2011年05月19日

P5128811 3_800
OLYMPUS E-5  ZD7-14mm/f4

続きを読む

robertohouse │コメント(4) 
建築設計due 

2011年05月16日

L1190337_512

新事実が判明。
シャッターを”B”にして、レリーズボタンを押しながら回転させるとシャッター幕が開いたまま固定される。
”T” つまりタイム露出になるのだ。 これは戦前CONTAXとKIEVの仕様。
レリーズを押したまま光線漏れを調べているうちに、ずれちゃったらしい。
つまり、シャッターリボンは切れていなかった。 どこも壊れていなかった。

「やはりバッタもん」なんて言ってごめんよー!

お詫びに、内部をモルトだらけにしてあげました。

robertohouse │コメント(6) 
カメラと写真 2011~ 
L1190306_400 L1190308_400

ベニズワイガニとカニ味噌リゾット。自家製クレソンと生ハムのスパゲッティ。
東京へ出たとき、「かに道楽」とかで無言でカニばかり食べ続けることに驚いた。
富山でカニはもっと身近なもので、食卓におかずのひとつとして出るものだったから。

robertohouse │コメント(7) 
酒と食 

2011年05月14日

¥800→¥1000→¥1200→¥1500
いつもお世話になっているスタジオ・フォトラバーさんの、36枚同時プリント料金の推移。
元々が安すぎて、¥1500でもまだ量販店同等ではあるのだが、ちょっとつらい。フィルム写真は贅沢な楽しみになりつつある。
しかし自動的に、強制的に家族アルバムが出来上がるシステムは捨てがたい。
無駄打ちも多いけれど、デジタルプリントとは違う雰囲気の写真になることもある。
県内ではアナログプリントは全滅したので、こうした郵送プリントに頼るしかない。
アナログの灯を消さずに頑張ってくれる店があるだけでも、感謝したい。


robertohouse │コメント(5) 
カメラと写真 2011~ 
dueのお客様は、20歳代から70歳代まで幅広い。
たとえば二世帯住宅の親世帯は50歳代から。
人生90年時代の50歳代は若い。 団塊世代よりずっと後で、バブル期にまだ30歳代。
まだまだこれから、変化を、驚きを、遊びを、清新さを、向上を求める。
年配者は木造で瓦屋根の和風...なんてステレオタイプはもちろん存在しない。
人をまっすぐに見つめて、思い切って提案したいと思っている。
もうすぐ、ガンダム世代にも孫ができるんだ(笑

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due | ひとりごと

2011年05月13日

MacBSさんのご指摘で、光漏れの原因は何かな~と
バルブにして光にかざして調べていたら....




シャッターが動かなくなった....チャージ不能。
リボンが切れたらしい....

L1190256_400

KIEVの巻き上げってこんなに軽かったのね(涙

修理代を払って治すようなカメラでもないし。
レンズはContaxで使えるのだから、置物兼リアキャップとして使うか(前向き


robertohouse │コメント(7) 
カメラと写真 2011~ 
L1190253_512

なんて言ったらロシア人に怒られるか? Contaxコピー機のKIEV4aです。

1950年以前の極初期のものは、ドイツから撤収された戦前Contaxと同一部品で作られているそうで、プレミアさえ付く。
その後改良(改悪)されながら1980年代まで製造されたが、社会主義体制のもと、年々品質が低下していったという。
これは市場価値もない1972年製。 実は15年ほど前にも持っていたことがあるので懐かしい。
デザインは素晴らしく操作感も悪くないが、実写ではどうか?

続きを読む

robertohouse │コメント(4) 
カメラと写真 2011~ 

2011年05月12日

P5128877 1_640

待合室から診察室へ。

P5128875_400 P5128874_400

シンプルなドアにアクリルのサインを組み合わせました。
診察室に入ると中庭が見えます。 緊張感を少しでも和らげ、皮ふ科に重要な自然光を取り入れます。


robertohouse │コメント(0) 
建築設計due | 現場2011

2011年05月11日

L1190252_400 L1190249_400

ここもチャームポイント。
無限遠時にはピシャリと「ツライチ」に納まり、近距離時には鋭い「ピンカド」が姿を表す...
輝くエッジ部分に凝縮された精密感! 当時はライカより高価だったというのが頷ける造形。



robertohouse │コメント(2) 
カメラと写真 2011~ 
P5118672のコピー_320

外部照明を調整中。


robertohouse │コメント(0) 
現場2011 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • インド料理KHUSHI
    • N Company
    • 初期設定中
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸
    • 日本代表候補
    • 組み上がり
    • 測定開始
    • ネットワーク
    • 激安スピーカースタンド
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • 実施設計図
    • ハタガネ
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸
    • N Company
    • N Company
    • バッフル検討
    • くるみの森 開所式
    • くるみの森 開所式
    • くるみの森 開所式
    • くるみの森
    • 戦闘開始!
    • 激安ノートPC購入
    • 激安ノートPC
    • Airpulse A200
    • くるみの森
    • 甘エビと沖シジミのパエリヤ
    • テスト開始
    • テスト開始
    • 引越し
    • くるみの森 竣工写真撮影
    • 2344の高域特性から考えるHPF