2019年07月18日

7D3E6281-B853-4F14-8E82-A2C737F494B6

バスマティライスが手に入ったので羊肉のプラオを作ってみたらとても美味しかった。

ビリヤニを作ろうと思って調べたら、まずカレーを作り、半炊きの米を重ねて蒸すのがビリヤニ。肉を煮込んだスープで生米から炊くのがプラオということらしい。(例外もあるとか)  概してビリヤニはスパイシーでプラオの方がシンプルなようだ。この料理の起源はメソポタミアにあり、プラオ、ピラフ、パエリャはルーツが同じであるという説もある。

ビリヤニはひと手間多くかかるし、パエリャで慣れていることもあり、生米から炊きこむプラオにした。パエリャが生の具材を米の上に置いて炊くのに対して、プラオは予め肉を煮込んでおいたスープを使って炊けばいい。最初のソフリットもパエリャと同じで、違いはスパイスを多く入れてテンパリングするところくらいかな。スパイスは手持ちのもので、クミン、ターメリック、ローリエ、ローズマリー、セージ、サフランなどを使用。コリアンダーやカルダモンがあれば更にスパイシーに。塩加減は重要でパエリャよりやや多目が良さそう。肉は別鍋で煮込めば時間を短縮出来る。骨付き鶏肉も美味しいと思う。ソフリットと肉スープと生米を合わせて中弱火で15分ほど炊けば出来上がり。水加減は米の体積より若干多目に。鍋で炊く場合は炊飯器ほどシビアではない。バスマティライスの香りとふわっとしたパラパラ感は最高で、他の具材はアレンジしてもこれだけはマストかなと思う。




robertohouse │コメント(0) 
酒と食 

2019年07月16日

47640BB0-4096-4962-8F98-F9D913B22F08 7E2037AE-ACFE-4B01-9C2D-B13EC2E01F23

今年は本格シーズン入りしてから休日がほとんど雨...
というわけで久々に内職をしてみた。中高校生の頃は勉強はそこそこに仕掛けを結んでいたので懐かしい(^^)

以下はコアなキス釣り師しかわからないマニアックな内容です(笑)

今は基本的にササメ キステックなどの50本連結仕掛けを使っているが、先針を必ず足して段差仕掛けにしているのと、元針を足したり、傷んだ針、エダスを交換したりするためのハリス付き針が多数必要になる。これも50本入りのハリス付きを使用していたのだが、ハリス1.5号の製品がない。個人的意見だが、キスはハリスの太さで釣果がほとんど変わらないと思う。(0.6とか0.8号だと違うのかも?でも黒鯛やカレイに切られてしまうようなハリスは使いたくない)  絡みにくく、不意の大物にも耐えてくれる太めが好きだ。最低1.2号、できれば1.5号がいい。それ以上になると針やPEラインの強度を上回ってしまう。

針は基本7号、型狙いでは9号を使う。トーナメンターは3~5号を使うらしいが、自分はピンギスの数釣りはしたくない。針は大きいほうがピンギスに飲まれにくくリリースしやすいし、餌を大きく付けられる。なんとなく餌のサイズとキスの型は比例している気がする。そして大型のキスが最初に喰ってくる確率が高い。段差仕掛けにするのも、喰いのいい先針の餌持ちを改善し、餌を大きく見せることと、大物に2本飲ませて回収率を上げるためもある。実際に段差針の2本とも喰っていることは少なくない。

今回、ハリスはホンテロン キススペシャル1.5号を使用した。これは高校生の頃にも使った記憶があり、おそるべきロングセラー! 腰の強いホンテロンはキス仕掛けのハリスには一択といっていいほどだ。ピンク色は餌付け時に仕掛けの視認性がいい。なお赤外線の吸収される海中では赤系の色は見えにくいらしい。久々に結んでみると、案外大変ではなかった。やはり子供の頃に覚えたことは忘れない!これなら既成の連結仕掛を買わずに自作しても良さそうだ。針とハリス、モトス選び、そして針間隔が自由になるし、コストは半分以下になる。連結仕掛のストックが切れたらやってみよう。

上のスケッチは自分流仕掛けの今年バージョン。そういえば教科書の端によく仕掛けの絵を描いていたなあ(笑)先針と元針にピンクハリスの替針を足し、視認性を上げる。たくさん結んだのでエダスもケチらずどんどん交換する。PEラインは基本0.8号、テトラ近くでは1.2号、さらに遠投用に0.6号と7.5度スプール、TGフロートシンカーを追加予定。楽しみすぎる。しかし今週末も天気悪そうだ(T_T)

robertohouse │コメント(6) 
釣り 

2019年07月15日

697C7430-FFD7-4AB1-AEA2-1D092E8111D9

13トーナメントサーフ45のハンドルの長さが気になっていて、16バージョンのショートハンドルを調達。 続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
釣り 

2019年07月14日

1CFAD165-812B-4A17-9F0A-80CFF01DDA40

天気を見計らい、午後の少しの時間に近くの海へ。 続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
釣り 

2019年07月11日

fp-683x350

世界最小・最軽量、フルサイズイメージセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『SIGMA fp』を発表   コンセプトムービー 

薄いフランジバックの小型ボディにフルサイズセンサーさえ積んでいればいい。使い方に合わせてレンズやアクセサリーを合体させる。多くの人が、こういう拡張性の高いシンプルなミラーレスカメラを望んでいたのではないか。過去のシグマのfoveon機から想像するとカメラとしての能力と完成度はどうなのか、いきなりベイヤーセンサーで大丈夫か、膨大なシステムを構築する体力があるのか、アクセサリーはサードパーティに任せていくのか、いろいろ問題もありそうだが、これまでのスチルカメラというカテゴリーを破壊しそうななインパクトはある。これがソニーだったら...とは思ってしまうけど。





robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 

2019年07月07日

39DB47C2-F6D2-4082-9AB8-F929854D6465

前日のリベンジということで水深のある県東部方面へ。波はおさまったが海岸はゴミだらけで濁りは残っている。アタリは2色〜5色までばらつき、これといった群れを見つけられず効率はあまり良くない。3時間で40尾ほど、全体的に型は小さく、7割がピンギス。5色で25cm級か!というアタリがあり、まさかのカワハギ。嬉しい外道で刺身が美味しかった!それにしてもカワハギってこんなに一直線に走るんだな...

トーナメントプロキャスターAGS25号-405 のキャスティング感覚はまだ慣れていない。恐る恐る振っていて腰の強さを活かせてない感じだ。自分でメンテナンスした13トーナメントサーフ45はラインローラーのベアリング交換が効いて、異音が消え新品のような巻き心地になった!次はハンドルをショートタイプに替えてみようかなと思ったりしている。ノーマルの85mmは長すぎてサビキに無駄な動作がある気がするし、キス釣りにそこまで大きなトルクは必要ないのでは。16年式の65mmハンドルが面白そうだ。




robertohouse │コメント(2) 
釣り 

2019年07月06日

0C01C501-204E-4921-A9BC-75B2094B1BFE

悪天候その他で、盛期なのに1カ月も釣りに行けず…我慢ならず午後の少しの時間に近くの岩瀬浜へ出かけるも、高波で濁りが酷く、サーファーも多くてキス釣りのできる状況ではない…八重津浜へ移動したが海岸はゴミだらけ、テトラ裏側の波の少ないところを攻めてみると、子チヌやウグイ、フグに悩まされる。キスは20尾ほど釣ったが初陣は不完全燃焼…トーナメントプロキャスターAGS25号-405 のテストにもならなかった(^^;




robertohouse │コメント(0) 
釣り 

2019年07月04日

629F6E2B-132E-4316-85CA-1F0773BE3063 62FDDF3E-FC37-4DCB-9928-E62C511271DB

住宅地の中にありながら、緑豊かな素晴らしい環境です。森の中に住んでいるような家を目指します。

robertohouse │コメント(0) 
現場 

2019年07月01日

8227ec4fc9a6f0010c28a92b1472f3a50c84cc93_cfvii-45-whitef3cec1ea038237a42b55973abac59d482608b642_cfvii4_4000pxキャプチャ


ハッセルブラッド CFV II 50C  プロモーション動画

伝統的なハッセルブラッドVシステムと完璧に合うデジタルバックが発表された。500C等の古いボディをそのままのスタイルでデジタル化できるとは夢のような話である。おそらくSWCやアークボディなども使えるだろう。ライバルは業務用デジタルバックではなく、同じく伝統的スタイルをもつライカMではないかとさえ思う。極薄の907XボディとXCDレンズの組み合わせによりAFが可能、というのはオマケのようなものだ。価格は65万円程と噂されており、安くはないが中判バックとしてはコンシューマに向けられた戦略的な値付けであると思われる。ハッセルブラッドの中古ボディ+標準レンズセットは10万円余りで入手できるが、今後は高騰するのではないか。ただし個人的にはスクエアフォーマットでないことが物足りない。センサーサイズは56×56mmが理想だがせめて44×44mmは欲しかった。44×33mmの横長フォーマットではハッセルらしい真四角写真ではなく、ウエストレベルでは縦位置撮影が制限されるし、本来の画角の2/3になってしまいレンズの特性をフルに活かせない。いつか6×6判フルフレームが実現すれば無理しても買ってしまうかもしれない...

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 | ライカ

2019年06月26日

キャプチャ 60663_ext_04_2

オランダ2-1日本 

内容的には勝たねばならない試合だった。守備組織はグループリーグから修正され、懸念されたサイドの攻防で優位に立った。日本らしいパスワークによる美しい同点ゴールも決まった。走らされたオランダは後半に足が止まった。日本は多彩な崩しからシュートを浴びせたがことごとくセーブされたり、僅かに枠を外したり、バーを直撃した。特に杉田のフェイントからのシュートは惜しかった。得点は時間の問題とも思われたが、最後はPA内でハンドを取られ、PKに沈んだ。スタジアムの多くの観客はその判定にブーイングして日本を讃えた。なでしこは美しく散った。

選手たち個々の技術と戦術眼はオランダを上回っていたし、力を出し切れたと思うが、シュートを決めきれなかったのは連携不足もあったと思う。高倉監督の采配も後手を踏んだ感がある。オランダの運動量が落ちた時間帯に、シュート力がありオランダに相性のいい横山をなぜ投入しなかったか。延長では4人目の交代もできるのに、交代策は遅れた。高倉監督はこの3年間で多くの選手を試しながらなかなか定着させることができなかった。最終的にはU17~20で自ら率いてきた若い選手を中心として、コンディションの整っていないベテランも選んでおり、交代策は限られていた。ぎりぎりまでメンバーが変わり続けて、戦術構築が十分に出来ず選手の閃きに頼る部分が多かった。怪我人が多く本大会中は紅白戦さえ出来なかったという。就任以来3年間で一度も逆転勝ちが無いという勝負弱さも最後まで残った。

今大会ベスト8は欧州勢7カ国+アメリカという顔ぶれになり、アジア、アフリカ、南米は全て姿を消した。日本よりランキングがずっと下位のイタリアも残ったが、最近ユベントス女子の試合に数万人を集めたことがニュースになった。近年欧州では女子サッカーの人気が高まっており、プロ化のために多くの投資がなされている。指導者の層が厚くインフラも整備された欧州が本気になってきたのだ。一方で日本の「なでしこリーグ」は大半がアマチュアである社会人と学生で構成されており、現在は外国人選手もほとんど在籍していない。育成組織は貧弱で、中学年代に至ってはプレーする環境がごく限られる。JFAとリーグが本腰を上げて抜本的な改革をしない限り、世界との差は離れる一方だろう。それはすぐには出来ないことだが、まずは~U20や今大会で実力を見せた杉田や遠藤らポテンシャルのある若い選手が、欧州リーグでプレーすることが必要ではないか。プロとして市場が確立した男子に比べるとハードルが高いので、JFAはそのための支援に少しでも力を入れてほしいと思う。

4年に1度のワールドカップで熱い真剣勝負を見せてくれたなでしこジャパンの選手たち、ありがとう。できれば、もう少し観たかった...

robertohouse │コメント(0) 
サッカー 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • アンプ比較
    • 48dB/oct
    • 48dB/oct
    • 48dB/oct
    • マルチアンプ始動 QSC PLD4.2 ファーストインプレ
    • 台風19号
    • 台風19号
    • 台風19号
    • 未知の領域へ
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸 竣工写真撮影
    • KD邸 竣工写真撮影
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(2) 変則バイアンプの問題
    • マルチの検討(2) 変則バイアンプの問題
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • soundcare スーパースパイク
    • soundcare スーパースパイク
    • soundcare スーパースパイク
    • リノベーション
    • iPhone11Pro発表
    • iPhone11Pro発表
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸
    • M-E
    • JBL 2way 一段落