2010年03月13日

対称型の超広角レンズは歪曲収差がないのが特徴。
でもコサイン4乗則のため周辺光量がドスンと落ち、センターNDフィルターが必須と言われています。

PHOTOSHOPでちょっとシミュレートしてみました。


P3124505pa2_800
OLYMPUS E-3+7-14mm/f4


補正前の元画像は↓


続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2010 
P3134542p613_800

OLYMPUS E-3+7-14mm/f4


パノラマであっても、焦点距離は重要ですね。 
これは最大画角の7mmで撮影し6:13にトリミングしたもの。

元画像は↓

続きを読む

robertohouse │コメント(4) 
カメラと写真 2010 

2010年03月12日

P3124512pa2_800
OLYMPUS E-3+7-14mm/f4



robertohouse │コメント(2) 
カメラと写真 2010 
P3124504pa_800


アスペクト比1:3をイメージして撮影してみました。

続きを読む

robertohouse │コメント(6) 
カメラと写真 2010 
割れたスプールを交換、ついでにシャッター速度、幕不良、露出計ズレ調整、各部清掃。
修理代は痛い、痛すぎるけれど、Leitzと名の付くカメラとしては、かなり安いほうでしょう...(M型の1/2~1/3くらい)
シャッター音が少し軽くなったかな?


P3124530_640


カメラ.ヒラノさんの革ケースと、社外品でぴったりな角形フードをあつらえました。 

ファインダーは美しく、距離計、露出計も使いやすく、マイクロフォーサーズ並みに小型軽量でレンズが素晴らしい!
欠点は0.8mしか寄れないことと、望遠レンズが使えないことくらい。
毎日持ち歩くフィルムカメラとしては、ベストチョイスかも!

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2010 

P3124481_400    P3124485_400




P3124495p_800
OLYMPUS E-3+7-14mm/f4

1pa_320

パノラマ視点で(^^;)



robertohouse │コメント(0) 
現場2010 
img217a613_800




img441a613_800
1998-99 Italia   PLAUBEL MAKINA670  GT-X970  



脳がホリゾンタルになってる...これはヤバイ。


robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2010 

2010年03月11日

Edy Brunner....カッコ良すぎ...好みのツボにはまってる...



edy1



最近、パノラマ作品ばかり追いかけている...
欧米の写真家の中にはパノラマを主力にしている人がかなりいるようだ。
超ワイドより、ちょっと抑えめの作品が素敵。 やはり6:17のアスペクト比が美しいなあ。





robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2010 
出ましたねー。  

64501_s 64502_s

プアマンズ・LEICA S2というところでしょうか? いや、80万円もするんだけど(^^;)

センサーサイズも近いし、AFモジュールはS2と共通のペンタックス製だそうです。
もちろんローパスフィルターは無いので凄い画質が期待できそう。
スタジオ向けのS2、風景向けの645D? 両社合わせてもシェアはEOSの1/10以下だろうけど...

34_s 35_s



ペンタ部の高さを抑えたデザインはなかなかのもの。 ミラーレスで割り切ってもよかったかな?
あれこれ多機能を狙わず、良いカメラだな...でも僕には縁はないなあ....

電気屋さんに用事があったのでパナGH-1をもう一度触ってみて、
あまりにグリップが小さくて華奢なのと、液晶モニタがなぜかGF-1より劣るので萎えました(-_-)




robertohouse │コメント(6) 
カメラと写真 2010 
L1110016_320 L1110020_320

dueの設計では、木造でも階段はスチールで製作することが多いです。
強度があるので構造的に無理が利き、造形の自由度も高く薄く軽快なデザインが可能です。

robertohouse │コメント(0) 
現場2010 

2010年03月10日

image38D-LUX4はレンズのイメージサークルを最大限活用して縦横比率を変えることができ、大変便利だ。
レンズ交換式カメラでこれを実現しているのがパナソニックGH-1だ。

ほとんどのカメラのマルチ機能は上下をトリミングするだけだが、GH-1ならセンサーの有効範囲そのものが変わるので、中判カメラのフィルムホルダー交換に似ている。

最近発表されたG2にはこの機構がない。
半年後と噂されるGH2(?)にはグローバルシャッター搭載と予想されているが、マルチアスペクトも入るだろう。
でも現行GH-1も十分よくできたカメラだ。
ZD7-14mmがアダプター経由でMFで使えて、16:9モードの長辺でいえば6.3-12.8mm(換算12.8-25.6mm)相当になる。

というわけで、フィルムパノラマカメラも捨てたわけではないが、E-3からの乗り換えも検討している。

46万画素3型液晶はE-3より高精細に拡大MFできる。 
建築撮影は大半が三脚+ライブビューMFだからGH-1のほうが撮影しやすいかもしれない。
お店で触った感じでは、各部操作性もE-3より練れている。
マイクロフォーサーズだからアダプターでいろんなレンズが使える、というのは置いといて...

問題は手持ちの場合にAFと手ぶれ補正がないこと(E-3の補正は掛け値なしによく効く!)
ボディが小さすぎて7-14mmとバランスするのか、普及機だが強度は大丈夫か?
そして「売り」である動画には全く興味がないこと、さらに個人的にはデザインが最悪なことだ...
これらの欠点はおそらくGH-2でも改善されないだろう...

image11


E-3後継機が出るのなら、ミラーレス化して、その恩恵を全部受け取れるような設計を希望!

出るのなら....


robertohouse │コメント(9) 
カメラと写真 2010 
放鳥を目前に屋外ケージにいた8羽のトキが小動物らしきものに殺されたという。
イタチやテンは金網から侵入できたのだろうか? トキを食べたのだろうか? よほど食べ物に困っていたのだろうか?
トキも可哀想だが、飼育・研究に関わった人達の無念と後悔がどれほどのものか、想像すら出来ない。

robertohouse │コメント(2) 
自然といきもの 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • ソイのアクアパッツァ
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • 課外授業
    • ポルトガル3-3スペイン
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • シラスのペペロンチーノ
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • 2018年初キス釣り
    • 2018年初キス釣り
    • 黒部のSG邸
    • N Company 竣工写真撮影
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸 竣工写真撮影
    • N Company
    • N Company
    • 白エビとシラスのパエリヤ
    • RME ADI-2 DAC
    • テーブル材料検品
    • インド料理KHUSHI
    • N Company
    • 初期設定中
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸