カメラと写真 2011~

2014年10月21日

IMG_8067_512

前回からの続編。これで完璧!! 続きを読む

robertohouse│コメント(3) 

2014年10月17日

アキバヨドバシで小一時間、いろんなカメラを触ってきた。富山では展示機が少ないので貴重な体験。

★ニコンD750
やはりグリップの深さ(ボディの薄さ)はこれまでのDSLRの常識を超えている。まるでフィルムカメラのような握り心地だ。D600と重量はほとんど同じなのに、ずっと軽く感じる。持ちやすいので握力を使わないからだろう。シャッター音はD810に似ており、D600よりキレは良いが音も少し大きい。上面液晶に露出補正値が表示されるようになったのは良い。D600の大きな不満点がコレだった。ファインダー表示もより見やすくなった。wifi内蔵も便利だ。全体的によく練られておりガンガン使える実用機という感じで好印象だが、画質はD600と大きく変わらないので買い替えるかというと微妙。シャッター交換済みのD600がいい値で売れれば検討には値する。

★ニコンD810
まさにD800が正常進化。2年前にD800を選ばなかった最大の理由のシャッター音が、かなり静かになっている。ショックを感じず、とてもいい音だ。特に静音モードはD600より静粛かもしれない。さすがに高級機だけあってD600より各部の操作性や視認性が良く、すべてが直感的に扱える。基本に忠実な、カメラらしいカメラと言える。重量もさほどではない。通常はこんな画素数は不要だが、圧倒的なトリミング耐性があるのでとにかく無理が効く。ローパスレスは本当に魅力的で、特にモノクローム写真のキレはかなり違うはずだ。買い換えるならD750より良いか?問題はこの画質に見合うレンズが必要なことだ!シグマ12-24mmではセンサー能力の1/4も発揮できないだろう...

★ニコン1 V3
超サクサクなレスポンス、外付けグリップの吸い付くようなホールド感は最高。EVFの見えもいいし、EVFの上面形状が縦位置時の左手にぴったりフィットするのはよく考えられている。しかし1型センサー機でこの値段は...AW1は使っていて便利だけど画質はコンデジよりちょっといい程度だから...逆に言えば、画質と値段を気にしなければ最高のカメラだと思った。ててちゃんを追いかけるのにも向いている(笑)

★富士フィルム X-T1
操作性もいいしEVFも及第点、総合的にはミラーレスで一番良いと思うのだが、いまいち惹かれない。質感やグリップ感がいまひとつだった。フルサイズに慣れてくるとAPS-Cで高価なレンズシステムを揃えるのはちょっと抵抗があるなあ。

★富士フィルム X100S
光学ファインダーはとても良いと思うが、デザインがダサくて持った感じがオモチャっぽい。

★富士フィルム X30
EVFが使いやすくバランスは良いが、いまさら1/1.7型センサーでは...以前X10を使っていて、フィルムライクな発色は魅力的なんだけど。

★パナソニック FZ1000
デカっ!!というのが第一印象。ソニーRX10と似たようなサイズなのだがずっと大きく見える。AFは速いし実用性は高いが、一眼レフより大きいボディはちょっとなあ...本当はLX100(≒D-LUX)に興味があったのだが展示機はなかった。

★ソニー α7S
電子シャッターが付いたし、超高感度でDレンジが広くマウントアダプター遊びには最高のガジェットなのだが、このシリーズはやはり家電っぽくてカメラとしてダメ。特にシャッターボタンの位置が悪すぎる。

★シグマ DP1Quattro
斬新なデザインだが、触ってみて「これはないわー」と思った。グリップ感が最悪、というか持てないよコレ。FOVEONセンサーに興味はあるしモノクローム写真には最高だと思うのだが、カメラとしてだめだこりゃ。

★キャノン
無視(笑)



全体的にミラーレスにはまったく食指が動かない。各社頑張っていはいるのだが、やはり永遠に未完成という感じがする。1年で旧式化するのは辛い。高価でも長期的に満足感が持続するカメラが良いと思う。
カメラの評価には、ハコ(ボディ)派とタマ(レンズ)派がいると思うのだが、こうして見ると僕はハコ派なんだと思う。写る結果も重要だけど、それ以上に撮っている時の気分が好きなのだ。撮っていて気持ちが高揚するような、スポーツのようにシューティングを楽しめるカメラがいい。デジタル時代にレンズの描写なんてどれも大差無い(暴論)
ともあれ、D810やD750も良いと思うし、他にものすごく欲しいブツもあるので、大規模な断捨離実行中です。アレもコレも売っちゃったよ~(笑)


robertohouse│コメント(2) 

2014年10月14日

DSC_3663 (1) _1600

県東部に用があったので、ついでに荒れる日本海をシューティング。 続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2014年10月10日

43_800

やはり専用品は良い! そしてひとつ発見が!!続きを読む

robertohouse│コメント(0) 

2014年10月08日

image


robertohouse│コメント(2) 
image

http://robinwong.blogspot.be/2014/10/olympus-mzuiko-40-150mm-f28-pro-lens.html?m=1

これは凄いレンズだな!どの写真も猛烈にシャープだ。7-14mmの登場を待ってMFTを再検討したい。気になるのは、相変わらずフルCG的というか、ちょっと人口的な硬さを感じること。ふわっとした立体感に欠ける。記録としては十分だけどアートにはなりにくい。センサーサイズの限界か。センサーが良すぎてレンズの解像不足や収差が目立つフルサイズ機と対照的と言える。

robertohouse│コメント(2) 

2014年10月07日



こ、このセンスは凄い。
ライカが築いた歴史、写真へのリスペクト。日本は永遠に追いつけない。


robertohouse│コメント(0) 

2014年10月02日

BEAUTIFULLY-SIMPLE-LANDSCAPE_teaser-480x3201972510890
ずっと前になるがライカ社はフォーサーズをやらないと言っていたので、LX100のライカバージョンが出るというニュースに驚いた。さすがライカ、ちょっとしたデザインの処理でまるでイメージが違う。(ずっとコンパクトだったD-LUX4などに比べればもうひとつだが)LUMIXはライカを引き立てるためにわざとカッコ悪くしているようにさえ見える。D-LUX4は3年間愛用した。カメラはやはり美しくないと嫌だ。LUMIXはどんなに高性能でもまったく買う気がしないがライカには惹かれる。

スペック的には、フォーサーズセンサー(実際にはマルチアスペクトで80%程度をクロップ)、明るいレンズ、直感的な操作、wifi内蔵、高性能EVF、、、SONY RX100Ⅲをも超える、コンデジの最終兵器という感じだ。非常に魅力的。 

robertohouse│コメント(0) 

2014年09月30日

DSC_3112_1600

ContaxⅢaにフィルムを詰めてみた。RF機でててを撮るのはかなり大変だけど! 最近はD600のセピアモードがお気に入り。最も淡い色調にセットすると、モノクロームの温黒調に近くなる。特に家の中では背景をすっきり整理できる^^;)アパートのトイレと風呂を暗室にして現像やプリントに熱中していた頃を思い出す。このContaxのように白黒でも美しく見える造形が本物だと思う。建築写真も白黒で撮ってみようかな。

ててを追いかけていると、趣味のカメラはやっぱり35判フルサイズじゃないとダメだなあと思う。たまにAW1やnahoのE420で撮ると絵が硬すぎて面白くない。

robertohouse│コメント(0) 

2014年09月18日



これはいいかも! iphoneがデジカメに変身!APS-CセンサーとF2レンズ!
Lightningで接続するので、ソニーQXシリーズのようなWi-Fi接続は必要ないとのこと。
本当に発売されるといいなあ。超広角バージョンがあれば最高なのだが! 

robertohouse│コメント(2) 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 激安ノートPC
    • Airpulse A200
    • くるみの森
    • 甘エビと沖シジミのパエリヤ
    • テスト開始
    • テスト開始
    • 引越し
    • くるみの森 竣工写真撮影
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • 2344の高域特性から考えるHPF
    • テントファクトリー トンネル2ルームテント
    • 新オーディオルーム始動
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • 北陸オーディオショウ2018
    • ハリルホジッチ解任
    • N Company
    • N Company
    • 巣立ち
    • 巣立ち
    • 金具屋
    • 金具屋