2020年06月01日

00


現存する日本最古のカメラ雑誌「アサヒカメラ」が休刊に1926年4月創刊 "部数低迷、コロナ禍による広告費の激減により"


月刊カメラマンに続き、老舗のアサヒカメラまでが休刊。

コロナの影響や紙媒体の凋落だけではない、広告費に頼りきった業界の構造に問題があったように思う。

機材のレビューに関して、国内メディアの情報の大半がメーカーの意向を汲み、ストーリーをなぞっているように見える。弱点を見せず、他社とのシビアな比較もしない。かつてオーディオ界では長岡鉄男氏が歯に衣着せぬ評価をしていたが、今のオーディオ雑誌はカタログ以上のものではない。これはWEBメディアも同じで、超広角レンズなのに歪曲収差やフリンジが目立たない作例を使い、本当の性能を見えなくしている。しかし海外にはフラットな視点で比較する実証的で「意地悪な」サイトがたくさんある。

最近はMac関連のレビューをよく見るが、国内メディアはカタログスペックやベンチマークの羅列が主流で、評価は主観的な印象論が多い。海外のYoutuberは分解するなどしてカタログに書かれていないことを暴き出してくれる。違いをはっきり示してくれれば、それがコストに見合うかどうかはユーザーが判断できる。今後、自動翻訳技術がさらに向上すれば、世界中の情報がフラットに競争することになる。ユーザーが何を知りたいのか、メディアは何のために存在しているのか、そしてどのようにマネタイズするのか、原点に戻らなければ未来はないだろう。


robertohouse │コメント(4) 
カメラと写真2020~ 
キャプチャ


銭ゲバは面白かった。70年代の時代感が色濃く、今では難しいような過激な描写もあるが、圧倒的なエネルギーを感じる。
全体的に豊かで安全になった現代にも、この作品の核心はそのまま存在しているように思う。

robertohouse │コメント(0) 
エンターテイメント 

2020年05月31日

92246A11-AC14-4ED5-9EA7-857DFD702D33

富山のサーフで三密はないし、そろそろ良いかなと。続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
釣り 

2020年05月30日

872F830C-21F6-4709-9DBE-33940C692BA8


プリメインアンプ YAMAHA CA-CR1
オープンリールデッキ AKAI GX-635D
FMチューナー TRIO KT-8300
PCオーディオ用DAC PC100USB


古き良き「ちょっといい中級機」を集めたアトリエのオーディオ。
ルックスも音も、とても気に入ってます。
もうひとつ、銀色のカセットデッキが加われば完璧?気長に探そう^ ^ 


robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年05月28日

041C5D7B-52B9-4A23-A85B-B5EE94D5E2F8

完全に一致→続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
柴犬日記 
DCF1C2CB-4995-4B2D-82AE-FC1669D54893  キャプチャ


クリプシュの新作Klipsch HERESY IV は魅力的!
JBL L100CLASSICも復刻されたが、本格3wayのヴィンテージなルックスとロースタイルはカッコいい。

Klipsch、「大型スピーカーに負けない」コンパクト3Way「HERESY IV」約21万円
JBL、1970年代のスピーカー“L100 Century”を最新技術で復刻した「L100 Classic」


80年代以降、CDに始まるデジタル化はオーディオから個性を奪い、大型のコンポーネンツはすっかり廃れてしまった。

でも、なんとなくだけど、ピュアオーディオ復活の兆しを感じている。

映像視聴がよりパーソナルなものになり、テレビはリビングの主役から外れつつある。
各自が携帯端末でストリーミングするので、家に固定テレビやレコーダーを置かない人も増えている。

そうなれば、欧米のように暖炉もないリビングルームは中心軸を失い、ぽっかりと空間が生まれる。

2つのスピーカーが作り出す空間は、自由、知性、ゆとりのあるライフスタイルを感じさせる。
以前のマニアックな趣味とは違う、カジュアルなスタイルの、お洒落なリビング・オーディオ。

現在市場にある手頃なスピーカーは、小型ブックシェルフ型か、ディスプレイの両脇に置かれることを想定したようなトールボーイ型がほとんどだ。
今こそ、JBLやクリプシュが提案するような、いかにもスピーカーらしい本格スピーカーがいいと思う。

ある程度の大きさがあって低音が豊かなスピーカーは、小音量のBGMでも心地良い。
イヤフォンやスマートスピーカーとは違う、包み込まれるような豊かな音が聴ける。
アンプは現代的なものでも、真空管アンプでもいい。できればトーンコントロール付きがいいと思う。
音源はストリーミングとbluetoothで気軽に使うこともできるし、アナログレコードがあればさらに豊かな時間が過ごせるだろう。


robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ | 建築とデザイン

2020年05月26日

28A4ABE6-D465-48B9-8784-AB0FF175DDD0  A76D3F89-0E56-47E5-8A9E-7EA3E700FB60


XLRバランスケーブルに続いてアンバランスのRCA〜TSフォンケーブルを製作し、中高域用の真空管アンプに接続。
これでDAC〜パワーアンプのアナログラインはBELDEN 88760NEUTRIK端子で統一できた。
プラシーボかもしれないけど、音は艶が出てキレも良くなった気がする!スピーカーを1組に絞って細かいところを追い込むのも楽しい。













robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年05月25日

100102110_2948469168606837_2784501154254422016_o


コントロールセンターとなっているRME ADI2PROを手元近くに置くため、BELDEN 88760NEUTRIKのキャノン端子でXLRバランスケーブルを自作。続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年05月23日

59833CBD-AAB3-412E-9EA5-B8C619846332


デスク周りの模様替えに併せて、ずっと構想してきたオーディオのセットアップを開始。

プリメインアンプ YAMAHA CA-CR1
オープンリールデッキ AKAI GX-635D
FMチューナー TRIO KT-8300
PCオーディオ用DAC PC100USB

見た目と雰囲気重視のセレクトではあるが、さすがオーディオ全盛期70年代トリオ!時代が合っているせいか、いきなり良い音で鳴る。
特にバリコンチューナーで聴くNHKのライブは厚みと艶があって素晴らしい。
家の自室の10倍ほどの気積をもつ大空間は良くも悪くも圧倒的で、何を聞いても開放的なライブサウンドになる。

プリメインアンプCA-CR1の使い勝手は予想通り最高だ。
聴きやすい音に整えるためにトーンコントロール、ラウドネス、バランスコントロールがとても役立つ。連動ACアウトレットも便利。
RECセレクターもあるので、いずれオープンリールでBGM用に何か録音してみよう。

スピーカーはとりあえずリビング用の8cmフルレンジFE83solの木箱を持ってきた。
手塩にかけたJBL2wayはBGM用にはもったいないので、自宅でさらに追い込むことにした。
アトリエではTAOCの重量級スタンドHST-60HBを使い、小型スピーカー限定で遊ぶことにする。
自作はもちろん、往年の名機を載せ替えても楽しそう。ここは広大なので小型スピーカーなら複数所有することもできる。
FE83solでもスタンドのおかげでしっかり鳴るけれど、エンクロージャーの色がインテリアに合っていない。

VISATON BG20で新作を製作するのが楽しみだ。このスタンドに載るサイズで良い音が出せるだろうか???



 

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ | 建築設計due

2020年05月22日

キャプチャ


Macbook欲しい病の続き。店頭でAirとProを触ってみた。続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
Mac 

2020年05月15日

0AF6E9B0-4C91-44D5-994D-8B2B19179FDD



ずっと前から定期的に罹るMacBook欲しい病。2020年モデルはいよいよ価格が下がってきて再発中…
MacBook Proの下位機種か、MacBook Airの最安吊るしモデルか。

仕事用ではないのでCPUやメモリに高いスペックは求めない。基本的にクラウドを使うのでSSDは小さくていい。
ただしLightRoomでのRAW現像は快適に出来てほしい。Leica×MacBookは最高にカッコいい組み合わせだ(笑)
スペックで言えば、より安価なAirでも十分かなと思うが、ProのtouchBarを使ってみたい気はする。

軽さやバッテリーのスペックではWindowsのLG gramの方が上なのだが、あまり惹かれない。
MacBookのretinaディスプレイは綺麗だし、Windowsノートは過去に数台使っていずれも短期間で故障した苦い経験もある。 

そして何より、仕事用のWindowsとは気分を変えたい。直感的かつ iPadやiPhoneと連携のいいMacOS を使ってみたいんだよなあ…













robertohouse │コメント(2) 
Mac | ライカ

2020年05月13日

942100F6-7589-458B-8BAC-73F6F2E3DB20

昨夜DEAD ENDを聴いたところだった。虫の知らせか。

小学2年で姉に連れられてコンサートに行った時のことをよく覚えている。英語歌詞をカタカナで覚えて歌ったりもしていた。
ゴダイゴは当時はアイドル的な売り出し方もされたが、今聞いても全く古さを感じさせない、超本格派バンドだ。
中でも2ndアルバムDEAD ENDは至高の名作。浅野さんのギターもカッコいい。今夜もリピートして合掌。

robertohouse │コメント(0) 
エンターテイメント 

2020年05月12日

BBF03B85-066A-4B0D-A2F1-17ABFD4A4ACE


活動を自粛すれば感染は抑えられ、緩めればぶり返す。ワクチンや特効薬が開発されるまではその繰り返しになりそうだ。
どのような距離感をもってこの脅威と付き合っていくのか。社会的な許容ラインをどう確立するか。科学、政治、そして一人ひとりの意思の力が試されている。


robertohouse │コメント(0) 
柴犬日記 | 雑記

2020年05月11日

05206C9A-4080-4B56-877A-5CBCF235B655


YAMAHA CA-R1は中級機ながらプリアンプとメイン(パワー)アンプを分離して使用できるので、スクランブルテストを実行。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年05月07日

5BD04144-82FC-4D0D-81E4-305A56AF2EC4


建築設計dueでは進行中のいくつかのプロジェクトについて、4月から100%オンラインで打合せを行なっています。
対面でのきめ細かいコミュニケーションを重視してきましたが、この状況下で思い切って提案したところ、ご理解が得られたので踏み切りました。

お客様にはご不便をお掛けすることになり、もどかしさもありますが、いくつかのコツを掴めば、思ったよりスムーズに進行できることもわかってきました。対面と同様、dueの2人がタイミングよく連携して説明・聴き取りを行い、なるべくストレスがないよう心掛けています。お客様も、色々と考え工夫して柔軟に対応して下さっています。 互いによく準備して要点を絞って臨むことで、対面より効率の良い面もあり、平常運転に戻っても有効に使えるツールであると感じています。



そしてGWのお休みにはプライベートでも大活躍 ↑ (笑)

富山に引っ越したために疎遠になっていた旧友や、カメラ、オーディオ、サッカーなど各方面の仲間とのオンライン飲み会を存分に楽しめました。 
公私に色々やってみてわかったのは、互いに信頼関係があれば、オンラインでも同じように上手くいくということ。当たり前ですね(笑)

もちろん対面がベターなことは間違いなく、COVID19の感染拡大が早く収束して、またアトリエにお客様をお呼び出来ることを願っています。
それまでに(オーディオ構築も含めて)少し模様替えをします!! newアトリエにぜひお越し下さい。

建築設計dueのノート 

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • M1 Macbook
    • M1 Macbook
    • X
    • プロフェッショナルオーディオ
    • おふろ
    • おふろ
    • WARM AUDIO  EQP-WA
    • WARM AUDIO  EQP-WA
    • ペリリュー
    • 長岡鉄男とは何だったのか?!
    • Pultecチャレンジ
    • コーナー吸音材
    • コーナー吸音材
    • ミズナガ・プリアンプを再稼働
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • .WEリーグ記者会見をみて
    • ルームチューニング
    • ルームチューニング