釣り

2019年06月09日

885B10CE-A108-4677-8C98-9C34B3540077

来たー(^^) でも今週は天候も今ひとつでお疲れお休みに…
ブランク、ガイド、スレッド、見るだけで惚れ惚れするような仕上がり。借りて数回使っていたけれど自分のものとなると格別(^^) 

robertohouse│コメント(4) 

2019年06月05日

4B25804A-37D2-4C80-9AFF-7620523AA7E2

黒い竿のレビュー「投げは友あれ」で紹介されてる(^^;

15歳の時のジャパンカップ決勝進出は本当で、自分にとって数少ない自慢ですw 場所は片山津海岸で、予選の釣果は確か2時間で500gくらいだったはず。25名が通過し、全国から来たシード選手25名と合わせて50名で決勝戦。慣れない波口のピンギス数釣り合戦になって惨敗なれど良い思い出...優勝者は当時の雑誌でよく見る人で、40号クラスの剛竿なのに波口でアジサビキのように釣る姿が新鮮だった。自分は20年以上も釣りから離れていて浦島状態だけど、中・高で1コ上の大野さんはダイワテスターに、そして大野さんの同級生草野さんはトップトーナメンターでシマノのテスターに。この界隈はどうなってるんだ(^^; 


さて、大野さんに新型リールを借りて回転に差を感じたので、自分の13トーナメントサーフ45をメンテナンスしてみることにした。  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年06月02日

F830650B-4CCB-4BA4-83E2-EDF2548331B7

灯台下暗し、で初めての場所へ。 今季初めて自分の赤い竿を使って雑感など。  続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2019年05月26日

9D812C10-ED4F-4130-998F-655A4E349CB4

今年は未体験の場所にチャレンジしていたので、今回が初の岩瀬浜。
1〜3色に分散しているようでまだ群れは大きくない。ピンギスが多いけれど24cmも出た。
これから2ヶ月がキス釣りの盛期。何回行けるかな?



robertohouse│コメント(2) 

2019年05月19日

8852F9A4-87BC-433E-AA31-3194F618EF82

そろそろテトラ内側で釣れる時期なので、新調した激安ライトタックルで。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年05月02日

F2AA4E74-3892-445E-A5D9-225952E45F63

令和の初釣りは釣りブログ仲間のizumiさんと。 続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2019年04月29日

8EA2FC4F-27B7-4363-B566-087A78E1E57B

今季2回目の釣行。初めて訪れる県東部の海岸で、意外な釣りに…続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2019年04月22日

02DC2574-5FEF-4DAB-B259-3141B6D298B0

今年の初釣り!上越方面でよく釣れていると聞いて、高速飛ばして行ってきました。

初めての場所での手探りの釣りで、根掛かりも度々あって貴重なフロートシンカーを1個ロスト(T_T)
当たったのは3色前後。群れは小さいけど活性は高く、針を2本飲むこともあり。あとで聞くと若干ポイントがずれていたようで爆釣とは行かず、3時間あまりで25尾。
それでもこの時期の北陸でこれだけのキスに会えただけで大満足。フライ、骨せんべい、小さいのはアヒージョで美味しく頂きました。

今回はトーナメント プロキャスターAGS 25号-405と、トーナメントサーフ45LG(2019)を試用させて頂きました(^^)
AGS25号-405はアタリ感度が良く、ビリビリッと金属的な鋭さ。旧プロキャスター23号-385のほうが竿先はクンクンとよく動くが手元感度はAGS25号-405が上。
キャスティングについては、25号としては腰が強く、振り切ればもっと飛びそう(自分に振り切れるか?)ライントラブルはゼロ。23号-385で時々ある元ガイド絡みも無し。
取り回しは、投げ竿としては十分軽量だけど当然23号-385よりは重く、肘から下だけでルアーロッドのように扱うには若干きつい。まあ23号-385が特別なのですが。

新型リールはとても巻き上げが軽い。シャフト軸受の支持が3箇所になったことで負担が減っているとのこと。
自分の45(2013年モデル)は6シーズン使ってオーバーホールもしていないのと、試用したのがLGのせいも多少あるかもしれない。
2019モデルはハイギアモデル(HG)が主力らしい。LGは竿サビキの自分にはまどろっこしい(^^;
とてもゆっくりになったストロークは、ライントラブルが無かったので適切なのだろう。旧型とかなり違うのでキャスト時の垂らしとスプールポジション調節は慣れが必要。
地味な改良点としては、スプール内側のシャフトにカバーがついて、フケた糸が絡みにくくなっていると思う。

ロッドは優秀でバランスも良く要検討、リールはまだしばらくいいかな...釣具の進化は楽しいけど、出費も大変ですね(^^;


robertohouse│コメント(2) 

2019年04月16日

31A99E34-9F19-4615-B29E-CCAFE10CE5AF


トーナメントプロキャスターAGSについて大野さんに相談するやいなや、「振ってみる?」と現物をアトリエまで持ってきてくれた(^^)

持ってみると、とても細身で軽くてシャキッとしており、穂先は十分細くしなやかで、腰の強さと感度のバランスも良さそう。AGSガイドとカーボンスレッドが美しく、高めでクビレのない形状も旧型より絡みにくそうに見える。リールシート位置80cm(プロキャスター23号-385は76cm)もぴったり。もちろんプロキャスター23号-385と比べれば少し重いので、1日振ったときの疲労度はどうかな?マスタライズ25-405よりは胴に乗るので扱いやすいとのこと。とにかく持っただけで本物感がビンビン伝わってくるロッドですね(^^)




robertohouse│コメント(4) 

2019年04月15日

T-procaster_topimage


キス釣りも間もなくシーズンインですね。

トーナメントプロキャスターAGSに、待望の25号-405が新たに追加された。ダイワテスターの大野等さんも、軽快かつ振り込めば遠投にも耐える、抜群の出来であるとの評価。大野さんからマスタライズキス25号-405を借りたときにAGSガイドの感度は体験済み。ビビビッと電気ショック的なアタリの出方だ。プロキャスターではさらに巻き糸さえもカーボン化している。


キャプチャ


旧型プロキャスター23号-385は投げ竿離れした軽快さを気に入っているが、6シーズン使ったのでそろそろ新調しても良いかもしれない。感度や遠投力は確実にUPすると思うが、元竿が長い設計は号数以上に硬いかもしれない。腰痛持ちの自分に25号を振り切れるかどうか?マスタライズキス25号-405がギリギリの感じで、プロキャスター27号-385は硬すぎて23号-385に買い替えた。安くはないので悩ましい...

robertohouse│コメント(2) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • 新兵器
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • 赤と黒
    • 赤と黒
    • 赤と黒
    • 赤と黒
    • 赤と黒
    • 赤と黒
    • 赤と黒
    • 赤と黒
    • ワールドカップ2019最終メンバー
    • 本格シーズン
    • Really Right StuffのLプレート
    • ウルトラ・ライトキス再び
    • ウルトラ・ライトキス再び
    • ウルトラ・ライトキス再び
    • ウルトラ・ライトキス再び
    • ウルトラ・ライトキス再び
    • ウルトラ・ライトキス再び
    • ウルトラ・ライトキス再び
    • ウルトラ・ライトキス再び
    • ライカ
    • ライカ
    • ライカ
    • ライカ
    • ライカ
    • ライカ
    • なでしこジャパンW杯2019メンバー発表
    • エスクードで初キャンプ