カメラと写真

2022年11月30日

20D86DF0-0F8D-4230-96AC-BC4C8A58B3E3

Xに戻ってきました^ ^  続きを読む

robertohouse│コメント(4) 

2022年11月18日

robertohouse│コメント(0) 

2022年11月08日

CFC24228-4CA2-4C47-B9EA-DDBF471785B2

この中に天王星があるのかな?続きを読む

robertohouse│コメント(0) 
475DCDF1-8662-4359-A01F-AD31775CA128

海は気持ちいいな~! 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年11月07日

DSCF5267-3


オーラルケアすぎもと

たまたま通りがかり、抜けるような青空で、GFXを持っていたのでパチリ。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年11月05日

DSCF5253    DSCF5252-2


システム構成について妄想など... 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年11月04日

キャプチャ

FUJIFILM X-T5

X-T1に近いサイズ、X-T3に近い重量。
物議を醸す3軸チルトへの回帰。
X-H2で評価の高い40MPセンサーとAFの進化。
IBISと防塵防滴、動画切替レバーは維持。
ドット数は変わらず0.75→0.8倍に向上したEVF。
グリップ感の改善、レリーズボタンや露出補正ダイヤルの操作性向上。
動画や自撮り派はX-H2に任せた。


総じて、Tシリーズのコアなユーザーが望みそうなことを細かく取り入れたカメラという印象。これは悩むな...




robertohouse│コメント(0) 

2022年10月28日

DSCF5150-7


GEAR REVIEW: THE ALL NEW FUJINON GF20-35mm F4 R WR Lens! 

これはとても納得できるレビュー。フルフレーム用と比べても小型軽量で、重量バランスが良いので常用する気になる。
写りはパーフェクトで、汎用性も高いので最近は付けっぱなし。GFXのアドバンテージは広角レンズで特に感じられる。
11/2のX-SUMMITで発表予定のX-T5も気になり、GFXシステムをGF20-35mm専用にしても良いかも?と思ったりする。






robertohouse│コメント(0) 

2022年10月25日

Fujifilm-X-T5-Size-720x371


次々と出てくる噂がどれも希望通りで、あとはIBISと防塵防滴を維持してくれたら理想的なカメラかも?

富士フイルム「X-T5」は「X-T4」よりも小型化される?
  • X-Tシリーズは世代が新しくなるたびに、サイズが大きくなってきた。しかし、情報筋によると、富士フイルムX-T5ではこの傾向をくつがえし、X-T4よりも小さくなるようだ。以下はX-T5の噂のまとめ。

    - 発表は11月2日
    - 出荷は11月
    - X-H2の4000万画素センサー
    - 2600万画素積層型センサー搭載バージョンの計画はない
    - 縦位置グリップは用意されない
    - 3方向チルト式モニタ
    - 価格は1699ドル、1999ユーロ
    - スチル / 動画 切替スイッチ(X-T3の測光切替スイッチではない)
    - XF30mmF2.8 Macroが11月2日に発表される
    - 8K動画は非対応
    - ブラックとシルバーが発売される
    - X-T4と同じ旧式のジョイスティック
    - X-T5はX-T4よりも小さくなる








robertohouse│コメント(0) 

2022年10月21日

DSCF4964_1440



robertohouse│コメント(0) 

2022年10月20日

23F8B3BD-0B90-4A5D-8DFA-6C568E441901
GFX100S LAOWA 20mm F4 Zero-D Shift



robertohouse│コメント(0) 

2022年10月18日

DSCF4747 DSCF4749

左:F1.4   右:F2.8

開放ではハロっぽく、少し絞るとキリッとしてくる。モダン・クラシック一眼レフ用レンズらしい描写傾向かな?
発色はやや淡いけれどフィルムシミュレーションとRAW現像次第で変わるので、十分実用できるという印象。

robertohouse│コメント(0) 

2022年10月17日

52BA42CD-AC7F-4E78-A238-195824C05C8E

 MC ROKKOR-PF 58mmF1.4

半世紀を経たオールドレンズですが、なかなかの実力!!続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年10月13日

74C9E00F-247B-4BC3-AC61-63DFDB7FD857

16mm相当の画角とトリミング耐性を活かしてアオリ補正のマージンを確保すればシフトレンズのようにも使える。望遠端28mm相当では誇張感がなく、トリミングでより狭い画角にも対応できる。
全ての焦点、全ての撮影距離において、歪曲は完全に補正され、隅々までシャープで像面がフラットなので、空間をそのままスキャンするようなイメージ。
眼の前の全てが肉眼以上に写っているので、なるべく情報量の多い街を歩きたくなる。過去に使用してきた超広角レンズの中でも、GF20-35mmF4はダントツで優秀だと思う。






robertohouse│コメント(0) 

2022年10月10日

728FF1E0-B71D-4AC8-B2EE-28C4D2E18D40   

話題のX-H2をお店で触ってみた。
AFの進化にびっくり。歩いてくる人の瞳をしっかり追い続けるのはFUJIFILM機とは思えない。
ファインダーも綺麗で、視野が大きくて滑らかなだけでなく、これまでの機種のような歪曲がない。
操作系やグリップはGFX100Sと似ている。大きめのレンズをつけるとGFXと大差ないサイズ感で、サブに良いともいえるしAPS-C機としては大袈裟かなとも思う。
レビューがちらほら出ており、画質はかなり良いみたい。X-T5が同じセンサーを積んで小型化されたらグラッと来そう。新型XF23mmF1.4と組んで、GFXシステムをシンプルにしてもいい。
ただXはズームレンズのラインナップが微妙で40MPにフル対応するレンズも少ない。レッドバッジズームはリニューアルしないかな?


 

robertohouse│コメント(0) 

2022年10月04日

DSCF4256  DSCF4245_256 DSCF4259_256 DSCF4264_256

自分を社会人にしてくれた、言葉にできないほどお世話になった大先輩の退職に立ち会いたくて、久しぶりにINA新建築研究所を訪れた。
役員になっている同期のアテンドで多くの先輩後輩にも会い、タイムスリップしたように色々と思い出した。
相変わらず暖かく居心地の良い雰囲気で、当時と変わったところも変わってないところもあるが、時代の流れで労働環境がかなりホワイトになっているようだ(笑)

流れでカメラマン役にもなって、GF20-35mmを意外な形で使うことに。中判とは思えない機動力があり汎用性高い(^^)






robertohouse│コメント(0) 

2022年10月02日

41CE3A32-2A21-462B-81C8-57F599FF2645


究極のレンズ!? 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2022年09月27日

DSCF39923B0E807F-E13B-40B4-B5B4-BC6D5E457072

「どうせ撮るならGFX」

iPhoneの進化もあり、XシステムはいったんリセットしてGFX1台に集中投資することに!
GFXとXにはそれぞれ良さがあるが、スマートフォンとはっきり差別化できるのはGFXだ。
X-T5の出来次第ではX復活もあり得るけど...(^^;





robertohouse│コメント(0) 

2022年09月23日

D639FB7D-F2C6-4A9B-B841-1268ECBB4340


iPhoneおそるべし。シャッターを押すだけでこんな絵が出てくることに心底驚いてしまった。
ナチュラルな写真とは言い難いが、記憶には近い。単なるHDRではないしレタッチでも簡単には出せない。
RAW現像ならば、空を選択して部分補正し、青空と夕日も分解して色温度補正、植物や犬も細かくマスクして階調を補正...
という作業を一瞬で、AIが被写体を認識して高速連写されたデータから、SNS等で見栄えがする画像を創り出しているかのようで、MidJourneyに通じるものを感じる。
これは写真なのか?これからのカメラに求められるものは何か?そもそもカメラは必要なのか?色々考えてしまった。






robertohouse│コメント(0) 

2022年09月21日

写真 2022-09-21 15 22 55


iPhone11から13~14mm相当の超広角カメラが搭載され、ずっと欲しかった。
コントラストが強すぎるのでレタッチは必要で、細部を見れば塗り絵調ではあるが、スマートフォンとは思えないほど優秀だ。
iPhone11の頃は歪曲収差がもっとあったので、自動補正が進化しているのだろう。 これだけ写れば工事記録はもちろん、竣工写真でさえ使える場面もありそう。

というわけでさっそく工事現場でも活用を開始。Xシステムは整理だな~(^^;





robertohouse│コメント(0) 




最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索