2019年02月05日

組み合わせと判定に恵まれたグループリーグ、イランの自滅によって進んだ決勝で、サッカーの質の違いをまざまざと見せつけられたという印象。カタールはまるで欧州のクラブを見ているように組織的にパターン化し洗練されたチームだったのに対して、日本は個人個人が即興で考えて対応が遅れているように見えた。ベトナムやインドの躍進も目立った。ハイレベルな指導と育成がアジアに浸透しつつあり、パワーバランスの変化を感じる大会だった。

戦術面では林舞樹さんのレポート(下記リンク)が素晴らしすぎるのでこれ以上言うことがない(^^; 近年は林さんや戸田さんら気鋭の専門家がネット上で試合前~試合中にも的確な解説や指摘をしてくれる。欧州サッカーで目の肥えたファンが増えている中で、日本のサッカー解説・批評のレベルは劇的に向上したと思うが、テレビの解説者や新聞の記者はねえ...(-_-)

カタールのポジショナルプレー。構造的にボロボロの日本の危うさ
なぜ日本がボールを支配できた?「敬意」と「過信」に揺れたイラン
ベトナム戦。冴えない攻撃、見えないゴールへの道

対サウジの合理的で効率的な戦い方。課題は武藤&南野の「第一プレス」

グループリーグ総括「アジアの厳しさ」は嘘。森保ジャパンの戦術的欠陥とは?

robertohouse │コメント(0) 
サッカー 

2019年02月01日

5EA9A4A9-0AD9-43A9-9A28-65E7BE4964D3

最近はなんとカセットで復刻や新譜も出ている!

ミュージックカセットは70〜80年代の短命なメディアで、レコードよりずっと新しく、CD時代には急速に消えていった。中学生の頃に何本か買ったけど当時は贅沢品だったな…ラジカセでも音はクリアで、機器性能に依存するレコードより良かった記憶がある。何を今さら…ではあるけれど、便利なオートリバースを含めてアナログ感が懐かしい。音質はかなり良くて、再生時のドルビーポジションでトーンを変えられる。カセット専門店waltzさんではマイナーなインディーズから名盤復刻まで宝探し的な面白さがあり通販も可能。1600〜1800円程度とレコードより手頃で、カセットのデザインも凝っていてCDよりも楽しいかも。

robertohouse │コメント(2) 
オーディオ 2018~ 

2019年01月28日

DBFA4ECE-0FF1-44FB-8076-CF3F0FBD5A7C

(更新あり)

JBL LE85の左右の特性にやや違いがあるのが気になっていた。

そこでサウンドハウスのオリジナルブランドCLASSIC PROのドライバーに注目。嘘みたいな低価格で音はJBLに匹敵するという情報を得て、現在テスト中。
サイズも価格もまるで違うが、結果から言えば古いJBLと一長一短で大健闘しており、どちらかと言えば勝っているかもと思う。  続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ 2018~ 

2019年01月24日

900DC83C-8F0B-49C3-96C9-FFA46BAA57A5

カセットテープを新品で買うとなると選択肢は限られるが、量販店にもあるしamazonでも買える。

TDK AE 90分11P で3,240円(1本あたり295円)、マクセル UR 90分10P は2,990円(1本あたり299円)、なんとなくTDK AEを買った。中身は昔とは違うと思うが品質は問題なさそうだ。ノーマルテープらしい、やや太く丸くなる音はロック、ジャズをまったり聴くには悪くない。家に残してあったメタルテープと比べるとやはりダイナミクスや高域の伸びに差はある。ここぞという時にはオークション等で昔のメタルテープを探そう。LPレコードを両面にコピーしてオートリバースでかけると便利、かつ懐かしいアナログ感に癒やされる。リビングのセカンドシステムにもカセットデッキが欲しくなった。




robertohouse │コメント(4) 
オーディオ 2018~ 

2019年01月22日

6632AFCE-A64B-485D-9498-9292B3F33F2A

今週は積もるかな...リニューアルした外壁”solido”は光の状態によって様々な表情を見せてくれます。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2019年01月19日

1621EA5C-DB1F-486B-AF1A-96B48526B907

もう1月下旬だというのに、毎日普通に外を歩ける。冬が毎年こんなだったら富山も良いところなんだけどな...

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 

2019年01月17日

80c16c8d-s


3ヘッド・オートリバースという特異な業務用カセットデッキ TASCAM112Rmk2を中古激安で入手して使っている。天板が傷だらけだったこともあってラックケースを奢ってみた(^^)   3ヘッドデッキは初体験で、録音同時モニターが出来るのは新鮮。分/秒表示のリアルタイムカウンターも初体験だ。10年程前に持っていたカセットデンスケに比べて格段に使いやすく、アナログで直感的、メカニカルな操作感も素晴らしい。オートリバースなのでアナログレコード2枚を90分テープ両面にコピーすると便利。音質はオリジナルより当然劣化するが、劣化の方向性がMP3などとは違う。ドルビーをかけてノーマルテープで録音すると僅かに角が取れて落ち着いた太い音になり、ロック、ジャズ系は聴き心地が良い。今もカセットテープは新品で購入できるし、アナログレコードほどのブームではないが、最近は新譜でカセットのリリースも出てきた。




robertohouse │コメント(2) 
オーディオ 2018~ 

2019年01月13日

44645032_800

エルマリート28mm4thのヘリコイドは0.7mを超えて回り、撮っていても他のレンズより少し寄れる気がする。
そこでピント面を測ってみたら、約64cmまでピントが合った。ライブビューはもちろん、距離計も最短距離までしっかり連動する!僅か6cmだが、この違いは案外大きい。

このレンズはボディとのバランスが良く、特に街や建築をイメージ通りに撮れる。発色が素晴らしく、周辺まで高解像度で、なおかつ質感や柔らかさも感じられる。逆光で太陽を入れるとマゼンタ色のゴーストが出るが、コントラストは失わない。像面は平坦でピント面をコントロールしやすく、寄ったときのボケ味もきれいだ。歪曲収差はゼロではないがほとんど気にならない。最後まで非球面化されなかったという性能は伊達ではない。1993年の発売当時は、一眼レフ用の28mmを圧倒する性能だったのではないかと思う。ちなみに2006年に非球面化された現行エルマリートは開放での性能が向上し、ハイコントラストでカリカリに解像するという評判である。

あまりにも気に入ったので最近はズミルックス35mmを押しのけてしまっている...35mmは好きだけど難しい画角だ(^^;




robertohouse │コメント(0) 
ライカ 

2019年01月11日

A36E62D0-9870-4601-A382-A9CC08E0753D
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th


美しいファサードに惹き付けられる。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
ライカ 

2019年01月07日

DD61282B-5387-4477-B050-12E12419E6F6
LEICA M10-P + Elmarit28mm/f2.8 4th


路地裏で偶然、新年の祭事に出会った。電線に触りそうでハラハラした…   続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
ライカ 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • バスマティライスでプラオ
    • 針結び
    • 針結び
    • ハンドル交換
    • ハンドル交換
    • ハンドル交換
    • ハンドル交換
    • ハンドル交換
    • ハンドル交換
    • ハンドル交換
    • ハンドル交換
    • 近場にて
    • 近場にて
    • 近場にて
    • 近場にて
    • 近場にて
    • 近場にて
    • SIGMA fp発表
    • 連戦
    • TPC AGS25-405デビュー戦
    • KD邸
    • KD邸
    • ハッセルブラッド CFV II 50C
    • ハッセルブラッド CFV II 50C
    • ハッセルブラッド CFV II 50C
    • なでしこ散る
    • なでしこ散る
    • ライカM-E typ240発表
    • 決勝トーナメント
    • 新兵器
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス
    • リールのメンテナンス