2005年09月04日

さいたま市までの日帰り出張で、高速道路でのデリカの燃費をチェックしてみました。

往路:2500回転未満で追い抜き禁止の 「経費節約モード」で 8.5km/L

復路:3000?3500回転の抜きまくり 「かっとびモード」で 7.0km/L

思ったより燃費に差が出ないなあ。
立山IC?東松山ICの約350kmで1時間近く違うので、このくらいの燃費差なら「かっとびモード」を選ぶかな...
RVRでは抜くのも一苦労だったけど、デリカは100kmからでもビューンと飛び出してくれますから首都高でも安心ですね。ディーゼルで2200kgの巨体なのに、140kmくらいまですんなり...おっとヤバイヤバイ。

いずれにしても、デリカスペースギアは長距離で疲れないクルマですね。
音は静かではないけど、剛性があるから嫌な振動やねじれ感がなく、ガッチリしています。
仮眠や車中泊もするけど、寝心地もいいから宿に泊まるのがもったいない。
純正オプションの網戸も最高ですね!

悪路での信頼性、長距離の快適性、積載能力、姿に似合わない加速力...
いまのクルマ雑誌では「設計の古さはどうしようもない」と言われてますが、
こんなに魅力的なコンセプトをもった最新のクルマって他にありますか?

デリカは単なる移動手段としての「クルマ」ではないと思います。
これさえあれば生きていけそうな気が...

「デリカハウス」と呼びたいですね!

コメント(0) 
クルマ 

2005年09月03日

さいたま市で住宅設計の打合せがあり、せっかくなので近くの別所沼公園にある
「ヒアシンスハウス」 を見てきました。

24歳で早逝した叙情詩人であり優秀な建築家の卵でもあった立原道造。
「ヒアシンスハウス」は1938年頃に別所沼に構想された週末住宅で、
美しいスケッチをもとに最近になって関係者の努力により建てられたものです。

簡素だけれど印象的なシルエット。
練り上げられた平面プラン、窓廻りの手の込んだディテール、
そしてなんといっても心地よいヒューマンスケール。
「家なんてこれで十分」と思える、極小だけれど思索にふけるには理想の、素敵な小屋。

ただし後から付けられたと思われる安っぽいカーテンとレールはやめてほしいし、
当然ながら資料館という性格上、「住まい」の空気は流れていません。
それでも、よいものを見ることができたと思います。

建築というものは、建築家の精神性をそのまま表現するものです。
彼は死の床でこう言ったといいます。

「五月のそよ風をゼリーにして持ってきて下さい」

道造がもう少しだけ長く生きて実際にこの家を建てていたら...
60余年を経た本物の「ヒアシンスハウス」を見たかったと心から思います。


5d9ba1d9.jpg

dd7ad797.jpg

ffc2256f.jpg

f767590c.jpg

E?1 7?14mm/14-54mm


66d62573.jpg

道造のスケッチ









コメント(0) 
建築とデザイン 

2005年09月01日

K邸のお施主さんがテーブルと椅子をdueに頼んでくれました。

さっそくテーブルをデザインし、進樹工房のTさんに作ってもらっています。
富山に来てから、彼にはこれまで何回もお世話になっています。

今回の材料はタモ無垢材で、足も桁もすべて同じ木から削り出しています。
コーナーにちょっと細工して、厚い板ながら軽さも表現しようと思っています。

椅子も東京の家具屋さんを探して格安でいいものを見つけてきました。

家づくりにおいて家具は大切です。家と一緒に考えるべきものでしょう。
設計者としては、家具も頼んでもらうのは、とても嬉しいことです。

7dbc3657.jpg



コメント(0) 
現場2005 

2005年08月31日

GR?Dというカメラがもうすぐ出るらしい。
銀塩時代に一世を風靡したコンパクトカメラのデジタル版である。
どんな仕様で来るのか、カメラマニアの間では話題沸騰中だ。
リコー公式ブログもできた。さあ楽しみ!


ところで、「オベリスク」の配線をいじってみた。

8Ω×3本直列×2並列=12Ω だったのを、
8Ω×2本直列×3並列=5.3Ω とした。

インピーダンスが低い方がアンプのパワーは取り出しやすいと思う。
並列の方がユニット間の干渉も少なくなるのではないか。
音がどう変わるかはまだわからない。

ついでに配線材をキャプタイヤ1.25スケアに変更。
これまでの経験では、中途半端に高価なケーブルより電力用キャプタイヤのほうが音に力が出る気がする。超高価なケーブルは知らないけど...
キャプタイヤケーブルは、被覆が頑丈で各線材も太いから振動に強いのではないかと思う。なんといても価格が魅力。なんと85円/m!
世の中には100,000円/mのケーブルがある。オーディオとは異常な世界だ! 

とにかく、TQWTバスレフ化の効果は抜群だった。
ベースが弾み、打楽器もビシッと止まるようになった。

コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 
今、ある工場を設計していて、今日は確認申請を提出し、ゼネコン4社に見積もりを依頼した。
ここまで来ればちょっと一息つける。

住宅設計の多いdueとしては大きな仕事だ。
本当は僕はこういうビル系建築のほうが経験が豊富で、
設計から見積もり、現場監理に至るマネジメント全般には自信がある。
しかし責任は重く、住宅とはまた違ったプレッシャーがある。

住宅というのはある意味施主の自己満足の世界でもあり、採算は2の次になりがちだ。
住宅は金を稼いでくれないのだから当たり前である。
しかし事業系の建築は、建築そのものに稼いでもらわなくてはならないから、
設計にも常にビジネス感覚が要求される。

今回も、自分で概算見積もりした通りに予算内に収まってくれればいいのだが。

コメント(0) 
アトリエ日誌--~2006 

2005年08月30日

ジャン・フィリップ・ヴィレというジャズ・ベーシストがいて、最近はこればかり聴いている。

澤野工房 というジャズレーベルから出ているのだが、このレーベルが大好きだ。

ヨーロッパの優れたジャズプレーヤーを次々と紹介しており、
ジャケットはどれもモダンなデザインで写真が素晴らしく、生々しい録音も本当にすごい。

ヨーロッパのジャズ・プレーヤーはアメリカとは確かに違う気がする。
どのCDを聴いても、お洒落で気が利いていて気品があって、芸術性が高い。
スイングするというより、クラシック音楽に近いものを感じたりもする。

c01f85a3.jpg



コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 

2005年08月29日

今朝は久々にBRIDLERの仲間と朝練をしました。
魚津まで往復50kmくらいですが、boss達は速くてきつかった...

かつぴろさんは銀色のキシリウムSLだった。かっこいい?!
僕のは6年前の、初代キシリウムです...

ブログサーバーが復旧したようです。
ドリコムブログは、無料で1Gまでデータを載せられる点では随一ですが、
サーバーが不安定で時々ダウンするのが不満ですね。




コメント(0) 
自転車とフィットネス 

2005年08月27日

思いつくといても立ってもいられず、さっそく改造してみました!

c7c63159.jpg

直径50mmの孔を4個あけ、長さ75mmの紙パイプをエポキシで接着しただけです。
4個に分けたのは、ダクト面積を変えてチューニングするためです。
どこまでも「可変」にこだわっていますね...
だってそのほうが楽しいから...

全部開放した場合には共振周波数は約54Hzになりますが、ひとつ塞ぐごとに5?6Hzづつ下がっていきます。
面積が変われば音の出方も変わるでしょう。

ちょっと聴いたところでは、低音限界は確かに下がっているようです。
低音の出方がかなり変わり、ブーミーさは減り、いままで出ていなかった低い音(大太鼓など)が出やすくなっています。特長であった開放感はちょっと後退したかもしれません。
でもいわゆる「バスレフらしいダンピングの効いた低音」とはちょっと違います。
やはり共鳴管動作が支配的なのかもしれませんね。

打ち込みのドラムやベースの音はなんだか力が抜けたような音。
ウッドベースなら自然な音で鳴ります。
よくいえば自然な、風のような軽い低音。
腹にズシンとくる低音ではなく、ブワッと吹き抜ける感じです。
ロックでも、エリック・クラプトンの「アンプラグド」のようなアコースティック系ならとてもリアルに聴かせてくれます。

追加したFE83Eもエージングが進んで、だいぶ音がまとまってきました。
かなり涼しくなってきたので、音楽を聴くにはいい季節です。





コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 
アトリエのメインスピーカー「オベリスク」にさらなる改造を計画中。  c0538324.jpg


現段階での「オベリスク」を評価すると、

<長所>
ラインアレイ(トーンゾイレ)配置による音の浸透力、
 反射の抑制 (これはほんと実感できます。こんなライブな部屋で7?8m離れても平気)
・普通のスピーカーと全く違う、あっけらかんとした開放的な音
・繊細微少な音もきちんと聴き取れる感度の良さ
・8cmユニットにしては低音がパワフル
・特異なデザインがアトリエに似合っている?

<短所>
・中低域に共鳴音と開口漏れによるクセがある
・100?200Hzは十分だが100Hz以下の低音はぐっと下がり、50Hz以下は出ていない (クラシックでは致命的!)

とにかく普通のスピーカーとは全然違う音がする、ある意味「ジャジャ馬」ですが、
こいつをもっとうまく乗りこなしてやろうと思うのです。

現段階のアイデアとしては、

可変扉に大口径バスレフポートを付ける

というものです。
このスピーカーはチューニングできるように可変式の扉のような開口部を持っています。
この開口部を塞いだときには嘘みたいにクセのないすっきりした音に変身するのです。
しかしこれでは大型密閉箱となり、低音はダラ下がりになります。
オベリスクの特長である「元気の良さ」も後退してしまいます。 f39bbb41.jpg


そこで、可変扉に面積50?100cm2、長さ10?15cmくらいのバスレフポートを設けます。
オベリスクは共鳴管であり、恐らく50?250Hzの間で強い共鳴を起こして低音を稼いでいるわけですが、「管」ではなく「箱」として考えると約35リットルの内容積があり、FE83E×1本あたり6リットルくらいになります。
ちょっと大きすぎるくらいですが、この「箱」にバスレフ動作(ヘルムホルツの共鳴箱理論)による共振をさせてやろうというのです。
この場合、バスレフポートは50?60Hzで最大振幅をとる第7のスピーカーユニットとなります。
なおかつ大口径ポートとすることで、共鳴管動作も殺さないようにしようと考えています。
大きな孔が空いていれば、共鳴音はここから漏れてくると思われます。

共鳴動作とバスレフ動作が互いにどのように影響するかは、正直言ってわかりません。

しかしこうしたTQWTバスレフというのは海外のマニアの間ではよく製作されていて、よい結果を出しているようです。

今回の狙いは、中低域のクセを殺し、50hz前後の低音を増強し、オーケストラが気持ちよく聴けるようにすることです。

しかも、いろいろ変化させて楽しめるのです。

1.開口全開でTQWT(共鳴管)→ 元気いっぱい、ジャズ向き
2.開口を閉じてTQWTバスレフ→ 低音ゆったり、クラシック向き?
3.ポートも閉じて密閉型→ すっきりくっきり、ギターやアカペラ向き


と3種類の音を使い分けることが出来るわけです。

孔をあけてポートを付けるだけなので、改造は1時間もあればできます。
さあ、結果が楽しみです!

コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 

2005年08月24日

僕らは設計時に構造体を検討するために軸組模型をつくることがある。
でも今回は、大工さんが1/10の模型を作ってしまった!

「登り棟木」を中心とする構造があまりに複雑なために、
今回墨付けをしている若手のS大工が自主的に作ったのだ。
これだけでも何日かかかっているだろう。

プレカット化が進み、2×4住宅などでは「釘が打てれば大工」と言われたりする時代だ。
20年選手でも「これがプロの仕事?」と思える人がたくさんいる。

だからこそ、こんな環境で仕事のできる若い大工は幸せだと思う。
僕も、とても勉強になった。


27c39e68.jpg





コメント(0) 
現場2005 
エド・ヴァン・デル・エルスケンの「セーヌ河岸の恋」は自分が一番好きな写真集のひとつ。

それぞれが珠玉の作品である写真集ですが、フォトストーリーにもなっています。

メキシコ移民の若者が、パリの夜の街で恋をする。
実際には写真と関係ないフィクション(ノンフィクションの部分もあるかもしれない)
なのですが、リアルでロマンティックな、美しくも悲しい恋愛物語になっています。

50年代のパリの若者たちのつくる空気が伝わってくるようで、
何度読んでも感動する写真集です。


d4fd0477.jpg




コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 | 読書と歴史民俗

2005年08月23日

メキシコ在住の親友 Max?matsumoto からすごい写真が送られてきた。

d307f27e.jpg


先日のツール・ド・フランスのゴール近くで撮影したという。
カメラは数年前、当時初心者だった彼に僕が譲った中古のオリンパスOM?1。

露出もピントも巻き上げもすべてマニュアルの、30年前の機械式カメラである。
国際協力で僻地へ行く彼には、電池がなくなっても、どんな状況でも動くカメラがふさわしいと思ったのだ。

沿道の至近距離から、しかもレンズは望遠の200mmだったというから驚きだ。
なにしろプロトン(集団)の速度は軽く50kmくらい出ていたはずだ。
一発必中、見事な居合い抜きである。

日進月歩のデジカメに比べて、OM?1というカメラはもう古くなることがない。

それにしても、あのOM?1をまだ使ってくれていただけでなく、
ツールの檜舞台でこんな写真を撮ってくれたなんて、なんだか僕も嬉しい。




a16665d2.jpg


23919095.jpg


9ee808b8.jpg


コメント(3) 
自転車とフィットネス 
帰る予定の日に熱を出し、一日延期することになってしまった。
昨夜ようやく富山へ戻り、今日から仕事である。

さすがに10日間も事務所を空けただけに、仕事は山のように溜まっている。
でも午前中はバリバリ図面を描いたから、午後には社会復帰?できそうだ。


コメント(0) 
アトリエ日誌--~2006 

2005年08月20日

今日は写真サークルのOMNIAの仲間達と花火大会。

すんごい人だったが、打ち上げ場所の正面を取れて、風向きもよくて素晴らしかった。
思ったより近くて、カメラで追うのが結構難しかったけれど、何枚かはうまく撮れました。


dc3d1cc2.jpg

4b731a9e.jpg

4826ae66.jpg

75d360eb.jpg

a439273b.jpg


E?1 14-54mm




コメント(2) 
カメラと写真 ~2009 

2005年08月19日

今日は東京時代に9年間働いていたINA新建築研究所にお邪魔した。

実に5年ぶりだったけれど、ずいぶん人が増えて、知らない人がたくさんいた。
特にマンションの景気がよく、増員しても追いつかない状態だそうだ。

dcff6df2.jpg



Wさん、Nさん、Kくん、Tくんと飲みに行き、久々の建築談義が楽しかった。
Kくんは結局朝まで付き合ってくれました。ありがとう。

それにしても朝5時の歌舞伎町ってすごい。
なんでこんなに人がいるんだ?

46bb4ff8.jpg

酔っぱらってます




コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 
表参道で話題の建築を見てきた。

まずはhhstyle-CASA
アルマーニ・デザインの家具や雑貨を売っている店。
店員の丁寧な対応も素晴らしくて、革のトラベルバッグなど、思わず買いそうになってしまった。

建築としてもなかなかいい。
デッキプレートによる流れるような空間に、アルマーニの家具はうまく溶け込んでいた。
コンクリート柱もシャープな鋭角を見せ、スキップフロア構成も巧みで、単純な線と面の組み合わせで非常に複雑な空間を生み出している。
濃い色に塗られたフローリング、いつもと違う白に塗られた金物類もこの空間にぴったりだ。
鉄板で出来た外部もオブジェのようでインパクトが強く、エントランス前の広場空間も建築をより豊かに見せている。とにかく一目見てハッとさせる建築である。
個人的には、安藤さんの作品では最高の出来映えではなかと思う。

4fbc9cc6.jpg



もうひとつは、まだ建設中だが足場が取れ始めた、話題の建物。

名建築中の名建築、同潤会青山アパート」の建て替え計画である。
正直いって、これでいいのか?と思ってしまった。
カーテンウォールがびっしり立ち、「透け」や「抜け」が全くない。
旧同潤会青山アパートの豊かさは、分棟された配置の妙と、共用階段室や中庭が街に開かれていたことにあったと思うのに。
バルコニーのディテールにも、六甲の集合住宅のような切れ味を感じない。
まるで公団住宅だ。
これが安藤忠雄か?ほとんど森ビルの設計ではないのか?と疑いたくなる。

fd7325dd.jpg

73f99f04.jpg


なんだか、がっかりしてしまい、
大好きな「コープ・オリンピア」でお口直し。

8f6790fc.jpg


コメント(0) 
建築とデザイン 

2005年08月18日

新宿のマップカメラで特価品カメラバッグを買った。  
TAMRAC PRO8がなんとほぼ半額!

a6733074.jpg

aef62676.jpg


E?1のレンズが3本になって、これまで使っていたウエストバッグでは入り切らなくなったのだ。特にED7?14mmはとてもかさばる。

PRO8は軽量でしっかりした作りだし、ごくオーソドックスな構造でちょうどいい大きさ。
将来ボディ2台体制になっても、レンズ3本とアクセリー類などの自分のカメラ用品はすべてここに納めることができる。ウエストバッグのように軽快にはいかないが、ほとんどクルマ移動だから問題ない。

そういえば、カメラ用品の選び方も東京時代とはずいぶん変わったな。
あくまで「徒歩」メインになる東京では、小型軽量が最優先だった。
だから一眼レフはオリンパスOMシリーズがメインだったし、ライカなどの小型クラシックカメラも愛用していた。
中判はプラウベルマキナ670とマミヤ7。

いわゆる「カメラバッグ」は使わず、ウエストバッグやヌメ革のショルダー、アウトドア用リュックなど。OMならこれでもボディ+レンズ3本入った。
実用性もさることながら、ストラップやケースにこだわったりして、おしゃれのひとつでもあると思っていたから、出かける前にカメラを選ぶのも楽しみのひとつだった。

でも今ではそんなカメラはすべて処分して、E?1システムに集約。
カメラを使うのは趣味というより仕事がメインになってきた。

カメラ用品がすべて入ったバッグをデリカスペースギアに「放り込む」のがこれからの僕のスタイル。
三脚なんてクルマに積みっぱなしでもいい。




コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 

2005年08月16日

大和市の実家からは湘南が近い。
今回の帰省ではロードバイクをデリカに積んできた。

今日は3時頃に大雨が上がったので、行けるところまで走ることにした。

大和→江ノ島→葉山→一色海岸→大和

思ったよりアップダウンはきつくなくて、僕でもインナーギヤを使うことはない。
ちょっとクルマが多すぎるけれど、景色も良くて気持ちいい。
合計約70km、3時間の楽しいサイクリングになった。

遊びコストは、ポカリ2本で300円ナリ。


256d30d0.jpg

9932ff8d.jpg

葉山の海岸


a7eba41c.jpg

葉山の近代美術館。設計は佐藤総合計画


d1817f89.jpg

江ノ島


コメント(0) 
自転車とフィットネス 

2005年08月15日

新聞の社説を比較するサイトが気に入っている。

社説そのものがいつも面白いわけではないが、同じ事柄についてこんなにも意見が分かれるということが面白いのだ。
最右翼&最左翼の比較だから当然だけどね。

朝日はちょっと軽薄だし文章が下手だなあと思う。何を書いても語り口が軽すぎて、希望的観測が強く、現実味が乏しい。
無名のいち個人を主役にしたりして、社説で書くほどのことか?という週刊誌並みの記事もよくある。

産経は文章がしっかりしているが、毎度のことながら、どんな話題でも「国家」から俯瞰し、「戦前は良かった」「ニッポン民族は優秀」的な論調に結びつけるのが鼻につくのを超えて笑ってしまう。オリンピックで日本選手が活躍すれば、「日本古来の精神力が...」と来る!

ちなみに家では両親が昔から読売を購読している。
朝日ほどの軽さも産経ほどの愛国心もなく、保守べったり大衆迎合で知的な刺激がない。
ジャイアンツのファンクラブ誌ともいえる。

地元で一番多く読まれている北日本新聞など、1面から地元企業の宣伝記事みたいなものオンパレードだから読む気にもならない。そこにはジャーナリズムが欠落している。

巨大メディアといえども、結局は政治経済の力学と、人間の感情で書いているのだ。
常に圧力は働くし、どんな話題でも自分のテリトリーに持ち込もうとする。

だからマスコミなんてあまり信用してはいけない。
過去に大きな過ちも犯している。
笑い飛ばすくらいでちょうどいいのだ。

今日は終戦記念日。
ニュートラルな自分でいたいと思う。

コメント(0) 
ひとりごと 

2005年08月14日

オリンパス・ズイコー7?14mmというレンズは、本当に気合が入っている。

重くて大きくて、水晶玉のように美しい前玉が飛び出した迫力満点のレンズだが、中身がまたすごい。

大口径両面非球面レンズ
世界最大の両面非球面レンズ、どうやってつくるのか?と思ったら、熟練職人の金型技術のたまものでもあるそうな。

ED非球面レンズというのもすごい。EDで、非球面なんて、世界初だそうな。

スーパーEDレンズ
なんてのもあって、蛍石に近いらしい。

さらに、「普通の」EDレンズが2枚使われている。
レンズ構成はなんと、18枚だ。


実際に仕事に趣味にガンガン使っているけど、開放から全ての焦点距離において、
歪まず滲まず流れず、びしっと写る。本当に素晴らしいレンズだ。
何よりすごいのは、14mm相当というのが信じられないくらい、撮り易いのである。
それほどに自然な描写なのだ。
(キャノンの16-35mmLという高級レンズを覗いてみたら、めまいがするほどすごい歪みだった!)

こんなレンズが実売17万円というのは、決して高くないと思う。
こんなに重くて大きいレンズはほとんどの人には不要かもしれないけれど、欲しい人は「何が何でも欲しい」レンズだ。

商売上手なキャノンあたりは絶対に作らないレンズだ。


コメント(2) 
カメラと写真 ~2009 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
















    ギャラリー
    • 路地の子
    • 自家製
    • 自家製
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 自家製ツナ
    • 高岡のOK邸
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • 白貝のパエリア
    • S歯科 地鎮祭
    • 料理男子
    • 料理男子
    • 料理男子
    • 早めの夕食
    • 早めの夕食
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 富山のSI邸上棟
    • 富山のSI邸上棟
    • 猪肉のペペロンチーノ
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • 日曜日の食卓
    • ズミルックス35/1.4ASPH
    • 新フライパンでパエリア
    • 新フライパンでパエリア
    • 新フライパンでパエリア
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • フライパン新調記念
    • フライパン新調記念
    • FE83solバスレフ実験
    • FE83solバスレフ実験
    • ちょっとアンニュイ
    • ボンゴレ