釣り

2021年11月07日

06D8AEEB-1594-487A-86FC-D27CCFD238C0

久々に、ランニングでなく釣りに海へ!続きを読む

robertohouse│コメント(6) 

2021年06月16日

82DE7B39-FAA7-4F66-8B8B-A0058F6DFB0C


1〜2年に1度の消耗品補充。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2021年06月13日

0EB0D5C2-87C7-4C56-87AA-AF53EF3AC65E


大野さんの情報によると、今季はどこもあまり良くないらしい。

限られた時間で、いちばん近い海へGO! 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2021年06月06日

7EF49A62-5B2C-4E6C-8DBC-463804EEBB57

きれいな海!気分最高! 続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2021年05月30日

DD96FA21-589D-4F30-8D6B-037CF26E1946

宮崎海岸が釣れ始めたよ!と聞いて... 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2021年05月15日

E39BE24F-B18E-4AEC-8388-A1C75056BD4D

僅かな時間だったけど、キスの顔が見たくて...

まずは一番近い常願寺川河口へ行ったが、うねりと濁りがあり、こういう時ここはダメ。微小アタリ1回のみ、3投で撤収。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2020年10月11日

1F167300-7450-48F2-A2A5-5C1EB19BE274

ちょっくら夕飯の買い出しに… 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2020年09月20日

A1D070AC-458B-4A0F-9486-8DEF13F977BF

暑かったり悪天候だったり忙しかったり...久々に海へ。 続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2020年06月21日

3B8B92C3-ACB5-49FD-9B1A-B00FC1681731


3週間ぶりに晴れたので出撃するも、波高し。  続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2020年06月07日

44DB8AC3-1E86-4CE2-A1EE-8388D2951C6A

先週に続き好天につき釣行。魚津経田浜へ行ってみるが... 続きを読む

robertohouse│コメント(4) 

2020年05月31日

92246A11-AC14-4ED5-9EA7-857DFD702D33

富山のサーフで三密はないし、そろそろ良いかなと。続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2019年09月07日

D761B8B8-C361-440D-9A4A-D3FEAB2706EA

夕方から僅かな時間に出撃。  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年08月25日

820507DB-5530-46FD-AD9F-6B64630395CF

暑さもあって1カ月以上も行ってなかった… 鬱憤を晴らす楽しい釣りになりました(^^)  続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2019年08月02日

キャプチャ


温故知新;「ヨンゴー」と私の変遷

大野等さんの素晴らしい記事!そういえば最初の45は高校生の時なんだな...大野さんと釣りに行った当時、僕は数千円の重いリールを使っていて、45など雲の上の存在だった。あれから2013年まで僕の投釣りは25年間の空白があり、浦島太郎状態で帰ってきて、トーナメントサーフ45の13年バージョンを購入して感動した。驚くほど軽くてスムーズな、レーシングマシンのような作りだ。30年間も一貫したコンセプトのまま進化させ、古いスプールも互換性があるユーザーフレンドリーな設計もいい。この記事で最も驚いたのは、2005年のプロトタイプがハンドル別で295gまで軽量化されていたこと。軽量ハンドル&スプールを使えば320gほどになりそうだ。最新19年型の剛性感や巻き上げの軽さは確かに優秀だが、重量は少し増えてしまった。出来ることなら今の技術を使ってもう一度、極限の軽量化を目指して欲しいと思う!


robertohouse│コメント(0) 

2019年07月31日

ED8C8BEA-6514-466D-8A5B-96CAC1D6291C

DAIWAフロートシンカーを補充。これで3年は戦える! (ロストは2個/年ペース)
1個1000円もするけれど、サビキの軽さ、絶妙な浮力、根掛かりしにくさ、安定した飛距離など、とても優秀。無垢錘の10倍もするけど年間2千円と考えればまあ許せるか…試しに1個だけ買った高価なタングステン製のDAIWA TGフロートシンカーは、サビキ感が無垢錘とあまり変わらず浮力がほとんどないので場所を選ぶ。 僅かでも飛距離が欲しい時には面白いだろう。ノーマル品の亜鉛に比べて比重が2.5倍ほどあるので、同じ号数でこんなにサイズが違う。接地面積と浮力の違いは釣り味に大きく影響する。こうしたタックルの特徴を活かすのもキス釣りの楽しさだ。




robertohouse│コメント(0) 




最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • GFXで意外に良かった3つのこと
    • あしあと
    • 雪散歩
    • フレクトゴン!
    • フレクトゴン!
    • LEICA M11発表
    • 手作りネックウォーマー
    • 手作りネックウォーマー
    • 手作りネックウォーマー
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 逆さ立山
    • 逆さ立山
    • 逆さ立山
    • 逆さ立山
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 建築探訪
    • 建築探訪
    • 建築探訪
    • 建築探訪
    • 建築探訪