2023年11月02日

IMG_4785



Proでない13miniでさえ、RAW現像次第でフィルムライクにも仕上げられる。
Lightroomのカメラモードを一発で起動できたらもっと良いんだけどな~






robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真2020~ | 柴犬日記

2023年10月31日

04_l  canon_RF10-20mmF4LISSTM_EF11-24mmF4LUSM_comp_km_001



シグマ10-18mm F2.8 DC DN Contemporary 
 
F2.8の大口径でこのコンパクトサイズ!開放では若干甘いようだがF2.8の浅い被写界深度、低ISOで使えるので表現の幅は広がる。
最近のミラーレス機で最も魅力を感じているα6700との相性は良さそう。SONY 10-20mmF4Gと一長一短で迷うところだ。APS-Cは実用上、必要十分であり稼働率は確実に上がるだろう。

キヤノンRF10-20mm F4 L IS STM
この焦点距離でなんとフルサイズ!10mmという驚異的な画角によって実質的にAPS-Cシフトレンズとして使えるし、撮れない建築はなくなるだろう。このサイズに納めたことも素晴らしい。
キヤノンのカメラはデザインや操作感があまり好きではないが、このレンズのために乗り換えてもいいかと一瞬思うくらい魅力的。

今使っているGF20-35mmも超高性能でフォーマットを考えれば小型軽量だ。ミラーレスは広角系に有利で進化が速く、広角好きとしてはいろいろなシステムに目移りしてしまう...






robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真2020~ 

2023年10月30日

E3CE2A7E-27AB-4462-8C00-B0D09B2B8795



iPhoneのアプリLiitを使ってみた。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 | 柴犬日記

2023年10月26日

9453BF5D-4E0B-4DC4-A3DA-8FE089C11141 C9917113-987C-42E2-83CE-D81AD4BFBB59

近年では施工されることが珍しいといわれる瓦棒葺き。
棟や谷が交差する難しい納まりもあって、まさに板金職人さんの作品ですね(^^)

建築設計due

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2023年10月25日

DSCF8265

近代建築の要素が詰まった、普通の古いビルが好き。続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 

2023年10月23日

キャプチャ


Adobe Lightroomに凄いアップデートが来た。ついにAIによって背景ぼかしをコントロールできるようになったのだ。
iPhoneのポートレートモードを、あらゆるカメラ・レンズでRAWから使えるようになった感覚である。
まだ被写体認識が甘かったりボケが段階的だったりするので、パンフォーカスから派手にぼかすと違和感が出やすいが、元々のボケに空気感を加えるような控えめな使い方もできる。
癖(収差)のないボケに加えて、バブル、五角絞り、リング、口径食などもシミュレートできるようだ。上の写真はGF20-35mmF4で、F2くらいのボケ感を出そうとしている。

既に実用化されているAIによる解像度強化とノイズ除去に加えて、ボケ感まで自由になれば、大きなセンサーも大口径レンズも要らなくなる。AIの計算速度はデータが小さい方が有利にもなる。
これからはフォーカス精度や速度、機動性重視のカメラ・レンズ選びをするほうがいいかもしれない。さてどうするか...





robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 

2023年10月22日

BD64DA70-BA67-4DFE-BF87-E407DD638012


robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 

2023年10月21日

DSCF8269


帰ってからの楽しみも…続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 

2023年10月16日

L1002913


ライカM Typ262は、ある意味で究極のデジタルライカという気がする。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
Leica 

2023年10月15日

IMG_4616  20231015_104707    

TG-7到着。

USB-Cになったのは便利。これでようやくmicroUSBケーブルを排除できる。
TG-5に比べて液晶の画素が増えて見やすくなった。グリップも多少は掛かりが良くなった。 
改良点はそれくらいなので...気分を変えるためにレッドに^ ^;  

TG-5のレンズに傷を付けてしまっていたので 純正レンズバリアも仕入れた。動きはスムースで良い。TGシリーズは保護フィルターをつけることもできるが、工事現場ではフィルターについたホコリが写り込んでしまう。続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 




PVカウンター

    最新コメント
    月別アーカイブ
    記事検索