2006年02月02日

チームジャージをCADでデザインしたことの反響が予想以上に大きかった...
まあ、そんな人あまりいないでしょうからね。

でも僕にとっては最も速くて正確で使いやすい、体の一部のようなソフトです。
illustlaterなんか使うと気が狂いそうになる。

僕が使っているのはArchitrend 9 という建築専用3次元CAD。

3次元情報を入力して図面を描き、詳細図と3D立体パースを同時進行で連動作業できますから、線を描くだけのJW?CADやAUTOCADとは作業スピードが圧倒的に違います。
平面・立面・断面などを詳細図レベルまで連動・反映させられるので、精度の高い検討ができ、間違いも少ないのです。
逆にすべての情報が統合されているので、「作業分担」は難しく、フリーランスの建築家に最適なツールといえるでしょう。
工務店やハウスメーカーでも使われていますが、(規格住宅ならいいけれど)かなりの設計知識がないとCADに振り回されてしまうでしょう。
僕はこのCADだけで住宅から数千?の大規模建築まで描いています。

感覚的には、「優秀で忠実なスタッフ」という感じ。
ソフトの値段はとても高いけれど、優秀なスタッフの人件費に比べたら....


e58c65e8.jpg

某邸リフォーム工事のプレゼンテーション画像
できたてホヤホヤ?


11f5a848.jpg

某施設コンペ案。 惜しくも敗れる...


コメント(0) 
アトリエ日誌--~2006 

2006年01月31日

デザインをお手伝いさせてもらったBRIDLERチームジャージがもうすぐ出来そうです。

クラブメンバーにイラストレーターを使える人がいて、僕が描いたCAD図を変換し、チームロゴもデザインしてくれました。寄らば文殊の知恵、ですね。
スポンサーロゴも入って、だいぶプロっぽくなった気がします!

これから最終調整→製作となるようです。

cb783364.jpg

BRIDLER伝統の「炎のジャージ」を完全リファイン!



BRIDLER MOONはレースからお散歩までの楽しいバイクサークルで、本格ライダーからフィットネス目的まで老若男女が多数参加しています。
興味のある方はぜひご参加下さい!


バイシクルショップBRIDLER
シクロクロス女子日本チャンピオンを生んだフレームデザイナーK氏による本格プロショップ。スイスのバイクブランドKOBAの総代理店。「シクロクロス富山大会」のオーガナイザー。MTBエリートにもバイク&選手を多数送り込んでいる。自身のロード、トラックからDHまでの選手経験を生かした実戦派でありながら、近所のおばちゃんや子供の自転車の修理まで丁寧にやってくれる良心的なショップです。



さあ、今年はジャージに負けないようにいっぱい走りたいものです!

コメント(2) 
自転車とフィットネス 

2006年01月30日

たったいま、アトリエの庭のすぐそばにやってきたお客様。

682d72bc.jpg


そう、雄のキジです。雌もいましたが逃げちゃいました。
ここらへんでは珍しくありませんが、ここまで来たのは初めてですね。
いつもより雪が多くて、餌が少ないのでしょう。

コメント(0) 
自然といきもの 





ようやく元気になってきて、アトリエに戻って仕事も再開。


先日行ったプリアンプのボリューム交換の報告です。

僕のミズナガ・プリアンプについているのはアルプス電気のミニディテント・ボリューム100kΩです。品質には定評があるようですが普通のカーボンブラシ型です。

いろいろネットで調べるとボリュームが音質に大きく影響するということで、評価の高い東京光音電波の 2CP-2511S 100Kというプラスチック抵抗ボリュームに替えてみたのです。

57c6acf2.jpg

右の大きい方が東京光音製。値段はアルプス製が1500円くらいで、東京光音製は4700円だから3倍もします。つくりもかなり違うようです。(でも世の中には数万円もする巨大なアッテネーターを使う人もたくさんいるようです。)端子が大きくてしっかりしていますね。クリック感はちょっと軽いのですが、慣れの問題か。「logカーブ」という独特の特性で、小音量でも使いやすくなっている。

さて音はどうなったか。

交換は簡単で10分で終わり、最初に澤野工房のウラジミール・シャラノフのCDで音を出したらギョッとしました。

配線を間違えたか?

ミズナガ・プリアンプは静かで美しい音が特徴だと思っていました。聴き慣れたシャラノフのCDも耳当たりの良い優しい音だったはず。
しかし聞こえてきたのはアタック感が強烈で、鮮烈な音。何か間違えているとしか思えない!

10枚くらいのCDを聴いてみた。
どれを聴いても、いままでの音と全然違う。

そしてよく聴き込んでみると、決してうるさい音ではないことがわかった。ハイ上がりになったわけではない。低音は引き締まったが、よく出ている。音の鮮度や解像度が段違いに高く、高域の倍音成分が多くなり、一音一音が鮮烈なので一見派手に感じるが、ホールエコーや息づかいなどの小さな音がはっきりと聴き取れる。ピアノの高音やベースの弦を弾く音など、パルシブな音がものすごく鮮やかでリアルになった。ボーカルも生々しいが「サ行」がきつくなるようなことはない。
左右のセパレーションが良くなったのか、定位はしっかりして音場は拡がった。

試しにパワーアンプをフライングモールDAD100に替えると、力強いが荒さも出て、刺々しく聴き疲れる。300Bシングルアンプなら切れは良いのにしっとりスムースである。以前はフライングモールでもそれなりに穏やかに鳴らしていたのだが。

これはすごい音質向上なのではないか?それとも単なる派手めキャラなのか?

逆に言えば、アルプス製ディテントボリュームの、角の取れたような甘く穏やかなキャラクターを実感することになったと思う。

好み次第かもしれないが、僕は東京光音の圧勝と感じた。



それにしてもボリュームひとつでこんなに音が違うなんて、アンプって一体なんなのだろう???
マジメな話、アンプを買い換えたような激変なのだ。
電源タップやコンセント、SPケーブルを替えたって違いはわずかなものだけど、これは一体どういうことだ!
考えてみれば、電圧を数十倍に増幅するアンプと、数分の一に絞り込むボリュームは同じくらい影響が大きいのかもしれない...信号経路に直列に入る抵抗素子だからね。

アルプス製ディテントボリュームだってシェアが高く品質に定評があり、海外のハイエンドアンプにも数多く使われている。あのゴールドムントだってそうなのだ。このボリュームのキャラを生かして音を整えているのかもしれない。

結論:ボリュームによる音の差は驚くほど大きい。
交換は半田付けさえ出来れば極めて簡単でコストもたいしたことはありません。
音のグレードアップを考えている人は、怪しげなアクセサリーに手を出す前に、まずボリューム交換を試すことをお薦めします。

オーディオに全く興味のない人でもわかるくらいの差がありますよ。



<追記>
300Bシングルパワーアンプにも同じ東京光音ボリュームの10kΩを入れてみました。
プリアンプをボリュームMAX付近で使うと、プリアンプ内の信号電圧が高くなります。プリのゲインは6倍だから、SRPP段では1v入力で最大36vに達し、これをパワーアンプ側で絞るわけです。入力側で絞るより残留雑音が減りますし、高電圧増幅でプリの良さが出るかもしれませんが、限界を超えると歪みが出るかもしれません。
でもボリュームにとっては電圧が高い方がいいし、MAX近くが音質がいいはずです。
でも東京光音ボリュームの華やかなキャラが倍加されてしまうのか?

試聴結果としては、高域の華やかさが少し減って、中低域が厚くなった感じ。特に小音量で改善があり音がボケず鮮度が高い。心配した歪み感はまったく無し。
ボリュームがダブルで入ることによるキャラクター付加は全く感じられないどころか、逆に減ったようだ。
それに、ボリュームの調整範囲がとても広くなって使いやすい。
パワーアンプ側は2時〜3時固定で、プリアンプ側は9時〜5時まで広く細かく使えます。


プリの入力ボリュームは可能な限り高めに。つまりシステム全体のゲインは抑えめにすべき。「パワーアンプはMAXで使うもの」と考えている方も、一度試してみることをお薦めします。







コメント(6) 
音楽とオーディオ 2005~2007 

2006年01月29日

まる2日間寝っぱなし...熱はすぐ下がったからインフルエンザではないと思うが...
今日はスケートの約束だったが、さすがに無理。ごめんね、また行こう。

午後になって少し元気が出てきてアトリエに来たら、雪の立山があんまりきれいなので写真を撮った。

8762f290.jpg

d2f8e8cc.jpg





コメント(1) 
雑記 

2006年01月26日

とりあえず、速報!
http://olympus-esystem.jp/products/e330/

世界初!ライブビューできる一眼レフ!!
やったぞオリンパス、すごいぞオリンパス!!



01c34790.jpg


E?300っていう中途半端なカメラは、このための布石だったのか...なあんだ心配しちゃったじゃないか!

これで大丈夫だオリンパス!いけいけオリンパス!上手に営業して儲けて、フラッグシップ機を安く出してね!

ライブビューって一見コンデジ風だけど実はホワイトバランスや露出がチェック出来てボケ味も正確だから建築撮影に最高!と思ったけど視野率92%とは、能力不足.... マニュアルフォーカスなら100%になるらしいが...やっぱE?1後継機に期待か。

Bモード(マクロモード)では、撮影素子を使うわけだからメインミラーもシャッターも上がりっぱなし(マウントからMOSが見えてる状態)なんでしょうかね?ということは光学ファインダーは使えないし再度シャッターを閉めるのだからタイムラグもあるのかな?
でもこれなら単なるミラーアップだから、ポロミラー方式でなくても、今までにも出来ていそうなものだけれど...


Aモードでは、露出やホワイトバランス、ボケ味は反映されないはずだし...ファインダー画像そのままなので、露出(露出補正も)が反映されないとすると、コンデジから来た人は慣れるまで失敗が多いかもしれませんね。
特にマニュアル露出モードでは、ライブビューはバッチリだけど撮影画像は真っ暗、なんて最悪のケースも...ものすごいクレームの予感...

液晶は「そのまんま」写るという先入観があるので...

それとも露出だけは、電気的に(撮影画像と)連動させてくれるのかなあ?


待てよ、MFで部分拡大してピントを追い込んで撮るのは、大判カメラみたいで楽しいし、正確に撮れることは間違いないな。
早く実機が見たいものです。


<E?1後継機の予想>
・正方形フォーマット搭載(特許公開済みらしい)でタテヨコレボルビング可能バリアングルモニタ付き
・ライブビューBモード
・ボディ手ぶれ補正(これも特許があるという)


うーん、すごいぞ!

コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 
真空管アンプで、たまにはこんなのも聴いてみる。21dd84a0.jpg


もう10年も前なんだなあ?。
300万枚(!)も売れたそうです。

小室哲哉が好きなわけではないけど華原朋美のこのアルバムは素晴らしい!曲もいいし構成もストーリー性、統一感があって見事。ものすごく手間がかかっているなと思います。

中でも I’m proud は90年代を代表する傑作ではないかと勝手に思ってます。

手間のかかった秀逸なアレンジ、ビートに乗りながらバラードでもある耳に残るメロディ、甘ったるくも切ない歌詞...

ボイストレーニングを受ける前の朋ちゃん(懐かしっ!)の透明な歌声が見事にハマッております。


”どうしてあんなに夢が素直に見れなくなってた?
街中で居る場所なんてどこにも無い
体中から愛がこぼれていた...”

”I'm proud 壊れそうで崩れそな情熱を
つなぎとめる何かいつも捜し続けてた”



この1曲だけで、バブル後の退廃的90年代を手に取るように思い出せます...褒めすぎ?





コメント(0) 
音楽とオーディオ 2005~2007 

2006年01月24日

4d6f150a.jpg
真空管アンプが静かなブームだということです。

2万円のキットから外国製の超高級品まで、もしかするとトランジスタアンプより機種は多いかも!「管球王国」という専門誌も売れているそうです。

レトロなデザイン、暖かくやわらかい音のヒーリング効果が人気の秘密でしょうか。

僕も当初は、「暖かくやわらかい音」を期待して真空管のプリアンプとパワーアンプをアンプSHOP・ミズナガさんで作ってもらいましたが、今ではその意外性に驚いています。

真空管の音は決して”レトロ”ではないのです。

300Bシングルアンプ (アドバンスHC1-SE改:初段をパスしたSRPPドライブ2段構成・出力トランスも交換) の切れの良さは格別で、トランジスタアンプやデジタルアンプと比較しても、エネルギッシュでハイスピードに空間に放たれる感じがしますし、情報量が多く繊細で微妙なニュアンスがよくわかります。XE20Sという高価な出力トランスに交換したおかげで低音もしっかりしています。
大音量でクリップしてしまうのが唯一の欠点か...

SRPP構成のプリアンプは、色付けのないストレートな音で、ワイドレンジ。 むしろCDダイレクト接続に近い音です。 トーンコントロールも音色の変化がなく秀逸!

内蔵CR型SRPPフォノイコライザーも広帯域で切れ味抜群。

でも真空管らしさを感じることもあります。

7edaf0aa.jpg

とても明るい音なのに、「ほんのかすかに角がとれたような」耳当たりの良さ。
長時間聴いても疲れず、オーディオの存在が消えるような音。


高音はつややかですが、うるさくならない。
低音も十分パワフルだけれど、ゴリッという硬さはない。
例えるなら、真鍮の塊を、薄い絹でくるんだような...

かつてライカのシャッター音を「象牙の当たる音」と表現した人がいましたが、そんな感じかもしれませんね。

回路が単純なのでメンテナンスも永久にできるし、改造やバージョンアップができるのも魅力。

特にプリアンプは自分でデザインしたので、「持つ喜び」も格別なものがあります

コメント(2) 
音楽とオーディオ 2005~2007 

2006年01月23日

149c7cf8.jpg
ueでは設計図をすべて3次元CADで作成していますが、デザインやプランニング、ディテールの検討は手描きのラフスケッチから始まります。

手描きのほうがCADより自由に考えられるし、ラフ段階なら圧倒的に速いので同じ時間で何倍ものパターンを考えることができるのです。

CADはデスクにかじりついて作業しますが、スケッチはもっと自由。
思いついたときにすぐ描かないとイメージは拡がらないので、車の中やダイニングでも小さなメモ用紙に書きなぐったりします。

アトリエでの最近の定位置はソファ。ここなら音楽も正面から聴ける♪
今日は雪景色なので、シベリウスの「フィンランディア」を聴きながら描いています。

設計をやっていて一番楽しい時間ですね!
(ある意味では、一番苦しいときでもありますが)

コメント(0) 
アトリエ日誌--~2006 

2006年01月22日

アトリエのスピーカー「オベリスク」の最新状態を紹介します。

タンデムドライブに挑戦しました。

27205103.jpg
7529b2ea.jpg

とはいっても、たった1時間で改造は終了!
しかもコストはゼロ円!
結果は過去最高でした。

16cmフルレンジユニットFF165Kをサブバッフルを介して内部に装着しています。

これを正面の8cmフルレンジFE83E×6発(シリ・パラ12Ω)と逆相接続で並列駆動します。

両ユニットの能率を比較すれば、3?6dBくらいの強制駆動気味の動作となるでしょう。
やりすぎならFF165Kに抵抗を入れればよいことですが、能率を同じにすれば低音不足になると思います。

FE83Eの第1キャビネット容積はわずか12Lですが、タンデムドライブにより巨大密閉箱に入れたような特性になり、Fゼロの上昇は少なくなってQも0.8と高いので、Fゼロ=140Hz近くまでフラットに再生できるはず。
しかしこれだけではそれ以下がダラ下がりとなって十分な低音は再生できません。

重低音は4本のバスレフダクトで再生します。
(当初パッシブラジエータだったが低音のトランジェントに不満を感じたのでバスレフに戻した)
FF165Kの第2キャビネットは24Lで共振周波数Fd=54Hzとし、FF165Kで強力にドライブして40?100Hzを補強します。

正直いってこの改造の最大のメリットは、ネットワークを排除できたことだと思っています。 b72ac768.jpg


FF165Kはエンクロージャーによって中高音がカットされるため、重大な損失を伴うコイルを省略できました。
いろんな音楽を聴いてみても、中高域はFE83E単体とほとんど変わりませんし音像が膨らんだりもしません。

背面にウーファを付けるとフィルターでいくらカットしても中域の膨らみを抑えられなかったので、箱によるフィルター効果には驚いています。
コイルがないので低音の切れがよく濁りもなくスピード感も十分。ベースラインを追うことができるようになりました。
低域レンジもグランカッサが聞こえるので40?50Hzくらいまでは出ていると思います。

長大なエンクロージャーを分割したので気柱共鳴音も消え、クリアな音になりました。
もともと定在波は出にくいテーパー形状であり、タンデムドライブによって背圧が減少していることも効いていると思います。
何を聴いても抑えられた感じがなく伸び伸びと鳴り、FE83Eの最大の特徴であるボーカルの美しさも際立っています。


FE83Eの良さを殺さずにどうやって低音を加えるか、という命題はほぼクリアできたのではないかと思います。

遠くまで減衰せずに聴かせるラインアレイのメリットは大きいですし、微小な音への反応の良さ、素直なボーカルと抜群の音場感・定位感は市販スピーカーとは一味違った魅力があります。

このスピーカーの欠点は、原理的に耐入力がとれず圧倒的大音量再生では苦しいこと、そして大口径ウーファのような「面で押してくる迫力」がないことでしょう。
いずれはそういう音のスピーカーも作ってみたいものですね。

TQWT(共鳴管)→TQWTバスレフ→ウーファ追加→パッシブラジエータ→スーパーツイータ追加→マルチアンプ駆動→タンデムドライブ
と試行錯誤を繰り返した実験スピーカーですが、

ともあれ、「オベリスク」完成! ということにしておきます。



コメント(6) 
音楽とオーディオ 2005~2007 

2006年01月21日

今日は保育園の行事で、父と子の雪上運動会。
なんと積雪2mの山中です。最近の保育園って気合い入ってます。

リレーや綱引き、ゲームなど結構楽しめたけど疲れた...
自分も楽しんじゃったので写真は撮れず。

帰りは温泉に入ってきました。 はあ?ゆったり...今帰ってきたところ。

ba子ちゃんの結婚式でおいしいワインをもらったので、今夜はイタリアンを作ろう。


明日は日曜だけど、朝から打合せだ。

コメント(0) 
家族の時間 

2006年01月19日

いまだに昨日の余韻が残っています...

いま思うと あのキツネはタヌキだったのではないか?
それとも タヌキがキツネだったのかも?

同じ2匹で、100mしか離れていなかったし、そういえば大きさも似ているような...本気で悩んでいます...どっちが本物だ? 

いかん、化かされてる...

今年は大雪だから、静かな自転車だから、日没直前だったから(夜行性)、カメラも持っていなかったから...いろんな偶然が重なって、おとぎばなしの国に迷い込んでしまったようです。


コメント(0) 
雑記 

2006年01月18日

3年越しの夢であったシクロクロスレーサーがついにやってきました!

LEMOND POPRAD?DISC です!

e430f0b2.jpg


先週神戸に船便で届いたばかりの、日本初入荷バイク!

オフロードバイクらしからぬ細身のスチールフレーム、個性的なカーボンフォーク、最新型10速105、そしてAvidメカニカルディスクブレーキ!
う?ん、美しい...bellissimo!!33b1d06f.jpg

この仕様でこの値段は、安い!

e063e5e7.jpg


購入した BRIDLER のbossにお願いして、FSAのコンパクトクランクに交換してもらいました。34?50ですからレースでもサイクリングでも使いやすい!ヒルクライムOK!

ワイヤー取り回しにちょっと細工してくれたり、ヘッドとステムのフェイスカットまでやってくれました。さすがプロショップ!boss感謝!

ca4f22b2.jpg


なぜクロスレーサーかって?
もちろんシクロクロスレースにも使いますが、何よりこの仕様がポタリングや日帰りツーリングに最高なのですよ。

富山ではロードで里山付近を走っていると、ちょっとしたダートの林道や農道がよくあって、入っていきたくなります。でもロードバイクじゃ無理だし、MTBでは自走でサイクリングにいくのがかったるい。
クロスレーサーなら、ちょっとしたダートも走れるし歩道の段差もラクチン、しかもオンロードも軽快で登りもいける。ポジションもロードバイクより楽でMTBのように限定されないからロングライドに最適。

ある意味中途半端でもあるのだけれど、こいつさえあればどこへでも行けそうなところがいいんです!
子供の頃から自転車ってそんな相棒みたいな存在でしたから。

カンチブレーキが嫌いで、discのスムースさはMTBで気に入っていました。
本格的なレースではNGらしいけど、富山クロスのカテ2?3ならOK!(MTBでもOKだからね)
そしてぶっといアルミフレームも嫌い!POPRADはフレームが美しいので前から狙っていたのだけど、色がいまひとつだった。2006年モデルの「カニバルオレンジ」は好み!
ほんとはアメリカンブランドも好きじゃないけどデザインが良ければ許す!

そして何より僕は、なぜかドロップハンドルでないと自転車に乗っている気がしないのです(^_^)


早速、夕方30分だけ試走に行ってきました。
リラックスできるポジションで、砂利道もラクラク?♪
でもハンドル下を握ってダンシングすれば、乗り味はほとんどロードバイク!
低速でも安定性がいいところはMTBに近いかな?
ブレーキはものすごく効く!カンチブレーキとは大違い!

あとはテクニックだけですね!僕はオフロードテクが全く駄目ですから...


ところで試走中に面白いことがありました。

なんか動いてる...なんとタヌキ。しかも2匹!こっちを見てる!かわいい?!!

50mくらいの距離だけど、逃げずにじっとこちらを見ている!
ここはそんな田舎じゃないのに...後ろ髪引かれつつ走り出すと、雪原にタヌキにしては歩幅の大きい足跡がある。なんだろ...何かいた!犬?しっぽがでかい...

なんとキツネ。しかも2匹!「たっち」してる!かわいい?!!

驚いて止まると、2匹で走り回って雪の上で転がってじゃれあいながら逃げていった!つがいではなく若い兄弟かも...

これは、 化かされているに違いない!化かされてみたい!!

なんだか嬉しくてしかたがなく、興奮しながら走って帰ったのでありました...

これは実話です。

サルやカモシカは山で見かけるけど、キツネやタヌキは富山でも滅多に見ることはないのです。今年は雪が多いから、山から下りてきたのかな...

コメント(6) 
自転車とフィットネス 

2006年01月17日

東京時代には自宅アパートでよくパーティーを開いていました。

友達が友達を呼び、年齢も職場も学校も趣味も国籍も異なる超個性的な面白いやつらが自由に集まっては、昼から朝までぶっ続けで飲んだりしていた。
小さなアパートに30人も入ったこともあったっけ。

体育会系縦割りの苦手な僕には、あのボーダレスで自由な関係が、なんとも居心地がよかった。

別に大騒ぎするわけではなくて、ひたすら夢や苦悩について情熱的に語り合っていたような...
ランダムに集まったようでも、互いに何か引き合うものがあったのだ。

実はROBERTOという名もこの仲間うちで使っていたもので、ROBERTO HOUSEとはパーティ会場である僕のアパートのこと。

僕が東京を離れてもずっと続いている、思えば不思議な仲間達。
初めて出会ってからもう10年くらいになるかなあ。

みんな、大人になったか?
一昨日の2次会の写真を見る限り、あんまり変わってないような...

a674c595.jpg
0d8f963e.jpg
3e5cd656.jpg
950a609e.jpg
fbf14321.jpg



コメント(0) 
雑記 

2006年01月16日

友人ba子ちゃんの結婚式→披露宴→2次会で撮りまくってきました。

6486d58d.jpg
59b4bf23.jpg


結婚式っていいですね?!ba子ちゃんきれいだったよ!
幸せを分けてもらった気がします(^_^)


自分達は式やってないんだけどね。

式場は東京ヒルトン。久々の、「結婚式らしい」結婚式でした。
今回はプロの代役?として呼ばれたので気合いが入って(^_^)400枚くらい撮ったかな?
コンパクトフラッシュ2GB×2枚が一杯になりました!
すべてRAW撮影なので、これから現像、レタッチ作業が大変。
使える写真は、20枚くらいあればいいところかな。
良いアルバムになればいいのだけれど。

今回は1泊だけですが、たくさんの仲間に会えて、3次会までやって、原宿ではOMNIA仲間の写真展に行けたし、帰りにはカツミ&ヒロトに付き合ってもらって秋葉原ハイエンドオーディオ探索もできました。

593d6643.jpg


悪友カツミ撮影。 あ、怪しすぎる....でも、なんか似合ってるような...

コメント(1) 
カメラと写真 ~2009 

2006年01月12日

さて、恒例になっている、新年の誓いを決めなければならないんです。
今年はたくさん思うところがあって、なかなかまとまらない...

ちなみに昨年の誓いは「早起き・朝ひと仕事」という僕にとっては超難問で、達成率は30%未満...それでも以前より少しは朝型になってきたのですが。

よし、決めた!

今年の誓いはシンプルに、「挑戦」 にしました。

今年はいよいよ30代後半に突入してしまいます。
家族も趣味も仕事も、貪欲に新しいステージに挑み、新たな自分を発見したいと思います!

コメント(0) 
雑記 

2006年01月11日

エコノミックオーディオを志す僕でも、秋葉原などへ行くとハイエンド機器を試聴させてもらうことがある。

行く目的はどちらかといえば目の保養であり、デザイン研究だ。
そこには数百万円もする外国製スピーカー、アンプが並んでいるのだが、その音に僕はあまり感動したことはない。
定位感が良くて歪みっぽさの無いきれいな音だなー、とは思うことはあるけど、そんなにいい音かな?きれいだけど、なんとなく音に元気がない、活気がない、低音もイマイチ...
「オーディオを聴いている」感じで「音楽」が入ってこないような...
値段はずいぶん高いけど、これくらいなら部屋の違いのほうがよっぽど大きいんじゃないか?

驚くのはアクセサリーの高価なこと!芸術品のようなスピーカーケーブル!
何十とスピーカーを造ってきたし、いろいろ実験もしてきたけれど、何万円もするケーブルやインシュレータなど怪しげな対策グッズはほとんどマユツバものだと思う。

大切なのは、できるだけ広くて響きのいい空間を用意してから、聴きたい音楽に最適化されたシステムを構築することだろうと思う。

ところで最近、すごい音に出会った!

そこはハイエンドオーディオ店ではない。
新宿のロック専門楽器店のベース専門フロアである。

外国人のベーシストが、ベースギターの試し弾きをしていた。
メーカーはよくわからないけど、25cmウーファ×4発入ったベースアンプに直結。fba68262.jpg


ズドドドドドッ!
バフッ!
ベンベケベン!


腹に、胸に響く、強烈、鮮烈、かつ歪み感のない、ハイスピードな低音!

彼は相当な腕前で、ひとり二役みたいなこともやっていたが、チョッパーは超音速でかっ飛んで来るし、最低域も濁らずクリア。彼の「演奏」にしばし聴き惚れてしまった。

こんな音は聴いたことがない。オーディオ機器はもちろん、PAの荒い音とも違う。
何より、1音1音がはっきり聴き取れて、演奏のうまさが正確に、そのまま伝わってくる!心が熱くなる音だ!


録音・再生というプロセスのない、楽器直結だから鮮度がいいのは当然だけど、それだけじゃない!
原因は何なのか、考えてみた。

・軽い振動板の強力なウーファ、巨大な振動板面積
・ベース音域に最適化され、超低音が出ていないこと
・小さなエンクロージャー
・簡易な、あるいは省略されたネットワーク


よくわからないが、オーディオの常識とは違う何かがあるに違いない!
少なくともJBLやタンノイ、B&W、ウィルソンなどの数百万円のシステムから、こんな音は絶対に出てこない。

ベース用スピーカーユニットを調べてみたら、マグネットは強力で振動板は軽く、Fゼロが高め、エッジは硬い。40Hz以下の超低音は必要ないからだ。それに小さなエンクロージャーで良く鳴るように出来ているはずだ。
しかもオーディオ用に比べればはるかに安い!半値以下ではないか!
ジャズやロック中心なら、理想的なユニットかもしれない!
いつか挑戦してみたい!

それにしても、ハイエンドオーディオとは何なのか、考えさせられてしまった。




コメント(0) 
音楽とオーディオ 2005~2007 

2006年01月10日

LIVESTRONG を買いました。2a93ef43.jpg


140円ナリ。

購入したBRIDLERによれば、協賛している自転車メーカーTREKの取り扱い店では自転車などと一緒に配送することで流通コストをなくし、販売店も「配っているだけ」で商品ではないのでレシートも出ないとのこと。

これが本来の姿だと思いますよ!


健康に感謝しつつ、Live strong!



コメント(0) 
自転車とフィットネス 

2006年01月09日

道中の雪はさほどでもなく、無事富山に帰ってきました。  7954e042.jpg



え?家にデリカがもう1台?


正体はNAHOの愛車Today号でした...2倍くらいに大きくなってる....

駐車場は70?80cm積もっており、早速デリカ号で除雪(!)

限界を試してみたらやはりグレーチングにスリップして初スタック!

でも4WD?LOモード(センターデフロック)でなんとか脱出できました。さすがデリカ号!でも油断は禁物ってことだね。

それにしても10日分の雪かきは大変!
めげずにカマクラしました。
湘南とはえらい違いだなあ?

563a77ce.jpg

a1373acf.jpg

















aacff09f.jpg

この景色があるから耐えられる...アトリエ2階から「剣岳」

コメント(1) 
雑記 

2006年01月07日

2c6b2e2e.jpg

→茅ヶ崎→江ノ島→由比ヶ浜→鎌倉→

筋肉に負担を掛けぬよう、正月についた脂肪を落とすよう、スローペースで60kmくらい。
1週間に3回トレーニングするなんて、2年ぶりくらいじゃないか?

それにしても関東は暖かく、天気も良くて素晴らしい!
富山は1mも積もっているらしい...帰れるだろうか?

この正月はあまり飲みにも行かず、のんびり骨休めできました。4984cf6d.jpg


コメント(1) 
自転車とフィットネス 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 愚行
    • 愚行
    • ワールドカップ2018終了
    • ワールドカップ2018終了
    • 南イタリア気分
    • 南イタリア気分
    • 決勝前夜
    • 新型ジムニーを見る
    • VITARA化
    • クロアチア決勝進出!!!
    • フランス決勝進出
    • フランス決勝進出
    • フランス決勝進出
    • 真空管プリアンプ×DAC
    • 真空管プリアンプ×DAC
    • 真空管プリアンプ×DAC
    • 真空管プリアンプ×DAC
    • 真空管プリアンプ×DAC
    • クロアチアがベスト4
    • クロアチアがベスト4
    • クロアチアがベスト4
    • ウルグアイ0-2フランス
    • ウルグアイ0-2フランス
    • ウルグアイ0-2フランス
    • 新型ジムニー
    • 日本代表記者会見
    • 夏バテ対策
    • ベスト8決定
    • ベスト8決定
    • 日本敗退
    • モドリッチ!スバシッチ!
    • 完全密閉化とインピーダンス測定
    • 完全密閉化とインピーダンス測定
    • 完全密閉化とインピーダンス測定
    • 完全密閉化とインピーダンス測定
    • ウルグアイ2-1ポルトガル
    • ウルグアイ2-1ポルトガル
    • フランス4-3アルゼンチン
    • 湾岸ライド
    • グループリーグ終了