エンターテイメント

2020年11月11日

スクリーンショット 2020-11-11 23.03.26   

ペリリュー 楽園のゲルニカ


1巻で早くも組織的戦闘が終わり、3巻で守備隊本部が玉砕。なのに9巻まで出ている?
ほんわかした可愛らしい絵柄であっても、いやだからこそ緊迫感がもの凄くて辛く悲しい。やりきれない。ミリオタの端くれなので結末も想像がつく。
でも、読まなくちゃいけないと思わせる何か、人はなぜ生きるのか、人間の本質を問う何かがある。ただいま7巻。止まらない。

robertohouse│コメント(0) 

2020年06月01日

キャプチャ


銭ゲバは面白かった。70年代の時代感が色濃く、今では難しいような過激な描写もあるが、圧倒的なエネルギーを感じる。
全体的に豊かで安全になった現代にも、この作品の核心はそのまま存在しているように思う。

robertohouse│コメント(0) 

2020年05月13日

942100F6-7589-458B-8BAC-73F6F2E3DB20

昨夜DEAD ENDを聴いたところだった。虫の知らせか。

小学2年で姉に連れられてコンサートに行った時のことをよく覚えている。英語歌詞をカタカナで覚えて歌ったりもしていた。
ゴダイゴは当時はアイドル的な売り出し方もされたが、今聞いても全く古さを感じさせない、超本格派バンドだ。
中でも2ndアルバムDEAD ENDは至高の名作。浅野さんのギターもカッコいい。今夜もリピートして合掌。

robertohouse│コメント(0) 

2020年05月04日

DCEC872B-7E82-4503-AA05-CB95ABCB3552

ハコヅメ〜交番女子の逆襲

いま一番楽しみにしていて、過去に読んだ漫画の中でも10本の指に入る作品。 作者は元女性警官。自らの体験を元にしていて絵もかわいくて、何より脚本家として一流。 ギャグとリアルを往復しながら、巻を追うごとにパワーアップ。最新12巻はこの作品の裏の(真の)テーマを一気に回収する。これで終わってもいいと思えるほど感動するクライマックスだが、すぐに安定のギャグに戻り、続きそうで安心(笑)

1巻も紹介したけれど、まさかここまで面白くなるとは想像出来なかった。これほどのクオリティで、2か月の1巻のペースで描けることが信じられない。超超お薦め。

robertohouse│コメント(0) 

2020年04月22日

キャプチャ

密です3D-密集団を解散せよ (PC用)


ゲームは全くやらないんだけど、これはセンスが素晴らしい!! 動画見て爆笑してしまいました。
都知事になって「密です!」と集団を解散させるだけのゲーム。やってみると結構難しい。空を飛んで密を探す時が気持ちいいです(笑)






robertohouse│コメント(0) 

2020年04月11日

6a540e17 97b86d8f


30年前、大林映画の素晴らしさや写真の楽しさを教えてくれた大学の友人さんちゃんは、そのあと本当に大林映画の撮影と編集を手がけるようになった。
さんちゃんの話では、監督はガンで余命3か月と宣告されて、病院にいると弱ってしまうのに、映画の現場に出ることで驚くほど元気になっていたそうだ。

多感な20歳頃に大林映画の影響は大きく、尾道に何度も通った。合掌。

robertohouse│コメント(0) 

2020年04月03日



最近ハマっているのがこのジャンル。仕事や料理や読書など「ながら聴き」に良し、深夜にまったりするに良し。続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2020年02月29日



家族で絵本にじいろのさかな の話題になって思い出したのが、ねじめ正一との伝説の名勝負。
双方死力を尽くした手に汗握る激闘。企画も構成も知性に溢れていて、テレビに力があった最後の時代かなと思う。
また読みたくなって、自選 谷川俊太郎詩集 を注文した^ ^ 

robertohouse│コメント(0) 

2020年02月24日

74E00705-052F-4621-9230-FB9AEC5EE586  15D64240-F2F8-4981-AE78-AD3DA25F4D85

ドキュメンタリー映画 「2人のエスコバル」が面白かった。今のところAmazon等には見つからず、DAZNでしか観られないようだ。

あの事件の起きたワールドカップの5年前、1989年に国立競技場で観たトヨタカップを思い出す。当時最強の名を欲しいままにしたACミランと互角に戦った南米王者が「ナシオナル・メデジン」だった。フランシスコ・マツラナ監督は見事なチームを作ってきた。CBアンドレス・エスコバルと、異能のGKレネ・イギータを中心とした超ハイライン守備で、アリゴ・サッキ監督による世界最先端のプレッシングサッカーと真っ向勝負を挑んだ。まるで鏡で映したかのように似たチームが、バスケットボールのコートほどのコンパクトな陣形を保ったままスライドしていく。これはサッカーなのか?何か別のスポーツではないのか?それほど衝撃的だった。

ファンバステンやバレージらスター選手を揃えたACミランはともかく、ブラジルでもアルゼンチンでもなく、コロンビアになぜこんな凄いクラブが出来たのか、そしてなぜ代表が急に強くなったのか、このドキュメンタリーを観てよくわかった。コロンビア・サッカーの奇跡のような発展には、麻薬王パブロ・エスコバルが深く関係していた。そして模範的な名選手アンドレス・エスコバルの悲劇に繋がっていく過程が、生々しい映像と監督や選手、服役囚らの証言によって明らかにされる。パブロは利己的で凶悪な犯罪者だが、サッカーを愛し、コロンビアサッカーを強くしたことも事実だった。あの時にパブロが生きていれば、アンドレスも命を落とすことはなかったかもしれない。2人の死後、コロンビアサッカーは長く低迷し、ハメス・ロドリゲスらを擁して復活するまでに20年近くを要することになる。

robertohouse│コメント(0) 

2020年02月08日



映画版がTV初放送されたけど、原作コミックの方が面白かったかな(未完なのが残念)。

いずれにしても楽しめるか否かは関東住まいの経験次第。これがもしも関西だったら自分はピンとこないと思う…埼玉に該当するのはどこだろう?奈良も京都も長い歴史があるし滋賀や和歌山は大都市じゃない、兵庫は神奈川ポジションっぽいし、大阪を中心とするのもどこか違和感がある。東京を含む関東全体が元はド田舎で歴史とアイデンティティが希薄で、近世に作られた経済都市であることを皆が心の底で自覚しているからこそ、こうして笑い飛ばせるのかもしれないと思った。





robertohouse│コメント(0) 

2020年01月04日

A902E710-62BA-4F00-91DC-2B6FD7D7F255     

正月に何本か映画を観て、最高に面白かったのがパプリカ。存在を知ってはいたけど、今まで観てなかったことを後悔…

これは「夢の映像化」にチャレンジした作品であり、人によって評価は分かれると思う。夢に対する感覚は個人差が大きいかもしれない。自分は子供の頃からとてもリアルに夢を見る。現実世界の知人から有名人まで様々な役柄で脈絡なく登場し、次々と場面が切り替わっていく。もちろんオールカラーで、冒険や人間ドラマがあり、笑い怒り悲しみ涙を流す。自分が作る物語を自分が演じる不思議。似た夢を何度も見るし、目が覚めたと思ったらそれがまだ夢だったり、後で続きを見ることもよくある。そういうタイプの人なら、この映画はとても楽しめると思う。映像が素晴らしく最初から最後までスピード感に溢れグイグイ引き込まれる。平沢進の音楽もこの世界観にぴったり。2役の林原めぐみ他、声優陣の好演も光る。繰り返し2回観たが、いつかまた、何度でも観たくなると思う。

robertohouse│コメント(0) 

2019年08月05日

FADE09A2-C6C8-4225-ACDA-15D681F15501 20160106045220_512


国民クイズ(上)
国民クイズ(下)

全然知らなかった!こんな凄い漫画があったなんて!!議会制民主主義の次に来るものは何か?荒唐無稽ながら「あるかもしれない」と思わせる、杉元 伶一による設定と脚本、そして加藤伸吉の緻密かつダイナミックな作画が圧倒的。バブル末期の1993年に描かれたディストピアだが風刺レベルでなく現代をも予見しているようで恐ろしくなる。実写映像化どころかアニメ化さえ難しいかもしれない。この世界観を表現するにはとんでもない製作費が掛かり、政治的にスポンサーは付かず、そして何より、主人公K井K一を演じる役者はまず見つからないだろう。その意味で漫画ならではの究極の表現。とても深く面白くハイテンションで一気に読める傑作。超お薦め。




robertohouse│コメント(0) 

2019年04月28日

973DE660-3E90-4069-8058-78339BD97C0C

モンキー・パンチ氏オリジナルの初期作品がどんなものだったのか知りたくて、ルパン三世 1巻をkindleで読んでみた。圧倒的な画力と独特なコマ割りの疾走感、ちょっと捻りの効いたストーリー展開が素晴らしい。50年前の作品であり現代の漫画の作法とはかなり違っていて読みにくいところはあるけど、アニメーション版とは別物の、クールで仄暗い大人向けのルパンが味わえる。 

robertohouse│コメント(0) 

2019年03月18日

512b7bfGoXL

ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1)


面白い!アクションでもミステリーでもなく、交番と刑事課の日常が妙にリアルだと思ったら作者は元警察官だそうです。
シリアスな題材とギャグのバランスが絶妙。セリフが強烈で毎ページ笑えて、一話完結で筋がしっかりしている。
作画やコマ割り、吹き出しは少し独特だけど回を追うごとに上手くなっており、人物全員のキャラが立っていて楽しめます。




robertohouse│コメント(0) 

2019年03月15日

123 113 111

お蔵入りになる前に?!映画ローレライを primeで観た。(UボートK-19レッド・オクトーバーを追え!...潜水艦映画大好き)世間の評価は微妙だし、もしもシリアスな実写戦争映画として観てしまったらツッコミどころ満載だ。しかし最初から最後までガンダム感が凄くて、実写版ガンダムとして観たのでとても面白かった。なんたって原作はガンダムUCの福井晴敏さん(^^) 脇役に至るまでキャストが無駄に豪華で、これがデビュー作となる香椎由宇さんがとても綺麗!戦争の鍵を美少女が握るというのもまさにガンダム的。


robertohouse│コメント(0) 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • M1 Macbook
    • M1 Macbook
    • X
    • プロフェッショナルオーディオ
    • おふろ
    • おふろ
    • WARM AUDIO  EQP-WA
    • WARM AUDIO  EQP-WA
    • ペリリュー
    • 長岡鉄男とは何だったのか?!
    • Pultecチャレンジ
    • コーナー吸音材
    • コーナー吸音材
    • ミズナガ・プリアンプを再稼働
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • .WEリーグ記者会見をみて
    • ルームチューニング
    • ルームチューニング