オーディオ 2018~

2019年10月18日

A41B82BB-4A34-4DA2-A5E7-895C74398A77


マルチのセッティングが落ち着いてきたので、パッシブとの聴き比べを開始。久々に300Bシングルも稼働させてみた。


<ミズナガ製 特注  EL34パラレル・プッシュプル  モノラル×2>

レンジが広くエネルギッシュで低域もパワフルだが、真空管アンプらしい肌触りの良さがあり、QSCに比べると柔らかく感じる。
このアンプで1年かけてパッシブネットワークをチューニングしてきたので、フラットで 安心して聴ける音になっている。
10年使ったのでそろそろメンテナンス時期かも。無音時でも240wの電力を消費し、冬はヒーターにもなるが夏は辛い…

<アドバンス HC-1SE 改 (OPTをXE20Sに交換) 300Bシングル >

中低域が暖かく、中高音が綺麗で上品。S/Nも良く、優しい曲を小音量で聴くならとても心地良い。
スピーカーの能率が高いので音量は十分出せるが、音場とDレンジが狭く、強いアタック音にはリミッターがかかる感じ。
プリメインアンプなのでトーンコントロールを装備していて便利。15年使って動作はすこぶる安定している。

<QSC PLD4.2  (内蔵DSPクロスオーバーによるマルチアンプ駆動・PEQでF特調整)>
 
底なしのパワーがあり明るくダイナミック。音像が前に出てリアル。低域にキレがあり、ズシッと出てピタッと止まる。
クロスオーバーとEQの設定次第で音のバランスはどうにでも変わるだろう。残念なのは小音量時に冷却ファン音と残留ノイズが目立つこと。 
高効率のD級アンプであり、消費電力が無音時50w〜大音量でも100w以下なので夏場はありがたい。


これらのアンプを、ケーブルの差し替えだけで 簡単に切り替えられるようにした。
同じスピーカーでもアンプによって全くキャラクターが異なるので面白い。アンプが増えてしまうかも…





robertohouse│コメント(0) 

2019年10月15日

CBF47356-6785-4D88-AC8F-C0F34C384376 FB7AE0DE-3A5E-4C6F-BEC1-D4FED40C7CB1 90F9EFBA-C734-405B-8838-6D73DE55F92A

左:ウーハー(1000Hz 48dB/oct LinkwitzRiley)   中:ホーン(800Hz 48dB/oct Butterworth)  右:同相にて合成・レベル調整・PEQにて高域補正


DSP内蔵アンプ QSC PLD4.2によるマルチの凄さは、まず急峻なフィルターにある。最大48dB/octというスロープはユニット間の干渉を最小限にするだけでなく、ユニット固有の特性を強力にコントロールできる。ウーハーは2~3kHzに多かれ少なかれピークがあり歪み感の原因になるが、これを事実上ゼロにできる。当然ながらインピーダンス上昇の影響を受けないので、理論通りスパッと切ることができるのだ。コンプレッションドライバー&ホーンについても、ダイヤフラムの振幅を上げることなくカットオフに近いところまで使うことができる。肩特性はLinkwitzRiley、Butterworth、Besselから選択でき、レベルも自由なのでクロスオーバーをフラットに繋ぐことは簡単だ。音質については緩く大雑把に重なるパッシブネットワークにも良さがあるが、アクティブフィルターによってスピーカー設計の自由度が飛躍的に向上することは間違いない。長くスピーカー工作をやってきた感覚からすると、異次元へ来た感じがする。それもチャンデバや複数のアンプを並べることもなく、たった1台のDSPアンプだけで出来てしまうのだ。

なお、2426H+2344ホーンの特性は(中)のように綺麗なカマボコ型であり、この高域補正がシステムの要になる。パッシブネットワークでは、クロスオーバーを小容量コンデンサ1個の6dB/octとすることで補正していた。マルチの場合はアンプのPEQ(パラメトリックイコライザ)で補正するほうが音質劣化は少ないと思われるが、アンプ~スピーカー間はダイレクトだから110dBという高能率と1~5kHzの凸特性がもろに出て残留ノイズが目立つ。2~3μFのコンデンサを加えて、出口のところで5kHz以下のレベルを下げる折衷案が良いかもしれない。

robertohouse│コメント(0) 

2019年10月13日

7B60401E-5C61-4500-A4BD-7865137D57F8

結局、業務用DSP内蔵4chアンプという最もシンプルな方法でやってみることになった。これ1台で、クロスもディレイもEQも自在な2wayマルチが実現する。
 
問題点から言えば、冷却ファンの騒音が目立ち、残留ノイズも大きめだ。冷却ファンの音は普通のデスクトップPC程度で、小音量では結構気になるレベル。交換や無効化、物理的な遮蔽など色々検討してみたが、高度なPWM制御がされており、難しそうなので諦めた。残留ノイズ(無音状態で聴こえるアンプ固有の雑音)はネットワーク無しで110dBという超高能率のコンプレッションドライバーを使う以上、ある程度はやむを得ない。ハムではなくザーッというホワイトノイズなので不快ではないし、試しにネットワークを通すと激減したが、音もはっきりと劣化した(これはネットワークを排除できるマルチの長所も示している)。大音量を想定したPA用アンプだからこんなものだろうし、狭い部屋で静かに音楽を聴くには向いていない。

しかしそういう欠点を吹き飛ばすほど、マルチの効果と面白さは絶大だった。

クロスオーバーはリスニングと測定によって驚くほど短時間で設定できた。最高48dB/octという急峻なフィルターの効果は驚くべきもので、理論通りスパッと切ってユニットの暴れを完全に抑え込むことができる。肩特性も自在なので、約900Hzで完全にフラットに繋げることができた。大型LCDを見ながらの各種設定の操作性は抜群だ。非常に多機能だが階層構造が無駄なく明確でわかりやすいところはRMEと同様、論理的思考に長けた欧米メーカーらしさを感じる。業務用らしくフェイルセーフも徹底され、様々な保護回路が用意されている。一度配線ミスでショートさせたがエラー警告を出してしっかりと保護してくれた。

音質についてはパッシブ/アクティブの違いだけでなく、アンプそのものが違うから純粋な比較は難しい。 400w×4chという出力は家庭では全く出し切れないが、底なしのパワーを感じる、エネルギッシュで鮮烈、明快な音。ボーカルはリアルで、ベース、ドラムスのドライブ力は高い。ウーハーの高域を完全にカット出来るため粗さはないが、繊細さ、透明感や空気感というよりは、やや圧縮された音圧感でグイグイ押すタイプか。小音量時のS/N問題もあり、どちらかと言えばフュージョンやロック、エレクトリックジャズに向くかもしれない。良質なライブ音源を大音量で聴くとまさに“ライブサウンド”のようだ。

これまでの真空管アンプ+パッシブネットワーク と今回のマルチアンプシステムは、SPケーブルの挿し替えで簡単に切り替えられるようにしている。それぞれに長所・短所があり、完成されたパッシブはマルチのリファレンスになるし、マルチでの検討がネットワーク設計にも役立つだろう。そして何より凄いと思ったのは、パワーマージンが大きくクロスオーバーが自由自在で強力なPEQやディレイもプリセット出来るので、スピーカー設計が自由になることだ。8cmフルレンジ+20cmウーハーで100Hzクロスとか、ラインアレイやオープンバッフルでフラット再生とか、アバンギャルドやパラゴンのようなバスホーンとか、同軸ユニットの最適化とか、もう何でも出来る。実利を取る海外のメーカーやDIYerにDSP利用のユニークなスピーカーが多いのはこういう事なのだ。これはスピーカー自作マニアなら1台持っていて良いと思った。マルチアンプシステムの使いこなし各論については少しずつ書いていきます。





robertohouse│コメント(0) 

2019年10月07日

D3AB1616-B61D-4C9F-919F-8E7C97E080A1

これは凄い...オーディオ&スピーカー工作歴30年、マルチアンプで新たな段階に。





robertohouse│コメント(0) 

2019年09月23日

multi2

チャンネルデバイダーを使わなくてもマルチアンプは実現する。
クロスオーバー機能を含む多機能DSPを内蔵した業務用パワーアンプがあるのだ。    続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年09月19日

multi1

マルチアンプ方式でチャンネルデバイダー(クロスオーバー)を使う場合、大きく分けて2種類ある。

ひとつは伝統的なLCRフィルターによるアナログ式、もうひとつはA/D変換~DSP制御するデジタル式だ。
続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年09月17日

マルチ0917-3

前回検討した変則バイアンプ方式の致命的な問題点を発見してしまった。    続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年09月16日

マルチ0917

次はやっぱマルチかな?

しかしマルチはチャンネルデバイダーの性能が肝となり、システムが複雑化するため、メリットと同時に難しい面もある。

マルチアンプとバイアンプの中間的なやり方ではどうだろう?  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年09月13日

s-care_mm_2

30年使っているレコードプレーヤーKP-9010のインシュレーターが劣化・硬化しており、用をなしていない。

試しにインシュレーターを外し、山本音響工芸の木製スパイクに載せてみたらハウリングは感じられない。スピーカーで色々実験してみて、スパイクインシュレーターは先が尖って見た目が硬い印象だが振動を効果的に遮断すると感じた。接点の面積が極小になるため、ミクロに見ると非常に柔らかいと考えられ、振動を嫌うレコードプレーヤーでも十分使えそうだ。そこでプレーヤーのM6ボルト穴に合うスパイクを探してみると、ノルウェーのサウンドケア社スーパースパイク SS6 が安価で良く出来ていると思う。上下が一体的になっていて設置が安定し、形状や材質も合理的でよく考えられている。 このタイプは他にはKRYNAくらいしかなく、価格は2倍以上である。

ハウジングのガイドにより実際の設置は非常に容易く一点支持を可能にします。結果として設置された音響機器が発生させる振動を他の機器に伝えることが無く、逆に他の機器より発生する振動を設置されている機器に伝えることもありません。「スーパースパイク」を使用したときの音響特性は、過渡特性に優れ振動ノイズをカットできるので低域再生能力が向上します。また、SN比が向上しますのでダイナミックレンジのパワーバランスが整い非常に聴きやすい再生音を得ることができます。使われている部材は、エンジニアやオーディオファイルの人たちにより繰り返しテストを行い納得がいく結果が得られたものを使用しております。...スパイク部は焼き入れし強度を高めた鋼を使用、スパイクケ-ス部はインシュレーターの共振を低減させるために比重の高い亜鉛を使用しています。ハウジング部はポリカーボネイト製で作られバツグンの強度が機器の性能を最大限に発揮させます。美しいハイ・エンドモデルは使用している機器のグレード感を大きく伸ばすことができます。」

続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年09月09日

3E465F86-EEFD-4E2F-AC49-4D03F3FCC77C

1年余りをかけて構築してきた自作2wayスピーカーが一旦、完成。

低域:JBL2206H    高域:JBL2426H+JBL2344   ネットワーク:約1.2kHz -6dB/oct
スタンド:JBL JS-360 スパイク交換 インシュレーター:TAOC PTS-A
パワーアンプ:EL34パラレルプッシュプル


バッフルとマウントの強化、ユニット選定、ネットワーク調整も落ち着き、脚回りも固まった。
LPFコイルはカットコア2.7mH、HPFは0.68μFと8Ω抵抗を直列に入れるだけの超シンプルなもの。
これでクロスオーバー1.2kHzでほぼフラットになるのだからスピーカー設計は奥深い。

30年前に聴いて憧れていたJBL2344ホーンの滑らかさとキレ味も本領を発揮し始めた。
ずっと小口径フルレンジユニットが好きだったけど、もう戻れないかな…
コンプレッションドライバー+ホーンの切れ味はフルレンジの分割振動域とはやはり違う。
もちろんフルレンジユニットの良さもあるけど、JBLらしい迫力を活かしながらフルレンジ1発のように鳴らすのが目標!

さて、次なるチャレンジへ。ウーハーをもっと音離れ良く軽々とドライブしたい。アレに手を付けるしかないな(^^)

robertohouse│コメント(4) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • 2人のエスコバル
    • 2人のエスコバル
    • 平行vs内振
    • 平行vs内振
    • 平行vs内振
    • カルダス式〜微調整
    • カルダス式〜微調整
    • SZ邸
    • ハーランド
    • レイアウト変更
    • レイアウト変更
    • カルダス・セッティング
    • カルダス・セッティング
    • カルダス・セッティング
    • カルダス・セッティング
    • カルダス・セッティング
    • カルダス・セッティング
    • スピーカーセッティング
    • スピーカーセッティング
    • スピーカーセッティング
    • ゾナーで近接
    • ゾナーで近接
    • 日本晴れ×日本犬
    • 日本晴れ×日本犬
    • 雪
    • 今日も晴れ
    • 環水公園
    • 霰
    • BTL 800W
    • BTL 800W
    • 変則バイアンプ
    • 変則バイアンプ
    • フィルムスキャン再開
    • フィルムスキャン再開
    • フィルムスキャン再開
    • フィルムスキャン再開
    • フィルムスキャン再開
    • フィルムスキャン再開
    • 20年
    • 剣岳と夕陽