現場

2020年02月21日

9B547677-551F-455C-B438-FAE2F26D7B9C

延面積20坪くらいのコンパクトハウス。

部屋数や面積が必要なのは子供が中高生の頃に限られていて、人生の大半は小さな家がフィットするかもしれません。
小さな家ほど設計の工夫が重要ですが、これからの時代は、必要なものだけに投資した家が増えていくような気がします。


robertohouse│コメント(0) 

2019年12月25日

PC254327a_400 PC254346_400
 
異なる勾配の取り合う、特徴的な形の屋根ができました。今年の冬は本当に暖かくて、感覚的にはまだ晩秋のようです。

robertohouse│コメント(0) 

2019年12月17日

7ADD1D7A-8E68-4A10-84CF-E3F65F64AD34

長さ10メートル、1枚物で貼りました。毎度ながら板金職人さんの技術は凄いと思います。

robertohouse│コメント(0) 

2019年11月22日

C1431687-CFFB-41B6-944B-53EEAA260FE2 DDF9BD14-4D51-4D73-B0A9-84960932B3D6 3F651514-72E7-4E42-8DF4-DDF92CB87223

屋根形状が特徴的なコンパクト・フラットハウスです。
手加工部分もありましたが正確に組み上げることができました。  建築設計due

robertohouse│コメント(0) 

2019年10月30日

0BB8A065-B274-44D0-8E6D-8ACDBA5EFE5C   9B17E452-63A0-4C34-B057-F55D0E46E2E6

鉄骨の作業所を、暮らしやすい家にリノベーション。

robertohouse│コメント(0) 

2019年09月25日

写真 2019-09-25 11 23 09a          写真 2019-09-25 11 00 06a

ホコリが目立ってきたセンサーはクリーニングしたし、RRSのLプレートは迅速快適!
大きな家ではないけれど撮影ポイントは多く、あっという間に時間が過ぎました。


robertohouse│コメント(0) 

2019年09月13日

0E70A52B-D3D6-40DA-A7AB-EAE5955294C6

鉄骨の作業所を住宅に転用する工事。大きな空間を活かしながら、暮らしやすい家に改修します。
1980年代頃から建築の性能や耐久性が向上しているので、こうしたリノベーションは増えていくと思います。

robertohouse│コメント(0) 

2019年09月10日

A70B1CCB-91A3-44E4-B62B-FC9D1103D6C7 A91F7AFE-999F-419B-B376-DDB1E0ECB552 5AA1E60C-9460-41CF-A592-416F7A955B18


工事は大詰めを迎えて、監理の頻度が上がっています。
住宅地にありながら、豊かな緑に包まれ四季を感じられる家です。

robertohouse│コメント(0) 

2019年07月04日

629F6E2B-132E-4316-85CA-1F0773BE3063 62FDDF3E-FC37-4DCB-9928-E62C511271DB

住宅地の中にありながら、緑豊かな素晴らしい環境です。森の中に住んでいるような家を目指します。

robertohouse│コメント(0) 

2018年09月24日

3CEAB2A3-CCFF-4435-8893-AD2DBACC3443

建築設計due    http://due2002.com/

robertohouse│コメント(0) 

2018年09月18日

F99E02DC-5ADF-4FB5-B066-1824518A974B

ケイミュー・ソリド( SOLIDO typM_LAP) が張り上がっています。工事は取り合いシールなど一部を残すのみ。
光線状態によって表情が変わり、経年変化もある興味深い材料だと思います。設計・施工上の注意点なども十分理解できました。




robertohouse│コメント(0) 

2018年09月04日

40748370_1807501776036921_628790105556910080_n

SOLIDOが1枚1枚、手作業で張り上がっていきます。台風が来る前にどこまで進むかな...

robertohouse│コメント(0) 

2018年09月03日

40761925_1806427042811061_951693280242827264_n

建築設計dueアトリエ 正面外壁の下地工事が終わり、いよいよ仕上材を貼り始めました。

この春に出たばかりのケイミュー SOLIDO typM_LAPという素材。
サイディングの一種ですが、中まで墨色に染められ、セメント成分の白華現象をそのままにした独特な雰囲気。
スタイリッシュにまとめすぎず、質実でラフな感じを出したい当アトリエには似合うのではないかと。
反りや変色など経年変化のある素材ですが、使い方と納まりのコツも概ね理解できました。

robertohouse│コメント(0) 

2018年08月22日

FullSizeRender

西日を強く受けるため、遮熱タイプの透湿防水シート(タイベックシルバー)を新たに施工し、通気層もしっかり確保します。
どれくらい効果があるか、室内側の表面温度のデータを取ろうと思います。
数年前、屋根防水面に遮熱塗装を施したところ室内側表面温度が5度も下がり、空調の効きが大きく改善されました。遮熱技術はどんどん進歩していますね。

robertohouse│コメント(0) 

2018年08月20日

P8205773_400 P8205772_400

ベイスギの外壁を撤去完了。

軒ゼロで雨当たりと西日にさらされる悪条件で13年間、乾燥収縮と反りで釘が抜けたり実(さね)が外れたりしています。
でも、板そのものはごく表面の0.5mmほどしか風化しておらず、カットするとベイスギ特有の芳香が新品同様にあります。
浸透性塗装とともに風化した表面の組織が膜のようになって、紫外線や雨水から内部を守っているようです。
腐朽に強いと言われるベイスギの耐久性が証明されましたが、廃棄するのが本当にもったいない...
また窓まわりのディテールは(お客様の建物では厳禁の!)実験的なもので、やはりここが弱点になっています。

設計事務所勤務時代はRC造ばかり設計していたので、独立時に建てたアトリエはあえて鉄骨と木材でいろいろ実験しています。
木材は「強くて弱い」素材。まずは伝統的な納まりをリスペクトし、弱いところを適切に補うことで長持ちします。
風化を「味」と思えるという条件付きですが、今なら軒ゼロで無垢の木を張っても長持ちさせるディテールに自信があります(^^)

robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 引きこもり
    • 引きこもり
    • クラスター対策
    • クラスター対策
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • 散歩
    • SOLO50/100
    • SOLO50/100
    • SOLO50/100
    • SOLO50/100
    • BG20 純正システム
    • BG20 純正システム
    • BG20 純正システム
    • BG20 純正システム
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20