Nikon

2024年06月26日

0626_01_01


「ニコン Z マウントシステム」対応の広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 35mm f/1.4」を発売



>NIKKOR 開放F値1.4でありながら全長は約86.5mm※、質量は約415g

マジか。昔愛用していたAi-S 35mmF1.4と同じくらいじゃないか。フィルタ径も62mmに抑えている。これはすごい。単純に、ほしい。(ボディがない...

しかも10万切りそう???バグってる。最近の傾向から30万くらいかと思っていた。非Sラインで来たか!それでも一応は防塵防滴。
MTFを見るとSラインの35mmF1.8と差別化されて、周辺の低下がなだらかで、シャープすぎずちょうどいいのでは?と予想。
Zfに合うよう設計されているのか、今後は安価で軽量なハイスピードレンズの展開も期待できる。

自分にとって明るい35mmは真の万能レンズ。Zシリーズ最安のZ5と組めば合計25万。話題沸騰中のZ6Ⅲは高価すぎて興味が湧かないが、これは悩む...




robertohouse│コメント(0) 

2023年06月20日

6B770157-9561-43EC-9DA5-956CC312B4DA







robertohouse│コメント(0) 

2023年06月16日

IMG_2859

LAOWA 14mm F4 Zero-D DSLR

レフ機を使うにあたり、ぜひ試してみたかったレンズ。
ニコンFマウントだが、最初からGFXでの運用をメインに考えていた。さてイメージサークルはどれくらいなのか?GFXで使えるのか?続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2023年06月07日

robertohouse│コメント(0) 

2023年06月05日

27AE1853-4A51-4232-A22C-2BC365573EDC

少し前からニコンD780を使ってます。 
予想通り、ミラーレスよりも撮影体験がずっと楽しい!





robertohouse│コメント(0) 

2021年06月28日

Nikon-Z-fc-retro-styled-APS-CNikon-Z-fc-retro-styled-APS-C-mirrorless-Z-mount-camera-2_640 nikon_zfc_011


ニコン「Z fc」の新しい画像がリーク、発表は6月29日?

フライング公開されたニコン「Z fc」だと思われる画像。6月29日には正式に公開されるはず。
ニコン「Z fc」のキットは、国内では「Z fcボディ」、「Z fc 16-50 SLレンズキット」、「Z fc 28mm Special Editionキット」になるらしい。
人工皮革部分はホワイト、ナチュラルグレー、サンドベージュ、コーラルピンク、ミントグリーン、アンバーブラウンに張替え可能(発売キャンペーン中は無料)。



往年のFM2やFE系にそっくり!このサイズ感を実現するためにAPS-Cとしたのだろう。

これが当たるかどうかはレンズラインナップ次第か。チープなキットレンズだけではファッションで終わってしまう。ルックスだけでなく、スマートフォンに差をつける描写が必要だ。
中華系MFレンズはすぐに出てくるだろうけど、FUJIFILMが広角~標準の明るい単焦点をニコンにOEM供給すれば良さそう(笑)


→続報  なかなかイケてるかも。FM2的なハンドリング感のためには、右手側にもう少し余裕が欲しいかな。


→正式発表  →Zfcスペシャルコンテンツ
デザインは頑張っていると思う!でもX-E4のライバルとしては、F1.4~2のコンパクトな単焦点レンズが欲しいな...






robertohouse│コメント(0) 

2020年01月08日

12


Nikon D780が発表。

これが戦略なのか単に商売下手なのかよくわからないが、ニコンは大事なことをPRしていないように思える。

スペックといくつかのレビューを見ると、(変な言い方だけど)D780は「ミラー付きZ6」すなわちハイブリッドカメラだ。EVFこそ無いものの、ライブビューモードでタイムラグやAF速度においてNikon  Z6 とほぼ遜色なく、ミラーレスカメラと全く同じように使える一眼レフカメラである。Z6よりちょっと重くて分厚いけれど、ついでに光学ファインダーも搭載し、デュアルスロットで、速写性が高い、バッテリーが数倍長持ちするカメラ。ストロボを廃してデザインもシャープになった。Z6より断然いいと思うし、戦場や世界一周旅行に持っていくならこれにする。5年前にD600からライカに移行していなければ、間違いなく買っていただろう。さすがニコン!なのだが...なんとなく寂しい。D780のハイブリッド化は、既にミラーレスカメラが主流になったことを感じさせる。型番もD800との間が詰まってしまい、後継機が出る確信も持てないのだ...

robertohouse│コメント(0) 

2018年11月27日

EDDD9437-FA97-49FF-BFD8-30F495CDCB54

ニコンZ 6を店頭で調査。まさにキヤノンEOS Rとのガチンコ対決。グリップはEOSRの方が余裕がある感じ、剛性感はニコンがやや上か。電源スイッチはニコンのシャッターボタン周りがベスト。ファインダーの見え味は好みが分かれるが、個人的にはニコンがハイコントラストで硬め、キヤノンはクリアで透明な感じがした。撮影直後の応答はニコンが良さそう。シャッター音はどちらも静かで、ライカM10-Pと比べると少し音が高いが音量は同じくらい。ソニーα7系よりはずっと静かだ。24-70/f4標準ズームはかなりコンパクトだが35/1.8はかなり大きい。いずれもデザインがのっぺりしており、高価なレンズとしては寂しい気もした。ただしこれらの専用レンズの画質は優秀らしく、すでに多くのレビューで絶賛されている。Z6を使うなら最新のレンズが良いと思う。ホロゴンで色かぶりしないという情報もあり、カバーガラスはかなり薄く作られているようだ。キヤノンEOSRと違ってレンズ交換時にセンサー剥き出しなのは怖い。デモ機は既にかなり汚されていた。オールドレンズは似合わない気がするが、ソニーαでもそう思っていたので慣れるのかもしれない。




robertohouse│コメント(0) 

2018年08月24日

Z6

Z 6、Z 7が発表され、大きな話題になっている。ニコンがその地位を築いた一眼レフから、ついにミラーレスに舵を切った、歴史的なカメラになると思う。
自分が買うとすれば新しい14-30/4と24-70/4の2本と、オールドレンズを取り付けるアダプターがあれば、完璧なシステムになりそうだ。
グリップの良さやファインダーの見やすさ、耐久性など、機能的にもかなり期待できる。

しかしひとつ問題がある。ニコンはマウント情報を公開しないという。これがソニーα7シリーズとの大きな違いだ。
サードパーティ製の様々なアダプターが出るとしてもかなり遅れるだろうし、精度が低かったり、機能に制限があったりするだろう。
ニコン純正アダプターは当然ニコンFレンズしか使えない。Fマウントはフランジバックが長いのでアダプター重ね技も使えない。
ソニーαの社外アダプターの進化は凄まじく、EOSのレンズがほぼ問題なく使えたり、ライカMレンズをAF化さえしているというのに、ちょっと残念だ。

もうひとつは、レンズの高性能化に寄与する巨大マウントに、小型レンズがまったく似合わないであろうこと。
おそらくライカM,LレンズやツアイスRF、エキザクタ、シネレンズ等の細身なオールドレンズはソニーα以上に似合わないだろう。
これらのアダプターが出るとすれば、レンズに向かって斜めに絞り込むようなデザインにせざるを得ない。ちょっとマウンテンエルマーのような雰囲気だろうか(^^;

そんなことメーカーには関係ない話で、最新の純正レンズで高画質を楽しんでくださいということなのだが...カメラマニアとしては気になるポイントなのだ。


robertohouse│コメント(0) 

2018年08月23日

product_05 pic_01



product_08 product_10

ついに出たニコンのフルサイズ・ミラーレス。  メーカーサイト→ ニコンZ6  ニコンZ7

デザインは可もなく不可もなくオーソドックス。ボディ上部にはみ出すような丸型が大口径マウントを強調する。グリップ形状からソニーよりは持ちやすそうだ。ミラーレス化でかなり小型化されてはいるが、レンズはソニー同様、あまり小さくはならない。58mm/f0.95などはまるで望遠レンズのようだ。

耐久性はD850同等と謳われており、55mmという大口径マウントはミラーレスが主力になることを予想させる。これからシステムを揃えるなら、もう光学一眼レフは無いかな?もちろんボディ手ぶれ補正もあり、Fマウントのアダプターも用意される。EVFや背面モニターもかなり高性能になっている。USBで本体充電ができるようになったのは良いが、バッテリー寿命はEVF使用時に310コマとやや不満。

ほぼ予想されていた通りの内容で、ソニーαにまともにぶつけてきたなという印象。カメラとしての出来はソニーを上回るのではないかと思う。ニコンのブランドもあり、ソニーに似てはいるけれど、カメラ好きなら一番手に選ばれそう。当面はかなり品薄になるのではないか。

レンズロードマップを見ると、自分には14-30mm/f4が魅力的。絶妙なズームレンジで建築撮影はこれ1本でいける。他はオールドレンズをアダプターで使えば良いかな。フランジバックが16mmしかないので、1年もすればサードパーティ製アダプターがいろいろ出るだろう。

robertohouse│コメント(0) 

2018年02月15日

5D01403F-C7E1-4364-BC06-544BC24AEC4E


久々にやらかしてしまった...

ニコンW300は現場記録用としても我慢できず、新品同様のまま速攻売却→オリンパスTG-5を購入...続きを読む

robertohouse│コメント(4) 

2018年02月04日

7C4494E7-0AC1-4586-BCC9-F2BB4C1D592B

現場用にニコン クールピクスW300を導入。  



続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2017年04月02日

IMG_3801
NikomatFTN +Ai35mm/f2S  Natura1600

このレンズは良い。キレもボケ味もAFタイプのF2DやF1.8Gを凌ぐほどかもしれない。



robertohouse│コメント(0) 

2017年04月01日

IMG_9677

まだたいして撮ってないのに…レリーズしたらミラーが上がりっぱなしになってしまった。自分の経験ではニコンのカメラが壊れたのは初めてだ。
修理屋さんに相談したところ、おそらく治せるが2万円近くかかる。9千円で買ったカメラだから悩む…
FMの後に買ったニコマートFTNをとても気に入っているのでしばらく放置かな… 

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月25日

IMG_9567

ニコマートが更に男前に! 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月20日

IMG_9537

非Aiレンズ購入には意味がありまして(^_^;)   続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月18日

17343031_1217227191731052_3233067131108011832_n

程度の良いNIKKOR-S.C AUTO 50mm/f1.4 を6千円でゲット。
Aiタイプの半値以下で、ほぼ50年前のレンズだが造りが素晴らしくガラスも驚くほどクリアーでヘリコイドは滑らか!
ニコンFMは(FM2と違い)非Aiカニ爪専用レンズが絞込測光で使える。でもそれ以外にも使い途がありそうだ(^^)

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月12日

IMG_9328

ニコンFMに35mm/f2レンズは大正解。画角が最適で、ライカよりぐんと寄れるから、ててを撮るにはとても使いやすい。
家の中の光はよくわかっているから、メカニカルシャッターのマニュアル露出はむしろ確実。トイラボさんのおかげで最近はデジカメの使用頻度がガタ落ちだ(^_^;)

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月07日

IMG_9309

フィルム一眼レフが1台欲しいなあとずっと思っていた。ニコンの機械式で露出計の入ったものを...でもFM2やFM3Aではない、1977年発売の「無印」FMをゲット。かなり綺麗な完動品が9千円ほどだった。FM2は2~3万円、FM3Aは5万円を超えるからかなりお買い得だ。FM2は昔使っていたので違うカメラがいいかなとも思った。

FMのシャッターは後継機と同様にコパルスクエア縦走り式だが、シャッター速度が1/1000止まりで幕速も遅いせいか、シャッター音やレリーズの感触がFM2とはかなり違う。少し柔らかい感じで、どちらかと言えばニコマートFTNに似ている。外観はシャッターダイヤルとレリーズロックにクラシカルなローレットが刻まれ、前面に機種名が無く、メモホルダーは金属製。なんとなくFM2よりも高級感がある気がする。FM2と機能上の違いは、シャッター半押しではなく、巻き上げレバーを予備角に起こすと露出計がONになること、予備角でなくてもシャッターは切れること。Ai以前のカニ爪専用レンズも絞込み測光で使えること。露出計表示が+◯-の5段階なのは同じだが文字は光らずに横のドットだけが点灯する。欠点を言えばファインダーがやや暗いこと、スクリーンが交換できないので清掃が難しいこと。シャッター速度は自分の場合1/2000以上を使うことはまずないので問題ない。

久々のニッコールレンズはコンパクトで寄れて明るい35mm/f2にした。高感度フィルムを詰め、「てて専用」カメラになるかも^^;

robertohouse│コメント(2) 

2017年02月13日

dl2


プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ

2017年2月13日PRESS RELEASE/報道資料
株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、発売時期を未定としておりました、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」の発売中止を決定しましたので、お知らせいたします。
「DLシリーズ」は、発表当初2016年6月発売予定としておりましたが、画像処理用のICに不具合があることが判明したことから、発売を延期させていただいておりました。
その後、お客様にご満足いただける商品とすべく、全力をあげて開発に取り組んでまいりましたが、開発費が増加したこと、および市場の減速に伴う販売想定数量の下落等も考慮し、収益性重視の観点から、発売中止を決定いたしました。製品の発売を長らくお待ちいただいたお客様をはじめ、販売店や関係者の皆様には、多大なるご迷惑をお掛けしますこと、心よりお詫び申し上げます。


おかしいなとは思っていたが...こんなことがあるのか...18-50mm/f1.8-2.8なんていう前代未聞のスペックに驚き、サブカメラの最終兵器として期待もしていたのだが...当初は画像処理ICに重大な問題があるため延期としていたが、今回は開発費や販売台数等が理由という。最近は株主対策か「開発発表」というのがやたら増えているが、結局、このカメラは技術的に完成させられなかったのではないか?企画営業サイドがフライングしすぎたのではないか?などと思ってしまうのは、あまりにも飛び抜けた、非現実的とさえ思えるレンズスペックのせいだろうか...

robertohouse│コメント(2) 




PVカウンター

    最新コメント
    月別アーカイブ
    記事検索