音楽とオーディオ

2018年10月13日

IMG_7025

PRINCE  Piano & a microphone 1983

 SPU導入記念に?久々のレコード(+CDのセット)を購入。パープル・レインの大ヒット直前にプリンスが個人的に録音したという、幻の弾き語り音源が公式にリリースされた。演奏についてはそれはもう何百回も聴きたくなる素晴らしいもので、他のレビューを見て頂くとして、ここではオーディオ的な話を。 
 
スタジオで発見された音源はなんとカセットテープで、ケースにさえ入っていなかったらしい。 既に海賊版は出回っていたが、今回は入念に音質を改善。曲間がなく一気に続けて演奏され、レコードでのA面7曲、B面2曲という構成はカセットテープをそのまま再現したという。ちなみにレコードは分厚い重量盤である。

音質はもちろん現代的なハイファイというわけではない。カセットらしいヒスノイズも入っており、強い音では歪みもある。しかしピアノのアタックの強さ、輝きはしっかりと感じられるし、ボーカルも変なエフェクトがないので生々しい。冒頭に聴けるプリンスの生声も貴重、脚でリズムを取っているような音もあり、低周波の雑音もあえてカットされていないようだ。プリンスがそこで歌っている、とまでは言わないが、80年代に自室で一発録りした空気感が伝わってきて感動する。

レコードとCDを聴き比べると、我が家のシステムではレコードが良かった。デジタルの方が歪感はなくツルっとした綺麗な優しい音。ベルトドライブCDプレーヤーのCEC TL51XRでも、WAVでリッピングしてiPhone再生でも、躍動感や臨場感ではレコードに負けている気がする。RME ADI-2PROのスペアナで見るとレコードは20〜30Hzの低周波ノイズが入っていて、CDにはないので、単純なコピーではないのかもしれない。もちろん音の評価は再生機器次第で、レコードはカートリッジなどの機器の個性が出やすい。SPU#1Sと真空管プリアンプは、ピアノを輝かしく、プリンスを力強くシャウトさせてくれた。




robertohouse│コメント(0) 

2018年10月05日

43069852_1844342652352833_6080290028766887936_n

ortofon ST-10 というあまり知られていないMC昇圧トランスを入手。中古だがデッドストック品かと思われるほどのコンディションだ。
2006年発売の中級機で、デジタル全盛かつアナログブーム前だったのか、レビュー等の情報がほとんどない。市場に少ないし、人気もないようだ。
しかし入力インピーダンス:1次2Ω~6Ω、昇圧比:3Ω・25dbとSPU向きの仕様といえる。(ortofonの現行品は2~60Ωと汎用型になっているようだ)
トランスはインピーダンス・マッチングが何より重要だが、微小信号を扱うので、劣化しやすい切り替えスイッチが無いことも有利だと思う。
シールドは内部の左右別トランスカバーと外部の分厚い鉄製筐体でしっかりしており、周波数特性:10~50kHz、セパレーション:90dBと優秀だ。

さて早速ヘッドアンプと付け替えてみると、やはり音は変わった。
SPUの特徴である中低域の押出しと厚み、中高域の輝きが増した。聴感上のS/N比も向上し、音像がカッチリと明確になった。
ヘッドアンプも十分に優秀だと思っていたが、トランスを聴くと後には戻れない。やはりSPUにはトランス一択なのかもしれない。

それにしてもSPU#1Sが来てから驚きの連続だ。CDやPC音源よりもアナログのほうが心地良いだけでなく、よりハイファイではないかと思うこともある。
アタック音の輝かしさ、生々しさ、音像の背後に分厚く存在する空気感、これは一体なんなのだろう?

タイムリーに興味深い記事を見た。アナログ特有のアームの共振やサーフェスノイズも、好ましい音の原因になっているのかもしれない。

アナログレコード特有の音響効果をデジタルで再現 音の豊かさや広がりを感じる「バイナルプロセッサー」





robertohouse│コメント(0) 

2018年10月01日

IMG_1063_800

この日曜は天候が悪かったのでオーディオ三昧。というかSPU三昧。同じタイトルのレコードとCDをたくさん持っているので聴き比べてみた。

SPU→ヘッドアンプ→プリアンプ→DAC(ボリュウム+EQ)→パワーアンプ   CD→DAC(ボリュウム+EQ)→パワーアンプ

スペック上は②のほうが圧倒的にハイ・ファイなはずだが、多くのアルバムでレコードが良かった。CDは綺麗で音場が広いけれど、レコードのほうが厚みや太さ、力強さ、輝きが出るものが多かった。特に古いジャズはCD化のリマスタリング時にNRされて、本来の輝きや厚みが失われているのかもしれない。新しい盤でも、メロディ・ガルドーの45回転盤はCDより生々しい音。このダイナミクスはDL-103やAT-F7では出せなかった。最近は配信主体でCDが売れなくなっているが、逆にロックやポップスの新譜もアナログレコードで出ることが増えている。これから買うならレコードのほうが良いかもしれない。レコードから高性能A/DCでデジタル録音して聴くのもいいし、敢えてカセットテープを使ってみるのも楽しいかも。





robertohouse│コメント(0) 
B95CED96-91EC-45A5-9FD9-04AC1E819FAF R

パワーアンプの入力ボリュウムを改造。上右図のように直列部分を固定抵抗(100kΩ)に置き換えて、可変抵抗器は並列側のみ使う。参考サイト:https://nabe.adiary.jp/onshitsu-r 
ミズナガ・コンパクトプリメインアンプがそうなっていて、パワーアンプにも利用可能なことをミズナガさんに確認した。

さてミズナガさんから届いたオーディオ用金属皮膜抵抗(数十円で実測精度は2本とも99.6kΩ)を取り付けてみると、まず音量のカーブが変わる。10時あたりまではあまり変わらないが、そこからの上昇が緩やかになり、最大ボリュームは(計算上は6dB)小さくなる。抵抗カーブが乱れるデメリットについては、聴感ではよくわからない。カーブが緩くなるので使い勝手は良い。音質については、元のボリュウムでは絞るほど音の勢いが減る気がしたが、固定抵抗では変化が少なく感じた(プラシーボレベルかも)。一般的にパワーアンプの入力は少し絞ってプリ側を上げるほうがS/Nが向上するが、大きく絞りたい場合に効果はあると思う。逆に、ボリュウムmax近くで使うならあまり意味はないだろう。

改造はごく簡単なので、抵抗の種類で音の変化を楽しんだり、アンプのゲインが高すぎる場合など、やってみる価値はあると思う。精度の高い抵抗を使えば、2chボリュウムの左右ギャングエラーも減らせるはずだ。パワーアンプだけでなく、プリアンプのボリュウムを改造しても面白そうだ。1個数千円もする高音質抵抗も存在するらしい...

robertohouse│コメント(0) 

2018年09月29日

IMG_7008


久々のカートリッジ交換、それも SPU#1Sとなると色々と儀式が必要だ。30gの重量級シェルを使うため、KP-9010のカウンターウェイトを鉛テープで増量。針圧目盛りは3gまでしかないのでさらに回して4g、しかし正確とは言えない。アーム高さも上げて水平を出す。インピーダンスが2Ωと低いため昇圧トランスが良いらしいが、とりあえず ヘッドアンプを使う。フォノイコライザーの真空管も一部交換してS/Nを整えた。こうした準備もアナログ・オーディオの楽しさだ。

そしてようやくレコードをかけて、最初の1枚から圧倒された。この小さな宝石が、オーディオシステムを大きく変えてしまいかねない。 いかにもアナログ的と言ったら良いだろうか。全ての音が太く分厚く芯が強く、輝きと実体感があり、なおかつ歪感がなくまろやかでずっと聴いていたくなる音。そして何より、丸針と重針圧の故なのか、驚くほどスクラッチノイズが目立たず、盤質の悪いレコードでも安心快適に音楽が聴けること。持っているレコードを全部聴き直したくなるし、久々に中古レコードを買いに行きたくなる。 オーディオを始めて30年、 SPUをもっと早く使うべきだったと少し後悔。





robertohouse│コメント(0) 

2018年09月26日

A4E60F48-92A3-4BA7-9E84-AE3B0EB772A9

まるで宝石!!

手持ちのカートリッジはいずれも不具合があり、アナログは満足に聴けない状態だった。
どうせ新調するならアナログ感満載のオールドタイプにして、デジタルオーディオと差別化しようと(^^)



robertohouse│コメント(0) 

2018年09月08日

IMG_6921

思うところあって、コンプレッションドライバーLE85のダイアフラムをマイラーエッジのRADIANから元の(JBL純正?)アルミエッジに戻してみる。RADIANはフラットで滑らかだけど、中域のアタック感が抑え気味。ドームツイーター的なヌメッとした質感も気になって、ジャズやロックでは抜け切らない。指向性が広くて癖の少ないバイラジアルホーンとの組み合わせでは、柔らかくなりすぎる気がする。アルミエッジは少しメタリックな癖もあるけれど、音飛びが良い。一長一短で周波数特性もかなり違うし、色々バランス変わってイチからやり直しになっちゃうな…



robertohouse│コメント(0) 

2018年08月29日

IMG_6923

ウーハーJBL2206Hの高域インピーダンス補正回路(22μFキャパシタ+8Ω抵抗)を入れて数日。

教科書どおりクロスオーバー以上を正確に落とせてフラットになるのは確かだけど、音楽を聴いてみると低域は重くなり、中域のキレもなくなり良いことがない。
これまでいろんなスピーカーで同じことを体験している。理由はわからないが位相回転か何か?あるいは単にウーハーの中域が出るほうが好みなのか。
2206Hは1kHz以上のピークが少なくスルーでも聴けるほどなので、過度な補正は不要なのかもしれない。
インピーダンス補正はアンプの動作からみても絶対必要という人もいるし、長岡鉄男さんは「必要悪」と言っていた記憶がある。

とにかく何を聴いても我慢できず、補正回路を外したら音が生き返った(^^)




robertohouse│コメント(2) 

2018年08月21日

39753000_1788633641257068_3676562206616453120_o

現在のスピーカー・レイアウトはこんな感じ。

何度試しても、部屋に対して軸線をずらしたほうが自然な音場になり、スピーカーからの音離れも良くなるようだ。
これは主に側壁によるミラーイメージの悪影響を低減できるからだろうと思う。普通の並行配置にすると部屋の音に埋没し、音が詰まる感じがする。

ニーチェアXの座り心地は最高で、オットマンも追加した。疲れた深夜に聴き始めると高確率でそのまま寝てしまう(^^;

まだまだ音に不満は多く、スピーカーネットワークの再調整もしたいし、他のダイヤフラムも試してみたい。
DAC、プリアンプ、プレーヤーの接続方法も再検討したいし、パワーアンプのボリューム素子にも手を入れたい。
アナログカートリッジがどれも接触不良やカンチレバーの曲がり、ダンパーの劣化等を起こしているので新調したい。

とりあえず聴ける状態にはなったけど、やるべきことは山積み!そこが楽しいんだけどね(^^)


robertohouse│コメント(0) 

2018年08月06日

38633581_1762651300521969_5276072709854330880_n

オーディオ部屋にレコード棚を設置。狭い元子供部屋なので家具はすべてロースタイルでいきます。
床に300枚のレコードを収め、棚板にはカメラや雑貨を飾ったり小型スピーカーを置いたりの予定。
模様替えを頻繁にやりそうなので、いつでもバラせるようコンクリートブロックに桧の無垢板を置いただけの簡単DIYです。

robertohouse│コメント(0) 

2018年08月02日

IMG_6751

ソルボセインを入れる場所のテスト。

①床~薄手フェルト3点〜スタンド〜黒檀/桜インシュレーター3点〜スピーカー
②床~ソルボセイン5mm〜スタンド〜黒檀/桜インシュレーター3点〜スピーカー
③床~薄手フェルト3点〜スタンド〜ソルボセイン5mm〜スピーカー

結果としては②が良さそう。①と②では低域はあまり変わらず、中高域は②が少しクリアになる。
③は低音がやや緩く膨らむ。スピーカーとスタンドの間はリジッドが良さそうだ。

アトリエでずっと使ってきた山本音響工芸 黒檀スパイクインシュレーターは音に癖がなく、スパイク受けと一体的な構造で安定感があり使いやすい。
ブックシェルフ型スピーカーはスタンドやインシュレーターの組み合わせを楽しめるところが良いと思う。次は薄い金属系も試してみたい。


robertohouse│コメント(0) 

2018年07月27日

IMG_3762

この部屋にはオーディオ以外に家具等が少ないので音が響く。床と天井が無垢板で壁が漆喰のため、低域以外は全反射に近くなり、特に中音域の残響が気になる。
どちらかといえばライブな環境が好きとはいえ、このままではオーディオにはちょっと厳しい。床には厚手のキリムを敷いているがまだ足りない。
そこで試しにアトリエにあったウレタンフォーム(50mm厚×1800×900)に泥染めの厚布を被せて、リスニングポジション背後に置いてみた。
第一印象では音量が減って少し寂しくなったような?でもすぐに慣れてくる。残響の癖は確かに減っているので、この方向で色々やってみよう。

しかし久々に真剣にオーディオを弄って感じるのは、真空管パワーアンプのウォームアップ効果の大きさだ。
電源ONして最初は音が粗くレンジが狭く癖が強い。本来の音になるのに2〜3時間はかかるようだ。
チューニングの評価を誤ることもあるので、電気代はもったいなくても電源は事前に入れておくほうが良さそうだ。


robertohouse│コメント(0) 

2018年07月23日

9B028672-1245-4D5E-8F5A-72CB51238247  FullSizeRender

パワーアンプはまだ適当に置いているだけで、電源トランスの微かな唸りが、下の板に響いて気になることがある。そこでソルボセイン製インシュレーター エクセルサウンド EXCEL SOUND ESI-100 を敷いてみたら効果があった。このタイプは薄いアルミ板?でサンドイッチされているのでベタつくことはなくインシュレーターとして使い勝手が良い。価格も安いので、オーディオに限らずPCやHDDなど振動の出る機器、振動を嫌う機器にお薦め。

robertohouse│コメント(0) 

2018年07月17日

541DADBD-6EFA-4712-B91C-0BDA9966D4DC 418F6900-D9D7-4C90-BF38-526ADDE8043C

床の鳴りが気になったので、インシュレーターを導入。コンクリート床のアトリエではスパイク系のリジッドタイプがベストだったが、柔らかい杉の無垢フローリングでは振動をカットしたほうが良いのではと考え、ソルボセインを初めて使ってみる。フリーカットでコスパの高い エクセルサウンドSORBO-5 を75mm角に切ってスタンド下に挟んでみた。フローリングの凹凸もうまく吸収して、床にピタッと吸い付く感じ。スピーカーを押すと微かに揺れる感じはある。音は中域が明瞭になり、ノイズが減ってボーカルの定位感が向上した。腰砕けになるのでは?と心配した低音はあまり変化を感じないので成功といえるだろう。スタンドとスピーカーの間に入れても良いかもしれない。(現在は山本音響工芸 黒檀スパイク+桜ベースを使用)

ソルボセインを触ってみるとブチルゴムのような粘性とネオプレーンのような復元性、弾性がある。経験したことのない不思議な感触だ。結構ずっしりしていて比重を計算すると1.3ほどある。元は人工筋肉として医療分野で使われているものらしい。オーディオ以外でもPCや家電製品の振動対策に広く使えると思う。欠点としてはブチルほどではないが濡れたような感じでネットリしており、ホコリが付きやすく、また床や機器に色がこびりつくことがあるらしい。汚れを気にする場所では他の素材を挟むか、ラッピングして使用するといい。今回はスタンド側を直に敷き、床側は購入時のラッピングのままとした。

robertohouse│コメント(0) 

2018年07月10日

D284871D-ACA4-4385-99DC-1B2C8CD7454E FullSizeRender

RME ADI-2PRO中心のシステムにミズナガ・プリアンプを融合すべく、いろいろなセッティングを試している。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年07月01日

331D1891-5AF8-4498-9B98-F07FD56B13F1

こうなることはある程度予想していたが...いつもだんだん密閉に近づいていく...
ダクトにフェルトを詰め込んでいくと、低域~中低域のモヤモヤ感、余分な音、箱の中で鳴ってる感が少なくなり、ビシッと締まってきた。
続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年06月25日

5573DD2A-CE7E-4BDA-8226-10ADCC75B4FB

ウーハー換装の次は、細かいところを弄り始めた。 
続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年06月19日

1C03A1C9-8261-4A09-950C-F03D70AA76F3 IMG_6438 F8AFF72C-00B4-460E-BAA8-F6FE48F37981

①コイル無し ②1.7mH ③2.7mH (いずれもウーハーのみ、軸上50cm)

2206Hに交換してから最初の測定。中高域は割と素直で、コイル無しでも大きなピークはない。500Hz付近の山は距離を離せば目立たなくなる。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年06月11日

IMG_3570

新ウーハーはJBL 2206H に決定!

ステージモニター等で広く使われるプロ用のユニットで、口径に比べてアンバランスに見えるほど巨大なマグネットが目を引く。

4312系に使われる2213(123A)とは迷ったが、強力なLE85+2344とのバランスを考えると、パワー不足になる気がした。
また、2206Hは不人気なのか?中古が驚くほど安く出たので飛びついてしまった(^^;  続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2018年06月05日

2729A96A-8708-4DEB-96C0-278B6CCD65A8

かねてより計画していたダイヤフラム交換を実行!

元々付いていたのがJBL純正なのか互換品なのか不明で、どれだけ使用されているのかもわからない。
アルミエッジは金属疲労で劣化するし、周波数特性を測定すると左右で少し違いもあるので、不具合はなくても交換が望ましい。
いろいろ調べてRADIANのJBL互換ダイヤフラムを選択。マイラーエッジとヘラ絞りの振動板で高調波歪が少ないという。さて結果は? 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 水辺の散歩
    • 水辺の散歩
    • 水辺の散歩
    • 水辺の散歩
    • 水辺の散歩
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • 強風中の強行
    • プリンスの弾き語り
    • オールドレンズ散歩
    • 久々に海へ
    • 久々に海へ
    • 久々に海へ
    • 久々に海へ
    • 久々に海へ
    • 夕空
    • 夕空
    • 夕空
    • 昇圧トランス 
    • くるみの森 空撮
    • レコード vs CD
    • パワーアンプの入力ボリュウムを改造
    • パワーアンプの入力ボリュウムを改造
    • オールドレンズ散歩
    • オールドレンズ散歩
    • オールドレンズ散歩
    • オールドレンズ散歩
    • アナログ回帰
    • ortofon SPU#1S
    • アトリエ外壁改修-7
    • 富山の魚介づくし
    • アトリエ外壁改修-6
    • カンビュセスの籤
    • パナソニックもフルサイズ化?
    • ダイアフラムを戻す