ライカ

2019年09月25日

写真 2019-09-25 11 23 09a          写真 2019-09-25 11 00 06a

ホコリが目立ってきたセンサーはクリーニングしたし、RRSのLプレートは迅速快適!
大きな家ではないけれど撮影ポイントは多く、あっという間に時間が過ぎました。


robertohouse│コメント(0) 

2019年09月09日

A4FF408F-9C68-448E-9309-15A467BE67A2

名古屋の建材会社の営業さん、目的は商品PRよりもコレだとか...
隠語が飛び交う患者同士のライカ談義に、同行の方はチンプンカンプンだったでしょうね(笑)

予約開始から瞬時に売り切れたという限定版M-E、アンスラサイト塗装がカッコ良かったです。

robertohouse│コメント(0) 

2019年09月06日

74A7B401-32A2-49DD-892F-E9710D7EF78D   C2EACA56-BF0C-4A6F-B721-5BDB193083A1

この内容を見る限り何も変わらないかもしれないけど、一応やっておく。

ライカの唯一の不満、Wi-fi接続が多少でも改善されると良いのだが…
現状では接続が遅くバッテリーばかり食うので、カードリーダーでiPadやiPhoneに取り込んでいる。 

それはともかく、iOS11以降、RAWがJPEGと全く境界なく使えるようにになったのは大きい。
Adobeアプリでの現像作業は迅速簡単かつ感覚的で、RAW現像という面倒な概念そのものが無くなった感じがする。 

robertohouse│コメント(0) 

2019年08月15日

AE8002CB-08BE-4484-9B1F-0323CCB523C2

なかなか見ごたえありました。  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年07月01日

8227ec4fc9a6f0010c28a92b1472f3a50c84cc93_cfvii-45-whitef3cec1ea038237a42b55973abac59d482608b642_cfvii4_4000pxキャプチャ


ハッセルブラッド CFV II 50C  プロモーション動画

伝統的なハッセルブラッドVシステムと完璧に合うデジタルバックが発表された。500C等の古いボディをそのままのスタイルでデジタル化できるとは夢のような話である。おそらくSWCやアークボディなども使えるだろう。ライバルは業務用デジタルバックではなく、同じく伝統的スタイルをもつライカMではないかとさえ思う。極薄の907XボディとXCDレンズの組み合わせによりAFが可能、というのはオマケのようなものだ。価格は65万円程と噂されており、安くはないが中判バックとしてはコンシューマに向けられた戦略的な値付けであると思われる。ハッセルブラッドの中古ボディ+標準レンズセットは10万円余りで入手できるが、今後は高騰するのではないか。ただし個人的にはスクエアフォーマットでないことが物足りない。センサーサイズは56×56mmが理想だがせめて44×44mmは欲しかった。44×33mmの横長フォーマットではハッセルらしい真四角写真ではなく、ウエストレベルでは縦位置撮影が制限されるし、本来の画角の2/3になってしまいレンズの特性をフルに活かせない。いつか6×6判フルフレームが実現すれば無理しても買ってしまうかもしれない...

robertohouse│コメント(0) 

2019年06月25日

45690ADE-A216-4387-ACF2-3EEDFC68197F

ライカM-E typ240が正式発表。中身は旧型Mtyp240とほぼ同じで、外装のアンスラサイト色がカッコいい、という程度なのだが、驚いたのはその価格。どうやら40万円代で販売されそうなのだ。よく売れたMtyp240の型やパーツ在庫を使っているにしても、ライカMデジタルとしては破格と言える。ソニーやニコンのミラーレス上級機と大差ない価格であり、真鍮削り出しボディやクラシックなレンジファインダーなど、モノとしての造りの良さや存在感は段違い。M-Ptyp240と後継機M10-Pを使ってきたが、M10-Pは高感度特性やファインダー倍率の改善があるものの、最大の特徴はその薄さや静かさによる「ライカらしさ」であって両者の性能差は僅かだ。絵作りも異なるが好みの範囲と言っていい。バッテリーの持ちや動画対応などtyp240が優れている面もある。これからライカを始めようという人には超お買い得だと思うし、M typ240の中古価格も暴落して手に入りやすくなりそうだ。


2019.07.08追記
既に予約受付終了という情報も...やはりMtyp240の部品在庫一掃セール企画だったのかな(^^;





robertohouse│コメント(0) 

2019年05月20日

28C2C8E7-FDB4-48D0-A5CC-D0A6CBFFF509

RRS(Really Right Stuff)  M10PLATES

M10-Pに切り替えてからRRSの汎用Lプレートでお茶を濁していたが、ようやくライカ専用品を導入。建築写真には必須のアイテムだ。

汎用品ではバッテリー交換の際に六角レンチで取り外さねばならなかったが、専用品はライカの底蓋そのものであり、キーの開閉で交換する方式。精度と使いやすさはさすがRRSで、ガタつきは一切なく、手持ち時のホールド性も阻害されない。水平垂直と光軸を保ちつつ迅速に縦横を切替られ、高剛性でブレもないLプレートは、一度使ったらもう戻れない。RRSの直販サイトはよく出来ており、海外通販の不安も感じず、10日ほどで商品が届く。半端な安物とは精度や使い勝手が明らかに違うのでお薦め。




robertohouse│コメント(0) 

2019年05月13日

L1002982a
LEICA M10-P + SWH15mm/f4.5III     AN邸

ライカMデジタルで建築写真を撮ることについて問い合わせがあった。ライカ使いはたくさんいても、建築を撮る人は少ないのかな(^^) 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年04月29日

9766180C-1F4C-48B9-96F5-33EABFF5E578
LEICA M10-P  Zeiss Opton Zonnar50mm/f1.5

robertohouse│コメント(0) 

2019年04月09日

95A1ECB7-745A-42E5-8938-9D4F7FFD4DA9
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th

少し前に関西へ行く用事があり、僅かな時間をみて幾つかの建築を見学してきた。そのひとつが芦屋浜シーサイドタウン。70年代メタボリズムのビッグプロジェクトだが、そのスケールに心底から圧倒された。無数のタワマンが筍のように建てられても、板状の集合住宅で29階建てというのは見たことがない。エレベーターが5層おきに停止する徹底した合理主義、各階からゴミを転送するパイプライン。広大な湾岸に無機質なスーパーストラクチャーが聳え立つ姿は非現実的。まさにSF的な未来都市であった。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年01月13日

44645032_800

エルマリート28mm4thのヘリコイドは0.7mを超えて回り、撮っていても他のレンズより少し寄れる気がする。
そこでピント面を測ってみたら、約64cmまでピントが合った。ライブビューはもちろん、距離計も最短距離までしっかり連動する!僅か6cmだが、この違いは案外大きい。

このレンズはボディとのバランスが良く、特に街や建築をイメージ通りに撮れる。発色が素晴らしく、周辺まで高解像度で、なおかつ質感や柔らかさも感じられる。逆光で太陽を入れるとマゼンタ色のゴーストが出るが、コントラストは失わない。像面は平坦でピント面をコントロールしやすく、寄ったときのボケ味もきれいだ。歪曲収差はゼロではないがほとんど気にならない。最後まで非球面化されなかったという性能は伊達ではない。1993年の発売当時は、一眼レフ用の28mmを圧倒する性能だったのではないかと思う。ちなみに2006年に非球面化された現行エルマリートは開放での性能が向上し、ハイコントラストでカリカリに解像するという評判である。

あまりにも気に入ったので最近はズミルックス35mmを押しのけてしまっている...35mmは好きだけど難しい画角だ(^^;




robertohouse│コメント(0) 

2019年01月11日

A36E62D0-9870-4601-A382-A9CC08E0753D
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th


美しいファサードに惹き付けられる。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年01月07日

DD61282B-5387-4477-B050-12E12419E6F6
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th


路地裏で偶然、新年の祭事に出会った。電線に触りそうでハラハラした…   続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年01月04日

9D8F6514-CE5D-4101-8F07-88D4FC721755
LEICA M10-P + ZeissOptonZonnar5cm/f1.5

年始に下町を歩いてきました。
東京大空襲で奇跡的に焼けなかったエリア。道路や建物に戦前の雰囲気を残しています。  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年12月30日

80AD80CE-D105-472D-906F-F475CEC0AC5D
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th



続きを読む

robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • アンプ比較
    • 48dB/oct
    • 48dB/oct
    • 48dB/oct
    • マルチアンプ始動 QSC PLD4.2 ファーストインプレ
    • 台風19号
    • 台風19号
    • 台風19号
    • 未知の領域へ
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸 竣工写真撮影
    • KD邸 竣工写真撮影
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(2) 変則バイアンプの問題
    • マルチの検討(2) 変則バイアンプの問題
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • soundcare スーパースパイク
    • soundcare スーパースパイク
    • soundcare スーパースパイク
    • リノベーション
    • iPhone11Pro発表
    • iPhone11Pro発表
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸
    • M-E
    • JBL 2way 一段落