現場2006

2006年11月09日

こんなに山がきれいに見える日は一年に何度あるだろうか。

現場からも北アルプスが一望できた。


<滑川市I邸>

cabcb587.jpg


831ad499.jpg


<富山市H邸>

b0fecfae.jpg


98f5b4c1.jpg



こんな日は、富山に来て良かったと実感できる。
家のどこかから北アルプスが見えることが、富山の家では大切だと思う。


ueアトリエから剣岳>

d397400b.jpg


コメント(1) 

2006年11月03日

外壁は押出し成形セメント板。
普通のサイディングより精度や強度に優れており、専門業者による責任施工であることも安心です。

無塗装板ですが、コンクリートのような生地の質感も魅力。

線と面がビシッとと出るところは、窯業系サイディングでは真似の出来ないものです。

ceac3edc.jpg

b40695d6.jpg
746c88be.jpg

f852c611.jpg


コメント(0) 
リビングは壁・天井ともに伝統的な漆喰塗りです。本漆喰に少し顔料を混ぜています。

我が家も漆喰塗りなのですが、柔らかい質感やサラッとした感触、湿気を調整してくれる優れた素材です。

25c06b78.jpg


コメント(0) 

2006年10月23日

上棟式や地鎮祭などの行事を除いて日曜は休むことにしているが、そのぶん月曜はとても忙しい。

朝一番でHo邸の配筋検査、それから別件で施主打合せをして、その脚でI邸へ飛ばし、板金工事のチェック。

144af5b2.jpg
 99975185.jpg
 
c85c43b4.jpg
 b7abfb85.jpg


帰ってからは夜までかかって重要な施主打合せ、明日はいよいよゼネコンへの見積り入札依頼だ。

現場×3件、設計中×5件が待ったなしで進行しているから、息つく暇もない。 
僕達ふたりでこなせる限界ギリギリの仕事量であり、社員やアルバイトを雇えば楽になるかもしれないが、まったくその気はない。 

理由は、安定的仕事量の確保問題とか、設計品質の低下、経費増大など...ではない!

本音は...

こんなに楽しい仕事を人にやってもらうのはもったいないから!
教えてる時間があったら自分でやりたいから!

一生、誰からも独立したデザイナー、エンジニア、コンサルタントでありたい。
管理職なんてまっぴらごめん。 人と接するのは好きだけど、いつも他流試合を楽しみたい。

自分はこの仕事が心底、大好きなんだなあとつくづく思います。

コメント(0) 

2006年10月19日

純和風の家というわけでもないのですが、和の優しさを感じられるように...随所に職人さんの頑張りが見えてきました。

美しい秋田杉の無垢板を使い、高精度で組み上げたリビングの格天井には感動しました。
設計での想定を超えた仕上がりで、これぞ職人魂です。

大工さん、アッパレ!!

917dbca6.jpg
 56d8f0c9.jpg

a382b6e6.jpg
 7e161606.jpg

ad074dff.jpg
 53fd7fe6.jpg

86f73130.jpg
 b28a459a.jpg




コメント(0) 

2006年10月16日

8c5686e4.jpg

e1487c9b.jpg


コメント(0) 
設計事務所の現場監理というのは事前の綿密な打合せと指示が勝負であって、施工時には勝負は既に決まっています。

施工の段取りは建設会社の現場監督が行うのですが、僕もどうしても施工に立ち会いたい場合があります。

2b5b71d0.jpg
 051826f4.jpg


今回はこの外断熱シート防水工事がキモでした。軒先にオリジナルディテールを駆使しているので、意図がしっかり伝わっているか不安がありましたが、現場はしっかりやってくれていました。

コメント(0) 

2006年10月12日

屋根下地、筋交いなど、かなり進んできました。
このあたりでは、監督や職人との打合せはかなり綿密なものになります。
今日は半日、現場で付きっきりでした。

d833c507.jpg
 8a484845.jpg

dd887f15.jpg
 8bf3768c.jpg


コメント(0) 

2006年10月11日

152ee9c0.jpg
落とし穴...ではありません。

2m角、深さ1.5mもあります。
これと同じ穴が6箇所。

小さな住宅ですが、基礎は巨大です。



コメント(0) 

2006年10月06日

不思議な屋根下地が組み上がってきました。 
これがそのまま、インテリアとして天井仕上げになります!

d19e2367.jpg


コメント(0) 

2006年10月05日

砂壁調の吹付け工事が終わり、外観がほぼ出来ました。
目地のないすっきりした壁面が仕上がり、下地にお金を掛けた甲斐があったと思います。

1bf2f45f.jpg
 05cc87b0.jpg


なんちゃって手焼き風ソフト「紙焼きマウントイン」を試してみました。

コメント(1) 

2006年10月03日

2台のハーレーダビッドソンの部屋、性格の異なる3つのリビング、床下収納満載の限りなく3階建てに近い6層スキップフロア構成、ぐるぐる回れる楽しい動線、外断熱防水フラットルーフ、特注手作りキッチン、3台分のビルトインガレージ...特長は多いのですが、これを驚くべきローコストで実現した家です。

外観はすっきりシンプルですが、インテリアはウッディな暖かさとファクトリー的なざっくり感を出したいと思います。

棟木、母屋、束、屋根垂木がないので、なんとも不思議な上棟でした。 まるで鉄骨造のようです。 
まあ、dueの木造はいつも普通ではありませんが。

a42defd2.jpg
 9512ba26.jpg

e4998a9d.jpg
 10e79839.jpg

3d033a7b.jpg
 f11a0d1e.jpg

bc4c9c5e.jpg


コメント(0) 

2006年09月12日

今週は外壁と内装の色決め打合せ。 良い家になりそうです。

8b454b02.jpg


コメント(0) 

2006年09月05日

杭工事も終わり、今日は配筋検査。コンクリート打設に立ち会いました。

5bff787a.jpg
 e54f1fc1.jpg


コメント(0) 

2006年09月01日

2世帯住宅であるH邸は、豊かな玄関空間がポイントです。

ケヤキの立派な式台と框が入りました。

93d79213.jpg
 c508bb24.jpg


コメント(0) 

2006年08月30日

足場が外れて建物が全容を現わすときは、毎度の事ながらちょっと興奮します。

すっきりシンプルなワンルームマンションが姿を見せ始めました。
コンクリート、押出成型板を効果的に使い、鉄骨造で無駄なく耐火建築物にするための独自のディテールが随所に散りばめられています。

4f04a794.jpg
 5e06bb37.jpg


4226bca4.jpg


コメント(0) 

2006年08月28日

b97e267f.jpg
I邸 単管杭工事3日目。

粘土質の部分は、面白いようにスウ?っと入っていきます。
たまに小石に当たっても打撃によって押しのけ、約6m下の支持層まで到達させます。

赤スプレーでマーキングしたポイントに、アゲハチョウがとまっていました。
90cmおきに書かれたマーキングを次々と渡り歩きます。花と間違えているんでしょうか?

それにしても職人さん、暑い中ご苦労様であります。

コメント(0) 

2006年08月26日

この土地は深さ4?6mまでは粘土質で、N値2以下の軟弱地盤。
このままではベタ基礎でも支持力が不足します。

木造なので建物重量は軽く、比較的名安価な単管パイプ杭としています。
これでも1本あたり1t以上の耐力があり、@600?900で打つことにより十分な支持力が得られます。

非常に柔らかい地盤ですが、ランダムに石が混ざっているので、打ち込みには結構苦労しています。

6904f99a.jpg
 947fa0cf.jpg


コメント(0) 

2006年08月24日

24c53a99.jpg
クラシックな外観のH邸ですが、外壁には新素材も使います。

仕上げは砂壁調の吹付けですが、大切なのは下地。
木造や鉄骨造はごくわずかな躯体の動きがあり、湿式仕上げは割れが出やすいのです。

これまではモルタル塗りが多かったのですが、割れを防ぐためには目地を入れなければなりません。

でもマッシブなボリューム感を出すには、目地は入れたくないのです。
ラスカットという簡易な下地材もありますが、これもひび割れや反りが出やすくてダメ。

そこで、目地をなくしてすっきりとした面を出すために、特殊な工法を使います。

c62a7bcf.jpg
モルタル塗りを乾式に置き換えた工法で、多層構造により、大きな割れをつくる力をを吸収して小さな割れに分散し、ほとんど見えなくしてしまうものです。アメリカから入ってきた技術ですが、僕もこれまでも木造、鉄骨造などで何度か使って好評でした。
耐久性や仕上がりは最高ですが、問題は仕上塗りより下地材のほうがずっと高価なこと(>_<)

非常に重く柔らかいセメントボードを張り終え、これからグラスファイバーネットを敷き込み、下地左官工事となります。

コメント(0) 

2006年08月22日

I邸、いよいよ着工です!

現場で寸法を割り出し、正確な建物位置が決まりました。
地ならし、杭工事と進んでいきます。

23504f31.jpg


コメント(0) 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
















    ギャラリー
    • 夕食
    • 生パスタでジェノベーゼ
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 富山のSI邸増築工事
    • 富山のSI邸増築工事
    • 富山のSI邸増築工事
    • ベーコンとマッシュルームのトマトパスタ
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • ミステリー
    • NATURA1600販売終了
    • イカとアサリのパエリア
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • alpair10をデスクトップに移設
    • alpair10をデスクトップに移設
    • alpair10をデスクトップに移設
    • UENOグアンチャーレ
    • UENOグアンチャーレ
    • UENOグアンチャーレ
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • 金色の野
    • 今週もキス釣り