カメラと写真

2019年03月17日

5D012FCD-AC3F-474A-B9C0-4085C94B36FE
LeicaM10-P 35mm/f1.4ASPH-FLE

そういえば、しばらく使ってなかった…ライカを手にするには心のゆとりが必要(^^;

新しいリコーGRIIIはようやく「本当のGR」になった感じで、界隈では祭り状態…
あのサイズであの画質、街や建築のスナップ用途ではライカより素早く、使いやすそうだなと思う。
でもあまりにも実用的すぎて、サブに持ってもメインになってしまいそうだし、使っていてライカのようなワクワク感があるかどうか。
いずれGR21デジタルが出たら、我慢できるかわからないが…

robertohouse│コメント(0) 

2019年01月19日

1621EA5C-DB1F-486B-AF1A-96B48526B907

もう1月下旬だというのに、毎日普通に外を歩ける。冬が毎年こんなだったら富山も良いところなんだけどな...

robertohouse│コメント(0) 

2019年01月13日

44645032_800

エルマリート28mm4thのヘリコイドは0.7mを超えて回り、撮っていても他のレンズより少し寄れる気がする。
そこでピント面を測ってみたら、約64cmまでピントが合った。ライブビューはもちろん、距離計も最短距離までしっかり連動する!僅か6cmだが、この違いは案外大きい。

このレンズはボディとのバランスが良く、特に街や建築をイメージ通りに撮れる。発色が素晴らしく、周辺まで高解像度で、なおかつ質感や柔らかさも感じられる。逆光で太陽を入れるとマゼンタ色のゴーストが出るが、コントラストは失わない。像面は平坦でピント面をコントロールしやすく、寄ったときのボケ味もきれいだ。歪曲収差はゼロではないがほとんど気にならない。最後まで非球面化されなかったという性能は伊達ではない。1993年の発売当時は、一眼レフ用の28mmを圧倒する性能だったのではないかと思う。ちなみに2006年に非球面化された現行エルマリートは開放での性能が向上し、ハイコントラストでカリカリに解像するという評判である。

あまりにも気に入ったので最近はズミルックス35mmを押しのけてしまっている...35mmは好きだけど難しい画角だ(^^;




robertohouse│コメント(0) 

2019年01月11日

A36E62D0-9870-4601-A382-A9CC08E0753D
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th


美しいファサードに惹き付けられる。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年01月07日

DD61282B-5387-4477-B050-12E12419E6F6
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th


路地裏で偶然、新年の祭事に出会った。電線に触りそうでハラハラした…   続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2019年01月04日

9D8F6514-CE5D-4101-8F07-88D4FC721755
LEICA M10-P + ZeissOptonZonnar5cm/f1.5

年始に下町を歩いてきました。
東京大空襲で奇跡的に焼けなかったエリア。道路や建物に戦前の雰囲気を残しています。  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年12月30日

80AD80CE-D105-472D-906F-F475CEC0AC5D
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th



続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年12月27日

0DB6E121-E450-4FFD-B718-9ABFD62D4914
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th

iPadにRAWを取り込んでみると意外にも簡単快適にライカの階調性能を引き出せることがわかってきた。 カメラ内JPEGは簡便だが、それはひとつのアウトプットでしかない。センサーが捉えた情報の多くを失っていることはわかってはいるけれど、プライベートではなるべくPCに向かいたくない。iPadやiPhoneでRAWを簡単に処理できるなら写真ライフは変わる。

まだ始めたばかりだが、データ保存を含めてうまくハンドリング出来るなら、写真関係をiOSで統合するのもありかもしれない。iOS機器への取り込みにおいては、ライカのWiFi機能はお世辞にも使いやすくはないし、Mtyp240より小さくなったバッテリーをひどく消費するので、SDカードリーダー直結のほうが良い。自分のiPad miniはもう4年酷使してきてまだ手放せないが、RAW現像のメイン機材にするなら能力不足も感じるので、最新のiPadProも魅力的ではある…




robertohouse│コメント(0) 

2018年12月15日

38E8ABE2-EBB9-4C07-B584-17D443D50E01

散歩→撮って出し。   続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年12月12日

32B6EF86-E602-4A69-8A08-80410CB67566 9181EEEF-9439-4D27-AF84-F913E976926E  0D5A23FF-E21A-4528-8FEA-E4E65BD0EFDC



E-M1X?の噂画像を見て、元フォーサーズユーザーとして複雑な思い。豆粒センサーに巨大ボディはダメだとあれほど...

フォーサーズの初代E-1はバランスのとれた名機だったが、他社に性能で対抗するために巨大化したE-3が、フォーマットを終わらせたのではないかと思っている。テレセントリック性を維持しながら大きいフォーマットに画質やボケで対抗すべくレンズも巨大化してしまった。ミラー構造の小型化には限界があり、画質はセンサーサイズである程度決まってしまうから、同じ土俵で戦えば勝負はついていた。そして戦い破れたオリンパスとパナソニックはミラーレスというパンドラの箱を開けたが、そこにはあっという間にAPS-C&フルサイズ陣営がなだれ込む。マイクロ・フォーサーズは、小型化による新しい市場を狙うべきだった。例えば防水タフ機をマイクロ・フォーサーズ化して欲しかった。ネットに繋がるandroidタブレットのようなレンズ交換機があっても良かった。小型センサー機が本格ハイエンド路線で生きるなら、マウントの余裕を活かした正方形センサーによるフル・マルチアスペクトしかないと思っていたが、次に出てきそうなのは縦位置グリップを固定した、斜め下を行くモンスター機。まあ、噂ではあるが...コレジャナイよなあと思う。




robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • ハコヅメ~交番女子の逆襲~
    • GRIII発売
    • ローレライ
    • ローレライ
    • ローレライ
    • なでしこ、ワールドカップまで3ヶ月
    • くるみの森の紹介動画
    • パエリャのすすめ
    • カセットアート
    • バッフル交換の効果
    • バッフル交換の効果
    • バッフル交換の効果
    • バッフル交換の効果
    • フロントマウント
    • ボイスコイル位置
    • バッフルを接着
    • 改善すべきポイント
    • バッフル強化工事
    • ダブルリバースデッキ
    • ミュージックカセット
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • 激安ドライバーCDP44II
    • カセットテープ
    • 雪
    • 暖冬
    • カセットテープ回帰
    • エルマリート28mm4thの最短距離
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩3
    • 東京下町散歩2
    • 東京下町散歩2