2020年05月25日

100102110_2948469168606837_2784501154254422016_o


コントロールセンターとなっているRME ADI2PROを手元近くに置くため、BELDEN 88760NEUTRIKのキャノン端子でXLRバランスケーブルを自作。続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年05月23日

59833CBD-AAB3-412E-9EA5-B8C619846332


デスク周りの模様替えに併せて、ずっと構想してきたオーディオのセットアップを開始。

プリメインアンプ YAMAHA CA-CR1
オープンリールデッキ AKAI GX-635D
FMチューナー TRIO KT-8300
PCオーディオ用DAC PC100USB

見た目と雰囲気重視のセレクトではあるが、さすがオーディオ全盛期70年代トリオ!時代が合っているせいか、いきなり良い音で鳴る。
特にバリコンチューナーで聴くNHKのライブは厚みと艶があって素晴らしい。
家の自室の10倍ほどの気積をもつ大空間は良くも悪くも圧倒的で、何を聞いても開放的なライブサウンドになる。

プリメインアンプCA-CR1の使い勝手は予想通り最高だ。
聴きやすい音に整えるためにトーンコントロール、ラウドネス、バランスコントロールがとても役立つ。連動ACアウトレットも便利。
RECセレクターもあるので、いずれオープンリールでBGM用に何か録音してみよう。

スピーカーはとりあえずリビング用の8cmフルレンジFE83solの木箱を持ってきた。
手塩にかけたJBL2wayはBGM用にはもったいないので、自宅でさらに追い込むことにした。
アトリエではTAOCの重量級スタンドHST-60HBを使い、小型スピーカー限定で遊ぶことにする。
自作はもちろん、往年の名機を載せ替えても楽しそう。ここは広大なので小型スピーカーなら複数所有することもできる。
FE83solでもスタンドのおかげでしっかり鳴るけれど、エンクロージャーの色がインテリアに合っていない。

VISATON BG20で新作を製作するのが楽しみだ。このスタンドに載るサイズで良い音が出せるだろうか???



 

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ | 建築設計due

2020年05月22日

キャプチャ


Macbook欲しい病の続き。店頭でAirとProを触ってみた。続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
Mac 

2020年05月15日

0AF6E9B0-4C91-44D5-994D-8B2B19179FDD



ずっと前から定期的に罹るMacBook欲しい病。2020年モデルはいよいよ価格が下がってきて再発中…
MacBook Proの下位機種か、MacBook Airの最安吊るしモデルか。

仕事用ではないのでCPUやメモリに高いスペックは求めない。基本的にクラウドを使うのでSSDは小さくていい。
ただしLightRoomでのRAW現像は快適に出来てほしい。Leica×MacBookは最高にカッコいい組み合わせだ(笑)
スペックで言えば、より安価なAirでも十分かなと思うが、ProのtouchBarを使ってみたい気はする。

軽さやバッテリーのスペックではWindowsのLG gramの方が上なのだが、あまり惹かれない。
MacBookのretinaディスプレイは綺麗だし、Windowsノートは過去に数台使っていずれも短期間で故障した苦い経験もある。 

そして何より、仕事用のWindowsとは気分を変えたい。直感的かつ iPadやiPhoneと連携のいいMacOS を使ってみたいんだよなあ…













robertohouse │コメント(2) 
Mac | ライカ

2020年05月13日

942100F6-7589-458B-8BAC-73F6F2E3DB20

昨夜DEAD ENDを聴いたところだった。虫の知らせか。

小学2年で姉に連れられてコンサートに行った時のことをよく覚えている。英語歌詞をカタカナで覚えて歌ったりもしていた。
ゴダイゴは当時はアイドル的な売り出し方もされたが、今聞いても全く古さを感じさせない、超本格派バンドだ。
中でも2ndアルバムDEAD ENDは至高の名作。浅野さんのギターもカッコいい。今夜もリピートして合掌。

robertohouse │コメント(0) 
エンターテイメント 

2020年05月12日

BBF03B85-066A-4B0D-A2F1-17ABFD4A4ACE


活動を自粛すれば感染は抑えられ、緩めればぶり返す。ワクチンや特効薬が開発されるまではその繰り返しになりそうだ。
どのような距離感をもってこの脅威と付き合っていくのか。社会的な許容ラインをどう確立するか。科学、政治、そして一人ひとりの意思の力が試されている。


robertohouse │コメント(0) 
柴犬日記 | 雑記

2020年05月11日

05206C9A-4080-4B56-877A-5CBCF235B655


YAMAHA CA-R1は中級機ながらプリアンプとメイン(パワー)アンプを分離して使用できるので、スクランブルテストを実行。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年05月07日

5BD04144-82FC-4D0D-81E4-305A56AF2EC4


建築設計dueでは進行中のいくつかのプロジェクトについて、4月から100%オンラインで打合せを行なっています。
対面でのきめ細かいコミュニケーションを重視してきましたが、この状況下で思い切って提案したところ、ご理解が得られたので踏み切りました。

お客様にはご不便をお掛けすることになり、もどかしさもありますが、いくつかのコツを掴めば、思ったよりスムーズに進行できることもわかってきました。対面と同様、dueの2人がタイミングよく連携して説明・聴き取りを行い、なるべくストレスがないよう心掛けています。お客様も、色々と考え工夫して柔軟に対応して下さっています。 互いによく準備して要点を絞って臨むことで、対面より効率の良い面もあり、平常運転に戻っても有効に使えるツールであると感じています。



そしてGWのお休みにはプライベートでも大活躍 ↑ (笑)

富山に引っ越したために疎遠になっていた旧友や、カメラ、オーディオ、サッカーなど各方面の仲間とのオンライン飲み会を存分に楽しめました。 
公私に色々やってみてわかったのは、互いに信頼関係があれば、オンラインでも同じように上手くいくということ。当たり前ですね(笑)

もちろん対面がベターなことは間違いなく、COVID19の感染拡大が早く収束して、またアトリエにお客様をお呼び出来ることを願っています。
それまでに(オーディオ構築も含めて)少し模様替えをします!! newアトリエにぜひお越し下さい。

建築設計dueのノート 

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2020年05月06日

22F63EF1-D424-4708-83D4-302D185C38CD

アトリエのアンプ計画、悩んだ末に1976年製の中級機YAMAHA  CA-R1を入手。
デザイン重視で、パワーメーターに惚れました。現代のアンプにはない雰囲気、造り、機能、そして音も。続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
オーディオ2020~ 

2020年05月04日



FIFA TVの#WorldCupAtHomeのチョイスが凄い。
1986年メキシコ大会から観続けているオールドファン?としても思い出深い好ゲームばかり。
94イタリアvsナイジェリア、90アルゼンチンvsブラジル、ドイツvsオランダ、1986ブラジルvsフランス、、、そこへ2018ドイツvsメキシコを入れてくるセンス。
DAZNで今シーズンのリーグ戦が観られなくても当分は満足出来そう(^^)









robertohouse │コメント(2) 
サッカー 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • CD vs MacBook
    • CD vs MacBook
    • ジャンプスターター再テスト
    • ハッセルブラッド907X
    • CD整理
    • リマスター音源
    • Macのキーボード
    • Macのキーボード
    • オリンパス、カメラを含む映像事業をJIPへ譲渡へ
    • Spotifyの音質設定
    • Spotifyの音質設定
    • Apple WWDC 2020
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • Panasonic Lumix S 20-60mm F3.5-5.6
    • 外付HDDからMusicを再生
    • ごちそう
    • Macの音2
    • Macの音
    • Color Sync
    • MacBook Pro 16inch 2019
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負