2006年01月22日

アトリエのスピーカー「オベリスク」の最新状態を紹介します。

タンデムドライブに挑戦しました。

27205103.jpg
7529b2ea.jpg

とはいっても、たった1時間で改造は終了!
しかもコストはゼロ円!
結果は過去最高でした。

16cmフルレンジユニットFF165Kをサブバッフルを介して内部に装着しています。

これを正面の8cmフルレンジFE83E×6発(シリ・パラ12Ω)と逆相接続で並列駆動します。

両ユニットの能率を比較すれば、3?6dBくらいの強制駆動気味の動作となるでしょう。
やりすぎならFF165Kに抵抗を入れればよいことですが、能率を同じにすれば低音不足になると思います。

FE83Eの第1キャビネット容積はわずか12Lですが、タンデムドライブにより巨大密閉箱に入れたような特性になり、Fゼロの上昇は少なくなってQも0.8と高いので、Fゼロ=140Hz近くまでフラットに再生できるはず。
しかしこれだけではそれ以下がダラ下がりとなって十分な低音は再生できません。

重低音は4本のバスレフダクトで再生します。
(当初パッシブラジエータだったが低音のトランジェントに不満を感じたのでバスレフに戻した)
FF165Kの第2キャビネットは24Lで共振周波数Fd=54Hzとし、FF165Kで強力にドライブして40?100Hzを補強します。

正直いってこの改造の最大のメリットは、ネットワークを排除できたことだと思っています。 b72ac768.jpg


FF165Kはエンクロージャーによって中高音がカットされるため、重大な損失を伴うコイルを省略できました。
いろんな音楽を聴いてみても、中高域はFE83E単体とほとんど変わりませんし音像が膨らんだりもしません。

背面にウーファを付けるとフィルターでいくらカットしても中域の膨らみを抑えられなかったので、箱によるフィルター効果には驚いています。
コイルがないので低音の切れがよく濁りもなくスピード感も十分。ベースラインを追うことができるようになりました。
低域レンジもグランカッサが聞こえるので40?50Hzくらいまでは出ていると思います。

長大なエンクロージャーを分割したので気柱共鳴音も消え、クリアな音になりました。
もともと定在波は出にくいテーパー形状であり、タンデムドライブによって背圧が減少していることも効いていると思います。
何を聴いても抑えられた感じがなく伸び伸びと鳴り、FE83Eの最大の特徴であるボーカルの美しさも際立っています。


FE83Eの良さを殺さずにどうやって低音を加えるか、という命題はほぼクリアできたのではないかと思います。

遠くまで減衰せずに聴かせるラインアレイのメリットは大きいですし、微小な音への反応の良さ、素直なボーカルと抜群の音場感・定位感は市販スピーカーとは一味違った魅力があります。

このスピーカーの欠点は、原理的に耐入力がとれず圧倒的大音量再生では苦しいこと、そして大口径ウーファのような「面で押してくる迫力」がないことでしょう。
いずれはそういう音のスピーカーも作ってみたいものですね。

TQWT(共鳴管)→TQWTバスレフ→ウーファ追加→パッシブラジエータ→スーパーツイータ追加→マルチアンプ駆動→タンデムドライブ
と試行錯誤を繰り返した実験スピーカーですが、

ともあれ、「オベリスク」完成! ということにしておきます。



コメント(6) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年01月21日

今日は保育園の行事で、父と子の雪上運動会。
なんと積雪2mの山中です。最近の保育園って気合い入ってます。

リレーや綱引き、ゲームなど結構楽しめたけど疲れた...
自分も楽しんじゃったので写真は撮れず。

帰りは温泉に入ってきました。 はあ?ゆったり...今帰ってきたところ。

ba子ちゃんの結婚式でおいしいワインをもらったので、今夜はイタリアンを作ろう。


明日は日曜だけど、朝から打合せだ。

コメント(0) 
家族の時間 

2006年01月19日

いまだに昨日の余韻が残っています...

いま思うと あのキツネはタヌキだったのではないか?
それとも タヌキがキツネだったのかも?

同じ2匹で、100mしか離れていなかったし、そういえば大きさも似ているような...本気で悩んでいます...どっちが本物だ? 

いかん、化かされてる...

今年は大雪だから、静かな自転車だから、日没直前だったから(夜行性)、カメラも持っていなかったから...いろんな偶然が重なって、おとぎばなしの国に迷い込んでしまったようです。


コメント(0) 
雑記 

2006年01月18日

3年越しの夢であったシクロクロスレーサーがついにやってきました!

LEMOND POPRAD?DISC です!

e430f0b2.jpg


先週神戸に船便で届いたばかりの、日本初入荷バイク!

オフロードバイクらしからぬ細身のスチールフレーム、個性的なカーボンフォーク、最新型10速105、そしてAvidメカニカルディスクブレーキ!
う?ん、美しい...bellissimo!!33b1d06f.jpg

この仕様でこの値段は、安い!

e063e5e7.jpg


購入した BRIDLER のbossにお願いして、FSAのコンパクトクランクに交換してもらいました。34?50ですからレースでもサイクリングでも使いやすい!ヒルクライムOK!

ワイヤー取り回しにちょっと細工してくれたり、ヘッドとステムのフェイスカットまでやってくれました。さすがプロショップ!boss感謝!

ca4f22b2.jpg


なぜクロスレーサーかって?
もちろんシクロクロスレースにも使いますが、何よりこの仕様がポタリングや日帰りツーリングに最高なのですよ。

富山ではロードで里山付近を走っていると、ちょっとしたダートの林道や農道がよくあって、入っていきたくなります。でもロードバイクじゃ無理だし、MTBでは自走でサイクリングにいくのがかったるい。
クロスレーサーなら、ちょっとしたダートも走れるし歩道の段差もラクチン、しかもオンロードも軽快で登りもいける。ポジションもロードバイクより楽でMTBのように限定されないからロングライドに最適。

ある意味中途半端でもあるのだけれど、こいつさえあればどこへでも行けそうなところがいいんです!
子供の頃から自転車ってそんな相棒みたいな存在でしたから。

カンチブレーキが嫌いで、discのスムースさはMTBで気に入っていました。
本格的なレースではNGらしいけど、富山クロスのカテ2?3ならOK!(MTBでもOKだからね)
そしてぶっといアルミフレームも嫌い!POPRADはフレームが美しいので前から狙っていたのだけど、色がいまひとつだった。2006年モデルの「カニバルオレンジ」は好み!
ほんとはアメリカンブランドも好きじゃないけどデザインが良ければ許す!

そして何より僕は、なぜかドロップハンドルでないと自転車に乗っている気がしないのです(^_^)


早速、夕方30分だけ試走に行ってきました。
リラックスできるポジションで、砂利道もラクラク?♪
でもハンドル下を握ってダンシングすれば、乗り味はほとんどロードバイク!
低速でも安定性がいいところはMTBに近いかな?
ブレーキはものすごく効く!カンチブレーキとは大違い!

あとはテクニックだけですね!僕はオフロードテクが全く駄目ですから...


ところで試走中に面白いことがありました。

なんか動いてる...なんとタヌキ。しかも2匹!こっちを見てる!かわいい?!!

50mくらいの距離だけど、逃げずにじっとこちらを見ている!
ここはそんな田舎じゃないのに...後ろ髪引かれつつ走り出すと、雪原にタヌキにしては歩幅の大きい足跡がある。なんだろ...何かいた!犬?しっぽがでかい...

なんとキツネ。しかも2匹!「たっち」してる!かわいい?!!

驚いて止まると、2匹で走り回って雪の上で転がってじゃれあいながら逃げていった!つがいではなく若い兄弟かも...

これは、 化かされているに違いない!化かされてみたい!!

なんだか嬉しくてしかたがなく、興奮しながら走って帰ったのでありました...

これは実話です。

サルやカモシカは山で見かけるけど、キツネやタヌキは富山でも滅多に見ることはないのです。今年は雪が多いから、山から下りてきたのかな...

コメント(6) 
自転車とフィットネス 

2006年01月17日

東京時代には自宅アパートでよくパーティーを開いていました。

友達が友達を呼び、年齢も職場も学校も趣味も国籍も異なる超個性的な面白いやつらが自由に集まっては、昼から朝までぶっ続けで飲んだりしていた。
小さなアパートに30人も入ったこともあったっけ。

体育会系縦割りの苦手な僕には、あのボーダレスで自由な関係が、なんとも居心地がよかった。

別に大騒ぎするわけではなくて、ひたすら夢や苦悩について情熱的に語り合っていたような...
ランダムに集まったようでも、互いに何か引き合うものがあったのだ。

実はROBERTOという名もこの仲間うちで使っていたもので、ROBERTO HOUSEとはパーティ会場である僕のアパートのこと。

僕が東京を離れてもずっと続いている、思えば不思議な仲間達。
初めて出会ってからもう10年くらいになるかなあ。

みんな、大人になったか?
一昨日の2次会の写真を見る限り、あんまり変わってないような...

a674c595.jpg
0d8f963e.jpg
3e5cd656.jpg
950a609e.jpg
fbf14321.jpg



コメント(0) 
雑記 

2006年01月16日

友人ba子ちゃんの結婚式→披露宴→2次会で撮りまくってきました。

6486d58d.jpg
59b4bf23.jpg


結婚式っていいですね?!ba子ちゃんきれいだったよ!
幸せを分けてもらった気がします(^_^)


自分達は式やってないんだけどね。

式場は東京ヒルトン。久々の、「結婚式らしい」結婚式でした。
今回はプロの代役?として呼ばれたので気合いが入って(^_^)400枚くらい撮ったかな?
コンパクトフラッシュ2GB×2枚が一杯になりました!
すべてRAW撮影なので、これから現像、レタッチ作業が大変。
使える写真は、20枚くらいあればいいところかな。
良いアルバムになればいいのだけれど。

今回は1泊だけですが、たくさんの仲間に会えて、3次会までやって、原宿ではOMNIA仲間の写真展に行けたし、帰りにはカツミ&ヒロトに付き合ってもらって秋葉原ハイエンドオーディオ探索もできました。

593d6643.jpg


悪友カツミ撮影。 あ、怪しすぎる....でも、なんか似合ってるような...

コメント(1) 
カメラと写真 ~2009 

2006年01月12日

さて、恒例になっている、新年の誓いを決めなければならないんです。
今年はたくさん思うところがあって、なかなかまとまらない...

ちなみに昨年の誓いは「早起き・朝ひと仕事」という僕にとっては超難問で、達成率は30%未満...それでも以前より少しは朝型になってきたのですが。

よし、決めた!

今年の誓いはシンプルに、「挑戦」 にしました。

今年はいよいよ30代後半に突入してしまいます。
家族も趣味も仕事も、貪欲に新しいステージに挑み、新たな自分を発見したいと思います!

コメント(0) 
雑記 

2006年01月11日

エコノミックオーディオを志す僕でも、秋葉原などへ行くとハイエンド機器を試聴させてもらうことがある。

行く目的はどちらかといえば目の保養であり、デザイン研究だ。
そこには数百万円もする外国製スピーカー、アンプが並んでいるのだが、その音に僕はあまり感動したことはない。
定位感が良くて歪みっぽさの無いきれいな音だなー、とは思うことはあるけど、そんなにいい音かな?きれいだけど、なんとなく音に元気がない、活気がない、低音もイマイチ...
「オーディオを聴いている」感じで「音楽」が入ってこないような...
値段はずいぶん高いけど、これくらいなら部屋の違いのほうがよっぽど大きいんじゃないか?

驚くのはアクセサリーの高価なこと!芸術品のようなスピーカーケーブル!
何十とスピーカーを造ってきたし、いろいろ実験もしてきたけれど、何万円もするケーブルやインシュレータなど怪しげな対策グッズはほとんどマユツバものだと思う。

大切なのは、できるだけ広くて響きのいい空間を用意してから、聴きたい音楽に最適化されたシステムを構築することだろうと思う。

ところで最近、すごい音に出会った!

そこはハイエンドオーディオ店ではない。
新宿のロック専門楽器店のベース専門フロアである。

外国人のベーシストが、ベースギターの試し弾きをしていた。
メーカーはよくわからないけど、25cmウーファ×4発入ったベースアンプに直結。fba68262.jpg


ズドドドドドッ!
バフッ!
ベンベケベン!


腹に、胸に響く、強烈、鮮烈、かつ歪み感のない、ハイスピードな低音!

彼は相当な腕前で、ひとり二役みたいなこともやっていたが、チョッパーは超音速でかっ飛んで来るし、最低域も濁らずクリア。彼の「演奏」にしばし聴き惚れてしまった。

こんな音は聴いたことがない。オーディオ機器はもちろん、PAの荒い音とも違う。
何より、1音1音がはっきり聴き取れて、演奏のうまさが正確に、そのまま伝わってくる!心が熱くなる音だ!


録音・再生というプロセスのない、楽器直結だから鮮度がいいのは当然だけど、それだけじゃない!
原因は何なのか、考えてみた。

・軽い振動板の強力なウーファ、巨大な振動板面積
・ベース音域に最適化され、超低音が出ていないこと
・小さなエンクロージャー
・簡易な、あるいは省略されたネットワーク


よくわからないが、オーディオの常識とは違う何かがあるに違いない!
少なくともJBLやタンノイ、B&W、ウィルソンなどの数百万円のシステムから、こんな音は絶対に出てこない。

ベース用スピーカーユニットを調べてみたら、マグネットは強力で振動板は軽く、Fゼロが高め、エッジは硬い。40Hz以下の超低音は必要ないからだ。それに小さなエンクロージャーで良く鳴るように出来ているはずだ。
しかもオーディオ用に比べればはるかに安い!半値以下ではないか!
ジャズやロック中心なら、理想的なユニットかもしれない!
いつか挑戦してみたい!

それにしても、ハイエンドオーディオとは何なのか、考えさせられてしまった。




コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年01月10日

LIVESTRONG を買いました。2a93ef43.jpg


140円ナリ。

購入したBRIDLERによれば、協賛している自転車メーカーTREKの取り扱い店では自転車などと一緒に配送することで流通コストをなくし、販売店も「配っているだけ」で商品ではないのでレシートも出ないとのこと。

これが本来の姿だと思いますよ!


健康に感謝しつつ、Live strong!



コメント(0) 
自転車とフィットネス 

2006年01月09日

道中の雪はさほどでもなく、無事富山に帰ってきました。  7954e042.jpg



え?家にデリカがもう1台?


正体はNAHOの愛車Today号でした...2倍くらいに大きくなってる....

駐車場は70?80cm積もっており、早速デリカ号で除雪(!)

限界を試してみたらやはりグレーチングにスリップして初スタック!

でも4WD?LOモード(センターデフロック)でなんとか脱出できました。さすがデリカ号!でも油断は禁物ってことだね。

それにしても10日分の雪かきは大変!
めげずにカマクラしました。
湘南とはえらい違いだなあ?

563a77ce.jpg

a1373acf.jpg

















aacff09f.jpg

この景色があるから耐えられる...アトリエ2階から「剣岳」

コメント(1) 
雑記 

2006年01月07日

2c6b2e2e.jpg

→茅ヶ崎→江ノ島→由比ヶ浜→鎌倉→

筋肉に負担を掛けぬよう、正月についた脂肪を落とすよう、スローペースで60kmくらい。
1週間に3回トレーニングするなんて、2年ぶりくらいじゃないか?

それにしても関東は暖かく、天気も良くて素晴らしい!
富山は1mも積もっているらしい...帰れるだろうか?

この正月はあまり飲みにも行かず、のんびり骨休めできました。4984cf6d.jpg


コメント(1) 
自転車とフィットネス 

2006年01月06日

今日は代々木のWE社にて打合せ。
それから昔9年間所属していたINA新建築研究所に訪問。

02f3658b.jpg
148e4752.jpg
7058cb26.jpg
c2a70d43.jpg



仕事の話もちょっとあったのだが、ちょうど地下食堂での恒例新年会にも参加したりして楽しかった。

マンションの好況でずいぶん人は増えていたけど、雰囲気は相変わらず、超リベラルで居心地がいい。 イマドキこういう会社ってなかなかないんじゃないかな?

僕はここで設計者として、社会人としての基礎を学んだことで今の自分があると思っている。
仕事をするうえで、僕の原点はここにある。

8回も面接して、情熱だけで入れてもらったようなものだけど、夜間大学に通うこともでき、明るく暖かいみんなのおかげで、多くのチャンスを生かすことができた。
技術や経験はもちろんだが、常識にこだわらない、いつも前向きな明るさと、逆境をバネにするガッツは、INAの社風だった。 やる気さえあればチャンスをくれた、「仕事は楽しい」と思わせてくれた場所だった。


5年ぶりに会ったOBなのに、みんなに昨日まで一緒にいたかのような空気で接してもらえて、何だかとても嬉しかった。

最後の締めのかけ声は、今の業界を表現してか、「さあ皆さんご一緒に...コンプライアンス!!」 「ウォー!」 でした。


写真は、INA時代に関わった建築たち。

コメント(0) 
雑記 

2006年01月05日

a94908be.jpg

写真は葉山マリーナにて。

クルマは渋滞していたけど、ロードバイクは快適♪
このあたりは適度なアップダウンがあって楽しい。
雑木林とか、軽いオフロードも結構あるので、来年はシクロクロスバイクを持ってこよう。
(昨年はMTBだったが、遠くへ行けないのが不満だった)

関東はシーズンオフがないから、いいなあ?。

コメント(0) 
自転車とフィットネス 

2006年01月04日

友人bakoちゃんの結婚式でカメラマンを頼まれ、今日は新宿でbakoちゃん、彼氏と3人で事前打合せ、というか単なる飲み会。

結婚式の撮影は何度もやってはいるが、
プロの式場カメラマンは頼んでいないというから、重圧だあ!

というわけで、真新しいアキバヨドバシで、ずっと欲しかったバウンス機能付ストロボ FL36 を仕入れてきた。a277bbf0.jpg


いままでストロボはオモチャみたいなものしか持っていなかったので、あまり使っていなかった。でも高感度に弱いオリンパスの場合、良いストロボが欲しいことも確かだ。
バウンス機能があれば、上下左右に角度を変えられてストロボ臭さを感じさせないので、F邸キッチンの写真を撮ったときにとても欲しくなった。
もちろんポートレートにはもってこいだし、静物撮影にも最適で、写真の幅がグンと広がることだろう。

それと2GBのコンパクトフラッシュを使っているが、RAW撮影をすると200枚も撮れないので、もう1枚買ってきた。これで結婚式でも長期旅行でも安心。

ついでに、新型機E?500を初めて触ってきた。
レンズ込みでは思ったより軽くはないし、ファインダーはあまりにも小さすぎて、まるで「写るんです」である。シャッターもわずかだがタイムラグがある。
これではE?1の足下にも及ばす、がっかり...(ある意味安心)

しかし収穫もあった。35mmf3.5マクロというレンズは素晴らしい!
3万円もしない小さなレンズだけど、そのシャープな画質は覗いただけでわかった気がした。2倍相当の接写能力は随一で、160gと超軽量!コントラストがいいのでf3.5という暗さもほとんど気にならないし、これは欲しいと思った。

コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 

2006年01月03日

久々にダラダラ正月なので、「電車男TV版完全放送」ほとんど見てしまった。
予想外に面白くて最後まで...きっと映画はもっと面白いのだろう。

これは実話なんだそうだが、舞台となった「2ちゃんねる」は時々見ている。
2ちゃんねるを知らない人は、このドラマ面白くないのではないか?

面倒だから書き込んではいないけど、自作オーディオ系などマニアなスレッドでは、たまに有益な情報も見つかる。

2ちゃんねるは、たったひとりで運営されているサイトである。
そして、その運営者は謎につつまれている...のかと思いきや!

しっかり実名&顔写真入りのインタビュー。


コメント(0) 
雑記 
次期スピーカー計画では古典的な「平面バッフル」の復活もあるかな、と思っていた。
やはり背圧の無い構造の素直で繊細な音は素晴らしいからね!
でも背面の音が拡散して定位を阻害するし、低音はサブウーファで補う必要がある。

それにやはりアトリエのスピーカーコンセプトは、「アコースティックPA」(なんのこっちゃ)である。7mの距離を飛ばすラインアレイ型は欠かせないから、平面バッフルはなかなか難しい...

そこでいろいろ調べてみると、「タンデム駆動」という方法で平面バッフル同様に鳴らすことが出来るらしい。つまり内部に入れた別ユニットを同相駆動させることで背圧を打ち消すというものだ。

そこでヒラメイタ!

「オベリスク」を改造して「タンデム駆動」を実現できるかもしれない!
出費は限りなくゼロに近い。
こりゃ面白くなってきたぞ!

コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年01月01日

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年もいろいろありましたが、家族ともども元気で過ごせただけで、ありがたいものです。

12d2c5ef.jpg


今日は夕方のたった1時間あまりですが、初春ということで走ってきました。
戸塚、藤沢あたりで道に迷いながらの30km。

明日天気が良ければ、江ノ島~三浦半島を回ってきます!

コメント(1) 
自転車とフィットネス 

2005年12月31日

NHK「プロジェクトX」最終回を見たら、なんと中島みゆきが生出演で「ヘッドライト・テールライト」を歌った。 6d6b3380.jpg


感動した!

何を隠そう、僕は20年来のみゆきファンである。
中学生のころ、深夜放送「オールナイトニッポン」でラジオにかじりついていた。
高校3年のときの最終回では涙がこぼれた。
読売新聞「放送塔」への感謝の投書が掲載されたのも思い出だ。
当時金沢までコンサートにも行ったし、上京してからも何度も観に行った。
特に日本一取りにくいチケットとも言われている「夜会」の感動は忘れられない。

受験勉強をまじめにしていたかどうかは別にして、いろんな悩みを、ラジオの向こうで包み込んでくれた、そしてお腹がねじれるほど笑わせてくれたみゆきさん。

TVで久々に見た彼女は、いまだ女神であった!

しかし、この自分が、当時僕らの心を癒してくれたみゆきさんと同じ年齢になっているということに驚く。

今の自分に、いったい何ができるのだろうか。

コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 

2005年12月29日

MA recordings
というマイナーレーベルを紹介します。

僕はCDやレコードを選ぶときはレーベルを重視しています。
ジャズならヨーロピアンジャズに強い澤野工房が一番好き。
クラシックでも好きな中世フランス音楽、宗教音楽などはharmoniamundiなど特定のレーベルに偏っています。
センスのいいレーベル(多くはマイナーレーベルだから、プロデューサー個人のセンス次第)は、曲も演奏もハズレが少ないのです。
それに録音の音質はレーベルによって極端に違うけど、好きなレーベルなら安心して買えます。

MA recordingsは、いつもジャズCD買いの参考にさせて頂いている、ジャズ&オーディオ通信というサイトで知ったのですが、とんでもなく素晴らしいレーベルでした。

彼らはジャズでもクラシックでもなく、どちらかといえば民族音楽を中心として世界中の音楽を録音しています。民族音楽といっても、アルゼンチン民謡とかポルトガル伝統のファドなど、ジャズやクラシックと同類に聞ける、メロディーとリズムの美しい音楽ばかり。
こうしたマイナー音楽に対する姿勢が素晴らしいし、歌手や演奏家のレベルも最高級。

そして何より素晴らしいのが、録音。
スタジオ録音は行わず、ワンポイントマイクによって教会などその場の雰囲気をそのまま録っており、空間に消えてゆく余韻が最高、といってもふわふわした音ではなく、クレシェンドは果てもなく伸びきり、どこまでもクリアで鮮明・鮮烈でダイナミックレンジがすごい。

ワンポイント録音レーベルといえばなんといってもテラークが有名だが、こんな音は聞いたことがない!
このCDの真価を発揮させるには、すごいオーディオシステムが必要だろうな...

いわゆる「ジャズ向き」といわれるJBLモニターなどより、故長岡鉄男氏のフルレンジシステムが似合いそう。

453a7ac2.jpg
 c9db9453.jpg


コメント(1) 
音楽とオーディオ ~2007 

2005年12月28日

BRIDLERのクラブチームジャージがリニューアルされるというので、
デザインをお手伝いすることになった。
アパレルデザインは専門外で、これが難しい...

てなわけで、とりあえずの第1案→改定案→さらにちょっと改定!
コンセプトは、

レースでは情熱的で、練習ではおしゃれな...うーん難しい!

?チームカラーオレンジを生かし、「炎のジャージ」のイメージを残してみました。
敵を引き離す「翼」、先行者を捕らえる「牙」にも見える?

?ワンピース風に見える、上下つながりのあるデザイン。
背中から足までの赤ラインは体の線をしなやかに見せる?

?サイドを白にしてスリムにシェイプアップ!

?サドルに擦れる股部と、汚れやすい襟は黒

?肩、脇、背中、お尻、袖帯など、スポンサー名を入れられる場所をできるだけ多く!


9fe534e5.jpg


<基本形>

1d7bf651.jpg

<グレーを増やしたバージョン>

b99ed162.jpg


<色違いバージョン1>

53ca9af6.jpg


<色違いバージョン2>

3eb0ec1d.jpg


同じ柄でも、ずいぶんイメージが変わりますね!

みなさんの意見をどしどしお聞かせ下さい。


それにしても、こういう絵をCADで描いてる人っているかしらん?
だってIllustraterはうまく使えないから...

コメント(7) 
自転車とフィットネス 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索














    ギャラリー
    • USB-DACの比較
    • インディカ米でパエリャ
    • オーラルケアすぎもとクリニック 夜景
    • オーラルケアすぎもとクリニック 夜景
    • オーラルケアすぎもとクリニック 夜景
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • とんがり帽子のアトリエ
    • 香箱座り
    • 真夜中のお勉強
    • S歯科
    • オーディオ再開記念
    • オーディオ再開記念
    • オーディオ再開記念
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ
    • 皇后杯×ドライブ