2010年05月22日

L1120231_512


L1120234_256さて、ちゃんと成虫になれるでしょうか?
キタさんありがとうございます!



まだ夏前だというのに、うちには何種類の小動物がいるのだろう?

「いきものがかり」 よろしく!?

robertohouse │コメント(4) 
自然といきもの 
L1120200_400  L1120207_400

着々と。


robertohouse │コメント(0) 
現場2010 

2010年05月21日


P5216079_640
OLYMPUS E-3 + Leitz Summicron-R 35mm/f2 type1


LEICA Rシステムもかなり整理して、ボディはR9だけになった。
レンズも増えたり減ったりしているが、これはずーっと探していて入手したレンズ。

続きを読む

robertohouse │コメント(8) 
カメラと写真 2010 

2010年05月19日

デリカスペースギアの交換スピーカーが到着♪
クルマへのインストール作業には全く興味がないけれど、とりあえず鳴らしてみたくなるのはオーディオマニアの性で...

L1120176_400

アトリエのアンプにウーハーを接続。 スピーカーユニットは裸で直結してパワーを入れ、至近距離で聴くと素性がわかりやすい。

低域が気持ち良く弾む。 ストロークが大きく、パワーも入りそう。
ただしスルー接続では高域に耳障りな音が出る。 エージングの問題だけではなさそう。 

L1120178_2562wayの車載SPのクロスオーバーは一般的に6~10kHzと高めで、ウーハーはフルレンジ的な設計になっている。
でもパイオニア(カロッツエリア)は2.2kHzクロス! ホームオーディオの2wayブックシェルフ並みの低い設定で、選定の決め手となった。
ドア足下のウーハーではなく、眼前に設置できるツイーターから多くの帯域を再生できるのがポイントで、ウーハーも低域再生を重視した設計と思われる。

付属のネットワークのキャパシタ値から計算すると、クロスは2.2kHzあたりで、交差点をかなり凹ませた設定になっている。
ユニットのインピーダンス特性を畳み込んだシンプルな12dB/oct。

低いクロスを実現するため、ツイーターは3cmという大口径ハードドーム。
大きなドームに対して小さな筐体! ネオジウムマグネットでなければ実現不可能なサイズだろう。

L1120180_320 

L1120181_320これもメインスピーカーの上に接続してみた。
能率は高く、30cmフルレンジにもちゃんとつながる。 純正ネットワークではアッテネータでかなり落としているようだ。
音は思ったよりメタリックではなく、爽やかでよく伸びている感じ。

とても小さいので、工夫して同軸マウントしたら面白いかも?
ともあれカーオーディオ用のSPユニットをホームに使う手はありそうだ。
価格はホーム以上にピンキリだが、国産中級機種はリーズナブルで競争が激しく、激安店なら30~35%offで手に入る。
車載ウーハーは超小型エンクロージャーが想定されているので、自作派には面白い存在だ。
4発くらい並べてB&Oみたいな洒落た薄型ラインアレイなんてどうだろう?



robertohouse │コメント(2) 
クルマ | 音楽とオーディオ 2010

2010年05月18日

着工を発見したのは1週間ほど前のこと。
クルマが糞だらけになるのは困りますが、撤去するのはかわいそう。

L1120175_512

と思っていたら、あっという間に竣工...いい仕事してますw

タイミング良く、小学生が「ツバメの巣の調査」にやってきました。
僕が子供の頃もやったけどNAHOは知らないというから、田舎独特の教育かな?

robertohouse │コメント(14) 
自然といきもの 

2010年05月17日


L1120115_800

屋根スラブコンクリート打設完了。


L1120100_800

スラブの下はこんな状態です。


robertohouse │コメント(0) 
現場2010 
L1120120_400

天窓からの光。

L1120162_640



L1120166_640

超シンプルな「家型」のフォルム。


robertohouse │コメント(4) 
現場2010 
IMG_0326_640

「日曜日は何して遊ぶ?」
「さかなつりにいきたい!!!」

通常は3月末から4月にかけて水温が最も下がり、富山湾の釣りは端境期と言われます。
(海水温は気温より2ヶ月ほど遅れ、1月には水面から湯気が上がるほど)

地元の人によれば今年は水温が低く、1ヶ月は遅れているらしい...つまり今も端境期(-_-)
特に家族向けのアジやキスはほとんど期待できない...

IMG_0327_320

苦戦...

昔取ったなんとかで、
ファミリーフィッシングでも絶対にボウズにはしない自信があるけれど...

粘ること5時間...

IMG_0330a_320

20cmほどのカレイ(^^;)

まったり休日~(^^)


robertohouse │コメント(0) 
家族の時間 | 自然といきもの

2010年05月15日



img391_800

LEICA R9 + MacroElmarit 60mm/f2.8   FUJI ASTIA100 GT-X970


木造3階建てがひしめく露地へ。
入ってはいけないような、出たくないような。


続きを読む

robertohouse │コメント(5) 
カメラと写真 2010 

2010年05月14日


img413_800

LEICA R9 + MacroElmarit 60mm/f2.8   FUJI ASTIA100 GT-X970



久々に、写真を撮りながらトランス状態に入った。

奥能登の、小さな町の中の、小さな独立国。



続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
カメラと写真 2010 
不景気が続き、少ないパイを多くが取り合っているように言われる。
供給に対して需要が少ないのだと。

でも本当にそうだろうか。
いち消費者としての立場で見ると、質の高い供給が圧倒的に不足しているように感じる。
本当は、人は飢えている。 渇望している。 一度しかない人生を生きているのだから当然だ。
欲しい、変えたい、もっと良くしたい、でもその方法が見つからない、与えてくれる人、やってくれる人がいない。
webの普及で断片的な情報だけが膨れあがり、頭でっかちになる。
でもそれを実現してくれる人や会社は案外少ない。 
仮に能力があっても、報酬に見合わないリスクからは逃げ腰になる。

これはどの業種でも言えることだと思う。

robertohouse │コメント(4) 
ひとりごと 
歯を大工事中で、しばらくの間、片側でしか噛むことが出来なくなった。
そこで発見したこと。

味覚が変わるのだ。 

片側では、通常の半分くらいしか味がわからない。
舌の場所で味覚が違うのは知っているけど、左右は対称だと思っていたが違うんだろうか?


よーく考えてみると、口の中での食べ物の動きに原因があるのではないか?
飴やチョコレートがわかりやすいが、人は無意識に舌の上で転がす。ガムもそう。
口の中を移動することで、食べ物は舌に付いたり離れたりする。
人はそのような時間軸上の「変化」によって味覚を感じるのではないか?
ずっとくっついていると、麻痺するというか、味がわからなくなってしまうのでは?

音でも映像でも、人はその「絶対値」には鈍感で「変化」に対して感度が高いのだから...



robertohouse │コメント(0) 
酒と食 | ひとりごと
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ














PVカウンター

    プロフィール

    Roberto

    ギャラリー
    • 課外授業
    • ポルトガル3-3スペイン
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • JBL 2206Hに換装
    • シラスのペペロンチーノ
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • LE85のダイヤフラムを交換
    • 2018年初キス釣り
    • 2018年初キス釣り
    • 黒部のSG邸
    • N Company 竣工写真撮影
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸 竣工写真撮影
    • N Company
    • N Company
    • 白エビとシラスのパエリヤ
    • RME ADI-2 DAC
    • テーブル材料検品
    • インド料理KHUSHI
    • N Company
    • 初期設定中
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • プレゼンテーション
    • 黒部のSG邸
    • 黒部のSG邸
    • 日本代表候補
    • 組み上がり
    • 測定開始
    • ネットワーク
    • 激安スピーカースタンド
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • バッフル開口
    • バッフル開口