2006年02月21日

パワーアンプを少しいじってみました。66b2b408.jpg


NFB(負帰還)を掛けてみたのです。
出力トランスの2次側から電圧増幅段のカソードまでフィードバックすることで歪みを減らすというもの。ダンピングファクターが大きくなり低域もしまるといいます。

実験の意味もあるので、2種類の抵抗を切り替えられるようにしました。OFFにすることもできます。
作業としては抵抗を4個とスイッチを追加するだけ。
途中、正帰還になってしまったりもしましたが、「情熱の真空管アンプ」という教科書と、BBSでの相談で解決。

数枚のCDを聴いた感じでは、確かに音は変わります。
NFB?ONでは全体にすっきりして奥行き感が出ます。低域は量が少し減って締まりはよくなりました。
ボーカルなどはNFB?OFF(無帰還)のほうが浮き出すような感じがあって、一長一短というところか。

いつか真空管アンプをつくる!という夢があるので、いい実験になりました。


ところで最近は低音をバイアンプで鳴らしています。

igakukannさんに譲って頂いたエレキットのICアンプ にスイッチング電源(12V2.1A)を左右独立で接続しました。アンプキットは2400円で、電源まで入れても総コスト1万円ほどの激安アンプですが、品質は侮れません。最大パワーを別にすれば、(売ってしまった)フライングモールDAD100といい勝負です。
高域はちょっとうるさいところがあるのですが、ゴリっとした低域の締まりは真空管アンプよりいいので、低域専用に使ってみることにしました。電源が独立しているのでセパレーションもいいはずです。

バイアンプ方式はトータル出力が増えるしボリュームを独立して調整できるので音づくりは自由自在で楽しいですね!
音は一長一短...バイアンプで低音は力強くなりますが、自然さでは真空管が上かも。

それでもメインアンプを修理・改造したり作り直したりするとき、サブアンプがあるのは便利なものです。

d9017d28.jpg
e70704e0.jpg




コメント(0) 
オーディオ 2005~2007 

2006年02月20日

5dac84d6.jpg
先日つくりました「ローコスト学習机」にちょっとだけ(^_^)反響がありましたので、板取図を描きました。
あっけないくらい、簡単な図ですね...でもそこがポイントです!


・板の種類は何でもOK
シナランバーコア、シナ合板、ラワン合板、MDF、パイン集成材などが使えます。
また、厚さに関係なく同じ板取で作れる設計になっています。15?25mmくらいが適当でしょう。重厚さを狙うなら厚手の集成材で、軽快にするならシナランバー15mmがお薦めです。

・R加工をしましょう
各部のRを大きくすると、可愛らしいデザインになります。安全のためにもRを取りましょう。大まかにノコギリで落とし、あとはヤスリで丸く仕上げます。

・塗装はお好みで
僕はオスモカラーというドイツ製のオイルフィニッシュとしましたが、オリーブオイルでもOKです。オイル仕上げが一番美しいのですが、汚れを気にするならクリアラッカーなどが良いでしょう。また、オイルステインなどで色を着けても面白いと思います。

・照明器具などはお好みで
スリム蛍光灯のインバーター型がお薦めで、3000円以下で買えます。
コードを通すため裏板に30Φくらいの孔を開けておくとすっきりしますし、延長コンセントタップもセットできるので便利です。

・天板の高さ調整範囲は約47?55cmくらいまで
これで身長100?140cmくらいまでは対応できます。これ以上に成長したら、脚だけ大きめのものを作ります。脚は独立した部品なので交換は簡単です。

ちなみに市販のデスクは全体的に天板が高すぎます。大人でも標準とされている70cmは高すぎで、64?68cmとして椅子も低めにしたほうがリラックスして長時間座れるものです。ちなみに僕の仕事用デスクは67cmです。
天板より20?25cmくらい低い、細かく調整できる椅子を用意します。
子供用の椅子は脚をのせる台が付いたものが多いのですが、こういう姿勢は疲れます。椅子も机も、台が要らない高さにするのがベストなのです。


・天板に乗ってはいけません
壊れることはないと思いますが...

・組み立ての順番
? 各部材について角をR加工し、表面のサンドペーパー(#320)仕上げを行う
? 側板と脚を重ねて、同じ位置にドリルで孔6Φをあける(脚はメスナットが入るため10Φに広げる)
<ここまで、3?4時間>
? 裏板と天板を固定する(木工用ボンドと釘またはビス併用)
? ?に側板を両側から固定
? 飾り棚を取付
? 塗装仕上げ
? 六角ボルト(オスメス)各4本で脚を固定
? 照明器具を取付
<合計5?7時間>

ef8a3689.jpg


この図は(個人で楽しむ目的に限り)自由に使って頂けますが、あくまでデザインの提供ですので製作・使用は各自の責任で行って下さい。
製作された方は完成写真などでご報告して下さると嬉しいです(^_^)
お問い合わせは手紙までどうぞ。






コメント(12) 
家あれこれ 

2006年02月19日

富山も少しずつ春めいてきました。
今日はあちこち雪が残る中、ゆったりポタリング。2時間以上走ったのはホント久々です。

アトリエから1時間も走れば、こんな雪景色が見られます。さすが富山!

こんな時期、シクロクロスレーサーは快適。
路面が濡れていてもDISCブレーキは面白いように効くし、ちょっとした障害物も乗り越えちゃいます。工事中の砂利道や、雪も少しぐらいならOK!
ロードバイクより気軽に安全に走れますね。

もちろん乗り味はMTBとは全然違い、限りなくロードバイクに近いものがあります。
ロードバイク程の切れ味はありませんがダンシングにもよく反応しますし、ショック吸収が良くポジションも自由なので長時間乗っても疲れません。

まさに最高のポタリングバイク!

2a554876.jpg

雄大な立山連峰


f10f2519.jpg
e67eac22.jpg


コメント(5) 
自転車とフィットネス 

2006年02月18日

12da9d85.jpg
入学準備の学習机が一日で出来ました!

デザイン・コンセプトは

・誰でも一日で簡単に作れる
・1820*910板×1枚で無駄なく出来る
・長く使えるよう、シンプルで丈夫
・高さ調整ができる
・照明付き
・飾り棚付き
・軽快、素朴、かわいいデザイン
・北欧の図書館の子供コーナーにありそうな?
・一応、女の子用


材料:シナランバーコア15mm(\3000くらい) 銅スクリュー釘+木工用ボンド留め
仕上:オイルフィニッシュ(オスモカラー・ドイツ製自然塗料 オリーブオイルでもOK)

・六角ボルト締めで高さを調整できます。(オス・メス8組で\1200)
・インバータースリム照明(\2780)を付けました。
・角を削って適度な丸みをもたせました。

板をホームセンターでカットしてもらえば、ドリル、金槌、紙ヤスリ、ノコギリだけで簡単に出来ます。
総コストは?8,000くらいです。
市販でいちばんいいなと思った机は\82,950! なんと1/10で出来ました?

ぜひお試しあれ。
希望があれば、板取図をUPします。


1d7f535c.jpg
07b5ccdd.jpg



コメント(3) 
家あれこれ 

2006年02月17日

春から小学生になるので、「机つくって」と頼まれました。

そこで世の中の学習机とやらを調べてみました。

259d3164.jpg
1cf98713.jpg
36ebf1f6.jpg


うーん、僕らの時代とは違うけど、まだ「事務机のミニチュア版」っぽさがありますね?。
質感はナチュラル系が増えていますが、デザインはゴチャゴチャしてる。

コンセプトは、シンプルで可愛く、機能的、かつローコストで作りやすい(^_^)こと!

乞うご期待!

コメント(0) 
家あれこれ 

2006年02月16日

e5b5ded2.jpg
オリンピックも前半を過ぎて、日本勢はいまひとつの成績ということです。

スピードスケートは惜しかったし、モーグルもよく頑張ったと思うけど、スノボなんて完全に「井の中の蛙」が路程してしまいました。アメリカや欧州勢と比べると大人と子供みたいなものでした。
ハーフパイプはスポーツというよりショービジネス色が強く、本場アメリカの賞金レースに出ているプロ選手が最強で、日本勢はどうみてもアマチュアでしたね。

でも、当然といえば当然の結果ではないか?
たくさんのメダルを獲得した長野五輪は「国家的プロジェクト」として今の中国並みにお金と環境を与えて強化した成果が出たわけで、それ以前は、冬季五輪でのメダルなんてほとんど夢のようなものでした。6位入賞でニュースになるほどでしたから、伊藤みどりや昔のスキージャンプなどは例外的なスターとして歴史に名を残しています。


全ての街にジャンプ台があったり、サッカーの次にスケートやスキーが人気で、多くの人がスポーツクラブに所属している北欧・アルプス勢と比較すると、お金も関心も環境も、文化としての定着度も違いすぎます。

日本代表選手クラスでさえ、自分でスポンサーを探し、借金して遠征費を捻出したりしています。企業も選手を広告ツールとしてしか考えていません。アスリートというより、芸能として消費しています。一般人も、彼らトップ選手に対して「自分たちが普段やっているスポーツの頂点にいるアスリート」という理解と尊敬があるでしょうか?単なるお茶の間の芸人、有名人ではありませんか?



そもそも日本は温帯?亜熱帯モンスーン地域に属するわけで、冬季五輪でメダルを取れる国としては最南端ぎりぎりの国ではないでしょうか。
(関係ないけど、「ニホンザル」は世界最北端の猿だそうです。)


4位に入った岡崎朋美選手の笑顔は素敵でした。
「全力を出し切ったから許して」

この人こそ、真のアスリートとして尊敬します。


コメント(0) 
サッカー 

2006年02月15日

c623ed0a.jpg
昨年の「紅白歌合戦」最大の収穫?
インディーズながら300万枚を売り上げた超新星!
ハワイ育ちのShen(シェン)、日本育ちのMicro(マイクロ)のユニット。

Def Tech 
にハマっています。

ヒップホップはあまり聴かないけど、これはJAWAIIAN RAGGAE(ジャワイアン・レゲエ)というらしい。そこらへんのJヒップホッパーとはレベルが違う!確かに、ジャンルを超えた魅力があります。

まだ1stアルバムしか持ってないけど、レゲエ、ヒップホップから沖縄民謡の雰囲気もあったり、どこか無国籍で体に染みこんで来ます。
大音量でもノレるし、BGMとしても心地よいのです。

歌詞もきちんと聴き取れるし、まっすぐ心に響きます。
激しく、かっこいいのに、優しい。泣けます。
とにかく聴いていてとても幸せな気分になれます。

「紅白」でも、歌もダンスも完璧なテクニックで、幸せパワー全開!世代を超えて訴えかける力を感じました。
(あまりの存在感に、他のベテラン歌手が全部かすんでしまった...)

紅白歌合戦のDefTechの映像がここで見られます!
まだ知らない人も、騙されたと思ってぜひ!

ヒップホップやJ-POPは聴かないという人にも、お薦めです。

8818bbac.jpg
79151b6b.jpg


コメント(0) 
オーディオ 2005~2007 

2006年02月14日

 4af53d78.jpg

アナログレコードの世界は奥が深いというけれど、ほんとに、いいものです...安い掘り出し物レコードがたくさんあるし、音は分厚くキレがあって暖かい...ハマるとやばいかもしれませんね!

1950年代のジャズなんて、最近のリマスターCDより絶対いい音がします!

今日は僕が使っているアナログ機器を紹介してみます。
どれも決してハイエンド機ではありませんが、音は気に入っています。



レコードプレーヤー: 
KENWOOD KP?9010


学生時代に購入してから15年間頑張ってくれています。
頑強なダイキャストボディと質の良いアーム、精度の高いDDモータが特徴で、アナログ時代の最後を飾った銘機。当時の10万円弱という価格は内容からすれば激安だと思います。今つくれば20万円以下では無理ではないかな?
最近、フォノケーブルと電源ケーブルを自分で交換しました。

カートリッジ: SUMIKO Pearl 

1万円ちょっとで買えるMM型で、超ハイコストパフォーマンス!
交換針も1本持っています。
音は素直でナチュラルそのもの。変な癖や誇張感がなく、ワイドレンジです。
低音の馬力も結構あるし、透明感があって音場感もいいのです。
オルトフォンやオーディオテクニカの3万円くらいのMCも使いましたが、Pearlのほうがいいと思いました。
MM型はトランスやヘッドアンプが要らないので、コストだけでなく音質的メリットもあると思います。5万円以上のMCなら、次元が違うのかもしれませんけど。3e56a5e8.jpg



フォノイコライザーアンプ: 
アンプSHOPミズナガ・特注プリアンプ


高級プリアンプを使った経験はありませんから比較はできませんが、このアンプは間違いなく素晴らしい!
20万円級の市販プリメインアンプから換えたときに、 「レコードってこんなに音がいいの?!」とびっくりしたのです。まるで今までの音がラジカセみたいに思えるほどに!真空管がレトロだなんてとんでもなく、艶やかで鮮やか、すべての音が生き生きとしています!ノイズがなくクリアな音ですが耳当たりが良くて刺々しさがないのは、やはり真空管ですね!

CRイコライザーを12AX7と12AT7の2段SRPPで挟んだ構成で、ノイズを避けるためR型コア電源部を別ボディとしています。配線は美しく、東一ビタミンQコンデンサなど、部品は高品位。
こんなフォノを搭載して、左右独立トーンコントロール装備、SRPPラインプリ段+低インピーダンス・カソ?ドフォロア段、合計8本の真空管を使っています。値段を聞いたら誰でもびっくりするような、ウルトラスーパーハイコストパフォーマンス!
ミズナガさん、作って頂いて恐縮ですが、これは安すぎます...


今後のグレードアップ目標としては、MM型の高級機グラド REFERENCE PLATINUMとか、分厚い音で根強い人気のMCカートリッジのDENON DL103+MCトランス、も使ってみたいし、プレーヤーが壊れたら、ザクシーズとかLINNのユーロ系ターンテーブルも魅力的...でも壊れそうにないんです...

0dde0999.jpg
d76bba40.jpg


コメント(10) 
オーディオ 2005~2007 

2006年02月13日

今年は早くから大雪だったけど、もうすぐ春なのか?
今朝はあんまりいい天気なので、アトリエから望遠レンズを向けてみました。

そして今日はなんと2週間ぶりに、2人揃って保育園に行くことが出来ました!

午後は初めての方が打合せに来られます。

e9d5d2fd.jpg

ff4d4f7f.jpg

9b7d2294.jpg

オリンパスE?1 80-150mm




コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 

2006年02月12日

午前中はI邸の第1回プレゼンテーション。
模型と図面を置いてきたので、建て主にしばらくバーチャル生活してもらいます。
本当にFITした家にするためには、基本設計段階でじっくりイメージを深めることが何より大切ですからね。


04658610.jpg
午後の打合せは仕事ではなく、
なんと「スピーカー」の製作依頼!


我がブログで「オベリスク」のデザインを気に入ってくれた「まさ」さんがやってきました!ジャズ好きでご自身もピアノも弾くという方です。

こういう出会いができるのだから、ブログをやってよかったと思います!

早速、何枚かのCDやレコードをかけてオベリスクを聴いてもらいました。
スリムな姿に似合わない低音や音場感、定位感を気に入られたようで、 契約成立!
オベリスクJr.を製作することになりました。

10月に竣工する新居に合わせ(家の設計は僕ではありません)、オベリスクのデザインをそのまま縮小したミニチュア版になります。

現段階の構想では、オベリスクで成功したタンデム駆動をフル活用し、8cmフルレンジ×3発を12?14cmウーファでバックアップしようと思っています。背面ツイータも効果的でしょう。エンクロージャーはOSBをダーク塗装がいいかな。

あくまで趣味なので、ほとんど材料費だけで作れます(^_^)


こういう依頼って、仕事とはまた違った、格別な嬉しさがありますね?

コメント(0) 
オーディオ 2005~2007 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • ハッセルブラッド907X
    • CD整理
    • リマスター音源
    • Macのキーボード
    • Macのキーボード
    • オリンパス、カメラを含む映像事業をJIPへ譲渡へ
    • Spotifyの音質設定
    • Spotifyの音質設定
    • Apple WWDC 2020
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • Panasonic Lumix S 20-60mm F3.5-5.6
    • 外付HDDからMusicを再生
    • ごちそう
    • Macの音2
    • Macの音
    • Color Sync
    • MacBook Pro 16inch 2019
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負