Instant Camera

2016年09月16日

キャプチャ


いつの間にか出てた...うーむ、さすがライカ価格^^; 横位置メインでうまくデザインされてはいるけれど、中身は限りなくチェキ...せめてレンズやファインダーが差別化されていればなあ...


robertohouse│コメント(2) 

2016年09月14日

キャプチャ

Leica Rumors

背面、側面の画像も発見。正面レイアウトやレンズのスペックからして中身はFUJIのチェキ(instaxmini90)のようだ。フォントやボタンにライカの味付けがあり、横吊りアイレットの付いたスクエアデザインは悪くなさそうだが、価格はどれくらいになるんだろう。
また、Instaxのモノクロフィルムが海外で発表されたらしい。 チェキは日本よりも海外で人気なんだよね...

robertohouse│コメント(2) 

2016年08月26日

image

なんとMiNTの公式HPにててが!!タグで探してるんだろうな…てては日本代表か!!ฅ՞•ﻌ•՞ฅ
 https://mint-camera.com/en/news/go-out-with-TL70


robertohouse│コメント(0) 

2016年04月19日

img_news_160413_01

IMPOSSIBLE I-1 CAMERA  

SX70
用のポラロイドフィルムを復活させたあのIMPOSSIBLE から、謎のインスタントカメラが発表された。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2016年04月14日

image

ケーブルレリーズ付けて、1/4秒くらいかな?てて動くなよー(-_-;)

LOMO’INSTANT
LOMO’INSTANTの操作法

robertohouse│コメント(0) 

2016年03月16日

image

草むらのところに来ると、「走ろー?」と眼で訴えかけてくるのです^^;

Lomo'Instant

robertohouse│コメント(0) 

2016年03月14日

imageimageimage

ロモにケーブルレリーズ、なかなか使えます。これはFUJIのチェキにもTL70にも無い貴重な機能。
レンズがf8でシャッター1/125固定なので室内ではB(バルブ)が必須。「勘バルブ」も楽しい。画角が広くて深度もあるので意外に歩留まり良し。

Lomo'Instant


robertohouse│コメント(0) 

2016年03月13日

image

Lomography  Lomo'Instant
 はフルマニュアルカメラなので、トイカメラとしては案外上級者向けだと思います。
あちこちのレビューでも見かけない特徴や注意点について、カメラをある程度わかる人向けに書いてみました。
露出やピントの知識がある人でも、これらの操作に慣れるまでは失敗が絶えないだろうし、使いこなせばかなり思い通りにコントロールできるはず。


フォーカシングレバー:  ∞-1m,  0.9-0.4m (実際は連続可変)
シャッターレバー: 押し下げ式、離すとフィルムを自動排出
シャッタースイッチ: N(1/125s),  B (バルブ)
絞りダイヤル:  f8(+2), 11(+1), 16(A), 22(-1), 32(-2)の5段階
電源(モード)スイッチ:  A(オート),  強制発光,  発光禁止,  電源OFF(シャッターロック)
 

・シャッターは機械式、各部スイッチも機械式。電池はフィルム排出モーターとストロボ調光、電源ランプ点灯に使われている。
・シャッターレバーを押すと切れ、離すとフィルム排出開始。離すのを遅らせれば作動音を目立たなくすることもできる。
・B(バルブ)の場合はレバーを押すとシャッターが開き、離すと閉じ、同時にフィルム排出開始。
    離すタイミング加減で、1/4-1/15くらいの手持ちスローシャッターも不可能ではない。
・レンズはフルサイズ換算20mmくらいの超広角。フォーカスは連続可変でレンズが繰り出される。
・ファインダー視野は小さいが、思ったより正確。近接時の視差は当然あり、慣れるしかない。
・電源(モード)スイッチをOFF→ONすると絞りはA(f16)に、シャッターはN(1/125)に自動リセットされる。
・A(ストロボ発光オート)モードでは、シャッタースイッチがN(1/125)にロックされ、Bには出来ない。
・ストロボ発光時は外光センサーにより自動調光される。絞りダイヤルで露出補正が可能。
・電源OFFでシャッターレバーが機械的にロックされる。無理して押すとプラ製のシャッターレバーが折れると思う。
・電源を切り忘れても5分で自動OFFされるが、次に撮影する前には電源スイッチをOFF→ONの2操作が必要。
・電源が自動OFFされた場合も、シャッターロックはかからないので機械式のシャッターが切れてしまう。
   しかしフィルム排出は電動なので動かない。この場合は電源スイッチを入れ直し、レンズを遮光してシャッターを空切りすればフィルムは排出される。
・ストラップ金具の隙間が小さいので、太めのストラップは通らない。
・汎用型ケーブルレリーズが使える。昔あったレリーズタイマーを使えばセルフタイマー撮影も可能。
・重量は電池込みで370gくらい。
・電池は単4乾電池を4本使用するが、単4リチウム電池も使用可能。軽くて持ちが数倍になるのでお薦め。 
・コンバージョンレンズ用のネジ切りは実測37mm (37mm汎用フィルター取付は未確認) 。


所詮はトイカメラで、いろいろ問題はあるにしても、チェキフィルムを使うインスタントカメラの中で、最もマニュアル操作の自由度(≒難易度)が高いことは確か。SNSにもすぐアップ出来るし、日常の記録に物理的なプリントを残したい人、そしてデジタルカメラに飽きたカメラマニアにも案外お薦めです。 

robertohouse│コメント(4) 
image

どんなカメラも、練習してコツを掴まないと…
ロモのレンズはかなりの超広角なので、 なるべく寄ったほうが絵になります。

Lomo'Instant

robertohouse│コメント(0) 

2016年03月12日

robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • バッフルを接着
    • バッフル強化工事
    • ダブルリバースデッキ
    • ミュージックカセット
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • カセットテープ
    • 雪
    • 暖冬
    • カセットテープ回帰
    • エルマリート28mm4thの最短距離
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩2
    • 東京下町散歩2
    • 東京下町散歩2
    • 東京下町散歩2
    • 東京下町散歩2
    • 東京下町散歩2
    • 東京下町散歩2
    • 東京下町散歩1
    • 東京下町散歩1
    • 東京下町散歩1
    • 東京下町散歩1
    • 東京下町散歩1
    • 東京下町散歩1
    • 東京下町散歩1
    • 東京下町散歩1
    • 東京下町散歩1
    • 元旦の食卓
    • 年越しマグロ