ウッドベース

2012年03月11日

DSCF0504_400

アトリエスッキリ計画第2段!
家にあれば少しは練習する、とか...

robertohouse│コメント(0) 

2007年12月09日

98f7ac95.jpg
子供がピアノを始めたのに刺激され(?)久々にウッドベースを触った。

1年半前に安物を衝動買いして数日遊んだきり、「アトリエの素敵なオブジェ」と化している。


さてさて困った...チューニングすらおぼつかない...困った
タブ楽譜の読み方も忘れている(元々、よくわかっていない落ち込み

初心者向け教本の最初にある「聖者の行進」 開放弦だけの数小節を弾いてみたが...指が腫れた困った


普段とはまるっきり違う「脳の筋肉」を使う気がする。
楽器が出来る人というのは僕から見れば超人的な神様みたいなものだ。

ともあれ、これは気分転換に良いと思うので、また始めようかな...

コメント(6) 

2007年03月19日

0c8c1bf7.jpg
今日は左手の中指と小指を使ってみました。
(そう、これまで2日間は、開放弦と人差し指しか使ってません)

悲しいくらい、どうにもなりません...開かないし、つりそうです。
小指では押さえきれずビイーンと鳴ってしまうし。

しかもこのカタチのまま、平行移動するって??

無理。


コードについてはNAHOから少し教わったけれど、ますますわからなくなってきた。

まずC,D,E...という記号が耳慣れず、唯一知っている音楽用語の「ドレミファ...」と関連できない...
しかも、ハ長調のCは「ド」だけど、「調」が変われば「ド」じゃなくなる?!?\(◎o◎)/!?

しかしわかったこともある。

楽譜の五線の上に小節ごとに書いてある、AとかFとかいうのがコードだ(爆)

ピアノの楽譜のように右手用、左手用があるのではなく、ジャズの楽譜にはメロディーしか書いてなくて、その上にコード記号があるようだ。
ベースは、どうやらこの記号の示す和音の中のどれかの音を弾けばそれらしくなるらしい。

しかしAとかEとかコード記号が書いてあっても、実際の楽器でどの音を示すのかわからない。
これは暗記するしかないのだろうか....
コード記号→その和音を構成する音(3?4つ)→その中のどれかを選ぶ?(一番低い音か?それとも自由?)
これを1小節ごとに、瞬時に判断しながら弾いているのですか???

やっぱ神様です。

音楽をやっている人には常識中の常識で、何も考えずにできることなのだろうけど、僕には果てしなく遠く感じる...

コメント(6) 

2007年03月17日

練習二日目。


51cba250.jpg
ド = C = ハ
レ = D = ニ
ミ = E = ホ
ファ= F = ヘ
ソ = G = ト
ラ = A = イ
シ = B = ロ
ド = C = ハ


こんなこと今更知った(しかもまだ暗記していない)
こんなの、音楽の授業で習ってないぞ(聴いてなかっただけ?)

思い切って恥をさらします。


まあ とりあえずドレミファは弾けたとして


ところで 


コードって何?(爆)


「和音」ってことはわかるけど。それがどうなってどうなってるの?

音楽はコードに乗って進行しているというが...
「この曲はこんなコードだからベースはこの音を弾くんだ」
という法則がさっぱりわからん。

ベースに付いてきた教本にも、そんなアルファベットみたいなことは書いてない。
やっぱ理論から勉強しないと話にならないのか? それとも理屈はともかく楽譜を丸暗記すればよいのか?

それに耳コピっていうけど、それって超能力では?

まったく、僕にとって楽器は宇宙語です。 楽器を弾ける人は神様です。宇宙人です。

道のりは果てしなく遠い...


音楽、聴くのは大好きなんだけどな...演奏に感動もするし、体も揺れる。 アトリエでは毎日、一日中ジャズ聴いてるんだけどな...


そうだ、誰でも建築に感動はできるが、必ずしも設計することはできない...
志を持って続けていればいつかは...



今日弾いてみたのは「聖者の行進」
NAHOがメロディーをピアノ伴奏、僕が間違えるたびに最初からやり直してもらう(逆だろ)


でも指にマメができたのがなんとなく嬉しかったりする...

コメント(6) 

2007年03月12日

昨年、あり金はたいて衝動買いしたものの、すっかりインテリア小物(大物?)になっていた...

最近ようやく少しの時間と心の余裕ができたのだが...楽器の経験と素養ゼロの僕は、一体どこから手をつけてよいのかわからない...

とりあえず教則本に沿ってドレミファソラシド...
そして「かえるのうた」を弾いてみた....ボボボーン....結構うれしいかも...(-_-;) 
たった1時間の練習でマメができてしまった...

3a72fdf1.jpg


深夜にウッドベースがボーンと響く、あやしいアトリエでした...さあてこれからは頑張ろうっと。

コメント(4) 

2006年05月10日

正解は、これです。  
まったく、影響されやすい性格であります...まあ笑って下さい。譜面もろくに読めない僕が... →コンプレックス

5923572e.jpg
 3d855f7d.jpg


でも仕方がないのです。

ずっと前から、ウッドベースの音は心底好きだったのです。
クラシックでもコントラバスが一番好き。
ジャズでは言わずもがな。
あらゆる楽器の中で、これだけは特別です。
ベースが弾けたらどんなに気持ちいいだろうかと...


そして先週の席亭さんのSCATライブで、完全にノックアウトされたのです。 
そうです、ノウミソがベース型になってしまったのです。

ウッドベースなんて手が届くはずがないし、ヤフオクで中古エレキベースでも...席亭さんに相談したところ、

「ベースをされるのでしたらちょっと無理をしてでもウッドベースにされてはいかがですか。生音に勝るものなし。インテリアにもなりますし。最近は中国製の廉価なものもありますが音もいいですよ。」

ジェットアッパーを食らいました。リングに倒れたまま、気が付いたらこれが届いていたのですよ。


これでも楽器屋さんに「4万円の通販専用最低ランク品」は却下され、少し良いものにしたのです。 もちろん高級品は数10万円?100万円以上するのですが、人の背丈より大きく、塗装も十分美しい木工芸品が74,800円というのは信じられません。 技術屋及びDIYerとして分析すると、日本で作れば最低50万円では? これでも最終組み立て調整は日本の名古屋でありますよ? サウンドショップK
それにしても、ハイエンド・オーディオ製品のぼったくりぶりがよくわかる...

実際、エレキベース+アンプより安かったかもしれません。



さて、教本を見ながらピアノに合わせてチューニングしようとしたら...

いきなり弦が切れた(汗)

徹夜明けのナチュラルハイのせいか?
とりあえず、残った弦でチューニングして、ドレミファソラシド...
ぶおおおお?ん!音が出たあ!


さいた、さいた、チューリップのはなが...♪


何しろ、学校の音楽の授業でのリコーダー以来の楽器でありますから、どうなるんでしょ?

「人間は、音楽を奏でるように出来ている」←造語

まあ焦らずコツコツやっていきます。
めげそうになったら、アトリエのインテリアとして 席亭さんの勇姿を思い出して頑張ることにしましょう。

コメント(7) 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
















    ギャラリー
    • ユニットの距離差
    • 魚津の「はじめ家」
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • 鏡アルプス
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • Sony FE 12-24mm F4 G
    • テールスープ
    • テールスープ
    • テールスープ
    • 身近な昭和
    • alpaca ピノ・ノワール
    • 牛テールの赤ワイン煮込み
    • 牛テールの赤ワイン煮込み
    • 牛テールの赤ワイン煮込み
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成