クルマ

2019年05月05日

23575572-8150-47B3-B9B2-4F1555678ADC

最近はキャンプブームで大変らしいけど、こちらは田舎なのでゆったりのんびり。 
全長4.1mのコンパクトSUVエスクードで4人+1匹のキャンプ、やってみたら十分出来ますね(^^) 


robertohouse│コメント(0) 

2018年12月11日

L1001981a_1024
LEICA M10-P + Summilux35mm/f1.4ASPH

全国13区間でタイヤチェーンの装着を義務化

昨年の大雪で頻発した立ち往生が理由のようだが、装着エリアは大混雑するだろうし、高速道路はトンネルが多いのでチェーンが切れるトラブルも予想される。規制を逃れて高速道路を降りた車で下道が渋滞するかもしれない。情報網を活かした適切な通行規制が重要で、チェーンで解決する話ではないような気がする。もともと雪国では1年の半分近くをスタッドレスタイヤで過ごしており、わが愛車は4WDかつデフロックもできるので、道路でスタックすることはまずない。ノーマルタイヤに2輪だけチェーンのほうが危険な気がする。そもそも装着義務は駆動輪だけなのか、4WD車なら4本付けるのか?様々な製品があるが適合品制度があるのか?もう始まるというのに詳しい情報がない。さあどうしようかとタイヤチェーンを調べるとピンキリで迷ってしまう。まず滅多に使わないだろうから簡易な中華激安品で良いかとも思うし、切れて車体を傷めたりしそうで国産品にすべきかとも思ったり。悩んでいるうちに雪が降ってくる...

robertohouse│コメント(0) 

2018年07月13日

IMG_6687

実物は更に良かった。平成末期とは思えない硬派なデザイン、迫力とボリューム感があって軽に見えない。室内もしっかりしてるし安全性や静粛性は劇的向上らしい。土日は美術館状態でクルマが見えないほど囲まれて営業マンも話しかけられない、既に納車は1年以上待ちだそうで…そうだろうなあと思った(^^; 必要ないのに欲しくなるようなクルマだもんね。





robertohouse│コメント(0) 

2018年07月06日

キャプチャ

20年ぶりにフルモデルチェンジしたという新型ジムニーがめちゃくちゃカッコいい件。
デザインも機能も、これぞファンが本当に望んでいるジムニー。歴代でも最高ではないかな?エコ一辺倒の市場に媚びない硬派な姿勢が素晴らしい。

robertohouse│コメント(6) 

2018年01月25日

17992066_1530480197072415_7825310255047767696_n

救出不能^^; 今年はよく降りますね...

robertohouse│コメント(2) 

2018年01月24日

27173621_1529462173840884_7101366065783784676_o

SNOWモードにするとトラクションコントロールが抜群!雪道も凍結路も乗りやすく安心感がある!
これくらいの雪なら除雪せず難なく駐車(^^) 現場の悪路にも突っ込んだけど、いまだにLOCKモードは使ってない。
視界が良く、小回りが効き、ライトは明るく、シートヒーター、ミラーヒーターもあって、本当に快適な雪道ドライブ♪
強いて難点をいえば、車体先端に雪が積もるとレーダーブレーキサポートが無効になってしまうことがある。他のクルマはどうなんだろう?






robertohouse│コメント(2) 

2017年12月29日

img03 img02

スズキ乗りになってから、やはりスズキのクルマが気になる^^;
大ヒットした軽自動車ハスラーのリッターカーバージョンともいえるクロスビーが発表された。

スイフトよりも少しコンパクトで高めのボディに、エスクードでその実力を体感しているブースタージェットエンジン(+アシストハイブリッド)、6速AT+パドルシフトと本格派の動力性能。
スノーモード付きの4WD+最低地上高180mm、ボディサイズをいっぱいに使った収納とシートアレンジ。スズキとしては最高レベルの安全性能、多彩なカラーリング。
家族4人が安全、快適に、どこにでも行けそうで、取り回し良く、必要十分。排気量とサイズの割には価格が高いが、「いつかはクラウン」的な車格設定はもはや時代遅れだろう。
ユーザーが真にクルマに求めるであろう機能を巧みにパッケージングした、スズキらしいクルマだと思う。






robertohouse│コメント(0) 

2017年11月25日

1E5ED965-79A6-4F06-8B3B-F69CAD147EBE

ジャンプスターターなるものを購入。実は最近までこういう道具が存在することを知らなかった。

RME ADI-2 Proやデジタルアンプ用に12vのバッテリーが無いものかと探していたが、「モバイルバッテリー」で検索しても5vのUSB対応しか出てこない。たまたまオーディオ関係のコミュニティでクルマ用を使っている人がいて知った。これがあればクルマのバッテリーが上がっても自分でエンジンをかけることができる。他のクルマを助けるときもブースターケーブルのように横付けする必要がなく簡単だ。そして懐中電灯機能や5vのUSB端子、様々な機器に対応するアダプターもあり、レジャーや防災グッズとして活用できる。ADI-2PROでも試してみたが問題なく動く。音は純正ACアダプターより低域の力感が上がるような気がする。13600mAあるので10時間くらいは持ちそうだ。より大容量で安価なものが出てくれば、バッテリー駆動もありかもしれない。






robertohouse│コメント(0) 

2017年11月06日



56498E68-6C6C-423D-BBA1-EE3DD253571A

福井県の丸岡サッカー場で皇后杯2回戦が行われるということで、ドライブがてらに行ってきた。
高速道路も安定性抜群ですうーっと滑るように走る。コーナーでのローリングも感じず、アイポイントが高いせいか疲労感がない。長距離クルージングにも適したクルマだと思う。

以下、試合観戦記など。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年11月03日

42D401CD-3D15-4DDA-AFB7-A029BEAA4D18

クルマの整備は一切ディーラー任せなので、ボンネットの内部を見ることはもう無いかもしれない(^^;
感覚的だけどデリカに比べてゆとりのあるわかりやすい配置。デリカはどうやって整備するのか心配になるほど混み合って詰め込まれていたから。
そして当然ながらパーツに日本語が無い!バッテリーはイタリア製。 やはりこのクルマ、メイド・イン・ハンガリーなんだな。





robertohouse│コメント(0) 

2017年10月20日

7DAB194F-83C5-4596-98C9-DBD0CBE6A598

高速道路無し、街乗りオンリーでこれくらい。航続距離は550~600kmで、満タン法では13km/L程度のようだ。
かなりスポーティな走りのガソリンターボエンジン車としては上出来では?レギュラーガソリンなのも嬉しい。

さて高速道路でどれくらいになるか楽しみ。









robertohouse│コメント(4) 

2017年10月11日




52c5c610


最近の流線型なSUVとはかなり違う、直線的でオーソドックス、ちょっと古臭い?フォルムが気に入っている。
やたらノーズを長くしたり後部を持ち上げたり絞ったりせず、座面がかなり高いこともあって、見切り、視界がとても良い。
全長4,175mmとコンパクトSUVの中でも短い部類だが、頭上には余裕がありラゲッジスペースもスクエアなので実容量は大きい。


ところで公式サイトやカタログも含め、「サバンナアイボリーメタリック」の色がまともに出ている写真はほとんどない。
たいてい、淡いベージュのように描写されているが、実際はもう少し濃く、緑がかった独特の色で、上品かつワイルドなイメージもある。
パールが入っているせいか環境によってイメージが変わり、晴天下ではツヤが出て明るい色に見える。
国産車では見かけない色で、自分も最初はブライトレッドが本命だったのだが、アイボリーの実物を見て一目惚れした^^;
当ブログではなるべく実物に近いように色温度を調整している。しかしiPhoneのカメラの解像度はなかなかのものだな...






robertohouse│コメント(0) 

2017年10月10日

BDAAD546-0E8B-4CCB-A3FD-DA2BF77D6C14

少し時間ができたのでひとっ走り氷見の海へ。
主にドライブが目的だけれど一応竿を出して、歩きながら10投ほどしみてるも、アタリどころか餌すら取られず。 




続きを読む

robertohouse│コメント(4) 

2017年10月06日



4F6BBDC7-476D-4FCA-A544-F340AC05E5B6 AB8968C2-C3EA-47F2-ADAE-188D218F722C

新車1ヶ月点検ということで代車がやってきた。

エスクードはハンガリー製だが、バレーノはなんとインド製!インドでは全長4mで税金が変わるらしく、スイフトを4mぎりぎりまで長くした感じのクルマである。

動力系は1.0Lのターボエンジンに6速ATと本格的。950kgと軽量な車体もあって、それなりに力はある。スペック上は1500回転から最大トルクが出るのだが、エスクードの1.4Lターボに比べると余裕がなく、無理して一生懸命回っている感じがする。エスクードのようにグーンと背中を押されるようなダッシュ力はない。加速時の音と振動も大きく、3気筒エンジンだから仕方ないだろう。パドルシフトを装備しており、積極的にシフトダウンを使うとキビキビ走る。

足回りはかなり違う。バレーノも硬めではあるが少しローリングを感じる。エスクードのほうがずっとスポーティでカッチリしている。加速、減速、コーナーリングの軽快さは共通点があり、これがスズキの特徴なのかもしれない。乗り心地はリッターカーとしては良い方だと思うが、エスクードのような剛性感、速度が上がると浮き上がるようなスムースさとは違う。後部座席はスイフトより広くエスクードともあまり変わらないがラゲッジスペースはさすがに狭い。

全体的に悪くはないのだが、どういう客層をターゲットにしているのか、いまいち見えにくい気はした。エスクード同様、日本では売る気がないのかもしれない...






robertohouse│コメント(0) 

2017年10月02日

キャプチャ

スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT) 全方位的に優秀


自分が書くまでもないくらい、正確なレビューだと思う。走りと利便性を実直に追求した本格SUV。このままのクルマです。 

「「スポーツカーを追いかける走りはほしいけど、せまい路地での取り回しや見晴らしの良さは妥協したくないし、トランクや後席もちゃんと使いたい」といった全方位によくばりなニーズに、国産ブランド(正確にはハンガリーからの輸入車だけど)の小型SUVでもっともバランスよく回答できているのは、もしかしたらエスクードかもしれない。」」






robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(2) 変則バイアンプの問題
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • soundcare スーパースパイク
    • soundcare スーパースパイク
    • soundcare スーパースパイク
    • リノベーション
    • iPhone11Pro発表
    • iPhone11Pro発表
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸
    • M-E
    • JBL 2way 一段落
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • ファームアップ 2.7.5.0
    • ファームアップ 2.7.5.0
    • 2426Hのメンテナンス
    • 2426Hのメンテナンス
    • 2426Hのメンテナンス