カメラと写真

2018年11月04日

43B31343-11DC-4FC7-A553-DEFA301DD138
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8・4th

日曜日のお昼頃の中央通り。

かつて富山市の中心となる商業地は「総曲輪通り」と「中央通り」が連続するアーケード街であったが、西武デパートが撤退、総曲輪に大和デパートが移転しグランドプラザが造られ、中核施設への動線を失った中央通りが急激に衰退した。もちろんモータリゼーションによる郊外ショッピングセンターへの移行は時代の流れではある。しかし、他県の行政関係者が見学に来るという「コンパクトシティ」なるものは、一部の事業者や住民の生き残りのために資本を集約し、ただでさえ小さかった中心市街地を切り捨てた「超コンパクトシティ化」でもある。中心部には最新式の(歩けるような距離を走る)トラムが整備され、著名建築家による巨大な(パーキングの無い)図書館が出来て、そこにある学校は(贅沢すぎるほど)立派に建て替えられたが、大多数の市民はクルマが無ければ中心部へ行くことさえできない。


  

robertohouse│コメント(6) 

2018年10月27日

654297F6-F416-40CD-8731-35032A28BBF5
LeicaM10-P +ZeissOptonZonnar 50mm/f1.5

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月24日

32a489b2

HOKUTO HS-25L

防湿庫は大袈裟な気がして今まで縁がなかったけど、これは小型電子レンジサイズでなんと9,680円、こんなのあったんだな〜。
夜に電源入れて朝までに湿度62%→43%に下がったので機能に問題はなさそう。
電源はACアダプターで5v供給、湿度調整機能あり。心配した騒音は皆無で、電気代は年間400円位らしい。
ライカのような小型カメラ・レンズにはこのサイズがぴったり。絶妙な位置に棚が1枚固定されており、ボディ3~4台+レンズ3~5本程度が入る。


カメラ・レンズはこれに収まる範囲しか持たないと誓います(^^)




robertohouse│コメント(2) 

2018年10月21日

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月15日

13524240-0EE3-4B78-89FC-53A064A7A75C

朝の散歩、天気が良いので少し足を伸ばして近所の川縁へ。
忘れていたけど、こんなに綺麗なんですよね。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月09日

L1000741a_1024
Zeiss Opton Zonnar 50mm/f1.5


robertohouse│コメント(0) 

2018年10月06日

43D92083-81B3-483D-9485-0A7318036970

夕陽を受けた東の空。iPhoneXの彩度とコントラストにやりすぎ感はあるにせよ、ほんの数十秒間だけの、凄い空だった。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年10月05日

IMG_1144
Zeiss Opton Zonnar 50mm/f1.5



robertohouse│コメント(0) 

2018年09月30日

robertohouse│コメント(0) 

2018年09月09日

1BF8E4F6-788C-48B8-A93B-D680A8F68B61
パナソニックがフルサイズ機を出す噂があり、それをネタにしたジョーク画像が流れてきた。G9のフォーサーズセンサーをそのままフルサイズにするとこうなるという…センサーを小型化してもカメラはさほど小さくならないというフォーサーズのジレンマを揶揄していて面白い。

ボタンやダイヤルの操作性、大口径レンズを支えるグリップ、マウントと筐体、アイレリーフの大きい高画質なファインダー、見やすい大型液晶、バッテリーの持ちなど、多くの要素のバランスがカメラのボディサイズを決める。本格デジタルカメラのフォーマットは、ライカ以来の歴史ある135フルサイズに収斂していくような気がする。

robertohouse│コメント(0) 

2018年09月06日

Canon-EOS-R-sensor2   Canon-EOS-R-grip

CANON EOS R

ついにミラーレス戦国時代の到来。いくつかのレビューを見る限り、キヤノンは後出しの利を活かしていると感じた。ライバルの動向を巧みに取り入れたパッケージングで、性能・機能では同等レベルに持ってきた。そしてキヤノンのような業界最大手の場合、いかにして一眼レフからミラーレスにスムースに移行させるかが鍵。Rのデザインや操作性は一眼レフのEOSによく似ている。保守的かもしれないが、長い年月で練られたものを変える必要はない。マウントアダプターも小型でコントロールリングまで付けており、フルサイズ、APS-Cを問わず過去のレンズ資産をシームレスに使えそうだ。膨大なKISS層も取り込むことができるし、ミラーレスの優位性からソニーに流れかけたプロやハイアマチュアへの訴求力もある。ゆるやかな移行に向かう全方位的戦略の中核を担うカメラとして、ニコンZやソニーαを圧倒するのではないかと思う。ただし、自分の好みではない(^^;

robertohouse│コメント(0) 

2018年08月27日

1677B639-026B-4440-B35E-4106CE73CF42

優秀だな(^^) 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年08月24日

Z6

Z 6、Z 7が発表され、大きな話題になっている。ニコンがその地位を築いた一眼レフから、ついにミラーレスに舵を切った、歴史的なカメラになると思う。
自分が買うとすれば新しい14-30/4と24-70/4の2本と、オールドレンズを取り付けるアダプターがあれば、完璧なシステムになりそうだ。
グリップの良さやファインダーの見やすさ、耐久性など、機能的にもかなり期待できる。

しかしひとつ問題がある。ニコンはマウント情報を公開しないという。これがソニーα7シリーズとの大きな違いだ。
サードパーティ製の様々なアダプターが出るとしてもかなり遅れるだろうし、精度が低かったり、機能に制限があったりするだろう。
ニコン純正アダプターは当然ニコンFレンズしか使えない。Fマウントはフランジバックが長いのでアダプター重ね技も使えない。
ソニーαの社外アダプターの進化は凄まじく、EOSのレンズがほぼ問題なく使えたり、ライカMレンズをAF化さえしているというのに、ちょっと残念だ。

もうひとつは、レンズの高性能化に寄与する巨大マウントに、小型レンズがまったく似合わないであろうこと。
おそらくライカM,LレンズやツアイスRF、エキザクタ、シネレンズ等の細身なオールドレンズはソニーα以上に似合わないだろう。
これらのアダプターが出るとすれば、レンズに向かって斜めに絞り込むようなデザインにせざるを得ない。ちょっとマウンテンエルマーのような雰囲気だろうか(^^;

そんなことメーカーには関係ない話で、最新の純正レンズで高画質を楽しんでくださいということなのだが...カメラマニアとしては気になるポイントなのだ。


robertohouse│コメント(0) 

2018年08月23日

product_05 pic_01



product_08 product_10

ついに出たニコンのフルサイズ・ミラーレス。  メーカーサイト→ ニコンZ6  ニコンZ7

デザインは可もなく不可もなくオーソドックス。ボディ上部にはみ出すような丸型が大口径マウントを強調する。グリップ形状からソニーよりは持ちやすそうだ。ミラーレス化でかなり小型化されてはいるが、レンズはソニー同様、あまり小さくはならない。58mm/f0.95などはまるで望遠レンズのようだ。

耐久性はD850同等と謳われており、55mmという大口径マウントはミラーレスが主力になることを予想させる。これからシステムを揃えるなら、もう光学一眼レフは無いかな?もちろんボディ手ぶれ補正もあり、Fマウントのアダプターも用意される。EVFや背面モニターもかなり高性能になっている。USBで本体充電ができるようになったのは良いが、バッテリー寿命はEVF使用時に310コマとやや不満。

ほぼ予想されていた通りの内容で、ソニーαにまともにぶつけてきたなという印象。カメラとしての出来はソニーを上回るのではないかと思う。ニコンのブランドもあり、ソニーに似てはいるけれど、カメラ好きなら一番手に選ばれそう。当面はかなり品薄になるのではないか。

レンズロードマップを見ると、自分には14-30mm/f4が魅力的。絶妙なズームレンジで建築撮影はこれ1本でいける。他はオールドレンズをアダプターで使えば良いかな。フランジバックが16mmしかないので、1年もすればサードパーティ製アダプターがいろいろ出るだろう。

robertohouse│コメント(0) 

2018年08月22日

lLeica_M10-P_si_002Leica_M10-P_si_003

ライカM10-Pがついに出た!!

ボディが薄くなり、操作系もよりシンプルになり、フィルムライカに近づいたM10に魅力は感じたものの、それだけでは買い換えるほどのインパクトはなかった。
しかし今回登場のM10-Pには「ライカ史上最も静かなシャッター」という驚愕のパワーワードが...
M8から始まったデジタルライカも10年を過ぎて完成度を増し、ついに「ライカになれた」のではないかと...

新たに加わったタッチパネル液晶もシンプルなライカには案外フィットしそうな気がする。
さらに、M10でなぜか省略された電子水準器が復活。これは建築撮影に必須の機能だ。

問題は相変わらず恐ろしい価格だが、4年使ったM-Pがまだ良い値で買取ってもらえるようなので、ちょっと悩んでしまう...


robertohouse│コメント(0) 

2018年08月14日

333545A5-C0A7-4947-B7FD-207D90398380

4年愛用したiPhone6Plusが不注意で故障し、急遽Xに買い替え。
さすがにいろいろと進化しているが、何よりカメラの性能向上に驚いている…


続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年05月30日

33814923_1865464836817233_4082183041219297280_n

今日も竣工写真撮影。

いつも通りSWH15mm/f4.5IIIをメインに時々Summilux35mm/f1.4ASPH、それから今回はTG-5をサブで使用。
工事記録に使っている防水カメラのTG-5は、RAW現像すればWEB程度ならそこそこ使える。
超広角カメラを三脚に据えて、コンパクトなズームレンズ付きカメラを首から下げて動き回るのが自分にとってベスト。
本当は、20~35mmくらいをカバーする高画質かつコンパクトなカメラが良いのだけど...ニコンDL18-50が出ていたらなあ...

robertohouse│コメント(0) 

2018年05月28日

IMG_3411

竣工写真を撮りながら、細部をチェック。

robertohouse│コメント(0) 

2018年04月14日

0B032311-C433-4390-A968-317A51CD0E2B

しばらく怠けてJPEGばかりだったけど、今回はLightroomでRAW現像予定。Photoshopとセットで月額制になってしまったので使わないと勿体ない。
Captureoneとは全く違うので脳が溶ける…独特なファイル管理の概念はどうしても慣れないので現像マシンとしてシンプルに使うことになりそう。
カメラはライカと15mmで4年間やってきて、なんとなく撮り方が固まってしまうので、ズームレンズも使いたいし手持ちでも撮りたいなあと色々悩む…α7IIIの出来が良さそうだ…

robertohouse│コメント(0) 

2018年03月05日

0574F634-65E6-42AD-96FE-CD6D90A49AFDA15E6756-9113-4647-8B5D-ADD184D30E3F

現場で快調なTG-5、ほぼ唯一の不満はホールド感。グリップがあるにはあるが、形が良くないし硬い樹脂製で滑りやすい。そこで滑り止めをいろいろ探し、簡単に切り貼りできるGRiPhoneを見つけた。薄くて目立たないが、摩擦係数が大きく指にピタッと吸い付いて具合が良い。さらにグリップを高めるため2枚重ねにして高さを出してみた。元々は名前の通りスマートフォン用のようで、いろんなサイズがあり簡単に切り取れるので応用が効きそうだ。












robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター















    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 浅野いにお「勇者たち」
    • 久々のトリッパ
    • シラウオのピッツァ
    • くるみの森
    • くるみの森
    • くるみの森
    • くるみの森
    • YEN TOWN BAND
    • 針圧計
    • 高岡のOK邸
    • アラジン遠赤グラファイトヒーター
    • アラジン遠赤グラファイトヒーター
    • 超コンパクトシティ
    • シーズン終了?
    • 黒部のSG邸
    • 秋の夜長にレコード
    • 秋の夜長にレコード
    • シオリ エクスペリエンス
    • シオリ エクスペリエンス
    • ハロウィン
    • 新装OPEN
    • 新装OPEN
    • 人生初防湿庫
    • ANKER Sound Core Mini
    • ててポートレート
    • ててポートレート
    • ててポートレート
    • ててポートレート
    • ててポートレート
    • ててポートレート
    • ててポートレート
    • 水辺の散歩
    • 水辺の散歩
    • 水辺の散歩
    • 水辺の散歩
    • 水辺の散歩
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行