FUJIFILM GFX

2023年01月20日

DSCF6819-4


FUJIFILMのネガフィルムPRO400Hが好きだったので、自分なりにRAW現像をお試し中。
カメラ内のフィルムシミュレーションをアレンジしても満足できず、Lightroomでクラシックネガをベースにカラーグレーディングを弄ってみるが、なかなか難しい。
ハイライトの爽やかな青みが特徴だけど人肌などはナチュラルなので、単に青くすればいいわけでもない。

FUJIFILMが次期フィルムシミュレーションに入れたら人気出ると思うんだけどな。





robertohouse│コメント(0) 

2023年01月12日

DSCF6741


GF20-35mmの望遠端から50mm相当にトリミング。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2023年01月10日

DSCF6547-2

今年も会えました。 続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2022年12月31日

DSCF5948-2


真っ白にこだわったキッチンを製作。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年12月25日

2F4A76A0-B946-4EA3-9468-B04B74F534CE




robertohouse│コメント(0) 

2022年12月23日

321660237_887372455789068_8631468242765132374_n
 iPhone13mini


今回はGFX100SとX-T5を併用してみた。

GFXを三脚に据えて、コンパクトなX-T5をストラップで下げておくと、レンズ交換より速い。
XF23mm/F1.4はボケを活かしたい場面とクローズアップに便利でとても使いやすい。第5世代センサーと併せて画質も十分だ。
ただX-T5のAWBはGFXと違い、またLightroomがX-T5のRAWに正式対応していないため、色や階調を揃えるにはひと手間かかる。

GFXのレンズはGF20-35とLAOWA20mmSHIFTの併用。大半は20-35mmで撮れるが、画角が足りないシーンでLAOWAのシフト機能やスティッチでカバー。
画角はちょっと中途半端で、シフトレンズは15mmのほうが良かったか?カラーバランスがFIJIFILM純正と少し違うのも気になることがある。
あるいは超広角はXF8-16mmで全部賄えるかもしれない、しかしそうなるとGFXの立場がなくなる?などと妄想も...


robertohouse│コメント(0) 

2022年12月17日

robertohouse│コメント(0) 
robertohouse│コメント(0) 

2022年11月18日

robertohouse│コメント(0) 

2022年11月08日

CFC24228-4CA2-4C47-B9EA-DDBF471785B2

この中に天王星があるのかな?続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年11月07日

DSCF5267-3


オーラルケアすぎもと

たまたま通りがかり、抜けるような青空で、GFXを持っていたのでパチリ。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年11月05日

DSCF5253    DSCF5252-2


システム構成について妄想など... 続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2022年10月28日

DSCF5150-7


GEAR REVIEW: THE ALL NEW FUJINON GF20-35mm F4 R WR Lens! 

これはとても納得できるレビュー。フルフレーム用と比べても小型軽量で、重量バランスが良いので常用する気になる。
写りはパーフェクトで、汎用性も高いので最近は付けっぱなし。GFXのアドバンテージは広角レンズで特に感じられる。
11/2のX-SUMMITで発表予定のX-T5も気になり、GFXシステムをGF20-35mm専用にしても良いかも?と思ったりする。






robertohouse│コメント(0) 

2022年10月21日

DSCF4964_1440



robertohouse│コメント(0) 

2022年10月20日

23F8B3BD-0B90-4A5D-8DFA-6C568E441901
GFX100S LAOWA 20mm F4 Zero-D Shift



robertohouse│コメント(0) 

2022年10月18日

DSCF4747 DSCF4749

左:F1.4   右:F2.8

開放ではハロっぽく、少し絞るとキリッとしてくる。モダン・クラシック一眼レフ用レンズらしい描写傾向かな?
発色はやや淡いけれどフィルムシミュレーションとRAW現像次第で変わるので、十分実用できるという印象。

robertohouse│コメント(0) 

2022年10月17日

52BA42CD-AC7F-4E78-A238-195824C05C8E

 MC ROKKOR-PF 58mmF1.4

半世紀を経たオールドレンズですが、なかなかの実力!!続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年10月13日

74C9E00F-247B-4BC3-AC61-63DFDB7FD857

16mm相当の画角とトリミング耐性を活かしてアオリ補正のマージンを確保すればシフトレンズのようにも使える。望遠端28mm相当では誇張感がなく、トリミングでより狭い画角にも対応できる。
全ての焦点、全ての撮影距離において、歪曲は完全に補正され、隅々までシャープで像面がフラットなので、空間をそのままスキャンするようなイメージ。
眼の前の全てが肉眼以上に写っているので、なるべく情報量の多い街を歩きたくなる。過去に使用してきた超広角レンズの中でも、GF20-35mmF4はダントツで優秀だと思う。






robertohouse│コメント(0) 

2022年10月04日

DSCF4256  DSCF4245_256 DSCF4259_256 DSCF4264_256

自分を社会人にしてくれた、言葉にできないほどお世話になった大先輩の退職に立ち会いたくて、久しぶりにINA新建築研究所を訪れた。
役員になっている同期のアテンドで多くの先輩後輩にも会い、タイムスリップしたように色々と思い出した。
相変わらず暖かく居心地の良い雰囲気で、当時と変わったところも変わってないところもあるが、時代の流れで労働環境がかなりホワイトになっているようだ(笑)

流れでカメラマン役にもなって、GF20-35mmを意外な形で使うことに。中判とは思えない機動力があり汎用性高い(^^)






robertohouse│コメント(0) 

2022年10月02日

41CE3A32-2A21-462B-81C8-57F599FF2645


究極のレンズ!? 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 




最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索