音楽とオーディオ

2018年06月11日

IMG_3570

新ウーハーはJBL 2206H に決定!

ステージモニター等で広く使われるプロ用のユニットで、口径に比べてアンバランスに見えるほど巨大なマグネットが目を引く。

4312系に使われる2213(123A)とは迷ったが、強力なLE85+2344とのバランスを考えると、パワー不足になる気がした。
また、2206Hは不人気なのか?中古が驚くほど安く出たので飛びついてしまった(^^;  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年06月05日

2729A96A-8708-4DEB-96C0-278B6CCD65A8

かねてより計画していたダイヤフラム交換を実行!

元々付いていたのがJBL純正なのか互換品なのか不明で、どれだけ使用されているのかもわからない。
アルミエッジは金属疲労で劣化するし、周波数特性を測定すると左右で少し違いもあるので、不具合はなくても交換が望ましい。
いろいろ調べてRADIANのJBL互換ダイヤフラムを選択。マイラーエッジとヘラ絞りの振動板で高調波歪が少ないという。さて結果は? 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年05月23日

71lBdgCnvsL._SL1500_

RME ADI-2 DAC

自分にとってもはや欠かせない存在となっている多機能インターフェイス RME ADI-2 PROを、DACに特化し価格を下げた新製品が登場。アナログ入力を省略する代わりにRCAアンバランス出力とリモコンを装備し、ホームオーディオに向く仕様になっている。自分はADI-2 PROのアナログ入力にフォノイコライザープリアンプを接続し、デジタルプリアンプとしてシステムを統合しているが、一般的にはADI-2 DACで良いだろう。便利なパラメトリックイコライザやラウドネスその他の調整機能はそのまま装備している。良いDACを通すとPCオーディオだけでなくiPhoneや古いCDプレイヤーの音も化ける。高精度・多機能なデジタルプリアンプ+ヘッドフォンアンプとして考えれば決して高価ではないと思う。自分はヘッドフォンを使わないが、スピーカーを直結しても大音量でしっかりドライブできる能力を持つのだから、ヘッドフォンの音もきっと良いのだろう。これにパワーアンプ+スピーカー(あるいはアクティブスピーカー)があればシンプルで高品位なシステムが完成してしまう。これからデジタルオーディオを構築する人にお薦めの1台だ。






robertohouse│コメント(0) 

2018年05月20日

070EB86A-DA91-4EDB-AC37-30FA59B1C54E

新作スピーカーのチューニング中です。
目指すのは、柔らくてキレのある音、ピントがシャープでも疲れない音。モニター的でなおかつ寛げる音…ってまあ難しいですけどね。

ホーンとエンクロージャーの取合いの僅かな隙間を埋めたり、吸音材を多めに入れていくと中域のコモリがとれて音が前に出てきました。
スピーカーエンクロージャーの吸音材はオーディオチューニングで最も変わるポイントだと思います。

バスレフダクトは延長してfdを40Hz弱まで下げ、開口にはパイプ共振を低減するべく吸音材を少し入れました。
JBLの音作りとは違いますが自分は密閉に近いダンプトバスレフが好きです。多少のロールオフ分はパラメトリックイコライザで微調整します。

もう1つは、初めて使う部屋のアコースティック環境。
スピーカーセッティングは図のように斜めにオフセットすると音場、定位が格段に良くなり、音像が壁から離れて空間が出やすくなりました。
まだまだこれからですが、なんとか音楽を楽しめる状態にはなったかな…




robertohouse│コメント(0) 

2018年05月16日

42B35CE9-9F3D-4AAD-AB4D-9E8DB4A7D9F8


どうでしょう?

業務用JBLモニターの男らしさ?をやや薄めて、ナチュラルな元子ども部屋にも馴染む優しい雰囲気を目指しています。

セッティングの自由度を確保するため、敢えてJBLのコンパクトモニター4312サイズに制限。
個性的な2344バイラジアルホーン、5kg以上もある強力なドライバーLE85、ネットの裏にうっすら見えるD123のメタルドーム。
テーパーを取った分厚いバッフルの裏面からウーハーをマウントすることで、ホーンの存在感を強調しつつボイスコイル位置をかなり近づけることが出来ました。

まだ吸音材も入れておらずバスレフポートの改造もホーン裏のダンプもしてませんが、いきなりクリアでシルキーな音で鳴ってくれてます。
予定通り、能率が98dBもあるD123に、アッテネーター無し・小キャパシタ1個でドライバーがフラットにつながります。
低音は軽快で40Hzまで出ていますが、これはポートの改良(fdを下げてダンプ気味に)と吸音材でさらに良くなるはず。
ネットワークに加えて、微調整はADI-2PROのパラメトリックイコライザで追い込みます。
ADI-2PROのヘッドフォン端子(出力2W)でも十分ドライブできるほどの高能率。これなら真空管シングルアンプでも十分鳴りそうです。

嬉しい誤算は、仮設のつもりで作ったヒノキのスタンドが思いのほか良いこと。
試しに適当なインシュレーターで床に直置きしてみると、低音はだぶつき中高域は曇り床は鳴り、驚くほど音質が劣化します。
1トンにも耐えそうな(^^)強度でしっかり支え、内部損失が大きい無垢材が上手い具合に振動を遮断、吸収してくれている感じ。

ここまで来れば、じっくりゆっくりと夜な夜なチューニングの楽しみが待っています(^^)

さてさて、なんと名前をつけようかなあ^^;




robertohouse│コメント(4) 

2018年05月15日

F9EBF02D-DB60-4034-8445-B263F255521E

概ね組み上がり、各ユニットを測定しながらネットワークの最適ポイントを探っています。本来はカマボコ型のf特をもつLE85+2344ホーンが、狙い通り2,000〜20,000Hzフラットに仕上がりそう。まだエンクロージャーには吸音材もゼロでバスレフチューニングも未完成状態、とりあえず音楽を再生してみると、とても綺麗でシルキーな音で鳴っています。

robertohouse│コメント(0) 

2018年05月14日

84EC2241-B61B-4A7C-93BC-724AB78C7A69

これまでテストを重ねてきてようやく決定。かなり変則的で、2344ホーンのカマボコ特性を補正するため0.47~1.0μFと極小のキャパシタを使う。スーパーツイーターで行う手法だが、1~6kHzが大きく盛り上がったF特とインピーダンス上昇のため、C値にあまり関わらず1.5kHzまでは伸びてしまう。Cは中域の山つぶし及びアッテネーターのように働く。3個並んだキャパシタの接続の仕方によって3~12dB程度の7段階アッテネーターとなる。基本的には6dB/octで、1mHのコイルを並列にして、クロスオーバー以下の肩特性を調整し振幅が過大にならないようにする。

フルレンジユニットであるD123の高域をどうカットするかも重要。スルーでは10kHzあたりまで出るのでメタルキャップに音像が引っ張られ、かといってL値が大きすぎるとD123の快活さが失われる。タップ付きのカットコアコイルを使用し、3段階に可変するようにした。このコイルは便利で音が鈍らないので、もう空芯は使う気がしない。

挿す場所によって切り替えができるようにターミナルが8個もある^^; なお高域、低域とも、並列にインピーダンス補正や負荷抵抗、12dB/octへの改造ができるようターミナルを設けた。ユニットやバッフル交換を含む将来の様々なアレンジにも対応させる予定。

robertohouse│コメント(0) 

2018年05月13日

FA46296E-197F-4348-9016-FDFD6B360384

木工作業完了し、白のワトコオイルを塗りました。元子供部屋なので優しい雰囲気にします。ここからはユニット取付、ネットワークやターミナルの施工へ。スタンドはセッティング検討用の仮設で、ヒノキの柱(75mm角×3m、約1300円)1本から1個作れるもの。製作はタイトボンドで接着しただけ。精度はそれなりでも、重量7kgほどあって強度も高く共振もなさそうなので案外長く使うかも?

robertohouse│コメント(4) 
05AA08E0-C229-452B-8EE5-E762E3BE04B5

いちばん厄介な作業に突入!これは休日にしか出来ません…続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年05月12日

4CAB3206-CC29-4C44-B12D-64308298D5CE


バッフルとユニットのマウントについては組み立てながらまだ考えてるけど(^^; D123と巨大な2344ホーンを無理やりJBL4312系統と似たサイズに詰め込み、いずれはJBL純正スタンドに載せることも検討。4312は30cmウーハーを使いながら、小さな部屋でセッティングをあれこれ楽しめるぎりぎりのサイズだと思う。容積を稼げるトールボーイのフロア型も良いけれど、セッティングが決まってしまう。スタンドの材質や高さ、インシュレータでのチューニングを楽しむにはブックシェルフ型がいい。D123は以前、50リットルのアルテック618型エンクロージャーで十分鳴らせたので、45リットルでいけると踏んでいる。低域はロールオフするだろうが、この小さな部屋ではそのほうがバランスしそうな気もするし、足りなければADI-2PROのイコライザで調整する予定。

robertohouse│コメント(0) 
431C6F1E-9182-48AE-8884-F794188D35CD

大きめのスピーカーにはやはりハタガネが便利で確実。板の精度さえ良ければ楽に正確に組み立てられる。接着剤はもちろんタイトボンドが良い。普通の木工ボンドに比べれば粘度が低く寸法変化がなく固定力も強い。板材は今回30mmと厚くしてみた。音質云々というより、反りにくく組み立てやすく、接合部の密着度が良いのが主な理由だ。ハタガネは木工好きだったnahoの祖父からの年代ものに加え、今回は大きいので新型を買い足した。クランプ部が樹脂製でパッキンをかませずに使えるのが良い。結構な価格なのでいろいろ作らないと損だな(^^;



robertohouse│コメント(0) 

2018年05月08日

CAA1871E-FFEE-496E-9B78-148EC2D52DD3

なかなか時間がなくて、深夜に少しずつ…ユニット取付について散々悩んだ末に、エンクロージャーを長く効率的に使えるバッフル取り外し式に。鬼目ナットで剛性はしっかり確保できた。 バッフルに対してユニットを前、後どちらからマウントするかはまだ悩んでいる(^^; このD123はリアマウント用なので前付けするにはバッフルの加工が大変。でもユニットを見せるデザインはJBLらしく迫力がある。後ろ付けだとシンプルで大人しい見た目になり、ホーンドライバーとの関係がリニアフェイズに近づく。一長一短…作りながら考えるのが楽しいのであります。

robertohouse│コメント(0) 

2018年05月06日

IMG_6261

忙しかったり、いろいろ迷いが生じたりで進まなかったのだが、ようやくホームセンターへ。
いつもの赤松集成材をカットしてもらい、とりあえず「箱型」に組んでみた。
安価な柱材利用の仮設スタンドも組み立てる。じっくり、ゆっくりとやっていきます…


robertohouse│コメント(0) 

2018年04月24日

キャプチャ

https://airpulseaudio.jp/

DAC、bluetooth内蔵、バイアンプのアクティブスピーカーで、ホーン付リボンツイーター、マグネシウムフレーム、ネオジウムマグネットのアルミコーンウーハー、仕上げも美しい。
これでペア¥99,360とは価格破壊!専用スタンドが15kgもあってペア¥19,440というのがまた安い!
音質は不明だが、自作派からすると、パーツ代だけでもこれくらい掛かるのでは?と思ってしまう。ところでフィル・ジョーンズって誰?^^;


robertohouse│コメント(4) 

2018年04月17日

P4172842_512 P4162835_512

JBLのD123と2344+LE85を裸で鳴き合わせ。D123とは小容量キャパシタ作戦でいけばアッテネータ無しで繋がりそうだ。D123はダイレクトスルーだと10kHzまで出ているのでセンターキャップに音像が引っ張られる。6.5kHzに強めのピークもあり、付帯音として耳につきまとう。コイルで切る実験をすると、1.1~1.7mHの間が良さそう。クロスオーバーは概ね2kHzを狙い、ある程度はオーバーラップさせて、全体がフルレンジのように鳴らせたら最高なのだが。LPFを通すならウーハー専用ユニットを使うべきか、それともコーンの軽いD123の良さを活かすか、悩ましいところ。

深夜にあれこれやっていたら、ドアを「カシュ、カシュ」とノック...ててが入ってきて、リスニングポジションで寛いでる^^;

robertohouse│コメント(2) 

2018年04月15日

B6069497-E385-47A8-A9C5-DEED3C09BE34

娘の部屋→新オーディオルームに機器セッティング開始!とりあえず床にalpair10フルレンジスピーカーを置いてバラック状態で繋ぎ音が出るようにした。これから新作スピーカー自作はもちろん、部屋のかなり多めの響きとかテキトーな電源環境とか課題は山積み…しかしそれでも、10年愛用のベルトドライブCD TL51XRのデジタルOUTを初めて使用、→ADI-2PRO→パワーアンプ直結で感動している…このプレーヤーの低域は緩くなかったんだ…

robertohouse│コメント(0) 

2018年04月13日

2344(2)

ドライバこそ違うが、自分の実測値でも概ねこのような特性になっている。1~5kHzの音圧が高く、5kHzからレベルダウンする。LE85の出力音圧レベルは公称値108dBだが、このホーンでは5kHz以上は98dB程度と言える。1~5kHzの盛り上がりを抑え込めれば、アッテネーションが小さくなり、相対的に高域レンジも伸ばすことができるはずだ。ネットワークの真実という記事も参考に、小容量のキャパシタで高めから落としてフラットにする手法を試してみた。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年04月11日

B3C52D60-BBE6-4754-8C36-30BE39B0A26F

築20年で汚れて傷だらけの床を掃除して蜜蝋を擦り込む。ベッドや衣服が消えてがらんどうになると、小さな部屋なのに驚くほど残響音が多い。床と天井は無垢の杉板、壁は本漆喰。同じライブでも鉄骨とデッキ、コンクリート床のアトリエとは違い、響きになんとなく小ホールのステージ上のような雰囲気がある。室内楽や古楽を聴きたくなる(^^) 天井は20度ほどの勾配になっているのでフラッターエコーも抑えられているかもしれない。基本的にライブな部屋が好きなので、床にキリムを敷くなど、少しずつチューニングしていきたい。

学生時代のように空っぽの状態からセットアップするのは新鮮だ。 まずは小さなラジカセを鳴らしてます(笑

robertohouse│コメント(0) 

2018年04月10日

8FC348E4-6B02-4791-9F4B-77A6E4F4CBA7

少し前ですが、久々にオーディオイベントに行ってきました。 

最も良い音に感じたのが、なんと30年近く前のモデル、B&W801マトリックス。
さすが欧州の主要レーベルで使われてきたクラシック専用モニタースピーカー。
低域から高域までバランスが良く定位が正確、特に低域が軽く自然で、何を聴いても刺激感が少なく優しく柔らかい、いつまでも聴いていたくなるような音...続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年03月23日

7CC3F683-6BDD-4276-ACEF-66240D1F4124
1インチドライバー+2344ホーンは超高域がどうしてもロールオフする。実際に測定値でも聴感でもハイ落ちであり、そのために2~5kHzあたりが目立ってキツさが出てくる。ADI-2PROのパラメトリックEQ機能である程度補正はできるが、10dB以上のブーストが必要で、アンプのパワーを浪費させることにもなる。やはりスピーカー本体でなるべく素直な特性としたい。なだらかに落ちながらも20khzまで伸びているので、補正は出来るはずだ。

このホーンの2wayで良い音を出しているJBL4430のネットワークを見ると、この問題を巧妙に解決しているようだ。高域のアッテネータを2.2μFのキャパシタと可変抵抗を通してバイパスすることで高域をブーストしている。ドライバーの能率は108dBもあるので、アッテネータで15dBほど絞り、そのマージンを超高域のブーストに充て、しかも連続可変ができる。2wayなのに3wayのようにコントロールできる、とても合理的な設計であり、そのままコピーしても面白そうだ。    
br>


続きを読む

robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 課外授業
    • ポルトガル3-3スペイン
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • シラスのペペロンチーノ
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • 2018年初キス釣り
    • 2018年初キス釣り
    • 黒部のSG邸
    • N Company 竣工写真撮影
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸 竣工写真撮影
    • N Company
    • N Company
    • 白エビとシラスのパエリヤ
    • RME ADI-2 DAC
    • テーブル材料検品
    • インド料理KHUSHI
    • N Company
    • 初期設定中
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸
    • 日本代表候補
    • 組み上がり
    • 測定開始
    • ネットワーク
    • 激安スピーカースタンド
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • バッフル開口