アニメとサブカル

2016年04月12日

image image
各話が1本の映画になりそうなくらいに素晴らしいので一気に読むのが勿体無く、ゆっくりと週に1話くらいのペースで読んでいる。港町の弁当屋で働く元風俗嬢ちひろさんを中心に描かれる悲喜交交の人間模様。シンプルに削ぎ落とされ詩情あふれる絵もいい。平凡で静かな街の風景が深く心に残り、自分もそこに住んでいるような気持ちになる。一通りのお店や施設はあるけれどコンパクトな海辺の街、富山県でいえば氷見や黒部あたりだろうか。風俗現役時代の作品 ちひろの後日譚のような設定だが、 僕はちひろを読んでいない。この街の人々のように、ちひろさんの過去を詳しく知らないほうが正しい読み方のような気さえする。今夜あたり、ちひろさんに会いに行こう。

robertohouse│コメント(0) 

2016年03月27日

image

映画「金沢シャッターガール」が出演者を公募中
 
カメラ趣味絡みで東京シャッターガール 1を 読んだが、正直、この映画作品には期待していない。
しかし富山の隣にある金沢を舞台にした、声を大にして言いたい、素晴らしい作品がある。
菊池桃子は「可愛い!」の一言で高校生の頃にファンだったけど、斉藤由貴は全く違う意味で、その人間そのものに傾倒した時期があった。これから少しずつそんなオタク話をするかもしれない(^^;;) 初期の主演作品である「恋する女たち」は金沢を舞台に、甘酸っぱ辛い青春にタイムスリップできる珠玉の名作だ。富山の高校生にとって金沢はちょっぴり都会だった。東尋坊でお茶会をしてしまう多感な女子高生がいそうな雰囲気が、かつての金沢にはあった。

robertohouse│コメント(0) 

2016年03月25日

現代社会の闇をリアルに描いた民俗資料として歴史に残るのではないかと高く評価している闇金ウシジマくんの最新巻。 前巻からの「ヤクザくん」編はスーパーバイオレンスヒーローものになってしまった。 主人公はあくまで金融屋であって、いくら強くてもその一線を超えてはならないと思うのだが。しかしそれに続く「逃亡くん」編では舞台を沖縄に移し、あの殺伐として虚しくてかつリアルな空気感が戻ってきた。 もう終わりが近いのかもな、と感じさせる展開も。

robertohouse│コメント(0) 

2016年03月17日

image  image
最高です。第1話から引き込まれた。まずキャラがいい。全ての話が深い。絵も無駄がなく独特の間と空気感がいい。
こういう海辺の小さな街に住むのが昔からの夢だ。


robertohouse│コメント(0) 

2016年02月29日



robertohouse│コメント(0) 

2016年02月28日

image

   
マイブームのiPad miniでコミックス、今回は「機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画」。

これは超お薦めの名作。ソロモンからア・バオア・クーの激戦の頃に、ジオン本国でこんなことが起こっていたとは!第一級のミステリーとして文句なしに楽しめるし、後付けの作品なのにガンダム世界における「史実」の奥深さを補完してくれる。しっかり伏線を張る脚本が抜群で作画も良く、終盤のモビルスーツ戦も素晴らしい。作画は「光芒のア・バオア・クー」のArk Performance。作品を全部読みたくなる!

robertohouse│コメント(0) 

2016年02月20日

 

マイブームのiPadminiでコミック。 アニメのZガンダムは新訳映画版しか観ておらず詳細を知らないので読んでみようと思った。
絵は本編キャラクターデザインの北爪宏幸さんだから問題ないはずだけど、ORIGINを読んだ後では厳しい…安彦良和さんの漫画の技量が凄すぎるのだろう。
ガンダムORIGINが独立した漫画作品として成立しているのに対して、こちらはアニメのコミカライズ版という感じか。そういう目で見ればさらっとおさらい出来て悪くない。

robertohouse│コメント(0) 

2016年02月18日

「わたしを離さないで」は最も衝撃を受けた映画のひとつ。

臓器移植のドナーとして育てられる子供たちの成長と苦悩を描くシリアスなSF。 NAHOが原作を読んでいて映画以上に面白いらしい。
脚本、演出、音楽まで隙がなく本当に素晴らしい作品だが、中でも役者の演技があまりにも素晴らしく哀しく、心に刺さりすぎてもう一度観るには勇気がいる。

なんと日本を舞台にしてドラマ化されたというが、綾瀬はるか、大丈夫か^^; 


     

robertohouse│コメント(2) 

2016年02月15日

image   


機動戦士ガンダム 光芒のア・バオア・クー /Ark Performance

これはめちゃくちゃ面白い。
1年戦争最後の決戦場としてあまりにも有名なア・バオア・クーにおける、主にジオンの一般兵の視点から描かれた外伝的なオムニバス作品。
学徒兵が白い悪魔に出会ってしまったときの恐怖感がリアルだ。ジオン兵にとってガンダムとはヒーローではなく、出会ってはならない恐ろしい敵なのである。
ガンダム世界の根幹をなす、正しい者などいない戦争をリアルに描いた佳作。作画のクオリティもかなりのものだ。







robertohouse│コメント(0) 

2016年02月09日

image image   

最近、iPadminiで時々マンガ読みます。この20年マンガなんてほとんど読まなかったのに...

それにしても安彦良和さん、絵上手すぎ。脳内で完璧に声優が喋ってくれる^^;
時々あるカラーページが秀逸で、これはkindlePaperWhiteでは見られないのでiPadの恩恵あり!
iPadminiの画面はコミック単行本とほとんど同じサイズで解像度も適切なので読みやすい。フルサイズのiPadでは画質が少し粗く感じる。
kindle版は場所も取らないし、ピンチアウトで拡大もできるので、紙のコミックより楽しめる気がします。





robertohouse│コメント(0) 

2016年01月13日

image     


久々にガンダムの話。

「逆襲のシャア」は世界最高の映画だ。僕にとってはすべてのガンダムはこの作品のための参考資料である(笑)これほど完璧にシリアスでダイナミックで緊張感のある物語は無いと思う。定期的にDVDで観るのだが、その前に幾つかの作品を観て、気持ちの下準備を微調整することで何度でも同じレベルで楽しんでいる(笑)
もちろん「ガンダムUC」も我ら1st世代を直撃する名作だ。最新技術により、ガンダム世界を壊さずに拡張する。作画も素晴らしい。特にエピソード1~3は”神”作品と言って良い。そしてこの2作を繋ぐ漫画作品があることを知り、kindle版を読んでみた。内容は「逆襲のシャア」の戦いの直後、連邦政府によるブライト・ノアへの尋問と回想である。ファーストからZ、ZZ、逆シャア、そしてUCへ流れを一気に見る総集編と言っても良い。宇宙世紀が好きなら必見。ガンダム世界をひと通り知る人ならモヤモヤしていたものがすうっとするだろう。個人的には、ジェダイとフォースよりニュータイプと人類の革新の方が遥かに複雑で崇高な理念だと思う。
 





robertohouse│コメント(0) 

2016年01月07日

image

ガンダムユニコーンのNT-Dモードか!
宇宙空間を疾駆しバルカン連射したり特務パーツとドッキングしたりする。
音楽も無駄に超壮大で決戦感に溢れている。こりゃ絶対狙ってるよね(^^;

さて中身の方は、カメラとしての究極の基本性能を目指した、ロングセラー名機の予感あり。
スペックはリトルD5と言える。これぞまさにプロ用一眼レフ!ミラーレス機とは格が違うという感じだ。
画面いっぱいのAFエリア、超高速、超高感度、薄型モノコックボディ、個人的にはフルサイズ並みの倍率を実現したファインダーに注目する。
様々な状況で速く正確に撮るには、フルサイズにこだわらなければ、Nikon D500 は最高のカメラじゃないかな?
そういう圧倒的な戦闘力は、この動画でよく表現されていると思う。APS-C機に興味ないのに、無駄に欲しくなる(^^;;

  


robertohouse│コメント(0) 

2016年01月04日

image

久々に父娘でサブカル聖地へ、オタな散策(^^;;




robertohouse│コメント(0) 

2015年01月09日

image






robertohouse│コメント(0) 

2014年11月10日

IMG_8275_640
サンライズにいる友人が社用車の写真を見せてくれた。
シャア専用オーリスも凄いが、こいつは激レアだ! 
カーナビはシャア仕様らしいけど、「過ちを気に病む必要はない、ただ認めて次の糧にすればいい。それが大人の特権だ」とか言ってくれたらいいのに。 





robertohouse│コメント(2) 

2014年08月25日



僕は基本的に宇宙世紀以外の作品は観ないのだが、この10分間映像にちょっと引き込まれた。戦闘シーンは手描きのようで、キャラクターデザインや音楽などがとても丁寧で好感が持てるし、00やSEEDのようなオタク系にも属さないと思われる。頭を切り替えて観ることが出来れば、新世代の「面白いガンダム」になるかもしれない!





robertohouse│コメント(0) 

2014年06月15日

image image

1983年の作品、幻魔大戦。プロローグから1時間は神レベル。新宿や吉祥寺やNYの街描写に感動し、物語の無限のスケールを感じさせる映像美に圧倒された。セルアニメの最高峰と言えるだろう。しかしこれを作品として成立させるには6時間くらい必要だった。導入部に時間を使うのはいいが、クライマックスが急過ぎて2時間の劇場作品に押し込むのは無理がある。尺の使い方を間違えた感はあり、何か事情があったのではないかと思う。駄作という評価はそこにあるのだろう。中1(精神年齢は小4)の自分が劇場へ行ったのに理解できず全く覚えていないのも無理はない(笑)  しかしこの映像美だけでも価値はある。圧倒的に美しくてお洒落である。あれからアニメーションはほとんど進歩していないし、CGの普及はむしろ退化とも言える。現代のアニメクリエイター全員に知って欲しい作品だ。








robertohouse│コメント(2) 

2014年06月13日




幻魔大戦。

当時中学1年?エマーソンとローズマリー・バトラーの音楽に乗せたカッコ良すぎるテレビCMにノックアウトされて劇場に行ったのだが、まるでストーリーを覚えてない。何がなんだかわからなくて期待はずれだったような記憶だけがある。しかしだ。 このキャラクターセンス、作画、動きのレベルはどうだ!大友克洋ヤヴァイ!そして超豪華な声優陣。アムロとアラレちゃんとメーテルとララア。まさに当時のエース級揃い踏み。猛烈に観たくなってきた...今ならわかるかもしれない...30年の時を越えて、もう一度騙されてみるか...

robertohouse│コメント(2) 

2014年06月10日

image

1年も待った、、、Ep.1からもう足掛け4年になるのか、、、バナージ役の若い声優さんは声質の変化に対応するのが大変だったとか。

ツッコミどころはたくさんあるけれど、宇宙世紀ガンダムの総括として大いに楽しんだ。大好きな「逆襲のシャア」の後日譚としても、その価値をさらに高めてくれた気がする。作品全体を通して大人の格調があり、特に声優陣の演技が素晴らしく、作画もCGにあまり頼らず丁寧。1st世代を直撃する、このような大作を作ってくれたスタッフ全員に御礼を言いたい。 ありがとう、お疲れ様でした。







robertohouse│コメント(0) 

2014年04月07日

image

一家でTV版にハマり、ついに原作を大人買い。素人のような絵に抵抗があったのだが、この狂ったデッサンが巨人の描写に生きてるんだなと思った。骨太な物語と絵のギャップが非日常感を増しグロさを和らげフィクションとしての格調を保っている。一種のヒーローものではあるのだが、善と悪の戦いではない。主人公達がどんどん強くなったり新兵器や魔法が次々登場したりすることもない、あくまで生身の弱い人間の内省的な物語。ニコニコ笑顔で人間を喰う巨人は、毎日悪気もなく肉を喰う我々人間そのものだと感じた。今後、人のもつ残虐な業が明らかにされていくのだろう。アニメ版の作画と動きは素晴らしいが、コミックも歴史に残る名作と言えるだろう。


robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
















    ギャラリー
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • ホルモン煮込み
    • ホルモン煮込み
    • ホルモン煮込み
    • 学習机を解体
    • 学習机を解体
    • 学習机を解体
    • ニコマートFTN
    • ニコマートFTN
    • ニコマートFTN
    • ニコマートFTN
    • 激安アンコウ
    • 激安アンコウ
    • 激安アンコウ
    • 激安アンコウ
    • 激安アンコウ
    • サムズアップを削る
    • サムズアップを削る
    • カニ爪レンズ
    • 親指グリップ
    • 卒業
    • 卒業
    • 卒業
    • 卒業
    • 富山のSD邸
    • 富山のSD邸
    • 富山のSD邸
    • 沖シジミと能登牡蠣のパエリア
    • 沖シジミと能登牡蠣のパエリア
    • ニコンFM+35mm
    • 牡蠣のグラタン
    • 牡蠣のグラタン
    • 牡蠣のグラタン
    • 健康診断
    • ニコンFM
    • 実物大ユニコーン!
    • 初物
    • 初物
    • 初物