カメラと写真 ~2009

2009年12月11日

建築撮影システムがとりあえず決定。 
現在施工中のプロジェクトはこのセットで撮影をイメージしよう。

L1090345_512

OLYMPUS E-3  ZD7-14mm/f4   /  Mamiya645  50mmShift/f4


E-3+7-14mm/f4の手慣れたコンビは、やはり素晴らしい。 
開放・手持ちでブレず歪まずパンフォーカス、視野率100%であっという間に家全体を押えられる機動力。
どんなに引きのない場所でも撮れてしまう馬鹿力。
資料を大量に撮影するのに、これ以上のコンビはない。

これを首から下げて、三脚に据えた中判を併用するスタイルで行こうと思う。
中判フィルムカメラでは、その建築を代表するような、印象的なカットを撮りたい。
たぶんそんな写真は、14mm相当の超広角ではないはず。


Mamiya645は実用的なカメラで、まったく違和感なく使える。
50mmシフトレンズが大変使いやすく、歪みもほとんどない。
31mm相当の画角は一見物足りないが、見たままの空間の奥行き感を再現するには向いている。 
シフトをうまく活用すると実質画角はもっと広く、ライズアオリだけでなく左右シフトでパース調整が出来る。 
なるべくパースを圧縮した自然な写真を撮りたい。 外観はほぼこれ1本でカバー出来るだろう。

35mm/f3.5はZD7-14mm/f4と比較すると歪みと逆光耐性が気になってリストラ。 
デジタル補正すれば良いがそれならZD7-14mm/f4で十分だ。
デジタル補正に頼らず、シフトレンズで撮影時に完璧にフレーミングし、
そのまま六切りか四切り程度の手焼き銀塩プリントを依頼したい。 
つまり10年前に戻る使い方(^^;)

50mmシフトで撮りきれない画角は人間の目とは違う絵である。 それはZD7-14mm/f4でカバーする。



あとは、階段や手摺その他ディテールパーツをどう切り取るか。


L1090349_512

OLYMPUS E-3 MacroElmarit 60mm/f2.8  /  Mamiya645 80mm/f1.9


LEICAのマクロレンズをアダプターで有効利用する。
ディテール撮影にはその解像度と柔らかいボケ味、120mm相当の圧縮感が使いやすい。
開放から使えて手ブレ補正も効くので手持ちOKだ。
最近ほとんど使わなくなったZD14-54mmⅡはリストラ。 7-14mm/f4とは画角的につながるが描写に差があった。

Mamiyaの標準レンズ80mm/f1.9は売っても5000円にしかならないので残す(^^;) 
むしろ家族行事の記念写真に良さそう。  (それにしても、標準レンズセットで2万円ですぜ、旦那)




決まった、といいながら(^^;)全く別の選択肢もあったりして。

LEICA R9 + SurperAngulon-R21mm/f4 ,MacroElmarit 60mm/f2.8

これだけでほとんど全て撮れて結果も良い。 
SurperAngulon-R21mm/f4は以前使ったモノコート版とは別のレンズのようにシャープで、何故か歪みも少ない。
R9の露出やフォーカスの使い勝手はE-3より上で、代打としては申し分ないアウトフィットかも!
そういえばSurperAngulon-R28mmシフトってレンズもあったよなあ...ぶつぶつ。

robertohouse│コメント(2) 

2009年12月09日

img051_640




img047_640




img050_640

Mamiya645PRO 50mmShift/f4  35mm/f3.5



コンデジ、デジタル一眼から35判ネガ、645判ネガ、ポジまで...
K邸の撮影では、今後のためにもいろんなフォーマットをテスト。

645判のフィルム解像度はもっともっとシャープだけど、スキャンするとシャープネスが安定しない。
フィルムのカーリングを抑え込むアンチニュートンリング・ガラスホルダーが海外サードパーティから売られているらしいけれど...

レタッチしたプリントを色見本にして、素直に銀塩プリントを依頼するのがベストかも。



robertohouse│コメント(8) 
保証切れ2日前にシャッターが故障したSL-2が退院。
シャッター連動機構のタイミングズレが原因とのことで、調整と、いくつかパーツ交換もしたそうだ。


L1090343_512


修理してくれたのはその筋では超有名な某工房で、修理代金は購入価格を超えている(>_<) 
でも保証期間内なので請求はナシ(^^;)

それどころか、故障箇所以外にもあちこち調整してくれたそうで...
ファインダーなどは今まで見たことないくらいの、新品のような美しさ! 
つまりOHされたようなもので、なんだかものすごく得した気分♪


改めて、完璧なコンディションのSL-2にうっとりする(ニヤニヤ
ショックとタイムラグの少ない静かなシャッター。
滑らかな巻き上げ。
感覚的に、迅速に、一発で決まるアナログメーター。
現実より美しいマイクロプリズムファインダー。
この世のものとは思えない高貴なクロームメッキ。
最高のフィルム一眼レフと心酔しているR9とは、違う意味での極上の操作感。
実用性とクラシカルな魅力を高次元で兼ね備えた一眼レフ。

こんなカメラが、FM2とそう変わらない値段で買えた...

robertohouse│コメント(8) 

2009年12月08日

img018_640

照明を落とせば、薪ストーブの炎が行灯のようにゆらめくはず。


img010_640




img009a_640



img040_640




img006_640

照明に浮かび上がる構造体。


img017_640

LEICA R9 + SurperAngulon-R21mm/f4 , MacroElmarit 60mm/f2.8   
Kodak EKTAR100 (GT-X970)



確かにネガのラチチュードは広いけれど、露出、色温度、カーリング...まだまだ修行が必要(-_-)
特に夜景は難しいですね...まあデジタルでも難しいのですが。 
 


robertohouse│コメント(2) 
PC083726_640

OLYMPUS E-3  40-150mm/f3.5-5.6


今日はとても暖かくて、お昼休みにはカナちゃんの餌も捕れた♪


robertohouse│コメント(0) 

2009年12月02日

PC023697aa_640




PC023704a_640



PC023701a_640



PC023709a_640



PC023693a_640

OLYMPUS E-3 ZD7-14mm/f4



こういう説明的、資料的なショットでは、やはりZD7-14mm/f4が便利だなあ...
開放でもシャープでパンフォーカス、手ブレ補正でラクラク手持ち、なるべく広角で撮ってデジタルシフト補正。
E-3には不満もあるけれど、ハッセルSWCみたいに超広角ズーム専用カメラとして使う。

でも今回、このレンズに頼るのは最小限にした。
K邸は小さめで多彩な空間が連続するのが特徴なのだけれど、超々広角レンズでは実際より広く見えてしまう。
あまりに手軽なので脚よりズームを多用してしまうのも問題。

画角に頼らずに本質を切り取る訓練をしなければ!



robertohouse│コメント(2) 
やはりシフトレンズは使いやすい。 
デジタル処理である程度シフト補正も出来るが、撮影時にイメージを決定出来るのはシフトレンズの良さだ。 
補正による画角や解像度の無駄もない。

lei008_1_640

LEICA D-LUX4 & Capture One 4


50mm(31mm相当)の焦点距離も絶妙で、パースが不自然にならず、外観全景が入る。
現在設計中/施工中プロジェクトの外観メインショットは、全てこのレンズで撮影可能。
E-3の弱点、明るい空と建物の日陰の明暗に弱いところをネガフィルムでカバーしたい。

超広角35mm/f3.5も悪くないがZD7-14mmに比べるとちょっと歪みが気になる。 
オマケ(?)の80mm/f1.9はプライベートに良さそうだけど、150mm/f2.8はほとんど使わないだろう。
Mamiya645PROは、他のレンズを売り払って50mmシフト専用としてもいいかもしれない。 
それくらい、このレンズの使い勝手は良い。


問題はその相棒。
何でも中判カメラで撮ろう、とは思っていない。
説明的な写真やディテールショットに中判の必要はない。
MacroElmarit 60mm/f2.8、SA21mmのLEICA R9 か?
ZD7-14mmのE-3か? それともコンデジのD-LUX4でほとんどOK? 

今回、三脚でカッチリ撮りながら、D-LUX4でスナップを押えていくのはリズムが良かった。 
それがR9でもいいと思うが、35判のEKTARフィルムがどれくらいの絵になるか、楽しみだ。



robertohouse│コメント(0) 

2009年12月01日

今日もK邸の見学があり、ついでに120フィルム1本を撮影。

L1090161_512

中判復帰計画で選んだのは、マミヤ645PROです。
最大の理由は、その激安中古価格(^^;) そしてシフトレンズ。


もうひとつは、

L1090170_512


この合体ロボ感!

じゃなくて、、、フィルムバック交換式であることが最後の決定打に。
交換バックは(ハッセルと違って(^^;)3,000円くらいで買える。
建築にEKTAR100、プライベートにPOTRA400というような使い分けが可能。
久々にリバーサルも使ってみたい!

それにしても、カメラ本体はこんなに小さいんですね。

L1090168_512

合体しても、カメラバックの納まりはE-3と大差ないです。 (というか、E-3デカすぎ!)
ホールディングはゴロンとしていていまいち。 電動ワインダーグリップもあるけれど手動クランクのほうが静かで軽いし、リズミカルでいい。

L1090162_512

ファインダーは想像よりずっと明るく見やすい!(もちろん方眼マット)
測光表示は昔使ったマミヤ7とそっくり。 TTLスポットと平均が切り替えできるのはLEICA Rと同じ。 
AE、AELモードもあり、けっこう速写性がある。
ファインダー内のシャッター速度表示が1秒までなのは不満。 せめて4秒が欲しい...夜景では単体露出計が必要か。
マニュアルでは半段シャッターが使えないのも不満だけどネガならまあいいか。
シャッター音はハッセルより静かだと思う。 パシャッと小気味いい音でミラーショックはあまり感じない。
フィルムやバックの交換はハッセルより簡単。 ミラーアップはいつでもUP-DOWN可能。
全体的に使いやすく、説明書を見なくてもすぐに慣れることができた。


さて、LEICA-Rとはレンズの差が出るか、フォーマットの余裕が出るか、デジタルE-3との違いは...
K邸撮影の分析結果が、今後の方針を決める?!

robertohouse│コメント(3) 

2009年11月30日

L1090156_400

宝石のように美しい、大口径標準レンズ80mm/f1.9がボディとセット。
ハッセルのプラナーに匹敵すると思うけれど市場価値は1/10? 
軟調カラーネガで家族写真を撮りたい!



L1090159_400

インテリア撮影の主力となるであろう、35mm/f3.5。 
換算21mm相当の画角でプアマンズ・SWCを目指す! 
少し歪みはあるけど一眼用レンズとしては標準的か。
軽量コンパクトで、風景や街撮りでも使いたいレンズ。



L1090158_400

これはボディのおまけに付いてきて、特に欲しいレンズではなく...
150mm/f2.8、気合いの入った明るいアポレンズ。
ファインダーを覗くとうっとりするほど美しい視野! 
でも90mmf/1.7相当の極薄ピントを使いこなせるか?  最短1.5mというのも不満。
売るにしても市場価値はleitzのフィルターくらい(^^;)

マウントアダプターでE-3やLEICA R9 に付けられればもっと使えそう...でもアダプターの値段でこのレンズ3本買えますね(>_<)



L1090155a_400

システム決定の要は何と言ってもこのお仕事専用レンズ、50mm/f4シフト。 
箱入り未使用品を信じられない値段でGET!
ズイコー24mmシフト以来の懐かしい感触。 造りも操作性も良く、滑らかな動きは素晴らしい!
画角は31mm相当でもシフト量が大きく実質24mm並みのカバー能力、建築外観写真にぴったり。




robertohouse│コメント(4) 

2009年11月29日

L1090154_640


久々の感触(^^)/

嘘みたいな値段で一式揃いました。  いくつかリストラも敢行し、事業仕分け完了!

robertohouse│コメント(7) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 激安ノートPC
    • Airpulse A200
    • くるみの森
    • 甘エビと沖シジミのパエリヤ
    • テスト開始
    • テスト開始
    • 引越し
    • くるみの森 竣工写真撮影
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • テントファクトリー トンネル2ルームテント
    • 新オーディオルーム始動
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • ハリルホジッチ解任
    • N Company
    • N Company
    • 巣立ち
    • 巣立ち
    • 金具屋
    • 金具屋