カメラと写真

2024年05月18日

robertohouse│コメント(0) 
IMG_8986-2






robertohouse│コメント(0) 

2024年05月17日

IMG_6607 IMG_6608

撮像面AFでない一眼レフはどうしてもジャスピンが出にくいのだが、6Dにはレンズごとにピントを微調整するAFマイクロアジャストメントという機能がある。

50mm、35mmともに若干後ピンに感じたので、それぞれ巻き尺を撮影しながら調整を繰り返して、概ね満足いくところまできた。



IMG_9227-3

ミラーレス機の認識AFでは当たり前のことだけど、一眼レフの光学ファインダーでばっちりピントが合うのは気持ちがいい。
中央以外のターゲットを使用してもピント歩留まりは向上した。

フルサイズとしてはエントリー機に位置するEOS 6Dだが、細かなUIや機能にも手抜きがないのが良い!



robertohouse│コメント(0) 

2024年05月16日

IMG_8961


robertohouse│コメント(0) 

2024年05月14日

6D



8832回!! 既に600回以上切っているので購入時に8200くらいか。外観が美品なだけでなく、当たり個体だった(^^) 
EOS 6Dのシャッター耐久性は10万回なので、まだまだたっぷり使えますね!1年保証付きだし!


さてEOSのシャッター回数はCanon EOS DIGITAL Infoというアプリで調べることができます。(正確性は不明。自己責任で...)

使用法は、USBケーブルでWindowsPCとカメラを接続し、カメラの電源を入れ、アプリの”Connect”ボタンをクリックするだけ。以下注意点。

カメラのWi-Fiを「使わない」に設定すること
・Canon製の「EOS Utilityアプリ」を終了させておくこと
・6DのUSBケーブルは最近あまり使われないmini USB Type-B

ついでにPCの時計とシンクロできるのも便利。

中古カメラ屋さんはレリーズ回数を表示してくれたらいいのにな(^^;






robertohouse│コメント(0) 

2024年05月13日

IMG_8800-2

これがEOSの本命レンズ。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2024年05月11日

IMG_8725-2  sensor_size


マイクロフォーサーズのOM-1はフルフレームのEOS6Dよりもシャープ感が高いが、写真としての雰囲気が出るのはEOSの方だ。
レンズの被写界深度を揃えて現像時に階調感を整えても、OM-1の画像にはどこか硬さが感じられる。

どちらも画素数はほぼ同じ20MP。つまりEOSの1画素あたりの面積はOM-1の約4倍で、44×33で100MPのGFX100Sに対しても約3倍ある。
ほぼ同じ世代であるライカM typ262も含め、画素ピッチとレンズのバランスが心地よさをもたらしているのではないか。
それともうひとつ、表面照射型であることも何か関係しているだろうか?

人の眼や脳の感覚に近いのはフルフレーム20〜24MPのセンサーと、それに見合ったレンズの組み合わせなのかなあと思ったりしてる。
カメラ・レンズともに2012年ごろの製品は「ちょうどいい」のかもしれない。

robertohouse│コメント(0) 

2024年05月05日

IMG_8607

最近はEOSばかり使っている。Lightroomで現像すると発色が良くて、思っていたイメージと違う。  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2024年05月04日

IMG_6413

EOS 6D購入のひとつの理由が、交換可能なフォーカシングスクリーンだ。
一眼レフの命であるスクリーンにホコリ、傷がついても交換やメンテナンスができる。
そしてEOS6DにはF2.8以上の明るいレンズ向けのスーパープレシジョンマットEG-Sが用意されており、さっそく入れ替えてみた。

交換作業は懐かしい... 昔のMF一眼レフの多くはスクリーンを交換できた。少し神経を使うが難しくはない。
視野が若干暗くなり、ボケ感はかなり大きくなる。これで正確なマニュアルフォーカスができる!
…かというと微妙だが、ファインダー像の雰囲気は往年のMF一眼レフを彷彿させ、単焦点レンズがもっと欲しくなりそう(笑)



robertohouse│コメント(0) 

2024年04月30日

P4300502


定期的に高まる「いまさらレフ機使いたい病」

一度ニコンD780に手を出し、どうもしっくりこなくて手放したことがある。
それ以来、妥協せずD850にすべきだったか?いや逆にもっと古くて安いD810?D750?D610?ペンタックスもあり?などと物色していた。

そこへ全くノーマークなオールド・キヤノンが飛び込んできたのだ。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2024年04月22日

キャプチャ

Rollei35AF

初めて買ったクラシックカメラがローライ35。新宿ラッキーカメラのショーケースで一目惚れだった。
これ以上小さくできない超合理的なボディにテッサーのコントラストと発色、ゴッセンの露出計も使いやすくて、いつもビジネスバッグに入れていた。

唯一の弱点であった目測フォーカスをAF化で克服し、露出のアナログ操作もないが、ローライ35の命である外装デザインを忠実に守っているところは良い。
この思想はペンタックスのフィルムカメラプロジェクトにはないだろうし、人気のニコンZfにしても、機能を削ぎ落とすことをせず、どこか中途半端でコスプレ感が拭えない。
ライカMの凄さは、外装、機能、使用感をそのままにデジタル化したフィロソフィーにある。

このプロジェクトが成功して、次にローライ35デジタルが出ることを期待したい(^^)

robertohouse│コメント(0) 

2024年04月14日

robertohouse│コメント(0) 

2024年04月09日

P4090366

あめでもさんぽいきたい՞•ﻌ•՞

robertohouse│コメント(0) 

2024年04月03日

hero_instax_mini99_01


これはカメラへの冒涜か? カメラ革命の第一歩か?──富士フイルムが「やらかした」事とは?【道越一郎のカットエッジ】

LED光をインスタントフィルムに直接照射・露光して色被りさせる!?

デジカメの技術が頭打ちとなり、もはやストレートな写真では物足りなさを感じてしまう時代とはいえ、この発想はなかった。
日本企業、しかもFUJIFILMのようなフィルムを大切にしてきた真面目な大企業が!どうやって企画が通ったのか興味深いし、まだまだカメラの可能性はあるんだなあと思った。





robertohouse│コメント(0) 

2024年03月27日

hirez



jpeg

上:手持ちハイレゾショット切り出し  下:通常モード切り出し

IBISと電子シャッターでずらしながら高速連写して合成し、手持ちでも高解像度を得られるモードがある。
実際にここまで拡大することはないのだが、画素数というよりも偽色やノイズを抑えながら明瞭度を上げる効果が大きい。前のポストで紹介したAIノイズ除去に近いかもしれない。

撮影中はジ―という小さな連続音がして時間は1~2秒くらい。手ぶれはなく、動きがなければ何でも撮影可能。処理速度は5秒程度で十分実用的だ。切り替え操作は録画ボタンに割り当てている。
特に制限や副作用はないので常時使用できるし、建築や風景にも使えるが、物品の記録や複写には特に有効だと思われる。

ただ、Lightroomでの処理が最適化されていないのかRAWはいまひとつ解像感が出ず、JPEG運用となりそうだ。





robertohouse│コメント(0) 

2024年03月26日

P4128766-Enhanced-NR

LightroomのAI機能のうち、解像度強化とボカシはまだまだだが、ノイズ除去については完全に実用域に入っている。
単にノイズを消すというより、RAW現像処理の際に発生するノイズを抑える使い方が有効と感じている。

上の写真は2007年にオリンパスE-1で撮影した画像だが、暗部やシャープネスを改善しながら、発生するノイズをAIで除去している。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2024年03月24日

IMG_6154

OM-1のAFと画質について。

積層センサーの恩恵でAF速度そのものは速い。
ただしC-AFトラッキングは正直使えないかなというレベルで、FUJIFILIM以下...ターゲットが迷ってあらぬ方向へ右往左往してしまう。鳥やスポーツなどの望遠撮影に向いているカメラとは思えない...

というわけでS-AFをメインで使うのだが、今どきのミラーレスとは違う感覚でむしろ新鮮。
ただ被写界深度が深いのでコサイン誤差が小さく、実用上の問題はさほどない。中央固定S-AFの方が「撮ってる感」は大きいかもしれない。
ターゲットサイズを縦/横独立して自由に指定できる機能も実用的。サッと呼び出せるので、普段は狭い横長サイズで、建築撮影では広めに変更できて便利。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2024年03月20日

IMG_6112

お風呂上がりはツヤツヤしてる^ ^

パナライカ25mmF1.4イイね!ピント面の解像とボケ感のバランスが良好で、ズームレンズより楽しい。
マイクロフォーサーズはボケ量を補うのとゴミゼロ性能を活かして単焦点レンズの運用が良いかもなあと思う。

しかしカメラ評論家やYouTuberはセンサーゴミ問題についてあまり言及しない…故サンダー平山さんはDSLR黎明期に根本的問題として指摘してた🤔



robertohouse│コメント(0) 

2024年03月16日

IMG_6052-Enhanced-NR

レンズキットで超お得なM.ZD12-40mm f2.8 ProⅡ は写りも悪くないが、ズーム回転方向がどうしても慣れなくて、必ず逆回ししてしまう。フォーカス繰り出し方向とテレ側へのズーム方向は同じでないと感覚に合わない...

Leica DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH に交換もありかな?ズーム方向がオリンパスと逆で、ズームリングの位置も前目で使いやすそう。F2.8は広角端だけで実質F3.5-4というのが気になるが、24-120mm相当の画角は便利。
M.ZD7-14mmF2.8Proとズームが逆方向になるのはどうだろう?色再現の違いはどうかな?パナソニックから7-14mmの新型が出るといいけど、望み薄だろうか。


robertohouse│コメント(0) 

2024年03月15日

P1010268-3
    
OM-1にもだいぶ馴染んできたかな。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 




PVカウンター

    最新コメント
    月別アーカイブ
    記事検索