カメラと写真

2017年05月19日

IMG_0294


robertohouse│コメント(0) 

2017年05月18日

6897641586

Sony FE 12-24mm F4 G

フルサイズのこの画角で565gは素晴らしい。歪曲や周辺光量がリアルタイムで電子補正されていれば最高で、これからの建築写真はSONY α系がベストかもしれない。
α9では速度性能も一眼レフに追いつき、レンズラインナップも充実してきたので、いよいよミラーレス機が主役となる時代が来そうだ。

robertohouse│コメント(0) 

2017年05月17日

IMG_0255


robertohouse│コメント(0) 

2017年04月26日

IMG_4122
LEICA M-P  JUPITER8-50mm/f2

KIEVにもれなく付いてくる旧ソビエト製レンズをamedeoアダプターでライカに装着。
固定爪を少し加工しないと付かなかったが、これはアダプターせいではなく、KIEV用レンズは本来互換性があるはずの旧Contaxボディにも付かないことが多い。
開放では甘いが実用になり、絞ればもっとシャープだ。発色は本家ゾナーより濃いかもしれない。ボケ味はさすがゾナータイプで、非点収差が少なくグルグル回らない。 

robertohouse│コメント(0) 

2017年04月25日

IMG_4096   IMG_4092
SONY RX10M2

服を着せるのは嫌いだし、てても苦手みたいだけど、これくらいなら可愛くてよい^^;

robertohouse│コメント(0) 

2017年04月20日

02_s04_s

 ソニー、積層型フルサイズCMOS搭載の「α9」を海外発表

 積層型センサー、大容量バッテリー、高性能EVFを積んで、いよいよ一眼レフを駆逐しそうなスペックになってきた。積層型センサー搭載のRX10IIを使っていて、その静音シャッターとレスポンスに驚いている。1型センサーでさえ必要十分な画質であり、このまま面積6倍になるフルサイズセンサーは凄まじい性能であろう。超高画素機も予想したが、一般ユーザーにとって2420万画素は実用上ベストだと思う。弱点だったバッテリーが強化されなおかつ便利なUSB給電が出来るので、ミラーレス機の欠点はほとんど払拭されたといえる。しかし値段はα7IIの3倍以上になってしまった... 

追記: ソニー「α9」、日本で5月26日発売。約50万円



robertohouse│コメント(0) 

2017年04月16日

IMG_4061
LEICA M-P + Summilux35mm/f1.4ASPH

一応広角の入口と言われる35mmレンズでも、被写界深度は1cmあるかないか。

robertohouse│コメント(0) 

2017年04月15日

Voigtlander-Bessa-digital-camera-concept-2-560x373 Contax-digital-camera-concept-21

Voigtlander Bessa digital camera concept    Contax digital camera concept 

デザイナーの遊びだろうけれど、こういう検討は面白い。

ニコン、パナソニック、キャノン、そしてリコーペンタックスの寂しいニュースが続く。デジタルカメラはスマートフォンに完敗した。それはもう認めなければいけない。ネットにつながっていないスタンドアロンな単機能の機械が数万円以上もするのは時代遅れなのだ。しかしコアな趣味や産業用の道具として生き残る道はある。3D加工技術を駆使した、少量多品種・高付加価値商品を作ってくれないか。日本のカメラメーカーは技術はあるのだから、もっと遊び心を出して欲しい。



robertohouse│コメント(0) 

2017年04月13日

IMG_9819 1669cc88a IMG_9818

外付サムグリップ(サムズアップ)の気になるところをヤスリでせっせと削って、当初の半分以下になった。これ以上削れば危険なほどで、しっかり指に引っかかり、厚みの増加もほとんどなくなった。ついでに手に当たるところの角は全部丸めた。手のひらで包み込むように握り込んだときの柔らかさ、丸みがライカの真髄なんだよね。

robertohouse│コメント(0) 

2017年04月11日

IMG_9812   IMG_9815

ずっと心の中にあった建築が、ビジュアルになる瞬間に立ち会うこと。それが竣工写真撮影。
実際には基礎から順番に造られていくけれど、最後の最後まで完成した実感はない。
RRSのLプレートとコシナ15mmを外して、ズミルックスに交換し、素のライカに戻すとき、プロジェクトの終わりを実感する。

毎度同じようなこと書いてる気がするけど、毎度同じ心境だから(^_^;)

robertohouse│コメント(0) 
IMG_4015
NikomatFTN 35mm/f2  lomography800

コントラストが高く、発色も鮮やか。思ったより粒状性も良く、コストパフォーマンスの高いフィルムだと思う! 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年04月06日

IMG_3793   IMG_3791
LEICA M6   Natura1600

抜け毛も増えてきたし、そろそろ片付けていいかも...

robertohouse│コメント(0) 

2017年04月02日

IMG_3788
NikomatFTN +Ai35mm/f2S  Natura1600

基本的に良い子で放し飼いだけど、なぜか餌を食べる時だけはどうしても興奮して危険な状態になる。
ケージに入れた上に、最近は自作シャッターで2重扉にする...この写真は危険な顔です^^; 

robertohouse│コメント(0) 
IMG_3801
NikomatFTN +Ai35mm/f2S  Natura1600

このレンズは良い。キレもボケ味もAFタイプのF2DやF1.8Gを凌ぐほどかもしれない。



robertohouse│コメント(0) 

2017年04月01日

IMG_9677

まだたいして撮ってないのに…レリーズしたらミラーが上がりっぱなしになってしまった。自分の経験ではニコンのカメラが壊れたのは初めてだ。
修理屋さんに相談したところ、おそらく治せるが2万円近くかかる。9千円で買ったカメラだから悩む…
FMの後に買ったニコマートFTNをとても気に入っているのでしばらく放置かな… 

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月30日

IMG_3819
LEICA M6 Avenon28mm/f3.5 / natura1600 

 
続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月25日

IMG_9567

ニコマートが更に男前に! 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月20日

IMG_9537

非Aiレンズ購入には意味がありまして(^_^;)   続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2017年03月19日

IMG_3731   IMG_3717

いまひとつ違和感のあった親指グリップ Thumbs Up EP-10S をギリギリまで削ってみたらホールド感が劇的に良くなった!
違和感の原因は、ただでさえ分厚いライカMがさらに厚くなりグリップポジションが後ろへ移動することだった。
薄く削ることでポジションが重心に近づき、引っかかりも深く大きくとれる。
強度にかなり余裕があるので思いきり削っても問題ない。ライカM6のホールド感と比較しながら削っていった。
真鍮なのでヤスリで簡単に削れるし地金は美しく、見た目も薄くなってむしろ改善されたと思う。
もちろん自己責任だけど、やってみる価値あり!


robertohouse│コメント(0) 

2017年03月18日

17343031_1217227191731052_3233067131108011832_n

程度の良いNIKKOR-S.C AUTO 50mm/f1.4 を6千円でゲット。
Aiタイプの半値以下で、ほぼ50年前のレンズだが造りが素晴らしくガラスも驚くほどクリアーでヘリコイドは滑らか!
ニコンFMは(FM2と違い)非Aiカニ爪専用レンズが絞込測光で使える。でもそれ以外にも使い途がありそうだ(^^)

robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
















    ギャラリー
    • 魚津の「はじめ家」
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • FE83Sol木箱のサランネットを作り直し
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • シーズンイン!
    • 鏡アルプス
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • Sony FE 12-24mm F4 G
    • テールスープ
    • テールスープ
    • テールスープ
    • 身近な昭和
    • alpaca ピノ・ノワール
    • 牛テールの赤ワイン煮込み
    • 牛テールの赤ワイン煮込み
    • 牛テールの赤ワイン煮込み
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成
    • FE83solの木箱、ひとまず完成