サッカーとスポーツ

2017年03月24日

今予選でのベストゲーム。スピーディな展開から久保が難しいシュートで先制し、川島は気迫あふれるセービング、大迫は終始ポストプレーで圧倒、原口は相変わらず素早く動き、山口蛍が中盤の底で狩りまくり、吉田麻耶も今回は安定していた。そして何よりも今野。獅子奮迅というか無双というか、とにかく圧倒的なパフォーマンスと運動量と気迫で攻守に貢献した。日本にはUAEのオマル・アブドゥルラフマンのような天才はいないが、総合力で圧倒し完勝と言える。本田をスタメンから外し、アンカーを置く4-3-3も当たった。この試合については、ハリルホジッチ監督とスタッフのスカウティングやコーチングに拍手を送りたい!そして、個人的には最近の男子代表ではあまり感じられなかった、挑戦者としてのひたむきさ、戦う気迫、燃えるような魂が伝わってくるようなナイスゲームだった。

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月21日

スポナビライブでのなでしこリーグ配信が終了...昨年、頑張ってシステム構築したというのに(T_T)
JFAは女子サッカーを強化するつもりがあるのだろうか...

DAZNもFOXもBSフジも発表無いし、今季は一切観られないのかとガッカリしていたら、こんなニュースが。


2017プレナスなでしこリーグ1部 テレビ放送のおしらせ


INACTV WEBってなんだ?と調べてみると、

INAC神戸レオネッサ動画配信『INACTV web』開始のお知らせ


ホームゲームを中心に配信を行ないます。解説には、INAC神戸のOGなどを起用し、自チームでの作成ならではのINAC色を出した中継になる予定です。
 [配信予定の試合]
【LIVE配信】
2017プレナスなでしこリーグ1部 ホーム9試合
2017プレナスなでしこリーグカップ 予選リーグ ホーム5試合 
【録画配信】 試合翌日の午後に配信予定
2017プレナスなでしこリーグ1部 アウェイ ※試合は未定
2017プレナスなでしこリーグカップ 予選リーグ アウェイ ※試合は未定


INAC独自企画のYOUTUBEチャンネルのようだが、カメラワークや実況、解説の質はどうなんだろう?LIVE放送は見逃し配信でも観られるのだろうか?まあ、とにかく無いよりマシだ。特にベレーザ戦はぜひ観たい。今季の注目はアンダー世代で活躍してきたボランチの杉田妃和や長谷川唯、成宮唯、長野風花など。なでしこリーグの上位チームはかなりテクニカルで試合展開も面白いし、女子がこんなプレー出来るの?という驚きや、クリーン&フェアで、最後まで諦めないひたむきさがある。男子よりも世界トップに近く、ワールドカップや五輪にも直結し、見ごたえ十分なのだ。

リーグやJFAが何もしてくれず、INACが自前で始めるなら、他のチームもどんどん追随してほしい。資金的に厳しいのだろうが...マイナースポーツはとにかく裾野を広げないと始まらない。米国リーグのようにYOUTUBEで全試合観られるようにすべきだよなあ。

robertohouse│コメント(0) 

2017年02月16日


The Laureus World Sports Awards BEST SPORTING MOMENT
 U12バルサ、日本開催の大会で見せたフェアプレーが“スポーツ界のアカデミー賞”で大賞に輝く
 
何度見ても素晴らしい光景。真の一流とはこういうものか!バルサの6番は将来、トップチームの主将になるかもしれないな。 
スポーツの歴史や文化の違いもあるだろう。日本の「部活」や「スポ少」でこういう選手が育つだろうか。

robertohouse│コメント(4) 

2016年12月24日

皇后杯準決勝
高校時代に何度も決めてきたようなスーパーゴールを最強ベレーザを相手に決めてしまった!今期注目してきた八坂芽依。ロングフィードの落としに岩清水を抜き去ってダイヤゴナルに走り込み、GKの位置を見てワンタッチでカーブをかけたシュート。勝負どころで天才的なひらめきによって最短距離でゴールを決める姿はまるでロベルト・バッジョのよう。最前線からゲームメイクする、カウンターの申し子。これまでの日本にいなかった、好きなタイプの選手だ。 U20代表に入らなかったのが不思議。来年はフル代表に入って欲しい!

robertohouse│コメント(0) 

2016年12月19日

IMG_3131

クラブワールドカップははっきり言ってつまらなかった。鹿島は頑張ったけれどレアル・マドリーの選手はいまひとつ緊張感に欠ける感じ…昔のトヨタカップが懐かしい。
口直しにリーガを観つつ BORSAO GARNACHA   安いワインの中では相当美味しい!  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2016年11月30日

U20女子ワールドカップ 準決勝  日本1-2フランス(延長)

期待が大きかったぶん、ショックだ…

前半で宮川、後半早々に上野と、危険なファウルから大怪我で交代。どちらも今大会好調なキープレイヤーだった。高倉監督の采配にも疑問が残った。上野負傷→西田→機能せず松原に交代、得点に絡むが、北川の怪我で松原をSBに回しFW河野投入と一貫せず後手後手に回り、冷静さを欠いているように感じた。フランスは個人のスピードとパワーこそあったが単調でラフプレイが多く、勝てた相手、倒すべき相手だったと思う。

とても悔しい結果だが、選手は懸命に頑張ってきた。3位決定戦でアメリカに快勝してメダルを持ち帰って欲しい。これから2019年W杯、2020年東京五輪に向けて、このU20はもちろん、U17世代にも有望な選手は多い。今後のなでしこに期待し、来季のリーグ戦もしっかり見ておきたい。

robertohouse│コメント(2) 

2016年11月22日

キャプチャ

日本はカナダに5-0で大勝し、予想外にスペインがナイジェリアに敗れたことで、決勝トーナメント1回戦は北朝鮮と当たらずに済んだ。グループリーグを観る限り、ブラジルはさほどではないがドイツとフランスは強い。そして決勝まで進んだ場合、相手は北朝鮮か、それともスペインか。今回のアメリカはそこまで強くない。日本は右サイドのMFとSBに不安がありいろんな選手を使ってきたが、ブラジル戦では誰を使うのか。明らかに格下で暑さにも弱いカナダ戦は必ずしも参考にはならない。スペイン戦ではボランチも狙われていた。やや調子が上がらない杉田はボランチよりも前目がいいのでは。長谷川はノッてきた。FWは上野と籾木で決まりだろう。ブラジルに勝って中一日多くドイツ、フランスを迎え撃ちたい。

robertohouse│コメント(0) 

2016年11月17日

15037214_1081714838615622_7305248294644702018_n

<男子 アジア最終予選 日本2-1サウジアラビア>

原口の驚異的な運動量、大迫のキープ力、長谷部を中心とした集中した守備。サウジアラビアの持ち味を出させず、久々に良い試合だった。後半、ボールを持たれたときのブロックはこれまでの日本には無い固いもので、回されても全く怖くなかった。最近は90分働けない印象の本田、香川をスタメンから外したことも効いていたと思う。タイがホームでオーストラリアに引き分けるという番狂わせがあり、後半戦はどこが勝ち抜けても不思議ではない。


<U-20女子W杯 日本0-1スペイン>

この敗戦はショックだ。スペインは想像以上に強く、技術も高かった。日本をよく研究し、モチベーションも高かった。日本は初戦で飛ばしすぎたのか、中二日のこの試合は球際が緩かったし、運動量も落ちていたように見えた。選手起用も相手に合わせてしまうような迷いが感じられた。スペインのほうが出足が速く、1対1で勝てず、日本自慢のパスワークも封じられてしまった。次のカナダ戦で勝てばグループリーグは突破出来るが、苦手な北朝鮮と当たりそうなのが痛い。北朝鮮は日本が相手だと本当にしぶとく負けないサッカーをする。日本は決勝トーナメントを無事に勝ち抜いた場合、決勝でまたスペインと当たるかもしれない。 

robertohouse│コメント(0) 

2016年11月14日

15068425_1079343748852731_6798912012398824164_o 15025311_1079541685499604_3931672482418275220_o

日本6-0ナイジェリア

ちょうど夕食当番の日で18:00キックオフなんて...豚ロースの煮込みと生タコのスパゲティを作りつつ観戦。食べ始める頃には楽勝ムードでした^^;

いやーーーー日本凄い。圧倒的。まさに最強世代。男女、世代問わずこんなにカタルシスの得られる代表チームは初めてではないか? 

前回準優勝チームで強敵と思われたナイジェリアをまるで子供扱いしてまったく仕事をさせない、点差以上のワンサイドゲームだった。 ボール扱いの個人技、動き出し、プレスバックの速さ、パスワークで大差があり、フィジカルでさえも負けていない。見事に連携しパスがつながり次々と選手が湧いて出て来る、まるで欧州の強豪チームを観ているようだ。 このチームは五輪予選を突破できなかったフル代表より数段強いのではないか?今大会後のフル代表は、U-20に横山、阪口、杉田亜未を入れるくらいでいいのではないか?ただし次のスペインは前回U-17決勝で負けた日本へのリベンジに燃えているだろうし、個人技も組織力もある。ここで圧勝できれば優勝も見えてくるだろう。

とにかくサッカーファンはフジテレビNEXTスマートを契約して(月1200円でスマホやPCなどで見放題)U-20を観るべし。 向こう10年を背負って立つキラ星たちを!

robertohouse│コメント(0) 

2016年10月22日

IMG_2619 IMG_2617 IMG_2615

長野風花、MVPおめでとう!誰も予想しないところへスルーパスを通す、天才的なひらめきのある選手だ。試合は0-0で負けてはいない。胸を張って!勝負はこれから!しかしシュート20数本を放ち内容では圧倒していただけに、PK戦に持ち込まれたことが本当に惜しかった。アメリカ、イングランド、スペインを破っての決勝進出、得点19失点2という素晴らしい成績であった。

3週間後にはU-20W杯が始まる。こちらは日本が優勝候補の大本命だ。2014U-17W杯優勝メンバーをはじめ過去最高とも言えるタレントが揃う。ほぼ全員が今期のリーグ戦では主力として活躍している。高倉監督の戦術も完璧にこなしフィジカルで上回る相手も圧倒してくれると信じている!

robertohouse│コメント(0) 

2016年10月18日

今大会と、来月のU-20(こちらが本命)のためにフジテレビNEXTを2ヵ月間だけ契約して頑張って深夜に観てます(^^) スポナビライブのような見逃し配信がほとんど無いのが辛いけれど、アカウントさえ取ればPCでもiPadでも何でも観られるところは良い。ここまでの日本はリーグで5-0ガーナ、5-0パラグアイ、3-2アメリカ、準々決勝3-0イングランド、準決勝3-0スペイン、、、対戦相手を考えると優勝した前回以上の結果!今日のスペイン戦は特に前半かなり押し込まれて苦しい試合だったがGK中心に守り、チャンスをものにして勝ち切るところが頼もしい!しかも決勝を見据えて植木や宝田など主力を温存することにも成功。準決勝でターンオーバーって(^^;;しかし決勝の北朝鮮は強いぞ…決勝は金曜深夜25:50より地上波フジテレビで生中継!!  ……と思ったら富山では放送無いかも……しかも配信も決勝戦だけはNEXTじゃなくてONEだとか、あり得ない…

robertohouse│コメント(0) 

2016年09月07日

良かったのは山口蛍と原口元気、浅野くらいかな?ハリル監督、本田と香川を外す勇気を!!運動量もキレもなく、いくら引いているとは言え、さほど強くないタイのDFをドリブルで抜く場面は一度もなかった。本田は前半も後半も20分くらいで脚が止まっているように見えた。解説者もそういうことを何も言わないし、あれで交代が浅野と原口だなんて、スポンサー枠でもあるんじゃないかと疑ってしまう。この2、3年ずっと思っていたけど、今夜ほど感じたことはない…

robertohouse│コメント(0) 

2016年09月06日

スポナビライブはログインにSIMとモバイル通信が必要だが、視聴そのものはWIFIが使える。(というかそれが基本)

しかし、WIFIをOFFにしていたり通信が不調だったりすると、モバイル通信を使ってしまう。高画質動画だからあっという間に数GBのパケットを消費してしまうのだ。僕はかなり気をつけているのだが、何かをやらかしたらしく、数日で低速制限がかかってしまった。外で使うことはないし、 WIFI環境は良好でずっとONになっているはずだし、「WIFIアシスト」もOFFにしているし、アプリのバグの可能性もある気がする。危険なのは、スポナビライブアプリのアップデート後に再ログインが必要で、このときにWIFIをOFFにすることを要求され、この後にONにし忘れたら大変だ。そんなミスはたぶんしていない、はずだが(-_-;)


image


「設定」→「モバイル通信」で「スポナビライブをOFF」にしておけばとりあえず解決するはず。
ただ、けっこう頻繁にあるアップデートの時にはONにする必要があるので、気をつけねばならない。


続きを読む

robertohouse│コメント(4) 

2016年09月02日

日本1-2UAE

審判の判定に疑問がないわけではないが、それ以前に選手個々の力と戦術、コンディションの差で負けた。保持率とシュート数こそ多かったが内容は完敗。特に10番のオマル・アブドゥルラフマンのテクニックには完全に翻弄された。トラップとパスが正確で視野が広くほとんどミスがなく、彼を経由するとボールを奪えず効果的にパスをつながれていた。UAEの選手はトラップが上手く身体も強かったし、特にセンターバックがものすごく強かった。日本の前線にはミラン、ドルトムント、レスター、セビージャの選手がいるはずなのだが、まったく違いを見せられなかった。ちょっと引かれるとボールを回してクロスを放り込むだけで崩せないのはいつも通りで、相手には研究され尽くしている。最終予選は豪州、サウジ、イラクと強豪揃い、次戦のタイも油断はできない。ホームの初戦を落としたのは痛すぎる。今の代表には、観ていてワクワクする感じがない。淡白すぎて感情移入もしにくい。今こそ闘莉王のようにチームの核となる選手が欲しい。 →闘莉王グランパス復帰記者会見

robertohouse│コメント(0) 

2016年08月25日

キャプチャ


最近、スポナビライブでの検索が急増している...やはり、プレミアリーグとリーガエスパニョーラが始まったからでしょう^^; 

月額500円で全試合生放送、しかも1週間見逃し配信という信じられない神サービス。実際に使ってみると、もうTV放送は過去のメディアだなと思います。ただし基本的にスマートフォン向けのサービスなので、アウトプットするモニターが問題点。自分は超ややこしい最強システムを構築して楽しんでいますが、お金に糸目をつけなければ、本当に最強なのは間違いなくiPadPro12.9インチのソフトバンクセルラー版でしょう。(スポナビライブはセルラー端末でないと視聴できない。なおソフトバンク以外のSIMだと月額3000円かかる。) 高画質で画面サイズも必要十分、バッテリーも高性能スピーカーも内蔵し、これ単体で手軽に世界のサッカーを楽しめる。ソフトバンクのiPhoneを使っていれば、iPadProの追加費用は機種代込みで月額5,000円程度。どうせiPadは仕事でも使うのだし買い替えどきだしセルラー版にしてもいいかも、と一瞬思う。でもタブレットは長く使えるので、年間6万円をず~っと払う、つまり5年で30万円と考えるとかなり辛いし、5年後には世の中のサービスそのものが変わっているかもしれない、iPadを外で使うことは多くないし、格安SIMも増えているし...冷静に考えるとリスクが大きい...でも余裕のあるサッカーファンはぜひどうぞ^^;僕も移動の多い東京に住んでいたら買ってしまったかも。



robertohouse│コメント(2) 

2016年08月17日

銅メダルを獲ったのに切ない涙があふれるのは、その瞬間にはなかった笑顔を、これから愛が作らなくてはならないから。


こんなにリアルで「愛」のあるレポートを書ける人がいるんだなあ!今大会はNHKのネット配信でダイジェストを観る程度で、唯一TVに齧りついたのが女子卓球団体の準決勝だった。3人で戦う団体戦ではあるのだが、福原愛選手のこれまでの人生、汗と努力と苦悩がすべて詰まったような、魂の試合だった。この文の前では自分の感想が何も出てこないくらい、過不足なく全てを言い尽くしていると思う。世のスポーツジャーナリスト全員に読んでもらいたい。

追記; 愛ちゃんの銅メダルインタビューを見ればこちらも泣いてしまう。でもNHKの配信サイトは動画のシェアができない。全くもって時代遅れだ。 

robertohouse│コメント(0) 

2016年08月09日

image

スポナビライブ
でのキーワード検索がとても多いようなので、僕の観戦システム(たぶん完成形)を紹介。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 


リオ・パラリンピックのプロモーション映像がカッコ良すぎ! ポジティブとはこういうことなんだな!映像のセンスも音質も素晴らしい! 

robertohouse│コメント(0) 

2016年07月11日

image image キャプチャ

いやーハイレベルでドラマティックな素晴らしい試合だった。たまたまスポナビライブの放送でフランスとポルトガル戦が多かったため、両チームともに予備知識と思い入れがあったせいもある。

大きく速く上手い選手が超モダンな連携サッカーを繰り広げるフランス、しぶとく守ってロナウドの一発に賭けるポルトガルという予想通りの展開、のはずだった。ところが開始18分ほどでパイエのタックルを受けて負傷、グラウンドに崩れて涙を流すロナウド。一旦はテーピングして戻ったがやはりダメで、25分過ぎに涙の交代。このときのロナウドの顔は忘れられない。今大会は主将としてチームを引っ張ってきただけに、どれほど悔しかったことだろう。しかしポルトガルは明らかにここから結束が高まり、守備の集中とカウンターの鋭さが増していった。延長に入るとロナウドはテクニカルエリアで監督さながらに檄を飛ばし士気を鼓舞した。そして延長後半にエデルのスーパーゴールが飛び出し、ロナウドはまた涙する...

内容的には、明らかにフランスのほうが攻撃的でモダンなサッカーをしていた。ドイツに高い個人技をプラスしたようなチームだ。特にグリーズマンのフリーになる動きとボールタッチの正確さ、シソコの破壊的なドリブルは見応えがあった。惜しむらくはあれほど攻撃力の高いポグバがもう少し前でプレー出来なかったのかな、と思った。ポルトガルは監督の采配が素晴らしかった。大黒柱ロナウドの負傷という不測の事態に対応しチームを落ち着かせ、交代カードも見事だった。レナト・サンチェスを替えるのはどうか?と思ったがエデルは強い体でポストをこなして流れを変え、最後は自ら決めてみせた。ぺぺらDF陣の奮闘も凄まじく、最後まで脚が止まらなかった。

今大会のうち10試合ほどを見て、欧州各国の個人、戦術レベルの高さを感じた。 体の強さ、走る速さと距離、キック力、判断の速さ、陣形のコンパクトさ、勝利への執念。さらにスタジアムやレフェリー、観客、メディアの質。どれをとっても、ある意味ではW杯を上回るハイレベルなものだ。いつも欧州リーグで戦っているライバル同士で歴史的な関係もあるから、国を背負って戦うモチベーションも凄い。残念ながらアジアや日本とは、誰が見ても「別のスポーツ」に見えるくらい差がある。鑑賞に耐えるサッカーとはこういうものなのだと改めて感じた。 →EURO2016 フランスvsポルトガル ハイライト

robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
















    ギャラリー
    • 夕食
    • 生パスタでジェノベーゼ
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 富山のSI邸増築工事
    • 富山のSI邸増築工事
    • 富山のSI邸増築工事
    • ベーコンとマッシュルームのトマトパスタ
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • シーバスロッドでライトなキス釣り
    • ミステリー
    • NATURA1600販売終了
    • イカとアサリのパエリア
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • alpair10をデスクトップに移設
    • alpair10をデスクトップに移設
    • alpair10をデスクトップに移設
    • UENOグアンチャーレ
    • UENOグアンチャーレ
    • UENOグアンチャーレ
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • ライトタックル再検討
    • 金色の野
    • 今週もキス釣り