クルマ

2017年11月06日

56498E68-6C6C-423D-BBA1-EE3DD253571A

福井県の丸岡サッカー場で皇后杯2回戦が行われるということで、エスクードのドライブがてらに行ってきた。
高速道路も安定性抜群ですうーっと滑るように走る。コーナーでのローリングも感じず、アイポイントが高いせいか疲労感がない。長距離クルージングにも適したクルマだと思う。

以下、試合観戦記など 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年11月03日

42D401CD-3D15-4DDA-AFB7-A029BEAA4D18

クルマの整備は一切ディーラー任せなので、ボンネットの内部を見ることはもう無いかもしれない(^^;
感覚的だけどデリカに比べてゆとりのあるわかりやすい配置。デリカはどうやって整備するのか心配になるほど混み合って詰め込まれていたから。
そして当然ながらパーツに日本語が無い!バッテリーはイタリア製。 やはりこのクルマはエスクードではなくて、メイド・イン・ハンガリーのVITARAなんだな。
よほど売る気がないのか、街でエスクードを見たのはまだ数回で、新型の1.4ターボ車にはいまだに1台も出会ったことがない。

robertohouse│コメント(0) 

2017年10月20日

7DAB194F-83C5-4596-98C9-DBD0CBE6A598

高速道路無し、街乗りオンリーでこれくらい。航続距離は550~600kmで、満タン法では13km/L程度のようだ。
かなりスポーティな走りのガソリンターボエンジン車としては上出来では?レギュラーガソリンなのも嬉しい。

さて高速道路でどれくらいになるか楽しみ。





robertohouse│コメント(4) 

2017年10月11日

52c5c610

最近の流線型なSUVとはかなり違う、直線的でオーソドックス、ちょっと古臭い?フォルムが気に入っている。
やたらノーズを長くしたり後部を持ち上げたり絞ったりせず、座面がかなり高いこともあって、見切り、視界がとても良い。
全長4,175mmとコンパクトSUVの中でも短い部類だが、頭上には余裕がありラゲッジスペースもスクエアなので実容量は大きい。


ところで公式サイトやカタログも含め、「サバンナアイボリーメタリック」の色がまともに出ている写真はほとんどない。
たいてい、淡いベージュのように描写されているが、実際はもう少し濃く、緑がかった独特の色で、上品かつワイルドなイメージもある。
パールが入っているせいか環境によってイメージが変わり、晴天下ではツヤが出て明るい色に見える。
国産車では見かけない色で、自分も最初はブライトレッドが本命だったのだが、アイボリーの実物を見て一目惚れした^^;
当ブログではなるべく実物に近いように色温度を調整している。しかしiPhoneのカメラの解像度はなかなかのものだな...




robertohouse│コメント(0) 

2017年10月10日

BDAAD546-0E8B-4CCB-A3FD-DA2BF77D6C14

少し時間ができたのでひとっ走り氷見の海へ。
主にドライブが目的だけれど一応竿を出して、歩きながら10投ほどしみてるも、アタリどころか餌すら取られず。 続きを読む

robertohouse│コメント(4) 

2017年10月06日

4F6BBDC7-476D-4FCA-A544-F340AC05E5B6 AB8968C2-C3EA-47F2-ADAE-188D218F722C

新車1ヶ月点検ということで代車がやってきた。

エスクード(VITARA)はハンガリー製だが、バレーノはなんとインド製!インドでは全長4mで税金が変わるらしく、スイフトを4mぎりぎりまで長くした感じのクルマである。

動力系は1.0Lのターボエンジンに6速ATと本格的。950kgと軽量な車体もあって、それなりに力はある。スペック上は1500回転から最大トルクが出るのだが、エスクードの1.4Lターボに比べると余裕がなく、無理して一生懸命回っている感じがする。エスクードのようにグーンと背中を押されるようなダッシュ力はない。加速時の音と振動も大きく、3気筒エンジンだから仕方ないだろう。パドルシフトを装備しており、積極的にシフトダウンを使うとキビキビ走る。

足回りはかなり違う。バレーノも硬めではあるが少しローリングを感じる。エスクードのほうがずっとスポーティでカッチリしている。加速、減速、コーナーリングの軽快さは共通点があり、これがスズキの特徴なのかもしれない。乗り心地はリッターカーとしては良い方だと思うが、エスクードのような剛性感、速度が上がると浮き上がるようなスムースさとは違う。後部座席はスイフトより広くエスクードともあまり変わらないがラゲッジスペースはさすがに狭い。

全体的に悪くはないのだが、どういう客層をターゲットにしているのか、いまいち見えにくい気はした。エスクード同様、日本では売る気がないのかもしれない...

robertohouse│コメント(0) 

2017年10月02日

キャプチャ

スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT) 全方位的に優秀


自分が書くまでもないくらい、エスクード(VITARA)の正確なレビューだと思う。走りと利便性を実直に追求した本格SUV。このままのクルマです。 

「「スポーツカーを追いかける走りはほしいけど、せまい路地での取り回しや見晴らしの良さは妥協したくないし、トランクや後席もちゃんと使いたい」といった全方位によくばりなニーズに、国産ブランド(正確にはハンガリーからの輸入車だけど)の小型SUVでもっともバランスよく回答できているのは、もしかしたらエスクードかもしれない。」」




robertohouse│コメント(0) 

2017年09月24日

IMG_1116

コストコの駐車場で旧型エスクードと並んだ(^^; 構造からまるっきり別物だけど、 ボンネットのまわりデザインは踏襲されているのがわかる。

そしてアトラクションとして無意味に高速道路で行ったら最初に追い抜いたのが赤のVITARA(エスクード)1.6でびっくり。
赤は初めて見た。相手も「おーーー」と言ってたみたいで、やはり珍しいクルマなんだあ。  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年09月22日

IMG_1088


VITARA(エスクード)関連投稿が続きます^^;
カタログ表記どおり、前輪を外せば自転車が入ることを確認。  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年09月21日

IMG_1085

釣りやアウトドアでトランクを汚さないよう、ぴったりサイズのトレイを購入。 

ボンフォーム トランク用トレイ 3D-STD ブラック M 90X70X7cm  続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2017年09月20日

IMG_4593 IMG_1002

VITARAのキーに付いていた管理票。アジアにルーツを持つマジャール人の国、ハンガリーでスズキは国民車と呼ばれ、2016年の売上台数でVITARAが1位だった。親日国で、欧州の中では勤勉な国民性と言われ、賃金も安く、近隣に大消費国があり、クルマを作るには良い環境らしい。VITARAの走りは個性的で、国産車とかなり違うと思う。欧州メーカーのパーツも多数使われており、もはや自動車産業に国境は無いのだなと感じる。

robertohouse│コメント(0) 
DSC07136_512 DSC07131_512

低く抑えた軒と変形切り妻屋根、薪ストーブの煙突が特徴的な外観。
新しい相棒VITARAとの現場通いも始まりました。とても快適です^^

robertohouse│コメント(0) 

2017年09月19日

IMG_1071


もしかして横向きに入るかも?購入前にわざわざ試させてもらったら、仕舞寸法136cmの並継ぎ投げ竿が入った!  続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2017年09月18日

IMG_4590

スズキ エスクード(欧州名VITARA)  1.4ターボ   サバンナアイボリーメタリック2トーン    続きを読む

robertohouse│コメント(4) 

2017年09月17日

IMG_1001  IMG_1057

クルマも建築も人間も…時の流れは早いものですね^ ^;

robertohouse│コメント(2) 

2017年09月16日

DSC06977a_1024
SONY RX10M2

最後の勇姿を...続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2017年09月13日

sk_suzuki_06
SWIFT Sports

VITARA(エスクード)とほぼ同じターボエンジンを積んだ、スズキの新型ライトウェイトスポーツカー。重量990kgとVITARAよりさらに230kgも軽く、ハイオク仕様で若干パワーアップしており、VITARAであれだけ加速が良いのだからスイフトスポーツは恐ろしく速いと思われる。これで200万円以下というのはスズキならではの価格設定だ。デザインも国産コンパクトカーの中ではとても洗練されているように思う。

ちなみにVITARAは似たサイズのコンパクトSUVであるトヨタCH-R(4WD)より馬力・トルクが1割UPで重量は250kgも軽い。CH-Rの地上高は30mm低くミッションはCVTで4WDの方式も違い、SUVといっても大きく性格が異なることがわかる。車選びをしていて思ったのだが、メーカーHPではこうした重要な諸元表が深い階層に入っており、クルマとしての本質が見えにくくなっている。車体内外サイズ、地上高、エンジン、AT、nWDの仕様はトップに大きく記載して比較しやすくすべきだと思うのだが、多くのユーザーは気にしないのだろうか。

robertohouse│コメント(4) 

2017年09月12日

IMG_0974

急に自転車を運ぶ事案が発生し、こんなに広かったんだなぁと感慨無量…MTBがそのまま入るほどの大空間を活かす機会が極端に減ってしまい、子育て期も終わりが近づいていることを実感する。間もなくやって来るVITARA(エスクード)では後席を倒してバイクの前輪を外せばギリギリ入るはずだがそんな機会は滅多に無いだろう。デリカスペースギアで作った家族の思い出は懐かしく別れはとても寂しいけれど、生活が新たなフェーズに入る楽しみもまた大きい。





robertohouse│コメント(0) 

2017年09月08日

21551997_1389327184521051_4375073543059130002_o

納車を前にしてわざわざ取扱い説明に展示試乗車で来てくれて、もう一度試乗出来た。ブラックだとイメージが全然違うけど、アトリエ前に停めると想像以上にコンパクトで良い。近所の走り慣れた道路を試乗して、視界や取り回しの良さとキビキビした加速感を再確認。レーダーブレーキサポートとかクルーズコントロール、アイドリングストップなど、一通りの便利機能がついているので取説はややこしいが、スズキの営業さんがとても親切なのでありがたい。ライトやワイパーが自動で動くのも今時当たり前なのだろうけど、古いデリカに乗ってきたので何もかも新鮮な感覚(^^;





robertohouse│コメント(2) 

2017年09月07日

IMG_0934 IMG_0933

遠目にはまだ綺麗なんだけど、よくみると錆が進んでおり、重要なラダーフレームはもっと酷い状態で限界に。雨ざらしの環境もあるけど、やはり凍結防止剤の影響が大きいのだと思う。今まで旅行にキャンプに大活躍、自転車やDIYの材料なども運べて、子育て期間を支えてくれた。乗用車というよりトラックかバスのような特別感も楽しめたし、なおかつ加速も良くパワフルで、どんな雪でもスタック知らずのタフなやつ。まだエンジンや足回りは元気なので乗り続けたい思いもあるけど、生活の変化もあって、今が良いタイミングだ。満20歳までよく頑張ったよ...ありがとうデリカスペースギア。


robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索














    ギャラリー
    • USB-DACの比較
    • インディカ米でパエリャ
    • オーラルケアすぎもとクリニック 夜景
    • オーラルケアすぎもとクリニック 夜景
    • オーラルケアすぎもとクリニック 夜景
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • とんがり帽子のアトリエ
    • 香箱座り
    • 真夜中のお勉強
    • S歯科
    • オーディオ再開記念
    • オーディオ再開記念
    • オーディオ再開記念
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ