FUJIFILM X

2022年12月26日

robertohouse│コメント(0) 

2022年12月23日

321660237_887372455789068_8631468242765132374_n
 iPhone13mini


今回はGFX100SとX-T5を併用してみた。

GFXを三脚に据えて、コンパクトなX-T5をストラップで下げておくと、レンズ交換より速い。
XF23mm/F1.4はボケを活かしたい場面とクローズアップに便利でとても使いやすい。第5世代センサーと併せて画質も十分だ。
ただX-T5のAWBはGFXと違い、またLightroomがX-T5のRAWに正式対応していないため、色や階調を揃えるにはひと手間かかる。

GFXのレンズはGF20-35とLAOWA20mmSHIFTの併用。大半は20-35mmで撮れるが、画角が足りないシーンでLAOWAのシフト機能やスティッチでカバー。
画角はちょっと中途半端で、シフトレンズは15mmのほうが良かったか?カラーバランスがFIJIFILM純正と少し違うのも気になることがある。
あるいは超広角はXF8-16mmで全部賄えるかもしれない、しかしそうなるとGFXの立場がなくなる?などと妄想も...


robertohouse│コメント(0) 

2022年12月22日

DSCF0471


1、2年に1度くらいのペースで通ってます。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年12月12日

DSCF0322       DSCF0325-2





robertohouse│コメント(0) 

2022年11月30日

20D86DF0-0F8D-4230-96AC-BC4C8A58B3E3

Xに戻ってきました^ ^  続きを読む

robertohouse│コメント(4) 

2022年11月05日

DSCF5253    DSCF5252-2


システム構成について妄想など... 続きを読む

robertohouse│コメント(2) 

2022年11月04日

キャプチャ

FUJIFILM X-T5

X-T1に近いサイズ、X-T3に近い重量。
物議を醸す3軸チルトへの回帰。
X-H2で評価の高い40MPセンサーとAFの進化。
IBISと防塵防滴、動画切替レバーは維持。
ドット数は変わらず0.75→0.8倍に向上したEVF。
グリップ感の改善、レリーズボタンや露出補正ダイヤルの操作性向上。
動画や自撮り派はX-H2に任せた。


総じて、Tシリーズのコアなユーザーが望みそうなことを細かく取り入れたカメラという印象。これは悩むな...




robertohouse│コメント(0) 

2022年10月25日

Fujifilm-X-T5-Size-720x371


次々と出てくる噂がどれも希望通りで、あとはIBISと防塵防滴を維持してくれたら理想的なカメラかも?

富士フイルム「X-T5」は「X-T4」よりも小型化される?
  • X-Tシリーズは世代が新しくなるたびに、サイズが大きくなってきた。しかし、情報筋によると、富士フイルムX-T5ではこの傾向をくつがえし、X-T4よりも小さくなるようだ。以下はX-T5の噂のまとめ。

    - 発表は11月2日
    - 出荷は11月
    - X-H2の4000万画素センサー
    - 2600万画素積層型センサー搭載バージョンの計画はない
    - 縦位置グリップは用意されない
    - 3方向チルト式モニタ
    - 価格は1699ドル、1999ユーロ
    - スチル / 動画 切替スイッチ(X-T3の測光切替スイッチではない)
    - XF30mmF2.8 Macroが11月2日に発表される
    - 8K動画は非対応
    - ブラックとシルバーが発売される
    - X-T4と同じ旧式のジョイスティック
    - X-T5はX-T4よりも小さくなる








robertohouse│コメント(0) 

2022年10月10日

728FF1E0-B71D-4AC8-B2EE-28C4D2E18D40   

話題のX-H2をお店で触ってみた。
AFの進化にびっくり。歩いてくる人の瞳をしっかり追い続けるのはFUJIFILM機とは思えない。
ファインダーも綺麗で、視野が大きくて滑らかなだけでなく、これまでの機種のような歪曲がない。
操作系やグリップはGFX100Sと似ている。大きめのレンズをつけるとGFXと大差ないサイズ感で、サブに良いともいえるしAPS-C機としては大袈裟かなとも思う。
レビューがちらほら出ており、画質はかなり良いみたい。X-T5が同じセンサーを積んで小型化されたらグラッと来そう。新型XF23mmF1.4と組んで、GFXシステムをシンプルにしてもいい。
ただXはズームレンズのラインナップが微妙で40MPにフル対応するレンズも少ない。レッドバッジズームはリニューアルしないかな?


 

robertohouse│コメント(0) 

2022年06月01日

 

GFXはスルーでした(T_T) 20-35や55/1.7の情報は一切なし。

Xシリーズではリーク情報通り第5世代機のX-H2Sが発表され、4000万画素X-TRANSEセンサーを持つX-H2は9月のサミットで発表されるようだ。

レンズはXF150-600mmと、動画向けのXF18-120mmF4が発表。ロードマップは噂されていた56mmF1.2、そしてXF30mmF2.8マクロXF8mmF3.5の追加がサプライズだった。
フルフレーム換算12mmの極超広角となる8mmF3.5は建築写真で浴室や洗面室など狭小空間の記録にいい。このレンジの頻度は高くないのでコンパクトな(おそらく安価な)レンズはありがたい。
30mmF2.8マクロは日常の標準レンズになり得るだろう。

18-120mmF4は動画メインということで全く注目していなかったが、AFやズーム動作のクオリティが高く、460gと意外に軽量かつインナーズームなので万能標準レンズとして便利かもしれない。

news_7998_01news_7998_02CE37385A-AA0E-4744-B0B0-EB23CCCAE688


X-H2Sは動画と高速性能が特徴なので自分には縁がないが、高画素バージョンのX-H2は楽しみ。静止画重視でバリアングルでなく3軸チルトにしてくれないかな?
X-T4似の幅広いペンタ部を載せたスパルタンな外観は悪くないし、ジェットダイスケさんのレビューによればX-H1よりかなり小さく感じるとのこと。
おそらくGFX100Sに似た操作性なので同時使用もしやすいだろう。例えば建築写真では超広角を付けたGFXを三脚に載せ、Xにズームレンズを付けて手持ちで撮るとか。
フィルムシミュレーションに”ノスタルジックネガ”が追加されてGFX100Sと同一になったし、バッテリーも供用できる。

問題は、サブ機というには相当高価になってしまいそうなことか...(;_;) 
画質の向上次第ではXに完全回帰することも考えられるか?その場合のメインレンズはXF8-16mmF2.8になるのかな?妄想は楽しい(^^)





robertohouse│コメント(0) 

2022年04月19日

DSCF2033

歩こうよ...  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年03月16日



COSINA Voigtlander NOKTON23mm F1.2 Aspherical


まさかこんなレンズが出るなんて!!!!! 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年02月22日

313EDB92-0E72-4925-AB1F-2F34D758E72D


18-50mm F2.8 DC DN

FUJIFILM Xマウントも開発発表!22年内発売予定!これが本命か?
使いやすいレンジ、F2.8固定で重量290g。X-S10あたりのコンパクトなボディとベストマッチ。X-E4でも十分いけるだろう。
なんと言っても最短撮影距離12cmは強すぎる!まあ個人的には便利すぎるレンズは飽きる傾向があるのだが…^ ^;





robertohouse│コメント(0) 
SIGMA_2022_Xmt_WEBbanner_KVpcJP


シグマ、ミラーレスカメラ用レンズに「富士フイルムXマウント用」追加。APS-C用の3本


これは楽しみなニュース。ただ、FUJIFILMのカメラに似合うのは絞りリング付きのIシリーズだと思うんだけどな。

それと、ぜひGFXレンズを!GFXのイメージサークルをカバーしているフルフレーム用レンズが結構あるようなので、流用できそう?
超望遠ズーム、超広角ズーム、明るい標準~中望遠など...需要は多くはなくても、GFXのサードパーティはブルーオーシャンでは!





robertohouse│コメント(0) 

2022年02月08日

DSCF1819


Xシステムを刷新する新兵器。 




続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年02月05日

DSCF1803


編み物ブーム?^ ^;

GFXの画質に惚れて「どうせ撮るならGFX」になりがちだったけど、近距離で柔らかく撮る場合などXで十分なことも多い。
GFXがマミヤ7やローライ、バケペンなら、X-E4は「寄れるバルナックライカ」という感覚だ。うまく差別化・共存できるよう、Xシステムの整理&テコ入れ進行中。






robertohouse│コメント(0) 

2021年12月14日

DSCF1054_800  DSCF1056_800 DSCF1061_800

20-SI邸

隅々までお掃除が行き届いて、とても綺麗に、丁寧に住まわれていると感じました。

robertohouse│コメント(0) 

2021年11月26日

robertohouse│コメント(0) 

2021年11月11日

92EC78D7-2AAB-4C15-A695-14F1F70FB83B


7artisans 25mm F0.95   中華レンズの王様? 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2021年11月02日

ECFD3228-4C6B-4C88-8883-3CDE768CF671 CC04B8C0-86AC-4023-95FD-1A84C0A56262


中華標準レンズの中でも圧倒的なコスパを誇る銘匠光学 TTArtisan 35mm f/1.4 C
全金属製かつ軽量コンパクトで写りも良い。こんなレンズが僅か9千円とは信じられない。

唯一の難点は距離目盛りと実際のピント位置とのズレが大きくオーバーインフ気味なこと。
オーバーインフは仕方ないとしても、目盛り5m→実際は2mだったりするのはとても使いづらい。

しかし超シンプルな構造なので簡単に調整できた!
3個のイモネジを緩めるとヘリコイド外装のみ空転する。
EVF拡大で1m、3m、5mなど(巻尺で実測)にフォーカスし、目盛り位置を合わせてネジを締め直すだけ。
これで目測スナップもできる精度になった。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 




最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索