2010年05月09日

     
     平山    
               岡崎

松井     本田      
               小野 

       中村ケンゴ

長友               内田

     闘莉王    阿部   
   

         楢崎


      監督:ストイコビッチ





robertohouse │コメント(2) 
サッカーとスポーツ 

2010年05月08日

以前から何度も何度も何度も言ってきたことだし、みんなそう思っていると思う。
デジタルカメラはセンサーを大型の正方形にして、イメージサークルの限界を使って縦位置、横位置を網羅し、さらにマルチアスペクトにすべきだ。 

asp


この特許をオリンパスが取得したというのが嬉しい。
公開されただけでした。 

しかもミラーレスではなく、下図のように光学ファインダーをマスクして実現するのだという!
長大になるミラーをどう動作させるかがポイントか。

asp2
今年後半に発売が予想されるE-3後継機に、これが洗練された形で搭載されるなら、
僕はフォーサーズユーザーであり続けることをここに宣言する。
ZD7-14mm/f4だけになってしまったレンズラインナップも大幅に復活させる。
(さらに欲を言えば、1:1のましかくモードと1:2~3のパノラマモードを加えてくれたら完璧)
建築写真においてE-3+7-14mm/f4の機動力は他社比でも最高だったが、これで大幅にパワーアップする。


逆に言えば、これくらいのインパクトがなければ乗り換えてしまうかもしれない...
現状では他社にもいまいち決め手がないので踏み切れないだけなのだから...

オリンパスさん、頼みます<(_ _)>

robertohouse │コメント(5) 
カメラと写真 2010 
L1120014_400

ここは「半」屋外のテラスになります。
小さな家ですが、こうしたゆとりの空間が生活を豊かにすると思います。

robertohouse │コメント(0) 
現場2010 
まだ小さかった浦和のスタジアムで、デビュー戦を見たときの衝撃は忘れられない。
18歳の小柄な選手が、柔らかいタッチと強いキック、広い視野でピッチを支配していた。

近年はボランチのイメージが定着していたけど、本来もっと攻撃的な選手だ。
今シーズンはコンディションも良さそうだし、選ばない理由はない!!

robertohouse │コメント(2) 
サッカーとスポーツ 
カメラ好きは、街中で他人のカメラにも目がいくもの。
90年代のクラカメブームの頃は、それこそ居合い抜きのようにすれ違ったような。
粋なカメラを、風貌やファッションに合わせて「着こなして」いたりすると、おぬし、やるな、などと(僕だけ?)

デジカメ時代になるとニコ、キャノのデジタル一眼レフが圧倒的多数を占めて、つまらなくなった。
同志のオリンパスフォーサーズ機に出会うと、今日は縁起がいいなどと思ったものだ(僕だけ?)


ところが、GWに一瞬だけ観光地を歩いたのだが、勢力地図が大きく変わっていることを知った。
オリンパスE-P1、L1だけでも数台、他にもパナソニックG1、GH1、GF1もたくさん見かけた。
GR-DやDP-1(2)などの高級コンデジも加えたシェアは、印象としてはニコ、キャノの一眼レフに匹敵、いや上回っているように感じた。
軽量コンパクトなので、旅カメラとしては特に多いのかもしれない。

SONYがAPS-Cミラーレスを出すらしいし、ニコ、キャノも開発しているだろう。
10年後には光学ファインダー付き一眼レフ(ヘンな言い方だ)は、スポーツや飛行機、鉄道などを撮る特殊カメラになっていると思う。
機械、電気、光学の融合である一眼レフカメラは日本の得意技術だったが、今後は家電のように作れるミラーレスカメラが主流になっていくだろう。

さてフィルムカメラはというと、ほぼ絶滅に近い。 一眼レフも王者M型ライカも見かけなかった。 
寂しい限りだが、僕はプライヴェートでは当分フィルムでいくと思う。 
特に旅行では、その場で画像を見られないことが最大の魅力だ(笑


robertohouse │コメント(2) 
カメラと写真 2010 

2010年05月07日

カーオーディオについてはほとんど知識がないので少し調べ始めた。

クルマのスピーカーはたいていフロント×2、リア×2の4chとなっている。
でも音楽は2chステレオ再生なのだから、フロント2chだけのほうがベターではないかと思う。
同位相・同帯域の信号を離れた場所から出すというのは、ホームオーディオでは考えられない。
僕のデリカSGに至っては、フロントだけでダッシュボードに2個、ドアに2個、計4個のフルレンジスピーカーが付いている。 
これはまったく理由がわからないし、ユニットの質もあって音は最悪。

リアスピーカーの存在はハイファイではなく、PA的な考え方では? つまり後席の音圧不足を補助するスピーカー。 
わずか2mの距離で補助スピーカーが必要なのは、ホームオーディオに比べてS/N比が桁違いに悪いからではないか。

うちの場合、後席で音質や音量が欲しい人はいないから、リアは不要?
4chとも交換するか、フロント2chに集中投資すべきか、悩ましい(^^)





robertohouse │コメント(11) 
クルマ | 音楽とオーディオ 2010

2010年05月06日

僕のクルマは平成9年式のデリカスペースギア。
平成17年に中古車を購入以来5年間に6万キロを走ってタイヤ溝が限界に達した。 
クルマについては全く無頓着なので整備はディーラー任せ。
最新型のタイヤに交換してもらい、「かなり静かになりますよ」とのこと。

半信半疑だったのだが、あまりの激変に驚いてしまった。
これまでエンジン音だと思っていた「ゴー」という音がほとんどロードノイズだったことが判明。
乗り心地も変わり、ぐんと滑らかになった。

古いタイヤで硬くなっていたせいもあるだろうが、こんなに変わるとは!
そういえば自転車の走りはタイヤで激変するから、クルマもそうなのだろう。

音が静かになったので純正スピーカーが如何に酷い音であるかがよくわかる。 ウーハーとツイーターの壊れた3wayのよう?
オーディオマニアでありながらカーオーディオには全く興味がないのだが、イイカゲン交換したくなってきたゾ...



robertohouse │コメント(0) 
クルマ 
L1110980_400

1階の型枠がバレ始めました。 エントランスは壁、天井とも打放し仕上げ。


L1110994_320 L1110998_320

居室の外壁、屋根、床は、ほとんど「外断熱」としています。
これは施工性を重視した木造の「外貼り断熱」とは本質的に異なるものです。

コンクリート住宅の重量は300t(木造の10倍!)に達し、熱容量は重量に比例します。
コンクリートの外側で断熱することで巨大な蓄熱体を室内に抱えることになり、
適切な輻射暖房を組み合わせることで温熱環境が非常に安定します。
わかりやすい例で言えば、真冬に窓を開けて部屋中の空気を入れ換えても、閉じればすぐに元の室温を取り戻すことが出来ます。
日射の多い太平洋側であれば、暖房をほとんど必要としない家も可能。

内装を打放しにできるとか、構造体の耐久性を向上させる効果もあり、
RC建築は諸条件の許す限り外断熱を採用すべきと考えています。


robertohouse │コメント(0) 
現場2010 
L1110963_320

これが内装で、次に外装を施工します。 普通と逆ですね。


robertohouse │コメント(0) 
現場2010 
海辺の無料キャンプ場に3泊。IMG_0323_200IMG_0315_256
魚を釣り、地元の銭湯に行き、磯で遊んだり写真を撮ったり。

4年ぶりに、やどやど学級が復活しました。 

IMG_0310_320 L1110929_400L1110930_400

生徒は12人 (^^)

robertohouse │コメント(0) 
家族の時間 | 自然といきもの

2010年05月01日


P4305968_640
OLYMPUS E-3 + 7-14mm/f4


ご家族みなさんに喜んで頂けたようで、良かったです。
監督Tさんもお疲れ様でした。

続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
現場2010 | 建築設計due
L1110912_400

とてもシステマティックな建築なので、あっという間に進みます。
勝負所はほとんど毎日監理が必要!

家にとって本当に必要なものとは?
プアではないローコスト住宅として、ひとつの解答を示せたらと思います。

robertohouse │コメント(0) 
現場2010 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • ソイのアクアパッツァ
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • ウーハー交換後の測定
    • 課外授業
    • ポルトガル3-3スペイン
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • シラスのペペロンチーノ
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • 2018年初キス釣り
    • 2018年初キス釣り
    • 黒部のSG邸
    • N Company 竣工写真撮影
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸 竣工写真撮影
    • N Company
    • N Company
    • 白エビとシラスのパエリヤ
    • RME ADI-2 DAC
    • テーブル材料検品
    • インド料理KHUSHI
    • N Company
    • 初期設定中
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸