2018年09月04日

40748370_1807501776036921_628790105556910080_n

SOLIDOが1枚1枚、手作業で張り上がっていきます。台風が来る前にどこまで進むかな...

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due | 現場2018

2018年09月03日

40761925_1806427042811061_951693280242827264_n

建築設計dueアトリエ 正面外壁の下地工事が終わり、いよいよ仕上材を貼り始めました。

この春に出たばかりのケイミュー SOLIDO typM_LAPという素材。
サイディングの一種ですが、中まで墨色に染められ、セメント成分の白華現象をそのままにした独特な雰囲気。
スタイリッシュにまとめすぎず、質実でラフな感じを出したい当アトリエには似合うのではないかと。
反りや変色など経年変化のある素材ですが、使い方と納まりのコツも概ね理解できました。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due | 現場2018

2018年08月29日

IMG_6923

ウーハーJBL2206Hの高域インピーダンス補正回路(22μFキャパシタ+8Ω抵抗)を入れて数日。

教科書どおりクロスオーバー以上を正確に落とせてフラットになるのは確かだけど、音楽を聴いてみると低域は重くなり、中域のキレもなくなり良いことがない。
これまでいろんなスピーカーで同じことを体験している。理由はわからないが位相回転か何か?あるいは単にウーハーの中域が出るほうが好みなのか。
2206Hは1kHz以上のピークが少なくスルーでも聴けるほどなので、過度な補正は不要なのかもしれない。
インピーダンス補正はアンプの動作からみても絶対必要という人もいるし、長岡鉄男さんは「必要悪」と言っていた記憶がある。

とにかく何を聴いても我慢できず、補正回路を外したら音が生き返った(^^)




robertohouse │コメント(2) 
音楽とオーディオ 2018 

2018年08月27日

1677B639-026B-4440-B35E-4106CE73CF42

優秀だな(^^) 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 | てて日記

2018年08月25日

2338AA6C-0940-4CB3-B2DF-1DE5F810BA1D 5D0F0B44-8296-4BAC-81C7-C3C70B32F290

【U20WWC】ヤングなでしこ強し!日本がスペインに快勝、U-20女子W杯初優勝を飾る

決勝    日本3-1スペイン    おめでとう日本U-20女子代表!!!

スペインは前半で勝負を決めたかったのか出足が鋭く、俊足ウィングが日本の左サイドを徹底して狙い、球際も激しく65%のポゼッションで日本を押し込んだ。日本は劣勢の中でGKスタンボー華のスーパーセーブなどで耐え続け、遠藤の粘りから宮澤の25mミドルで先制。今回チームでも最高の才能と言われる宮澤が決勝の大舞台で驚異的なゴラッソを決めた。

後半は選手交代もなかったが監督から的確なコーチングがあったのだろう、左サイドを中心に守備を立て直し、前線では植木や宝田が身体を張ってチャンスを伺う。植木のポストプレイから宝田がコンビネーションで突破して難しいシュートを決め追加点。さらに宝田のサイドで巧みなキープからボランチ長野風花がダイレクトシュートで3点目。その後1点を返されるも終盤は余裕の試合運びで観客を沸かせ、攻撃を緩めずに押し切った。

 いやいや素晴らしい!女子で、しかも20歳以下で、こんなに面白い試合ができるんだな!!というのが素直な感想。両チームとも技術が高く、組織化され、互いに弱点を突く高度な戦術の応酬に魅了された。スペインも強かったが、日本は優勝に値するチームだったと思う。技術・戦術はほぼ互角で、固い守備をベースに全員が冷静にハードワークした日本が相手を少し上回った。

今大会の日本は「個のフィジカルで劣るところを組織でカバー」といういつもの言い訳じみたテンプレを覆すチームだった。全てのゴールが、パスワークはもちろんのこと、個の強さを活かした胸のすくような会心の一撃だった。前線の4人(植木、宝田、遠藤、宮澤)は技術だけでなく個のフィジカル、スピード、高さでも欧州勢に負けていない。中央では小柄な林がボールを拾いまくりポゼッションを高めた。そして10番の司令塔、長野風花は初戦こそ不調だったが徐々にチームにフィットし、深い位置から逃げずに鋭い縦パスを供給し続けた。SBは試合ごとに入れ替わり、宮川、北村、高平、牛島が自分の特徴を出せていた。不動のCB南と高橋は抜群のコンビネーションに加えて高さ強さでも負けず、GKスタンボー華は楽々とバーに届くサイズを存分に活かし、まさに守護神となった。 

コーチングスタッフも素晴らしい。池田監督はどの試合でもピッチサイドから大声で具体的な指示を送り、 ハーフタイムでの切り替えも見事だった。GLから様々な選手を使い、トーナメントに勝ち上がるにつれてスタメンは固定されていったが、特定の選手を酷使することなく総合力で乗り切った。JFAは今大会の躍進を上の世代にも繋げ、活かして欲しい。相手が違うとはいえ、今のフル代表より良いサッカーをしていたことは間違いなく、上で通用する選手もいる。来年のワールドカップメンバーに入る選手もいると思う。これからの女子代表に期待したい。




robertohouse │コメント(0) 
サッカーとスポーツ 

2018年08月24日

Z6

Z 6、Z 7が発表され、大きな話題になっている。ニコンがその地位を築いた一眼レフから、ついにミラーレスに舵を切った、歴史的なカメラになると思う。
自分が買うとすれば新しい14-30/4と24-70/4の2本と、オールドレンズを取り付けるアダプターがあれば、完璧なシステムになりそうだ。
グリップの良さやファインダーの見やすさ、耐久性など、機能的にもかなり期待できる。

しかしひとつ問題がある。ニコンはマウント情報を公開しないという。これがソニーα7シリーズとの大きな違いだ。
サードパーティ製の様々なアダプターが出るとしてもかなり遅れるだろうし、精度が低かったり、機能に制限があったりするだろう。
ニコン純正アダプターは当然ニコンFレンズしか使えない。Fマウントはフランジバックが長いのでアダプター重ね技も使えない。
ソニーαの社外アダプターの進化は凄まじく、EOSのレンズがほぼ問題なく使えたり、ライカMレンズをAF化さえしているというのに、ちょっと残念だ。

もうひとつは、レンズの高性能化に寄与する巨大マウントに、小型レンズがまったく似合わないであろうこと。
おそらくライカM,LレンズやツアイスRF、エキザクタ、シネレンズ等の細身なオールドレンズはソニーα以上に似合わないだろう。
これらのアダプターが出るとすれば、レンズに向かって斜めに絞り込むようなデザインにせざるを得ない。ちょっとマウンテンエルマーのような雰囲気だろうか(^^;

そんなことメーカーには関係ない話で、最新の純正レンズで高画質を楽しんでくださいということなのだが...カメラマニアとしては気になるポイントなのだ。


robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 

2018年08月23日

product_05 pic_01



product_08 product_10

ついに出たニコンのフルサイズ・ミラーレス。  メーカーサイト→ ニコンZ6  ニコンZ7

デザインは可もなく不可もなくオーソドックス。ボディ上部にはみ出すような丸型が大口径マウントを強調する。グリップ形状からソニーよりは持ちやすそうだ。ミラーレス化でかなり小型化されてはいるが、レンズはソニー同様、あまり小さくはならない。58mm/f0.95などはまるで望遠レンズのようだ。

耐久性はD850同等と謳われており、55mmという大口径マウントはミラーレスが主力になることを予想させる。これからシステムを揃えるなら、もう光学一眼レフは無いかな?もちろんボディ手ぶれ補正もあり、Fマウントのアダプターも用意される。EVFや背面モニターもかなり高性能になっている。USBで本体充電ができるようになったのは良いが、バッテリー寿命はEVF使用時に310コマとやや不満。

ほぼ予想されていた通りの内容で、ソニーαにまともにぶつけてきたなという印象。カメラとしての出来はソニーを上回るのではないかと思う。ニコンのブランドもあり、ソニーに似てはいるけれど、カメラ好きなら一番手に選ばれそう。当面はかなり品薄になるのではないか。

レンズロードマップを見ると、自分には14-30mm/f4が魅力的。絶妙なズームレンジで建築撮影はこれ1本でいける。他はオールドレンズをアダプターで使えば良いかな。フランジバックが16mmしかないので、1年もすればサードパーティ製アダプターがいろいろ出るだろう。

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 

2018年08月22日

FullSizeRender

西日を強く受けるため、遮熱タイプの透湿防水シート(タイベックシルバー)を新たに施工し、通気層もしっかり確保します。
どれくらい効果があるか、室内側の表面温度のデータを取ろうと思います。
数年前、屋根防水面に遮熱塗装を施したところ室内側表面温度が5度も下がり、空調の効きが大きく改善されました。遮熱技術はどんどん進歩していますね。

robertohouse │コメント(0) 
現場2018 | 建築設計due
lLeica_M10-P_si_002Leica_M10-P_si_003

ライカM10-Pがついに出た!!

ボディが薄くなり、操作系もよりシンプルになり、フィルムライカに近づいたM10に魅力は感じたものの、それだけでは買い換えるほどのインパクトはなかった。
しかし今回登場のM10-Pには「ライカ史上最も静かなシャッター」という驚愕のパワーワードが...
M8から始まったデジタルライカも10年を過ぎて完成度を増し、ついに「ライカになれた」のではないかと...

新たに加わったタッチパネル液晶もシンプルなライカには案外フィットしそうな気がする。
さらに、M10でなぜか省略された電子水準器が復活。これは建築撮影に必須の機能だ。

問題は相変わらず恐ろしい価格だが、4年使ったM-Pがまだ良い値で買取ってもらえるようなので、ちょっと悩んでしまう...


robertohouse │コメント(0) 
LEICA | カメラと写真 2015〜

2018年08月21日

39753000_1788633641257068_3676562206616453120_o

現在のスピーカー・レイアウトはこんな感じ。

何度試しても、部屋に対して軸線をずらしたほうが自然な音場になり、スピーカーからの音離れも良くなるようだ。
これは主に側壁によるミラーイメージの悪影響を低減できるからだろうと思う。普通の並行配置にすると部屋の音に埋没し、音が詰まる感じがする。

ニーチェアXの座り心地は最高で、オットマンも追加した。疲れた深夜に聴き始めると高確率でそのまま寝てしまう(^^;

まだまだ音に不満は多く、スピーカーネットワークの再調整もしたいし、他のダイヤフラムも試してみたい。
DAC、プリアンプ、プレーヤーの接続方法も再検討したいし、パワーアンプのボリューム素子にも手を入れたい。
アナログカートリッジがどれも接触不良やカンチレバーの曲がり、ダンパーの劣化等を起こしているので新調したい。

とりあえず聴ける状態にはなったけど、やるべきことは山積み!そこが楽しいんだけどね(^^)


robertohouse │コメント(0) 
音楽とオーディオ 2018 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • ELMARIT28mm4th
    • ELMARIT28mm4th
    • ELMARIT28mm4th
    • ELMARIT28mm4th
    • ELMARIT28mm4th
    • ELMARIT28mm4th
    • ELMARIT28mm4th
    • ELMARIT28mm4th
    • 夕食
    • マイクロフォーサーズの迷走
    • マイクロフォーサーズの迷走
    • マイクロフォーサーズの迷走
    • チェーン規制
    • コープ・オリンピア
    • N-COMPANY
    • 三崎マグロ希少部位
    • ニルヴァーナ
    • 街にて
    • スーパータクマー
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • ビゾフレックス
    • 久々フットサル
    • オールドレンズフェス
    • オールドレンズフェス
    • オールドレンズフェス
    • オールドレンズフェス
    • オールドレンズフェス