2005年10月07日

ついに我慢しきれなくなり、ウーファーを追加した。

このオベリスクというスピーカーはあとからどんどんバージョンアップができる。
ある意味でいい加減な設計のキャビネットである。
これまでにも、

1.FE83E×4発のTQWT(共鳴管)として誕生
2.FE83E×6発に増設
3.バスレフ化
4.バスレフダクト延長
5.ユニット2発をマトリックス接続
6.ウーファー追加


エンクロージャーの限界まで改造を重ね、グレードアップしていく様は
メッサーシュミット並みである(わかる人にはわかる)

しかし今回がほぼ打ち止めとなるだろう。
最低共振周波数が140HzというFE83Eを限界まで試した結果、ついにウーファーを追加することになった。これまでとは違って、根本的な大変更だ。
しかしここでもひと工夫している。

FE83Eのさわやかで切れ味のいいキャラクターを生かすには、振動系の重いいわゆるウーファーユニットはふさわしくない。
当初はFW168Nというウーファーを考えていたが、重い低音に違和感が出るだろうし能率も低すぎる。
そこで比較検討の結果、FOSTEXの FF165Kというフルレンジユニットを使うことにした。
強力ユニットだが値段も激安でウーファーの半額以下、振動系はFW168Nの1/3以下という軽さである。オベリスクの内容積はフルレンジでも十分対応できる。

さてこのユニットを大型コイルでバッサリ高音を切って使おう。なんと4.7mHというコア入りコイルを手に入れた。これでFE83とバランスするはずだ。
ルックスはいまいちだが、背面に付けるので気にならない。

さて試聴してみる。

当たり前だが、低音の迫力はこれまでの比ではない。
FE83Eもサイズの割りには頑張っていたが、低音は空振りしていたのがよくわかる。
これでもうバスブーストは必要ない。
小型ブックシェルフスピーカーの重く遅い低音ではない。
スケール雄大で、切れのいい低音である。

面白いのは、中高音までスケールアップしたように聞こえることだ。
共鳴のクセもほとんど消えた。おそらくFF165Kが強引にドライブしているおかげだろう。

このままでも厚く豊かな低音とさわやかな中高音で、素性はいい。
しかしエージングも必要だし完成度はまだこれからの部分もあり、ここからは低音中心にチューニングに入る。



fe9cc060.jpg

背面はこんなに賑やか!
ターミナルはTRITECの立派なモノを使用。
逆起電力の影響を避けるためバイワイヤリングにした。
ダクトは塩ビパイプで延長し(ジェットエンジン?)、fd=40Hzと欲張ってみた!


7d809f15.jpg

正面から見ると改造には気づかないだろう。


コメント(0) 
オーディオ 2005~2007 
うちにある唯一の市販スピーカーであるTANNOYの中身を見てみた。
ペアで5万円くらいの小型ブックシェルフタイプである。

予想はしていたが、なんという安物パーツであろうか!
14cmウーファーはなんとプラスチックフレーム!しかも薄くてヤワである。
マグネットは80×15で、これはフォステクスの10cmフルレンジFE103と同じ。

さらにネットワークを見て愕然とする。
コイルは超小型のコア入り、コンデンサも爪くらいの大きさの電解。

ただしキャビネットは20mm厚のMDFで、サイズの割りには頑強で、叩いてもコチコチである。コネクターもバイワイヤリング対応の金メッキ。
内部には吸音材がいっぱいに充填されている。

高域が眠くて元気のないサウンドは、ネットワーク交換でガラリと変わるだろう。
吸音材を抜いてもいいかもしれない。

それにしても自作スピーカーのパーツ類がいかにハイグレードで安いかを再認識。
市販品でもいいものはあるけど、数十万円になってしまう。


fca01d01.jpg



コメント(0) 
オーディオ 2005~2007 

2005年10月05日

久々に、生でジャズを聴いてきた。

S氏に教えてもらって初めて行く、COTTON CLUBという富山駅近くのジャズパブ。

カクテル600円と安くて、演奏も良かった。
家族経営みたいで、とてもアットホーム。
さっきまでウェイトレスだった女の子が、ピアノやキーボードを弾いている!
店主?らしいギタリストのおじさんは、すごくうまかった。

自転車で行けば飲めるし(?)これはクセになりそうだ。

760a5291.jpg


コメント(1) 
オーディオ 2005~2007 

2005年10月04日

妻いわく、 「富山ではおしゃれをしていく場所がない」 と嘆きます。

「通勤着」というのも都会の専門用語であることを発見しました。
ここらへんじゃ、店員さんも工場作業員も、制服で通いますからね。
50m先のゴミ出しでさえクルマで行く社会ですから、姿を人に見せるっていうことがない。
会社へ行ってもみんな家にまっすぐ帰るから、ライブや映画や飲みにいくなどのアフターファイブもない!

高級時計やクラシックカメラを「実際に使う人」は、東京に集中しています。
例えば外国製高級ロードバイクは東京でしか売れていません。
3000万人もいる都会ではどんなにマニアックなものでも田舎の数百倍のパイがあるから、
特殊なブツで個性を表現してもファッションになり得るし、一般人もそれを認知してくれるのです。だから売れる。
ライカもロードバイクも、「おしゃれ」だからたくさん売れます。

また東京は全世帯の半分が一人暮らしであるという個人中心の消費社会で、しかも20?40歳代人口が多いのですが、
田舎は子供と老人が社会の中心で、大人は時間もお金も自分に投資するより彼らをサポートするほうに回っている。
ファッションリーダーである20歳代が都会に出ていてごっそり抜けているのも大きいですね。
「イエ社会」では安定を好み、自己表現をする必要性も少ないのかもしれない。
男社会と女社会がはっきり分かれているのも、大きなマイナスです。

田舎ではマニアックな趣味は「同好会」的な集団にしかならず、一般に溶け込んだ文化としては成立しにくいのです。
クラシックカメラマニアはいても、レチナやローライをおしゃれに「たしなむ」人はいない。
ロードレースに出場する人はいても、スーツ着てコルナゴやビアンキで通勤する人はいません。

たとえば高級ロードバイクに乗る人を見てどんなイメージをもつか。

田舎では
→競輪選手、クルマあるいは免許を持っていないひと
東京では
→おしゃれ、活動的、健康的、環境にやさしい、心に余裕のある人、お金持ち、工芸品、欧州文化への造詣がある人
となります。だから売れるのです。

東京というのはすごい街だなあと、離れてみてつくづく思います。

雑誌などのメディアの中にある世界が「現実に周囲に存在する東京」
「メディアの中だけのものである田舎」この違いは大きい。
ネットだけでは埋めきれないものがあります。



コメント(7) 
雑記 

2005年10月03日

この仕事は、土日の休みがなかなかとれない。
この週末も忙しくて、昨日は埼玉まで日帰り出張。


かわりに今日は、午前中に現場へ行った後はちょっとひと休み。
HPで知った「ナチュラルサウンド復元法」とやらを試してみた。
早い話が、故長岡鉄男氏のやっていた「スピーカー・マトリックス接続」と同じだ。

サブスピーカーに差信号を流すことで、L,Rの信号がそれぞれ反対の耳にも聞こえてしまう「クロストーク」をキャンセルするのである。

アトリエにある「オベリスク」の場合、6発のフルレンジのうち、2発をマトリックス接続にすると、理論上は50%のクロストークをキャンセルできるはずだ。

結果としては、こんな簡易なやり方でも効果は実感できた。
スピーカーの中央で聴かなくてもステレオ定位は崩れないし、アコースティック録音ソフトでは、奥行き感が増して楽器の定位が明確になった。なぜか高音のレンジが広くなった印象もある。
でもメインスピーカーが6→4発になったせいか、ちょっとハイ上がりになったような気もする。
システムのクオリティが上がってくると、さすがに8cmフルレンジだけでいくのは限界か....

そこでウーファ追加構想が盛り上がる!

コメント(2) 
オーディオ 2005~2007 

2005年09月29日

オーディオアクセサリーメーカーも商売のネタがなくたったせいか、
今は電源関係がアクセサリーの王様扱いになっている。

電源ボックス、ケーブル、コンセントからブレーカー、トランス...オーディオ専用をうたう製品だけで本ができるほどだ。中にはオーディオ専用にMy電柱を建てる人もいるらしい。
いずれも、もともと強電系の部品をアレンジしたものだから、業者の利益率はべらぼうに高いだろう。

中には1mで数十万円もするケーブルがあったりして驚く。建築現場で使われる電線なんて1m100円もしないからね!

だから、電源なんかで音がよくなるものか!と思ってきた。
唯一、信じられるのは定電圧のインバーター電源で、これは音がよくなるだろうと思うが高価だ。。

でもなんとなく、試してみたい気はしていた。
さすがにこれまで使っていたパソコン用タップもどうかと思うので、オーディオ用でできるだけ安価でしっかりしたものを探してみた。プリアンプの導入でテーブルタップが足りなくなりそうだし、アトリエにはアース付きのコンセントがあるから有効かもしれない。アースの効用はわからないが、3PINなら少なくともコンセント極性は合わせられる。

あれこれ悩んだ末に購入したのは フルテックのe?TP80という機種。
パワーアンプ、プリアンプ系と、ノイズフィルタ入りのデジタル系に分かれており、差し込みがしっかしりたホスピタルグレードというものだ。8口もあるから、これで足りなくなることはない。

372e307f.jpg


さて現物を見てみると思ったより大きくて立派なモノだ。
コンセントは非常に硬くてしっかりハマリ、さすがである。
音はともかく、安全に長く使えるしっかりしたタップといえるだろう。

ケーブルは別売りで、これもオーディオ用は高いのでとりあえずパソコン用3PINでつないでみる。機器類には3PINコンセントがないのでとりあえずアースはしない状態で鳴らしてみた。

あんまり期待はしていなかったが、確かに音は変わった。

まず、同じボリューム位置でも音量が大きくなったように感じる。
よくいう聴感上のSN比(よくわからん言葉だが)が良くなったということだろうか?
アタック音がしっかりして、重心が下がるというか、低音が明らかに力強くなり、締まりも良くなっている。ゴリっとした低音が出てくる、この大きな変化は意外だった。

スピーカーのセッティング変更のような音色の変化ではないが、アンプを替えたときの変化に近い。

それにしてもなぜ音が変わるのか、不思議だ。



コメント(0) 
オーディオ 2005~2007 

2005年09月28日

アナログレコードが好きで、CDと同じくらいよく聴いている。
特にJAZZでは独特の分厚い音が魅力だ。
何となくCDよりまろやかで、気分が落ちつく。
JAZZは安い中古レコードがたくさんあってお買い得でもある。

さてアナログレコードを聴くには、レコードプレーヤーとフォノイコライザーが必要だ。
アナログレコードに刻まれた音は極めて微弱で高音に偏っているので(RIAA偏差という)、
これを補正して増幅するのがフォノイコライザーだ。

プレーヤーはケンウッドの15年前の名機 KP9010 で、これは大変気に入っている。
今では海外製の安いプレーヤーもたくさん出ているけど、オートリフトアップのついたKP9010は便利だし、ダイキャストフレーム&アームは今見てもハイコストパフォーマンスだと思う。

9cfc13cf.jpg


しかし、フォノイコライザーはヤマハのHA?5という6000円の安物。
真空管アンプに替えたとき、急場しのぎに購入したものだ。
これがやはり値段相応で、どこか薄っぺらでfレンジ、DレンジともにCDに比べて明らかに狭いのはこのイコライザーのせいだろう。

そこで、15年選手でノイズが出始め引退したサンスイのプリメインアンプ、α907iに復活してもらい、このPHONO入力を使い、RECOUTからメインの真空管アンプにつないでみたら、グンと良くなった!
低音が豊かになり、厚みも増したのだ。
当時198,000円の高級プリメインで、まだアナログも生き残っていた時代だから、案外優秀なフォノイコライザーが付いているようだ。

アナログはカートリッジやイコライザーでころころ音が変わる。
そこがまた楽しいところで、現在製作中のフォノプリアンプの完成が待ち遠しくなる。
これでオール真空管構成となるのだ!


コメント(4) 
オーディオ 2005~2007 

2005年09月27日

オリンパスサイトで E?500 が発表された。

35522bc2.jpg


恐らく実売6?7万円くらいの格安入門機だけど、
435gと小型軽量で、スポット測光によるハイライト・シャドウコントロールがあるところなど、昔の愛機OM?4Tiを彷彿させる仕様。
CFカードが使えるし、フィルター効果を変えられるモノクロモードがあったりして、このクラスにしてはマニアックだ。
2.5インチ液晶と800万画素センサーはフラッグシップ(古いけど)E?1を凌いでいる。

同時発売の廉価版レンズがまた変わっているのだ。
36?360,35?90,70/3.5マクロ(いずれも35判換算)という3本。
35?90mmなんて10年前の入門レンズみたいで?な商品企画だが、210gという超軽量でボディと合計で700gを切る。セット販売で恐らくタダみたいな価格のはず。
f3.5ー5.6と暗いのが難点だが、28cmまで寄れるようだし、家族のスナップレンズとしては悪くないかもしれない。

70mmは等倍マクロで、オリンパスだから画質に手抜きはないだろう。
E?500にセットしてわずか600gだ!
50mmマクロだったら標準レンズ代わりになってなお良かったが...

E?1のサブ機として、来るべきE?2?へのツナギとして損はない気がする。
70mmマクロを付けてカメラバッグの隙間に入りそうだ。
ストロボも付いているし、電池がE?1と共用できるのもいい!

デザインも入門機らしからぬ渋さで、決して悪くない。
しかし7?14mmのような大型レンズとはバランスが悪そうだ。

この超弩級レンズもいいなあ...
限定頒布されていたOMレンズアダプターも市販されるようだ。

オリンパス、元気が出てきたぞ!


コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 

2005年09月23日

プリアンプを発注して以来、もうひとつの誘惑に駆られています。

「パワーアンプのモノブロック化」

プリアンプを導入すると、現在使っているHC?1SEをパワーアンプとして使うわけですが、
これをさらに1台追加すれば、それぞれをモノーラルパワーアンプとして使えます。

単に出力が2倍になるだけではありません。
真空管アンプの弱点であるセパレーションをしっかり取ることができますから、音場感、定位感も増すでしょうし高域も改善されるのでは?
ダンピングファクター2倍で低いインピーダンスのスピーカーにも2倍強くなるはずです。
300Bシングルアンプのエネルギッシュで明るい音に加え、低音もさらにパワフルになるでしょう。
恐らくパワーアンプそのものをグレードアップするよりも効果は大きいのではないか?


300Bアンプ導入

トランス交換

プリアンプ導入

モノブロック化

サブウーファのマルチアンプドライブ化?


煩悩はとどまるところを知りません...
コンポーネント・オーディオというのは、こういう発展性が楽しいんですよね。

というわけで、片側チャンネルだけで実験してみました。
CDプレーヤーからアンプのL・R入力に同じ信号を送り、L・Rスピーカー端子に1本のスピーカーをつないでパラレル・モノにしてみます。
スピーカー1本での試聴なので当然、セパレーションは出ませんが、音の違いはわかるかもしれません。

結果は「びっくり」しました。
パワーが2倍になるのでよりパワフルな鳴り方になりかと思ったら、
すっきりクリアな音が出てきました。ffでも1音1音が埋没しないでくっきり分離したイメージです。
また当然ながらボリューム位置が同じなら音はかなり大きくなります。

ともあれ、この違いは驚きで、今後の参考になる実験でした。

コメント(0) 
オーディオ 2005~2007 

2005年09月20日

ヤフオクでの資金調達もようやく目標に達し、
ついに、懸案であったフォノイコライザー付きのプリアンプを発注しました。

お店はいつものアンプショップ・ミズナガさん。
何十万円もする海外ブランド製品があふれる中、誠実透明価格でカスタム仕様に応えてくれる職人さんです。ここだけの話、信じられないくらいに安いのです。

今回の狙いは、

?ジャズのレコードをCD並みの音質で聴けるようにすること(現在はヤマハの安物フォノイコライザー使用のためCDに明らかに劣る)

?300BシングルプリメインアンプHC1?SEのトーン&初段をパスするモードでパワーアンプとして使い、真空管プリアンプでさらに艶のあるエネルギッシュなサウンドを目指す


<カスタムプリアンプの仕様>

・オール真空管
・アンプ本体と電源部の分離型
・フォノイコライザーは、3極管によるCR型
・増幅回路は3極管によるSRPP
・操作ツマミは、ボリューム、バランス、高音、低音、セレクター
・操作スイッチは、電源スイッチ、トーンパススイッチ
・入力RCA端子は、PHONO-MM、LINE1、LINE2、LINE3
・出力RCA端子は、RECOUT、PREOUT1、PREOUT2


以前はプリアンプ不要派だったのですが、「プリアンプを入れた方が音がよくなる」という話をよく聞きます。インピーダンスの問題ですかね?
ともあれ、これまで手のでなかったプリアンプを使うということでハイエンドオーディオの入り口に立っている気がして、いい気分♪

さあ、完成まで1ヶ月余り、楽しみですね?

コメント(0) 
オーディオ 2005~2007 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • 散歩
    • 散歩
    • 散歩
    • シグマfpが1位
    • シグマfpが1位
    • シグマfpが1位
    • シグマfpが1位
    • 天板取り外し式
    • AirPods Pro
    • アトリエオーディオ復活へ?
    • 首里城
    • 首里城
    • HR邸 竣工写真撮影
    • HR邸 竣工写真撮影
    • シグマfp発売
    • シグマfp発売
    • 散歩
    • アンプ比較
    • 48dB/oct
    • 48dB/oct
    • 48dB/oct
    • マルチアンプ始動 QSC PLD4.2 ファーストインプレ
    • 台風19号
    • 台風19号
    • 台風19号
    • 未知の領域へ
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸 竣工写真撮影
    • KD邸 竣工写真撮影
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(4) DSP内蔵パワーアンプ
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー