2020年02月29日



家族で絵本にじいろのさかな の話題になって思い出したのが、ねじめ正一との伝説の名勝負。
双方死力を尽くした手に汗握る激闘。企画も構成も知性に溢れていて、テレビに力があった最後の時代かなと思う。
また読みたくなって、自選 谷川俊太郎詩集 を注文した^ ^ 

robertohouse │コメント(0) 
読書と歴史民俗 | エンターテイメント

2020年02月28日

L1005834-2_1600


コンパクトですが、拡がりのある家です。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 
35E2EB0A-6FE9-4EED-A908-7A5633A0832D

"WATE”ことトリ・エルマーにも慣れてきた。16-21mmというレンジがとても使いやすい!
21mm端では、f8くらいでも被写界深度が浅いので注意。うまく使えば立体感が出せる。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due | ライカ

2020年02月27日

71nG3YDMsoL._AC_SL1500_001review_170712_hv1704_128_fundamental_00-thumb-640xauto-128762



小型ブックシェルフ型スピーカーを作るならどんなのが良いかな?と妄想が始まった。

フルレンジ1発もいいが、JBLのホーンに慣れた耳には厳しいかもしれないし、弄る楽しみなら2wayだ。
ニアフィールドなので、同軸が面白いのではないか?  続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年02月24日

74E00705-052F-4621-9230-FB9AEC5EE586  15D64240-F2F8-4981-AE78-AD3DA25F4D85

ドキュメンタリー映画 「2人のエスコバル」が面白かった。今のところAmazon等には見つからず、DAZNでしか観られないようだ。

あの事件の起きたワールドカップの5年前、1989年に国立競技場で観たトヨタカップを思い出す。当時最強の名を欲しいままにしたACミランと互角に戦った南米王者が「ナシオナル・メデジン」だった。フランシスコ・マツラナ監督は見事なチームを作ってきた。CBアンドレス・エスコバルと、異能のGKレネ・イギータを中心とした超ハイライン守備で、アリゴ・サッキ監督による世界最先端のプレッシングサッカーと真っ向勝負を挑んだ。まるで鏡で映したかのように似たチームが、バスケットボールのコートほどのコンパクトな陣形を保ったままスライドしていく。これはサッカーなのか?何か別のスポーツではないのか?それほど衝撃的だった。

ファンバステンやバレージらスター選手を揃えたACミランはともかく、ブラジルでもアルゼンチンでもなく、コロンビアになぜこんな凄いクラブが出来たのか、そしてなぜ代表が急に強くなったのか、このドキュメンタリーを観てよくわかった。コロンビア・サッカーの奇跡のような発展には、麻薬王パブロ・エスコバルが深く関係していた。そして模範的な名選手アンドレス・エスコバルの悲劇に繋がっていく過程が、生々しい映像と監督や選手、服役囚らの証言によって明らかにされる。パブロは利己的で凶悪な犯罪者だが、サッカーを愛し、コロンビアサッカーを強くしたことも事実だった。あの時にパブロが生きていれば、アンドレスも命を落とすことはなかったかもしれない。2人の死後、コロンビアサッカーは長く低迷し、ハメス・ロドリゲスらを擁して復活するまでに20年近くを要することになる。

robertohouse │コメント(0) 
サッカー | エンターテイメント

2020年02月23日

CE7D436C-9642-4F91-93D9-1DB9CFAEC2BB  4047D49A-E5CB-4A19-8DAB-2D98E0ECC25E


スピーカーの角度で結構変わります。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年02月22日

CE7D436C-9642-4F91-93D9-1DB9CFAEC2BB

10cm動かすだけで結構変わる。タダで遊べるのが良い^ ^    続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年02月21日

9B547677-551F-455C-B438-FAE2F26D7B9C

延面積20坪くらいのコンパクトハウス。

部屋数や面積が必要なのは子供が中高生の頃に限られていて、人生の大半は小さな家がフィットするかもしれません。
小さな家ほど設計の工夫が重要ですが、これからの時代は、必要なものだけに投資した家が増えていくような気がします。


robertohouse │コメント(0) 
建築設計due | 現場

2020年02月20日

123

まさに超新星、完全無欠のFWが現れた。南野拓実とチームメイトだったザルツブルグ時代にブレイク、ドルトムントへ移籍初戦でハットトリック、CLでも驚異的なペースでゴールを量産。中でも今回のPSG戦のゴールは圧巻。完璧なファーストタッチからの振りの速いシュートが彼の特徴を表している。

まだ19歳のアーリング・ハーランド(ホーランド?ホランド?ホーラン?)はあっけないほど効率的に、ゴールへの最短距離を描く。ザルツブルグの頃は「ラッキーゴールが多いのでは」と思っていたがそれは間違いだった。派手なドリブルで魅せるのでもなければ身体能力だけで圧倒するわけでも、ゴール前で待ち構える泥臭いストライカーでもない。メッシやロナウドやサラーやスアレスやムバッペやレヴァンドフスキとも違う。相手より多くゴールするというフットボールの目的のために最適化された、巧さ、速さ、高さ、強さ、戦術理解、メンタルを兼ね備えている。

ハーランドを観るだけでもDAZNの価値がある。ノルウェーには神童マルティン・ウーデゴーもいて、代表チームも面白い存在になりそうだ。

robertohouse │コメント(0) 
サッカー 

2020年02月16日

BC5DF34C-2345-4639-AEBC-201785BE49B6

雨の日曜日は、絶好の模様替え日和^ ^      続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 小型トランスミッションライン
    • 引きこもり
    • 引きこもり
    • クラスター対策
    • クラスター対策
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • スピーカースタンドから考える
    • 散歩
    • SOLO50/100
    • SOLO50/100
    • SOLO50/100
    • SOLO50/100
    • BG20 純正システム
    • BG20 純正システム
    • BG20 純正システム
    • BG20 純正システム
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20 テスト1
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20
    • VISATON BG20