オーディオ 2011~2015

2015年12月05日

お客様から教わりました^^;

中島みゆき 組曲 ~ ライカM4
「こいつが撮るのはレンズの手前 カメラマンの涙だけ」

いつもみゆきを撮っているタムジンさんがM4使ってたのかもなあ...  





robertohouse│コメント(0) 

2015年10月10日

image

Bose SoundLink Mini II
これがなかなか便利です。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2015年10月06日

image


アリアナさんのレザーバッグ展に寄って、ちょっとしたアクセサリーを買ったり帽子を注文したりした。

でももっと惹かれたのが、ギャラリーで鳴っていたビクターの電蓄^^; 音源はスマートフォンだけど素晴らしく暖かい音。
5バンドイコライザやチューナーのアナログ表示も素敵。コントロールパネルのデザインや突板の美しさにも惚れぼれ。現代オーディオが失ったものがここにあると思った。

リビングで聴くならこういう低域優位の柔らかい音がいい。自分のスピーカーもなるべくそういう方向でチューンしてきたけど、もうちょっと遊んでみようかな?
それにはフルレンジでは限界があり、2way化したほうがいい気がする。alpair10の低域を活かして、なるべく低いクロスで行くか!
ミッド~ハイは8cmコーン型を使うのも面白そうだ。ローパスは9mHのカットコアコイルで130Hzあたり、インピーダンス補正もしっかり行う。
ミッド~ハイの背面キャビティは貫通型のパイプに吸音材を詰めて200Hzから自然減衰、ハイパスフィルターを排除...これでスムースにつながる気がする...
また妄想で終わるかもしれないけど^^;


robertohouse│コメント(0) 

2015年09月25日

l_ts_yamahans11
 news_150924_yamaha_ns5000_02-thumb-240xauto-77806 news_150924_yamaha_ns5000_03-thumb-240xauto-77807 ts_yamahans06 
ts_yamahans07 ts_yamahans05


ヤマハ本格ハイファイスピーカーNS-5000を2016年7月に発売
新しいのに懐かしい?――ヤマハの新フラグシップスピーカー「NS-5000」

オーディオ界に久々に良いニュース。

外観は1980年代ジャパンテイストで超オーソドックスだが、ユニットは新素材ZYLONを使用した新開発、エンクロージャー内部にも新機軸が見られる。ヤマハらしい高剛性エンクロージャーに美しいピアノ塗装。ネットワークも大型のコアコイルなど金がかかっている。あらゆる部分において妥協しない姿勢で、3wayの振動板素材を統一したところなど開発者の執念を感じる。NS時代の技術者や生産ラインはもうほとんど残っていないだろうし、この時代によくやったなあと思う。海外ハイエンドに比べれば150万円は高くない、かも^^; 個人的には、ヤマハならバスレフじゃなくて密閉型でしょ!とは思うが。



robertohouse│コメント(8) 

2015年08月17日

image  image

カートリッジを8年ほど使ったDL103からテクニカのAT-F7に替えました。低域はビシッと締まり、中高域はやや派手めですが現代的な音で解像度が高く、情報量はDL103よりずっと多い感じです。DL103はどっしり落ち着いた音で悪くないのですが、AT-F3のほうが現代的でHi-Fiな感じ。コストパフォーマンスは高いと思います。カートリッジを替えるのはオーディオ遊びでもスピーカー交換に次ぐ最大級の変化ですよね。

以前に投稿したLCRネットワークによるインピーダンス補正もなかなか良い気がしますが、これについてはじっくり追試をします。
 
     

robertohouse│コメント(4) 

2015年08月02日

image

懸案だった低域インピーダンス補正回路をようやく製作。といっても30分とかからない。fsをフラットにすることで起電力をショートし、アンプの動作が変わる、らしい。DFの低い真空管アンプでは量感が減る可能性もある。効果絶大という人もいるし、トンデモ理論だという人もいる。少なくともパッシブイコライザーの効きが正確になることは間違いない。フルレンジユニットでこれをやってる人は見たことがないので楽しみ。



robertohouse│コメント(0) 

2015年08月01日

image

メロディー・ガルドーが大好きで、UKよりアナログ盤も入手したらなんと45回転でびっくり。
 低域はCDの方がキレるけれど、中高域の艶感はアナログの勝ち。ffで少し歪むのはカートリッジの劣化かも?
DENON DL103も8年くらい使っているから、そろそろ替えないといけない。 どうせなら違う機種がいいなあ。

    

     

robertohouse│コメント(0) 

2015年05月12日

alpair10-80 11155063_732322483554861_192112866457306801_o

Fsは箱に入れた状態の数値を入れるんだな...昨日は間違ってました。インピーダンスを実測する環境はないが、概算で80~90Hzあたりだろう。共振点を抑えこむので、低DFの真空管アンプの場合は低音の量感が減るかもしれない。質は向上しそうだが...素子の値はこれくらいなら現実的。Cはバイポーラ型も入手できそう。Lはとりあえず手持ちのものでテストしてみるか。

あまりにも忙しくてなかなか出来そうにないのだが... 



robertohouse│コメント(0) 

2015年05月11日

2 2R

久々のオーディオネタ。
某オーディオコミュニティで 、低域のインピーダンス補正について話題になった。fsでのインピーダンス上昇をキャンセルして逆起電力を抑え、特に密閉型ではリニアリティの改善に大きな効果があるという。
ウーハーの高域側やツイーターの低域側のインピーダンス補正は珍しくなく、ハイパス、ローパスフィルターを適切に効かせるために入れる。しかしウーハー最低域のインピーダンス補正については全く知らなかった。メーカー製のスピーカーでもほとんど採用されていないと思う。フィルターとは無関係なので、ウーハーでもフルレンジでも同じ効果があるだろう。

 markaudio alpair10についてExcelで計算してみた。左がメーカー公称値からの計算、右がWEB上で見つけた実測値で、結果はかなり違う。
ぜひ試してみたいと思うのだが、CとLが巨大でコストもかかりそう。Cは電解コンを使うしかなさそうだ。Lはコア入りになるが種類は限られる。並列に入るのでDCRや歪性能はさほど求められないか?



robertohouse│コメント(4) 

2015年01月30日

69752137    69736573_o1


面白いユニットが出てるな...FE103SOLか...色が綺麗...16Ωもあるのか...真空管向きだな...
リビングのスピーカーAlpair10も低音がすごく出て良いのだが、ちょっと飽きてきたし、高能率型に未練もあるしな...しばらく離れてるから、情報集めなきゃ。


※2016.2現在、もう製造中止か...と思ったらFE108solが出てる!!しかし値段が高い...1本2万円超えか...ノーマルFE103Enも悪くないけどね。

 



robertohouse│コメント(6) 

2014年12月31日

image image

image image

30年前、中学生の頃に毎週オールナイトニッポン聴いてました。なみふく会員だったしライブも何回行ったか!
歌詞を間違えないかハラハラした(^^;;序盤は緊張で上ずっていたけど2ndから終盤にかけては圧巻。エリー泣いてる( ´ ▽ ` )


robertohouse│コメント(0) 

2014年11月14日

DSC_9105_800

騙し騙し使ってきたが...およそ四半世紀もの間、ありがとう...きっとソニータイマーが故障していたのだろう。
低音が緩めで暖かみのあるアナログ的な?音を結構気に入っていた。チェック用、BGMなどに活躍し、稼働時間はこれが一番長かったかもしれない。




robertohouse│コメント(0) 

2014年11月13日

DSC_9107 1_640

久々にオーディオネタ。 anoを新セッティングで復活させてみることにした。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2014年10月30日

397528_638494166271027_4964443179845792103_n

ジャケット等のデザインは最高にお洒落。さっそく聴いてみるが、うーん、音楽としては、前作REDのほうが数倍好き。アレンジが変わってきてるなあ。もはやカントリー歌手ではないような。何度か聴くと印象が変わってくることもあるけれど。


       

robertohouse│コメント(2) 

2014年09月22日

1782349_618310468289397_6952178281312488427_o_640

ちょっと変わったマガジンラックを購入。材料は安価なファルカタ材のようだがトメ加工で強度も十分にあって2500円。これをスピーカーのエンクロージャーに使えないか?バッフルだけ自作して組み付けて後面開放箱。古いフルレンジ1発で薄い箱を鳴らす。これの小型バージョンもあり、並べると見た目も面白いかも。箱状のものを見るとつい妄想してしまう癖がある^^;



robertohouse│コメント(6) 

2014年09月19日

46_640

1年ぶりくらいに?CDを購入!
 
デビュー当時から知ってはいたけどそれほど注目はしてなかった。しかし偶然見たアコースティック・ライブにノックアウトされた。なんと美しい歌声、耳と体に残るメロディとリズム、カントリーとポップの絶妙な融合。アットホームで素朴な演奏からド派手なショウまで完璧にこなす。ハード系からキュート系まで曲ごとに歌い方からファッションもメイクもがらりと変わり、これがエンターテイナーというものかと思った。

youtubeのビデオクリップをずっとiphone→bluetooth経由で聴いていて、CDも欲しくなった。
レンタルも考えたけど無料でこんなに楽しませてもらったのだから買うべきだと判断^^; テイラー最高!  


     

robertohouse│コメント(2) 

2014年09月10日

image

ヘッドホンが断線してしまい、KOSS PORTAPRO CLASSIC というロングセラーなポータブル・オープン型 を購入。
これが4000円台なんだけど侮れない!!   続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2014年08月26日

キャプチャ1



bellamiにもちょっと飽きてきたところ、こんなのあったらいいなあと思ってた物が出てた。iphoneのスピーカー音をホーンで増幅する、完全パッシブ型!!CHINONって罪な会社(^^;; ていうか何屋さんなんだろう...






robertohouse│コメント(5) 

2014年07月03日

ダウンロード

自宅のTVに導入。

Youtubeなどのストリーミングをwifi経由でTVに写すデバイスで、思ったより画質が良くて十分鑑賞に耐える。HD動画ならTV番組とそう遜色ない。僕は主に海外のライブ番組をBGMにするのが目的だが家族全員がいろいろ使えて便利だ。

chromecastはスマホの画面をそのままミラーリングするような仕組みではない。iphone内に保存した動画の再生もできない。TVのHDMI端子に装着したchromecast本体がwifiを通じて直接インターネットに接続して再生している。iphoneやipadは検索して指令を出すだけのリモコンのようなイメージ。TVで再生中にiphoneは他の作業ができるし電源を切ればバッテリーも消耗しない。まだアプリが少なくYoutubeくらいしか使えないが、オープンにされているので今後の発展が期待できる。余談だがデジタルカメラはこういうデバイスを内蔵すべきじゃないかなあ。10万、20万もする機械がいまどきネットに接続できないなんてね。 

現在、amazonから欠品?!
他にもいろいろなデバイスが出てますが一長一短のようですね。使い方に応じて選ぶといいと思います。



robertohouse│コメント(2) 

2014年06月11日

image

Bluetoothミュージックレシーバーなるものを家のオーディオに導入。と言っても簡単なもので、無線で受けてアナログライン出力を取り出すDACだ。サイズは6cm角で価格は驚くほど安い。使い方はプリアンプに接続するだけ。iPhoneは自動的に検索・認識してくれた。これでリビングでiPhoneやiPadを使いながらネットラジオやyoutubeの音楽が聴ける。便利過ぎてますますCDは使わなくなるなあ。やってみるとわかるけどLINE INとは使い勝手がまるで違う。ただし音はBGMとしてはまあ使えるかなというレベルか。古いオーディオもワイヤレス化で生き返るのでオススメです。
 




robertohouse│コメント(4) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • 景観広告とやま賞
    • 景観広告とやま賞
    • 景観広告とやま賞
    • 景観広告とやま賞
    • 散歩
    • 散歩
    • 散歩
    • シグマfpが1位
    • シグマfpが1位
    • シグマfpが1位
    • シグマfpが1位
    • 天板取り外し式
    • AirPods Pro
    • アトリエオーディオ復活へ?
    • 首里城
    • 首里城
    • HR邸 竣工写真撮影
    • HR邸 竣工写真撮影
    • シグマfp発売
    • シグマfp発売
    • 散歩
    • アンプ比較
    • 48dB/oct
    • 48dB/oct
    • 48dB/oct
    • マルチアンプ始動 QSC PLD4.2 ファーストインプレ
    • 台風19号
    • 台風19号
    • 台風19号
    • 未知の領域へ
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸 竣工写真撮影
    • KD邸 竣工写真撮影
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー