2018年04月11日

B3C52D60-BBE6-4754-8C36-30BE39B0A26F

築20年で汚れて傷だらけの床を掃除して蜜蝋を擦り込む。ベッドや衣服が消えてがらんどうになると、小さな部屋なのに驚くほど残響音が多い。床と天井は無垢の杉板、壁は本漆喰。同じライブでも鉄骨とデッキ、コンクリート床のアトリエとは違い、響きになんとなく小ホールのステージ上のような雰囲気がある。室内楽や古楽を聴きたくなる(^^) 天井は20度ほどの勾配になっているのでフラッターエコーも抑えられているかもしれない。基本的にライブな部屋が好きなので、床にキリムを敷くなど、少しずつチューニングしていきたい。

学生時代のように空っぽの状態からセットアップするのは新鮮だ。 まずは小さなラジカセを鳴らしてます(笑

robertohouse │コメント(0) 
音楽とオーディオ 2018 

2018年04月10日

8FC348E4-6B02-4791-9F4B-77A6E4F4CBA7

少し前ですが、久々にオーディオイベントに行ってきました。 

最も良い音に感じたのが、なんと30年近く前のモデル、B&W801マトリックス。
さすが欧州の主要レーベルで使われてきたクラシック専用モニタースピーカー。
低域から高域までバランスが良く定位が正確、特に低域が軽く自然で、何を聴いても刺激感が少なく優しく柔らかい、いつまでも聴いていたくなるような音...続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
音楽とオーディオ 2018 

2018年04月09日



なぜ今解任なのか、ハリルホジッチのサッカーのどこがダメだったのか、なぜ後任が西野委員長なのか、どんなサッカーを期待しているのか、会見で田嶋会長は何も説明していないに等しいし、記者もろくな質問をしない。これではスポンサーや電通が本田や香川や岡崎を出したいからだと揶揄されてしまうのもわかる。選手との信頼関係に言及していたが実際は監督とフロントの確執ではないかと思う。最近の試合で結果は出ていなかったが、歴代日本で最も速いサッカーを志向し、過去のW杯で対戦国への対策力に定評があった。W杯2ヶ月前というこの時期の不可解な解任劇は日本のサッカーを後退させるだろう。そして明日は女子アジアカップ(W杯予選)天王山の韓国戦。負けたら高倉監督は解任すべきだろう。W杯予選を突破したハリルホジッチ監督に比べれば、高倉監督はまだ何も成し遂げぬままランキングを大きく落として2年が過ぎてしまったのである。ダブルスタンダードは許されない。



  

robertohouse │コメント(0) 
サッカーとスポーツ 
47C08DD3-E778-4186-A844-E4A683E30B51   7727B9EB-8854-43DD-8D6E-6711345EA279

床暖房や電気配管を埋設して床コンクリート打設。
設計・打合せ通りに配管・配筋されているか、注意深く確認します。 

robertohouse │コメント(0) 
現場2018 

2018年03月30日

d47bc341  79407534-E43D-48AD-968C-317755766EEB

ハイエースを借りて自力で引越し完了。
前席に3人並ぶのは職人さんみたいで楽しい。かつての愛車デリカと似た車体感覚だけど足回りが弱くてパワー無さすぎ(^^;

思えばこのブログを始めた頃、長女はまだ5歳だったんだな。人間ってここまで育つんだと感心するしかない。 
ひたすら絵を描き、読書が大好きで、好奇心が強い彼女にとってこれ以上ない環境へ進み、いつかナニモノになるのか、可能性は無限大。
共によく遊び、よく話し、家を明るく灯してくれた思い出が駆け巡り、2人になった帰りの運転中には込み上げるものがあった。
この大きな空白を埋めるには、自分も彼女に負けないほど人生を楽しみ、創造的であり続けるしかないかな。 まだもうひとり、いるしね(^^)

robertohouse │コメント(2) 
家族の時間 
6168D39B-E36B-4273-AB36-9B9266B8346F

11年ぶりの渋温泉は、念願の昭和初期建築に!    



  続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
家族の時間 | 建築とデザイン

2018年03月28日

D3726A31-4CA9-4F9D-B37C-4E2F986B0DFB      

富山県で、民間では数少ない、主に障害をもつ子供たちのための多機能施設です。
派手な建物ではありませんが、丁寧にきめ細かく造りました。
優しくシンプルな空間は、きっと、地域の明るい光になると思います。


robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2018年03月23日

7CC3F683-6BDD-4276-ACEF-66240D1F4124
1インチドライバー+2344ホーンは超高域がどうしてもロールオフする。実際に測定値でも聴感でもハイ落ちであり、そのために2~5kHzあたりが目立ってキツさが出てくる。ADI-2PROのパラメトリックEQ機能である程度補正はできるが、10dB以上のブーストが必要で、アンプのパワーを浪費させることにもなる。やはりスピーカー本体でなるべく素直な特性としたい。なだらかに落ちながらも20khzまで伸びているので、補正は出来るはずだ。

このホーンの2wayで良い音を出しているJBL4430のネットワークを見ると、この問題を巧妙に解決しているようだ。高域のアッテネータを2.2μFのキャパシタと可変抵抗を通してバイパスすることで高域をブーストしている。ドライバーの能率は108dBもあるので、アッテネータで15dBほど絞り、そのマージンを超高域のブーストに充て、しかも連続可変ができる。2wayなのに3wayのようにコントロールできる、とても合理的な設計であり、そのままコピーしても面白そうだ。    
br>


続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
音楽とオーディオ 2018 

2018年03月22日

373052E1-8846-4BFA-B8EA-7E7307E2FCDC

家具も入ってきて、活動の雰囲気が出てきました。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2018年03月19日

C745554F-F516-4CA6-A3A6-0B0EA81CD87A E85A955C-4D4A-4F0B-B20F-E86B85E62188

大きなバイラジアルホーンとLE85をニアフィールドという無茶苦茶なセッティングで、次期スピーカーのテストと妄想中。音色を確認したり周波数特性を測ったりネットワークやEQの検討をしたり。この距離でも音楽がうるさくないのはこのホーンの特性かも。聴感でも測定でも予想通りハイ落ちだけど凹凸は少なく5kHzから綺麗に6dB/octで落ちており補正は容易かな?テストで組み合わせている中低域は14cm口径のalpair10で、ホーンをアッテネータの限界20dBまで落としてもやや能率不足(^^;






robertohouse │コメント(0) 
音楽とオーディオ 2018 

2018年03月18日

F1217B70-6624-4113-A47D-53764EEE89D0

もうすぐ出て行くのになかなか部屋が片付かない娘との会話…ネット通販大好きなママは一人暮らしアイテムの買い物を楽しんでるよねーと言うと、パパは人の部屋をオーディオルームにする買い物楽しんでるじゃんと言われた… 今日はJBLのコンプレッションドライバーLE85が到着。ダイヤフラムは綺麗で、とりあえずの音出しチェック、50年ものだが状態は良さそうだ。以前使っていた2420と同等品で、鉄アレイのように重い、久しぶりのドライバーに心ときめく!



robertohouse │コメント(2) 
音楽とオーディオ 2018 | 家族の時間

2018年03月17日

3E439DC5-615E-4F57-BDF0-BE4FCB88193F

ネットでチェックしていたニーチェアXを店頭で発見!座り心地、サイズ感、低い座面とアームレストのバランス、適度な耳の高さ(約80cm)、ハイバックながら音を透過しやすい帆布素材など、オーディオルームにはこれだと確信。背中の角度が寝過ぎず立ち過ぎず、しっかりした帆布とパイプの僅かな撓み具合が絶妙で疲れにくそう。狭い部屋なので工作時などには折り畳めるのも良い。ロングセラーで布地の単売もされており張替え可能。部屋がナチュラル系なのでアイボリーやキャメルを考えていたけど、展示品が思いのほかJBLカラーっぽくて気に入りブルーにしました(^^)



robertohouse │コメント(0) 
音楽とオーディオ 2018 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 課外授業
    • ポルトガル3-3スペイン
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • シラスのペペロンチーノ
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • 2018年初キス釣り
    • 2018年初キス釣り
    • 黒部のSG邸
    • N Company 竣工写真撮影
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸 竣工写真撮影
    • N Company
    • N Company
    • 白エビとシラスのパエリヤ
    • RME ADI-2 DAC
    • テーブル材料検品
    • インド料理KHUSHI
    • N Company
    • 初期設定中
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸
    • 日本代表候補
    • 組み上がり
    • 測定開始
    • ネットワーク
    • 激安スピーカースタンド
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • バッフル開口