音楽とオーディオ 2008

2009年03月13日

9929a83e.jpg
「石井式リスニングルーム」の本が出たので買ってみた。
趣味と実益であるウインク


オーディオやホームシアターのような、小規模空間の音響設計指南書は皆無である。
音楽ホールやスタジオの設計技術はオーディオにも応用できるが、それだけでは足りない。

石井氏は元テクニクスのエンジニアで、リニアフェイズスピーカーやパラメトリックイコライザの開発者だそうだ。
エンジニアらしい理詰めと膨大な実験による貴重な情報が詰まっている。
設計・デザインの手法はともあれ、鏡像位置と低音の吸音を重視するコンセプトは納得できる。
少なくともオーディオ雑誌の1000倍くらい内容が濃い。 部屋の設計をする人でなくても勉強になる本だと思う。

部屋はスピーカーの外部エンクロージャーである。
音への影響は、部屋90%、スピーカー9%、アンプやプレーヤーは1%以下だろう。 アクセサリーの類は0.01%の世界だ...

オーディオを意識させない、でもマニア心をくすぐるようなリビングルームを設計してみたい。

ちなみにdueアトリエは音響は何ら考慮されていないが、石井理論の縦・横・高さの比率にほとんどぴったりである(偶然!)
空間が大きく、天井が高く、壁間距離が長く、床はコンクリートで全反射だが天井は筒抜けで、普通の部屋で問題になる100Hz以下の低音には癖がない。 
中低域の反射を抑え込めば良い音になる可能性は持っており、そのためのラインアレイ計画である。


ところで僕個人としては「オーディオ専用室」という空間は苦手。 (端から見れば独房...)
そんなものを持ったら出て来られなくなる落ち込み オーディオにはそんな魔力がある。



7f132679.jpg


富山のM邸。 
広さ30帖、天井高さ5.5mの大空間。 
30cm厚のコンクリートによる遮音、イタリアンスタッコ仕上げの壁、コンクリート直貼りの無垢フローリング。 天井裏に中?低周波の吸音構造を採用。
話し声の響きが自然なので、本格オーディオを置いてもきっと良い音がするのでは?ウインク

コメント(2) 

2009年03月09日

コメント(4) 

2008年12月31日

superfly 落ち込み

コメント(0) 

2008年12月21日

JBLのドライバーにしてから、ずっとやってみたかった。

ウーハーより6?8dBくらい能率マージンがあるから、300Bシングルアンプでもいけるんではないかと。

音出ししてみると、音量的にはほぼ問題ない。 能率差から、出力6wでも24?30wに相当する。
絹のような質感、柔らかく滑らかで繊細な音。 アッテネータをパス出来るメリットも出ているかもしれない。 これはこれで悪くない。


fe6024ad.jpg



しかし元に戻すと、差は歴然とする。 やはりパラレルプッシュプルアンプは圧倒的!! 音の飛び出しがまるで違う。
ドライバーのアンプを替えると、なぜか低域が膨らみキレ味がかなり落ちるようだ。
100wのハイブリッドアンプでもこれは同じだった。 スピードが揃わないという感じ。

ドライバーから低域は出ていないのに、なぜだろう。 人間の聴覚は不思議だ。

バイアンプ方式には、アッテネータを省略できる、逆起電力の影響を受けないというメリットがある。
しかしそんなものを吹き飛ばすほど、アンプのキャラクターや性能の違いは大きいのかな。 同じアンプを揃えれば良いのだろうが...

マルチをやっている人を尊敬します...落ち込み

コメント(6) 

2008年12月20日

忙しくなると、音楽を聴くのはほとんどデスクトップになる。

自作モニターバッフルは、ユニットを簡単に交換できるので楽しめる♪


独SABAの次は、シマさんに長らくお借りしている仏蘭西はSUPRAVOXという超レアもの。 ようやく聴くことが出来た。

パンと張ったダブルコーン、大きなアルニコマグネット、肉厚のダイキャストフレーム。 見るからに高級ユニットだ。
1950?60年代かな?

818bc92f.jpg
 a019e54a.jpg


音はびっくりするほどのハイファイびっくり


アルテックのような紙臭さもなく、現代ソースもオールラウンドになんなくこなす。 
もちろんヴィンテージ・フルレンジらしい味わいもある。
中域は分厚く力強く、カンカンしたところが皆無。 高域は10kHz止まりだがナロウには感じない。 
低域もしっかり出て、軽快でかつエネルギー感がある。
200リットルくらいの密閉箱に入れたら凄い音が出ると思う。



コレ欲しい....と思ったけれど、僕には手が出ない値段。

僕のメインスピーカーの15インチウーハー2220H+ドライバー2420+エクスクルーシブのホーン(全て中古)はペア合計12万円ほどで入手したが、SUPRAVOXペアでそれくらいするそうだ落ち込み


でもヴィンテージの世界でこれくらいは序の口らしい。
「管球王国」によく出ているWE755Aなんてペア80万円くらい困った たかが8インチのフルレンジが...

コメント(7) 

2008年12月12日

あり合わせの材料で作ったアッテネータボックス


こんなことになってます↓



8f2fe32d.jpg



炎神合体!!


1U型ブランクパネル(1200円)に穴を開けて、アッテネータボックスを固定しただけ。
EQのDRAWMER1961と、まるで一体型のように(笑

「スーパーコントロールアンプ」というイメージ♪

セレクターは無いので、XLR端子を抜き差しします(^^;)
RCAピンと違ってアースが先に触るため、抜き差しでノイズが出ないので安心、さすが業務用。

1.CDプレーヤーのバランス出力
2.ミズナガ・プリアンプのプリアウト (レコード、チューナー、USB?DAC、CDPより) →XLR変換ケーブル
3.デンスケ →XLR変換ケーブル
 

これらをEQに抜き差しして切り替えますが、慣れると面倒でもない(-_-)
アースループを考えると、音質的にもベスト?


57b54226.jpg
  cfa44521.jpg



a62e6a8b.jpg
EQのピークメーターを見ながら入力レベルをなるべく高く設定し、パワーアンプ前段に入れたパッシブアッテネータで適正音量に絞ります。 
パワーアンプの入力レベルでも少しトリムし、アッテネータで調整しやすいゲインにしています。 
大変使いやすく、S/Nも完璧!

さて音は。

EQをプリアンプとして使っているわけですが、DRAWMER1961はとても優秀。
パッシブ直結と比べても鮮度の低下は感じられず、厚みや輝きも増すような気がします。 ノイズは皆無、セパレーションの低下も無し。

CDはプリアンプを通すより音のツブツブ感が出て、うちでは最もハイファイな組み合わせ。 
レコードやFMチューナーは、プリアンプを通した方がふくよかさが出て好きかな。

もちろんパラメトリックイコライザなので全域で細かく微調整できる! ソース毎に、自分好みの音に持って行けます。


メインシステムは、ほぼ完成かな?c9769992.jpg



ちなみにデンスケで録音するときはミズナガ・プリアンプのプリアウトから接続し、トーンコントロールも効かせます。
FMチューナーは別端子があり、パソコンのインターフェイスに直結され、常時タイマー録音待機しています。

また仕事BGM用デスクトップシステムのアンプ(300Bシングル)は、プリアンプのREC OUTから入力され、すべてのソースを聴けるようになっています。


複雑なシステムですが、自分的にはわかりやすい構成(^^;)



改めてシステムを俯瞰して見ると、CDプレーヤー以外は古いものばかり...

ウーハー、ドライバー、レコードプレーヤー、デンスケが80年代、EQは90年代、チューナーは70年代....ミズナガさんの特注アンプは新しいけど回路は古典的...

別にヴィンテージ趣味ではなくて、欲しい物を揃えたらこうなってしまった...


コメント(5) 

2008年12月08日

タイトルに反応した人、もれなくコメントを(笑)   あなたはピンポイントで同世代ですウインク




断っておくと、僕はアニメファンではない!

宮崎駿や押井守の話題作は人並みに見るけど、ガンダムだってファーストしか知らない。
エヴァンゲリオン、、何それ?


そんな僕も、中学生の頃に徹底的にハマったアニメがある。





その名は 「超時空要塞マクロス」 (1982年?)

壮大な宇宙戦争絵巻と、身近なラブストーリーが絡み合った独自の世界観に圧倒された。 
いろんなグッズやら、カセットテープやら買った思い出が...
シリアスなガンダムとは違った魅力があったと思う。
作画も良い。劇場版の動きや描き込みなど、CGばかりのイマドキアニメとは絵の深みが違う。


→アニメ史に残る名作、第27話「愛は流れる」 前編 後編
→クライマックスは鳥肌もの! 劇場版マクロス


a9a745c4.jpg



劇中のヒロインの名がリン・ミンメイ。 
要塞マクロスの中で活躍するアイドル歌手という設定で、三角関係の一角をなす。
史上初のバーチャル・アイドルと言っていいだろう。
(ちなみに、挿入される音楽は全て故羽田健太郎という凄さ...)


彼女を演じた声優は、飯島真理
マクロスのミンメイ、としては有名になったが、歌手としては十分な評価が得られなかった。
劇場版マクロスの主題歌「愛・おぼえていますか」がヒットしてザ・ベストテンにも出たりしたが、常にリン・ミンメイのイメージがつきまとっていた。


実は、デビューアルバムのアレンジは坂本龍一、セカンドは吉田美奈子という本格派シンガーソングライターだった。 
これらは今聴いても、良質なポップアルバムだ。

現在はアメリカ在住で(もう45歳!)、地道に活動を続けておられるようだ。



その飯島真理がマクロスの劇中歌をセルフカバーしたアルバム MARI IIJIMA sings LYNN MINMAY があることを知り、ポチッとGETしてみた。




♪きゅーんきゅーん.... (ハウス風にアレンジ)



懐かしい...




♪おぼえていーますか.... (なんと、ピアノ弾き語り)



泣けるぜ...




コメント(19) 
ソプラノ歌手、佐藤しのぶさんのクリスマス・コンサートに行ってきた。
日本一有名なクラシック歌手と言ってもいいかもしれない。
その舞台を観るのは川口のリリアホールでのオペラ「フィガロの結婚」以来で、もう15年くらいになるかな。

今回はオペラの名場面ダイジェスト的な構成だったが、素晴らしかった。
全身から華やかなオーラがあふれ、大きなホールに軽々と響かせ、気品と演技力があり、圧倒的に美しい。
伴奏のピアニストも、共演のイタリア人テノールも素敵だった。

やはり一流は凄いなーと感激。


MCでの地声が、思いの外ハスキーなのには驚いた(^^;)

コメント(2) 

2008年12月05日

テープデッキのヘッドは定期的に消磁するものだそうだ。

374d6151.jpg


効果の程はよくわからないけれど...

アナログオーディオ時代には、”オカルトではないアクセサリー”がいっぱいあったのだなあ。

コメント(5) 

2008年12月02日

メタルテープ収集作戦、進行中...


e6a36b2c.jpg



デンスケ君は最高です。 フィルムカメラに近い使い心地というか。

コメント(4) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 激安ノートPC
    • Airpulse A200
    • くるみの森
    • 甘エビと沖シジミのパエリヤ
    • テスト開始
    • テスト開始
    • 引越し
    • くるみの森 竣工写真撮影
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • テントファクトリー トンネル2ルームテント
    • 新オーディオルーム始動
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • ハリルホジッチ解任
    • N Company
    • N Company
    • 巣立ち
    • 巣立ち
    • 金具屋
    • 金具屋