年11月02日

IMG_2668
LEICA M-P  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5  +amedeo Adapter  

気分はライカMモノクローム...  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2016年11月01日

IMG_2654 
LEICA M-P  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5  +amedeo Adapter  ISO3200 

「フィルムライカが欲しい病」と並んで、「ライカMモノクロームが欲しい病」に定期的に罹る。(※銀色のライカが欲しいという点では同種の病)

普通のデジカメでは、色情報をもつ光はカラーフィルターで分光され、RGGBの4画素がそれぞれの色を担当し、これを画像処理で補完することでカラー画像を生成する。2400万画素のカメラであっても、実際の解像度は仮に真っ赤な被写体なら1/4になる。多くの場合、1/2~1/3程度になると考えられる。これに対してMモノクロームというカメラは、カラーフィルターを取り去り、1画素ごとに輝度情報を扱い、補完による演算を必要としない。「色を捨てる」ことでフル画素数分、正味の解像度を得るのである。カラーフィルターによる減光がない分、感度も向上し、センサー周辺の斜光にも強いと思われる。初代はライカM9をベースにしたCCDバージョン、後継の現行機はM-Ptyp240ベースのCMOSバージョンである(自分が欲しいのはCCDバージョン)。おそらくライカにしかできない尖ったカメラであるといえる。ややこれに近いのはシグマのfoveonであろうか。以前DP2merrillを借りて使わせて頂いたが、モノクロームでの解像感は凄かった。

1997-2000年頃に集中的にモノクロ撮影&自家プリントをして、それが自分の写真趣味の原点になっている。実はM-Pを入手したときにも、Mモノクロームは選択肢のひとつだった。カラー写真や仕事は一眼レフやミラーレスでこなし、趣味のモノクロームだけをライカで撮ることを考えたのだった。結果的にはオールマイティーなM-Ptyp240が正解だった。他のデジカメを全部売り払い、ライカ1台(+iPhone)だけで仕事からプライベートまで全てこなせて幸せになれた。まだまだ当分、自分の大切な相棒であり続けるだろう。 しかし苦節2年、貢ぎ続けた小遣いローンが終わり、またしても発症する重い病...

typ240でのモノクロ写真も悪くないのだけれどね...カラーフィルターの無いCCDの画像を見ては息を呑む...これはもはやライカではない、中判どころか4×5以上ではないか?

robertohouse│コメント(0) 

2016年10月22日

IMG_2622
LEICA M-P  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5

robertohouse│コメント(0) 

2016年09月13日

image

LEICA M-P  Opton Zonnar50mm/f1.5


連日のゾナー&柴犬(^^;; 絞り開放のふんわり滲むようなボケ味は、現代のレンズにはない魅力。

robertohouse│コメント(0) 

2016年09月12日

image
LEICA M-P  Opton Zonnar50mm/f1.5

Amedeo Muscell新型アダプターはピント精度が高い上に、速写性が劇的に向上した。というかライカレンズ並みになった(^^;; 
JPEG撮って出しでも発色、コントラストとも文句無し。ニッコールS.Cやヘリオス53mmは色に濁りや偏りがあってAWBに狂いが出やすかったが、ゾナーは 現代のレンズと同じように使うことが出来る。

robertohouse│コメント(0) 

2016年09月10日

image
LEICA M-P  Opton Zonnar50mm/f1.5

1950年代のレンズとしては、非点収差や口径食、光量低下が少ない。このようなうるさい背景では特にわかりやすい。
開放からコントラストも高く、当時のニッコールやライカのズマリットを圧倒する性能だったのではないだろうか。続きを読む

robertohouse│コメント(2) 




最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索