2007年10月08日

fdf19284.jpg



夏に東京から帰るときに通りがかり、気になっていた青木湖。
行ってきましたよ?びっくり

d2707535.jpg


なんという素晴らしいところでしょう!

首都圏や中京圏からも結構遠いので人はあまり多くなく、とても静か...
キャンプ場も清潔で湖との一体感も最高! 
今回は寒さを警戒してバンガローを借りましたが、やはりテントのほうが楽しそう!

662b02d1.jpg
 cf5737d4.jpg
 a40ca0ef.jpg

04146a73.jpg
 3d14fe61.jpg
 d67f2c10.jpg


森の中の湖畔道路を自転車で一周!(約8km)
ボートでゆらゆら?! 水面下にニジマスが見えたので、釣りもしてみたいです。
周辺には信州そば屋やおいしいピザ屋さんもあり!もちろん温泉も!
子連れでも適度に過ごしやすく、なおかつ「秘境」感も十分あります!

夜はもちろんBBQ!

543a784f.jpg


翌日はあいにくの雨でしたが...霧の湖も美しいものです...

f0706816.jpg


富山からクルマで2時間で行けるのもGOOD!

のんびり派の僕らにぴったり!

またひとつ、よいところを見つけました笑い


コメント(2) 
家族の時間 

2007年10月06日

ある会社で打合せをしていたら、

「全然話しは違いますが...これ、使いませんか?」

e664aec9.jpg


高級石けんの入っていた空き箱らしい...スプルースか、赤松の無垢板で出来ている...dfaefe39.jpg


「メロン箱で作れるのだから、と思って」        「元」メロン箱→


そう、彼女も当ブログの読者様なのでした笑顔  事務所内に爆笑が響き渡ったのは言うまでもありません....



ありがたや....



叩くと、無垢板特有の、軽くて乾いた音がする....これは良い....

しかもなぜかステレオ・ペア....

有効幅が10cmもない、トールボーイ型だが...

ユニットはFE83Eか? TANGBANGか? もっと安いフォスターか?

それよりも、ネットワークボックスとか、アンプやラジオのシャーシに向いているかも?

またしても妄想が膨らみます....今年のテーマは、エコ・オーディオだ!





コメント(3) 
音楽とオーディオ 2005~2007 

2007年10月04日

6/20の法改正以後、前年度比の住宅着工戸数が激減している。

7月は23%減、8月はなんと43%減だという。

一時的なものと片付けられる問題ではないのではないか。

住宅だけではない。 商業建築やマンションなどにおいては、事業の収支や発展性、迅速性が著しく損なわれている。

大変なのは設計者や施工者、審査員だけではない。

国が「業界を厳しく取り締まっている」ように見えるかもしれないが、実は最も不利益を被るのは、建築主である。



法文は施行されても、運用指針がまったく不備なままであり、建築というものづくりのプロセスが全く考慮されておらず、申請や審査、作図や調整に莫大な費用や時間が掛かってしまっている。 

構造など実質的な部分はほとんど変わっていないのだが(つまり建物そのものは従来とほとんど変わらない)、申請手続きが厳格化され、修正が許されず、細部までがんじがらめになってしまった。


着工後に建物配置を動かしたり、間取りを変更したり、窓の位置やサイズを変えたり、ということが極めて困難になった。 
不可能ではないが、変更申請や審査のために軽く1?2ヶ月は工事ストップとなってしまう。



強化された罰則規定は、設計者や施工者だけでなく、建築主にも適用される。

もし法令通りに厳密に適用されれば、申請を行わずに計画変更をして工事を進めると、建築主と施工者は「100万円以下の罰金もしくは1年以下の懲役」となる。 設計者も、説明義務違反に問われる可能性がある。

もちろん変更内容は法律に合致しているのに、である。

国土交通省は、今までよりも罰則を厳密に適用したい、と言っている。

誰にも悪意がなく、違反建築でもないのに、なぜ? 誰のために?



建築基準法は基本的に、国が決めた資格を有する建築士を信頼するところから成立している。 
だから「許可」ではなく「確認」なのだ。

資格は大臣登録され、事務所は都道府県に登録しているのに、法改正により確認申請のたびに毎回免許証や登録証を提出させられるのは、どうでもいいがなんとなく腹立たしい。

医者が患者を診察するのに毎回、役所に医師免許を届け出に行け、というようなものだ。

役所は毎回、登録を確認しているのか?そんなデータベースが整備されているのか? (国は存命する建築士の実数すら把握していないというのに...)
本当に悪いヤツは、偽造やなりすましをしてでも悪事を働くものだ。

今回の法改正は、「建築士、そして国民のすべては、悪人である可能性がある」という性悪説からの発想だ。
であれば「確認」ではなく「許可」制度に抜本改正しなければ、あちこちで矛盾が生じる。 
しかしもし住宅建設が許可制になったら....日本経済は大混乱をきたすだろう。




あの悪質な事件が発端とはいえ、いったい誰のためになる法改正なのだろうか?

国が国民の批判から逃れるために、 「とりあえず法律を厳しくしておきました」 
という発想で作った、と言ったら言い過ぎだろうか?


今回の法改正はあまりにも国民を馬鹿にしている、と思えるのでちょっと熱くなってしまった落ち込み

コメント(1) 
建築とデザイン 
今日は外壁タイルの目地詰め。 ようやく内装も始まった。
足場がバレる日が待ち遠しい!

4ecad45a.jpg
 d441dcc9.jpg
 976526fd.jpg


現場、実施設計、計画を合わせると7?8件が同時進行中。 もっとオーディオや自転車のことを書きたいのですが...
ありがたいことではあります...<(_ _)>

コメント(0) 
現場2007 

2007年10月03日

関係者一同の行いもよく笑顔天候に恵まれました。

スキップフロアで、本格的な中庭のある複雑な家ですが、合理的でシンプルなフレーム構造のため、大変スムースに建て方が終了しました。

748ba152.jpg
 0c7d561f.jpg

2c21cd5c.jpg
 66b7de65.jpg

11f72011.jpg
 964f1acb.jpg
 2c5fd700.jpg


コメント(0) 
現場2007 

2007年10月01日

28c9ae53.jpg
先月製作したデスクトップスピーカーで毎日10時間も聴きっぱなし。

デッドストック並みの極上品(1000円ですが(-_-))だったが、ここへきてエージングが進み、更に音がこなれてきた。

具体的には、低音のレンジが伸び、量感も増えているのだ。

もともと中域は張りと伸びがあって繊細だ。 そこへ、軽くてよく弾む低音が加わって、実に楽しく音楽を聴けるスピーカーになった。 アコースティックな音楽の抑揚がとてもよくわかるのだ。
こんな小さな後面開放型なのに、1m以内のニアフィールドで聴くには全く不足がない。

耐入力やFレンジの限界はもちろんあるのだが、大型システムをしのぐ面もあると思う。

なぜ?

ユニットの特性が素直であること、後面開放であること。
そしてエンクロージャーが最小限のサイズで、軽量で、響きもコントロールできているのではないか。
極めて簡単な構造だから、板に変な応力もかかっていない。
箱は重いほうが良いといわれるが、このスピーカーを聴いていると、軽量なエンクロージャーは振動エネルギーが小さいメリットもあるように思う。



eb7adfbd.jpg
メインシステムは....



部屋の広さからすれば、ユニットはもちろん12インチは欲しい。
アルテック600Bは素晴らしいユニットだ。

問題はエンクロージャーである。
あまり癖がなく、特に不満はないのだが...

サイズが大きく重量級で、セッティングは固定され、コントロールがしにくい。
板厚もあるので頑丈無比、響きは多くない。
むしろ、現代的なウーハーでガンガン鳴らすのに向いた箱かもしれない。


今の好みでは....

薄く、軽い板を丹念に塗装した、チューニングしやすい小型軽量のエンクロージャーが理想かもしれない....中低域が豊かに響き、よく歌うスピーカー....後面開放、または密閉型....
実は、600Bの純正密閉箱アルテック618Bは50リットル足らずの小型である。


低音を無理矢理出そうとするから、エンクロージャーは大きくなるのだ。
最低域は、優秀なサブウーハーに任せればよいのではないか?


メインスピーカーも新展開を見せるかもしれない...

妄想は続く....落ち込み

コメント(3) 
音楽とオーディオ 2005~2007 
タイル貼りがほとんど終わった。

これから目地を入れるとガラリと変わる。
普通はグレー色のセメント系の目地材を詰めるが、今回は素焼きタイルの色と質感に合わせ、土の風合いのある煉瓦目地を使用する。

4e931c02.jpg
 1aa6fbc3.jpg

138f8067.jpg
 fbee9b3a.jpg


断熱材のチェックも終了。

今回は屋根と床が外断熱、外壁は内断熱がメインだが一部に外断熱も採用。
外断熱はコストがかかるが、熱容量の大きいRC造ではメリットが大きい。
内装を省き、打放し仕上げが実現できるのも良い。

8b4bf8af.jpg
 43795e4c.jpg

 

コメント(0) 
現場2007 

2007年09月29日

先週の小学校に続き、保育園のうんどうかい。
みんなかわいくてほほえましくて、見ていても小学校よりずっと楽しい笑顔

a9a3ecf6.jpg
 b80ac4f3.jpg
 b9f41112.jpg



コメント(0) 
家族の時間 
今日から、新たな家づくりが始まりました! しかもふたつ同時にキックオフ!

素敵な出会いの神様に感謝、です。


期待の大きさに武者震いもありますが、まずは自分たちの頭の中を、真っ白にするところから始めなくては。

設計者の力とは、毎回リセット出来るということ!


この人たちの、この家は、まだこの世のどこにも生まれていない、たったひとつの、真っ白なものでなくてはならないのです。


なんて素晴らしい仕事なのだろう!




コメント(0) 
アトリエ日誌--2007~ 

2007年09月28日

4a3f96f2.jpg
こんなの、欲しいな...

デカイ、でもモノラル1発なら....

中域の飛び出し方は最強かも...

コメント(6) 
音楽とオーディオ 2005~2007 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • デュアルEQにて再調整
    • デュアルEQにて再調整
    • ボヘミアン・ラプソディー
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • Elmarit28mm4thで散歩
    • 夕食
    • マイクロフォーサーズの迷走
    • マイクロフォーサーズの迷走
    • マイクロフォーサーズの迷走
    • チェーン規制
    • コープ・オリンピア
    • N-COMPANY
    • 三崎マグロ希少部位
    • ニルヴァーナ
    • 街にて
    • スーパータクマー
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • さよなら原美術館
    • ビゾフレックス
    • 久々フットサル
    • オールドレンズフェス