2006年02月27日

01a181c3.jpg
今日は誕生日。
年男。
それよりも、偶数歳ってのが気になる。

偶数になると年をとった気がするんですよ。


コメント(5) 
雑記 
中古家電、もう売れない? 電気用品安全法が猶予切れ

2001年から、AC100v電源を使用した電気製品に対して安全基準を満たさなければ売ってはいけなくなりました。
中古製品については猶予期間があったのですが、3月一杯で切れてしまいます。
過去の製品が新安全基準を満たすよう改造することは非現実的とのこと。

つまりこれからはヴィンテージ・オーディオや楽器類も含めて中古品を売ることも買うこともできなくなるのです。

マッキントッシュの真空管アンプも、トーレンスのターンテーブルも、マーシャルのギターアンプも、もう買えなくなります。古いテレビや冷蔵庫などを激安値で買うこともできません。

古い製品には、現行商品にない優れた点がたくさんあります。技術的にも、芸術的にも、立派な人類の遺産です。リサイクルそのものが、尊いことでもあります。

中古品も対象になるということが周知徹底されていなかったようで、マニアは騒然、
(小規模な個人売買はできるそうですが)中古専門店には死活問題。
そしてなにより、
過去の膨大な遺産をリサイクルできなくなり、もはや過去の美しく優れた技術も、後世に残すことが不可能になるのです。

一体、何のための、誰のための法律ですか?
過去の遺産をすべて「違法製品」とし、新品を買わせて景気を回復させたいとでも?
これまで中古レコードプレーヤーでどんな事故がありましたか?事故率は新品より高いですか?


ようやく、多くのマスコミで取り上げられ始めています。
坂本龍一氏らは、署名運動を展開しています。
署名の嫌いな僕も、署名しました。

電気用品安全法(PSE法)に対する署名

首相官邸にも、異議をメールしました。
これが構造改革ですか?


皆さん、どう思いますか?

コメント(1) 
ひとりごと 
d81dc576.jpg
エンクロージャー(箱)が大体組み上がり、これから孔あけ、ヤスリがけなどの細工に入ります。

「元祖オベリスク」に比べるとやはり小さいですね?

通販で注文したユニット群も到着しました。

・フロントユニット:FE83E
違うユニットも使ってみたかったので迷いましたが、結局これ。
これまでに秋葉原でたくさんのユニットを試聴しました。フルレンジは素直さとは裏腹に、高域の分割振動で歪みっぽさが出るのですが、FE83Eはフルレンジっぽい癖がなく、ハイエンドスピーカーに近い繊細な音が出せるユニットだと感じました。ボーカルが最高で、弦楽器もしなやかに鳴らせるフルレンジはこれしかないと思います。能率が低めでQが0.8と高いのもタンデム駆動には好適。元祖オベリスクで1年使って、飽きのこない音も確認済み。

・リアユニット:FE126E
最も迷ったのがこれ。ウーファは高価なのに能率が低すぎるし、重い振動板ではFE83Eとの違和感が生じると判断、あえてフルレンジユニットを採用。バックロードホーン向きの強力オーバーダンピングユニット(12cmクラス最強のマグネット)でスピード感のある低音を狙う。FE83Eと共通の新素材ESコーン紙で音色の統一感も期待。

・ツイータ:FT28D
小型ながら高級なツイータで、繊細かつ力強く伸びきった高音。指向性も広く背面取付に最適。スーパーツイーター並みのワイドレンジ。

c231cce1.jpg
FE126Eのマグネットは、バカみたいに大きい!取付開口が105Φなのに、マグネットが100Φとは異常!
元々バックロードホーン向きの超強力タイプなので、普通にバスレフで使えば低音は出てもそれ以上に中高域が出過ぎて、ハイ上がりになります。

「タンデム駆動」では、タンデム室の吸音材とフロントユニットのFE83EがフィルターとなってFE126Eの中高域を落とします。低域はバスレフポートのみの放射となるので93→87dB程にダウンするはず。

FE83Eは3本直列24Ωとして耐入力アップとともに能率を85dBくらに落とし、8ΩのFE126Eには相対的に3倍のパワーをぶちこんで87dBとしてバランスを取ります。
タンデム室内ではFE83Eの後ろからFE126Eが強制駆動しますが、中高域は徹底吸音し、中低域の厚みだけを付加するようチューニング。
このようにアコースティックなフィルターを利用し、音質(特に低音のキレ)を損なうネットワークは入れません。

背面ツイータFT28Dはコンデンサー1個のネットワークで超高域のみを拡散し、音場感と奥行き感を演出しますが、アッテネーターを入れることで部屋に合わせてきめ細かく調整することもできます。


オベリスク型のエンクロージャーは、バッフル面積最小で定位感が出ますし平行面が無いので定在波が発生しにくいメリットもあります。
ガチガチに固めるのではなく、薄めのOSB材をうまく鳴らして楽器的な響きとスケール感も狙っています。 


欠点は、小口径フルレンジをさらに能率を下げて使っているのでアンプにパワーが必要なことと、耐入力的に大音量再生には限界があること。広い部屋でオーケストラやビッグバンドを大音量で聴くのは無理かもしれません。でも一般家庭の3?4mの距離で小編成ジャズや室内楽を聴くなら問題ありません。


とにかく、市販スピーカーには絶対にない特徴が満載のスピーカーですね。
さて、うまくいくといいのですが。



コメント(2) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年02月25日

acdecd90.jpg
今日から明日まではNAHOが東京へ行っているので、主夫である。

昼間は保育園の行事、水泳教室。 それから友人宅へ出産祝いを届けたり、公園で遊んだり。
これから夕食の世話、お風呂、ミルク、寝かしつけ...

うまく寝てくれるといいのだが。
フィギュアのエキジビション、見たい...

e7e6e986.jpg


コメント(2) 
家族の時間 

2006年02月24日

今朝はフィギュアのおかげで早起きできました(^_^) 素晴らしかったね!

今日感じたことは、フリーとSPは全く別物だということ。

ショートプログラムが100m走だとすれば、フリーは人間の限界に挑戦する400m走みたいなものではないか?

ほとんどの選手が、最初の1?2分は素晴らしいのに、後半息切れしていました。
安藤選手は1分でおしまい...

コーエンと荒川は最後まで乱れず、さすがでしたね。
そして観客が最も沸いたのが、荒川選手の演技でした。


さて、僕には「自分がうまく出来ず、出来る人をうらやましく思うこと」が3つあります。
つまりコンプレックスってやつですね。
(「出来ないけれど、うらやましくも思わないこと」ならもっとたくさんありますけどね)


その3つとは、

1.スポーツ  2.音楽  3.英語

(これじゃ、全然ダメダメ人間じゃないですか!)

1.スポーツに関しては(アスリートには絶対なれないのですが)、大好きではあるので、いつも背のびして挑戦してはいるのです...自転車、パラグライダー、サッカーなどなど。自分よりずっとレベルの高い人たちとプレイするのはとても楽しい。

2.音楽(楽器)はホント、できる人がうらやましい!両手が違う動きをするなんて、信じられません。いつかやってみたいとは思いつつ...やるならベースかな。

3.英語は中学生の頃から苦手でした。受験で仕方なくやっていたのは典型的な「日本人的ダメ英語」で、面白いと思ったことがありません。音楽も映画も料理もラテン系が好きなので大人になっても学ぶ意欲が持てず、イタリア語を先に始めてしまいました...
でも「中学2年生レベル」まで落ちている今が最後のチャンスとばかりに、ちょこっとだけ学び始めました。良い先生にめぐり合えたからです。


フィギュアの選手って自分が持っていないものを全部持っているようですね...
今朝NBCのインタビューに英語で答える荒川さんを見て思いました。


コメント(2) 
雑記 

2006年02月23日

f8db00a9.jpg
いつぞやご紹介しました、 1枚300円の激安新品同様中古レコードですが、最近はこれにハマっています。

全集ものにしては粋な小品が多い素敵な選曲です。
中でも、アイザック・スターンやイツァーク・パールマンのバイオリンの素晴らしいこと!

もうひとつ驚いていることがあります。

ちょうどこれを買った頃から、努力の甲斐あってか、アトリエのオーディオシステムの質がかなり向上しました。特にアナログ系は格段によくなっています。

ジャズのヴォーカルやサックス、ピアノを中心にチューニングしてきたつもりなのに、 バイオリンがこんなに美しく鳴ってくれるなんて!  

近くで聴いてもうるさくならず、艶やかでまろやか、しかもすうっと伸びやかでキレがあります。いつまでも聴いていたい音。 ハイエンドシステムでなくとも、レコードの音はCDよりずっといい!(唯一の欠点は、仕事中にレコードをひっくり返すのが面倒なこと)

オーディオでよく言われる「ジャズ向き」「クラシック向き」というジャンル分けは間違っているのかもしれません。

コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年02月22日

0628be90.jpg
いよいよ始まりました!

このブログでオベリスクNo.1を見て気に入って下さったまささんからの依頼です。
ひとのために作るのは久しぶり。メキシコ在住のmaxに作った小型ブックシェルフ型スピーカーが最後かな?

オベリスクNo.1での実験を踏まえ、 タンデム駆動によるバスレフ型です。

写真の太い方がバスレフ室、中間がタンデム室、先っぽが吸音室となっています。

実験の産物である元祖に比べれば、設計がまとまっている分、強度や気密性などはしっかりと作れますね。

デザインを気に入ってもらっているので、カタチはあくまでオベリスク型」
容積は60%、ユニット面積50%のミニチュア版ですが、それでも高さは1.5mもあります。
メーカー製を上回る音場感&定位感に、キレの良い中高域、ゆったりした低域を狙います。
そして何といっても、新築される家のインテリアに似合うようにしたいものです。

仮組みした感じでは、オベリスクNo.1よりかなり小さく感じるので、一般的な部屋でもしっくりと納まるでしょう。

仕事の合間につくるので、いろいろ試しながらゆっくりマイペースで楽しみます。

今朝は某社と打合せだったのですが、彼もアトリエに転がる物体を見て不思議そうな顔をしていました。

「これ何ですか?」

打合せも中身の濃いものになりました。今年の夏には、面白いプロジェクトを発表できそうですよ。




コメント(1) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年02月21日

427e3a3c.jpg
日比谷三信ビルが取り壊されるということです。
1930年に建てられた、美しい近代建築です。

2年前に不朽の名作である同潤会青山アパートが壊されたときには、表参道の風景のあまりの変化にあきれてしまいました。建て替えられた建築は、偉大な建築家・安藤忠雄をしても青山アパートには遠くおよびません。コールハースやヘルツォーグ、ズントーがやってもダメです。
なぜなら、時間こそが、建築の価値を創り出すからです。
建築の価値というものは、 
創る情熱とエネルギー×時間
で決まるのではないでしょうか。
つまり建て替えた時点で、価値は「ゼロ」にリセットされるのです。

僕が東京にいた13年間にも、多くの近代建築が失われるのを見ました。同潤会の数々のアパート群から、下町の庶民の小さな住居まで、創り出した人々の情熱と時代の空気を感じさせる豊かな建物が...そして代わりに建てられたものはいずれも、元の建築のように美しくはなく、誰がつくったのかわからないような無味乾燥なものばかりです。
街並みはどんどん均一化され、時間的奥行き感がなくなり、謎や発見、驚きの得られない街になっていきます。

イタリアなら、オフィスビルの隣にローマ遺跡があったりしますし、築70年なんてまだまだ新築みたいなものです。
多くは「詠み人知らず」の古い建築で創られた街が、いまも輝きを放っています。
もちろん新規の開発もありますが、都市計画によって旧市街とはっきり分けられています。

法律で経済活動を縛ることは難しいし、戦後はアメリカの植民地のようなものといってもいい日本で、ヨーロッパのように古いものを守る意欲も感性も望めないでしょう。

せめて一定期間を過ぎた建物は複数の専門家による診断を義務づけ、建築としての価値が高いものには固定資産税を優遇するかわりに、解体に対しては高額なリサイクル税を掛けてはどうか。
保存を強制するのではなく、いち市民が「建築や街並みの価値を意識させられる」ような制度や仕組みが必要なのです。

「うちの実家は古い民家なんだけど、新しい法律ができたとかで建築士さんに診断してもらったら、なんだか高い点数付けられたの。あんなに古いのにねえ?固定資産税は安くなって嬉しいんだけど、建て替えるとすごい税金取られるそうなのよねえ」
「へえ?そうなんだ。古いと資産価値はなくなるんじゃないの?リフォームもダメなの?」
「外観や構造を現状復旧できれば、ある程度は改造できるらしいんだけど。どうしようかなあ?。それにしても、あんな古い家のどこに価値があるのかしら?そういえば、子供の頃はよく遊んだわ...冬は寒かったけど、縁側でひなたぼっこしたり...」


それでいいんです(^_^)意識してみることが大切!
定期的なメンテナンスを促進し、建物の寿命を延ばし、街への関心を高め、サスティナブルな都市インフラとするための政策が必要だと思います。


まあこれも経済には逆行していますけど...
何でも規制緩和すればいいってもんじゃないと思います。

HP 「三信ビル保存プロジェクト」 より許可を得て写真を転載致しました。
来月の上京の際には、自分の目でもう一度見てこようと思います。


5007e480.jpg
56ef69e4.jpg



コメント(6) 
建築とデザイン 
パワーアンプを少しいじってみました。66b2b408.jpg


NFB(負帰還)を掛けてみたのです。
出力トランスの2次側から電圧増幅段のカソードまでフィードバックすることで歪みを減らすというもの。ダンピングファクターが大きくなり低域もしまるといいます。

実験の意味もあるので、2種類の抵抗を切り替えられるようにしました。OFFにすることもできます。
作業としては抵抗を4個とスイッチを追加するだけ。
途中、正帰還になってしまったりもしましたが、「情熱の真空管アンプ」という教科書と、BBSでの相談で解決。

数枚のCDを聴いた感じでは、確かに音は変わります。
NFB?ONでは全体にすっきりして奥行き感が出ます。低域は量が少し減って締まりはよくなりました。
ボーカルなどはNFB?OFF(無帰還)のほうが浮き出すような感じがあって、一長一短というところか。

いつか真空管アンプをつくる!という夢があるので、いい実験になりました。


ところで最近は低音をバイアンプで鳴らしています。

igakukannさんに譲って頂いたエレキットのICアンプ にスイッチング電源(12V2.1A)を左右独立で接続しました。アンプキットは2400円で、電源まで入れても総コスト1万円ほどの激安アンプですが、品質は侮れません。最大パワーを別にすれば、(売ってしまった)フライングモールDAD100といい勝負です。
高域はちょっとうるさいところがあるのですが、ゴリっとした低域の締まりは真空管アンプよりいいので、低域専用に使ってみることにしました。電源が独立しているのでセパレーションもいいはずです。

バイアンプ方式はトータル出力が増えるしボリュームを独立して調整できるので音づくりは自由自在で楽しいですね!
音は一長一短...バイアンプで低音は力強くなりますが、自然さでは真空管が上かも。

それでもメインアンプを修理・改造したり作り直したりするとき、サブアンプがあるのは便利なものです。

d9017d28.jpg
e70704e0.jpg




コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年02月20日

5dac84d6.jpg
先日つくりました「ローコスト学習机」にちょっとだけ(^_^)反響がありましたので、板取図を描きました。
あっけないくらい、簡単な図ですね...でもそこがポイントです!


・板の種類は何でもOK
シナランバーコア、シナ合板、ラワン合板、MDF、パイン集成材などが使えます。
また、厚さに関係なく同じ板取で作れる設計になっています。15?25mmくらいが適当でしょう。重厚さを狙うなら厚手の集成材で、軽快にするならシナランバー15mmがお薦めです。

・R加工をしましょう
各部のRを大きくすると、可愛らしいデザインになります。安全のためにもRを取りましょう。大まかにノコギリで落とし、あとはヤスリで丸く仕上げます。

・塗装はお好みで
僕はオスモカラーというドイツ製のオイルフィニッシュとしましたが、オリーブオイルでもOKです。オイル仕上げが一番美しいのですが、汚れを気にするならクリアラッカーなどが良いでしょう。また、オイルステインなどで色を着けても面白いと思います。

・照明器具などはお好みで
スリム蛍光灯のインバーター型がお薦めで、3000円以下で買えます。
コードを通すため裏板に30Φくらいの孔を開けておくとすっきりしますし、延長コンセントタップもセットできるので便利です。

・天板の高さ調整範囲は約47?55cmくらいまで
これで身長100?140cmくらいまでは対応できます。これ以上に成長したら、脚だけ大きめのものを作ります。脚は独立した部品なので交換は簡単です。

ちなみに市販のデスクは全体的に天板が高すぎます。大人でも標準とされている70cmは高すぎで、64?68cmとして椅子も低めにしたほうがリラックスして長時間座れるものです。ちなみに僕の仕事用デスクは67cmです。
天板より20?25cmくらい低い、細かく調整できる椅子を用意します。
子供用の椅子は脚をのせる台が付いたものが多いのですが、こういう姿勢は疲れます。椅子も机も、台が要らない高さにするのがベストなのです。


・天板に乗ってはいけません
壊れることはないと思いますが...

・組み立ての順番
? 各部材について角をR加工し、表面のサンドペーパー(#320)仕上げを行う
? 側板と脚を重ねて、同じ位置にドリルで孔6Φをあける(脚はメスナットが入るため10Φに広げる)
<ここまで、3?4時間>
? 裏板と天板を固定する(木工用ボンドと釘またはビス併用)
? ?に側板を両側から固定
? 飾り棚を取付
? 塗装仕上げ
? 六角ボルト(オスメス)各4本で脚を固定
? 照明器具を取付
<合計5?7時間>

ef8a3689.jpg


この図は(個人で楽しむ目的に限り)自由に使って頂けますが、あくまでデザインの提供ですので製作・使用は各自の責任で行って下さい。
製作された方は完成写真などでご報告して下さると嬉しいです(^_^)
お問い合わせは手紙までどうぞ。






コメント(12) 
DIY 

2006年02月19日

富山も少しずつ春めいてきました。
今日はあちこち雪が残る中、ゆったりポタリング。2時間以上走ったのはホント久々です。

アトリエから1時間も走れば、こんな雪景色が見られます。さすが富山!

こんな時期、シクロクロスレーサーは快適。
路面が濡れていてもDISCブレーキは面白いように効くし、ちょっとした障害物も乗り越えちゃいます。工事中の砂利道や、雪も少しぐらいならOK!
ロードバイクより気軽に安全に走れますね。

もちろん乗り味はMTBとは全然違い、限りなくロードバイクに近いものがあります。
ロードバイク程の切れ味はありませんがダンシングにもよく反応しますし、ショック吸収が良くポジションも自由なので長時間乗っても疲れません。

まさに最高のポタリングバイク!

2a554876.jpg

雄大な立山連峰


f10f2519.jpg
e67eac22.jpg


コメント(5) 
自転車とフィットネス 

2006年02月18日

今日は快晴!近所で冒険してきました。


7bc47f63.jpg

そり遊び

e2752bbd.jpg

氷のレンズ

003a01b2.jpg

氷取り新記録!

c165278b.jpg

お地蔵さんがいっぱい?

c5d0e180.jpg

変な氷


雪国ならではの遊びですね。富山っていいところです。


コメント(0) 
家族の時間 
12da9d85.jpg
入学準備の学習机が一日で出来ました!

デザイン・コンセプトは

・誰でも一日で簡単に作れる
・1820*910板×1枚で無駄なく出来る
・長く使えるよう、シンプルで丈夫
・高さ調整ができる
・照明付き
・飾り棚付き
・軽快、素朴、かわいいデザイン
・北欧の図書館の子供コーナーにありそうな?
・一応、女の子用


材料:シナランバーコア15mm(\3000くらい) 銅スクリュー釘+木工用ボンド留め
仕上:オイルフィニッシュ(オスモカラー・ドイツ製自然塗料 オリーブオイルでもOK)

・六角ボルト締めで高さを調整できます。(オス・メス8組で\1200)
・インバータースリム照明(\2780)を付けました。
・角を削って適度な丸みをもたせました。

板をホームセンターでカットしてもらえば、ドリル、金槌、紙ヤスリ、ノコギリだけで簡単に出来ます。
総コストは?8,000くらいです。
市販でいちばんいいなと思った机は\82,950! なんと1/10で出来ました?

ぜひお試しあれ。
希望があれば、板取図をUPします。


1d7f535c.jpg
07b5ccdd.jpg



コメント(3) 
家族の時間 
痛ましい事件がおきてしまった。

僕がなにより耳を疑ったのは、 この市立幼稚園では、近所の親同士での交代グループ送迎を指導していた ということである。

こんな話は聞いたことがないし、親が送迎するか、幼稚園が送迎バスを出すものだと思っていた。

特別に仲の良い、信頼できる親子同士で「自主的に」交代で送迎するのならわかる。
しかしこれを制度として指導していたとすれば、保育園児ふたりの親として、強烈な違和感がある。
僕なら、特に親しくもない他人に送迎を任せるなんてことはできないし、相手の子供を預かることも躊躇するだろう。

それに子供にも社会があるし、大人も人それぞれ、仕事も文化も環境も異なる。1/20は外国人という時代でもある。「近所」というだけでこのシステムを強制すればいろんな軋轢を生むはずだ。

もしかして、幼稚園が住所で「グループ分け」までやっていたのでは?

もしも送迎バスのコストをカットするためのシステムだとしたら?

狂気の容疑者を弁護する気は全くないが、この件もいずれ追求されるのではないだろうか。


コメント(0) 
ひとりごと 

2006年02月17日

春から小学生になるので、「机つくって」と頼まれました。

そこで世の中の学習机とやらを調べてみました。

259d3164.jpg
1cf98713.jpg
36ebf1f6.jpg


うーん、僕らの時代とは違うけど、まだ「事務机のミニチュア版」っぽさがありますね?。
質感はナチュラル系が増えていますが、デザインはゴチャゴチャしてる。

コンセプトは、シンプルで可愛く、機能的、かつローコストで作りやすい(^_^)こと!

乞うご期待!

コメント(0) 
家族の時間 

2006年02月16日

e5b5ded2.jpg
オリンピックも前半を過ぎて、日本勢はいまひとつの成績ということです。

スピードスケートは惜しかったし、モーグルもよく頑張ったと思うけど、スノボなんて完全に「井の中の蛙」が路程してしまいました。アメリカや欧州勢と比べると大人と子供みたいなものでした。
ハーフパイプはスポーツというよりショービジネス色が強く、本場アメリカの賞金レースに出ているプロ選手が最強で、日本勢はどうみてもアマチュアでしたね。

でも、当然といえば当然の結果ではないか?
たくさんのメダルを獲得した長野五輪は「国家的プロジェクト」として今の中国並みにお金と環境を与えて強化した成果が出たわけで、それ以前は、冬季五輪でのメダルなんてほとんど夢のようなものでした。6位入賞でニュースになるほどでしたから、伊藤みどりや昔のスキージャンプなどは例外的なスターとして歴史に名を残しています。


全ての街にジャンプ台があったり、サッカーの次にスケートやスキーが人気で、多くの人がスポーツクラブに所属している北欧・アルプス勢と比較すると、お金も関心も環境も、文化としての定着度も違いすぎます。

日本代表選手クラスでさえ、自分でスポンサーを探し、借金して遠征費を捻出したりしています。企業も選手を広告ツールとしてしか考えていません。アスリートというより、芸能として消費しています。一般人も、彼らトップ選手に対して「自分たちが普段やっているスポーツの頂点にいるアスリート」という理解と尊敬があるでしょうか?単なるお茶の間の芸人、有名人ではありませんか?



そもそも日本は温帯?亜熱帯モンスーン地域に属するわけで、冬季五輪でメダルを取れる国としては最南端ぎりぎりの国ではないでしょうか。
(関係ないけど、「ニホンザル」は世界最北端の猿だそうです。)


4位に入った岡崎朋美選手の笑顔は素敵でした。
「全力を出し切ったから許して」

この人こそ、真のアスリートとして尊敬します。


コメント(0) 
ひとりごと 

2006年02月15日

c623ed0a.jpg
昨年の「紅白歌合戦」最大の収穫?
インディーズながら300万枚を売り上げた超新星!
ハワイ育ちのShen(シェン)、日本育ちのMicro(マイクロ)のユニット。

Def Tech 
にハマっています。

ヒップホップはあまり聴かないけど、これはJAWAIIAN RAGGAE(ジャワイアン・レゲエ)というらしい。そこらへんのJヒップホッパーとはレベルが違う!確かに、ジャンルを超えた魅力があります。

まだ1stアルバムしか持ってないけど、レゲエ、ヒップホップから沖縄民謡の雰囲気もあったり、どこか無国籍で体に染みこんで来ます。
大音量でもノレるし、BGMとしても心地よいのです。

歌詞もきちんと聴き取れるし、まっすぐ心に響きます。
激しく、かっこいいのに、優しい。泣けます。
とにかく聴いていてとても幸せな気分になれます。

「紅白」でも、歌もダンスも完璧なテクニックで、幸せパワー全開!世代を超えて訴えかける力を感じました。
(あまりの存在感に、他のベテラン歌手が全部かすんでしまった...)

紅白歌合戦のDefTechの映像がここで見られます!
まだ知らない人も、騙されたと思ってぜひ!

ヒップホップやJ-POPは聴かないという人にも、お薦めです。

8818bbac.jpg
79151b6b.jpg


コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年02月14日

 4af53d78.jpg

アナログレコードの世界は奥が深いというけれど、ほんとに、いいものです...安い掘り出し物レコードがたくさんあるし、音は分厚くキレがあって暖かい...ハマるとやばいかもしれませんね!

1950年代のジャズなんて、最近のリマスターCDより絶対いい音がします!

今日は僕が使っているアナログ機器を紹介してみます。
どれも決してハイエンド機ではありませんが、音は気に入っています。



レコードプレーヤー: 
KENWOOD KP?9010


学生時代に購入してから15年間頑張ってくれています。
頑強なダイキャストボディと質の良いアーム、精度の高いDDモータが特徴で、アナログ時代の最後を飾った銘機。当時の10万円弱という価格は内容からすれば激安だと思います。今つくれば20万円以下では無理ではないかな?
最近、フォノケーブルと電源ケーブルを自分で交換しました。

カートリッジ: SUMIKO Pearl 

1万円ちょっとで買えるMM型で、超ハイコストパフォーマンス!
交換針も1本持っています。
音は素直でナチュラルそのもの。変な癖や誇張感がなく、ワイドレンジです。
低音の馬力も結構あるし、透明感があって音場感もいいのです。
オルトフォンやオーディオテクニカの3万円くらいのMCも使いましたが、Pearlのほうがいいと思いました。
MM型はトランスやヘッドアンプが要らないので、コストだけでなく音質的メリットもあると思います。5万円以上のMCなら、次元が違うのかもしれませんけど。3e56a5e8.jpg



フォノイコライザーアンプ: 
アンプSHOPミズナガ・特注プリアンプ


高級プリアンプを使った経験はありませんから比較はできませんが、このアンプは間違いなく素晴らしい!
20万円級の市販プリメインアンプから換えたときに、 「レコードってこんなに音がいいの?!」とびっくりしたのです。まるで今までの音がラジカセみたいに思えるほどに!真空管がレトロだなんてとんでもなく、艶やかで鮮やか、すべての音が生き生きとしています!ノイズがなくクリアな音ですが耳当たりが良くて刺々しさがないのは、やはり真空管ですね!

CRイコライザーを12AX7と12AT7の2段SRPPで挟んだ構成で、ノイズを避けるためR型コア電源部を別ボディとしています。配線は美しく、東一ビタミンQコンデンサなど、部品は高品位。
こんなフォノを搭載して、左右独立トーンコントロール装備、SRPPラインプリ段+低インピーダンス・カソ?ドフォロア段、合計8本の真空管を使っています。値段を聞いたら誰でもびっくりするような、ウルトラスーパーハイコストパフォーマンス!
ミズナガさん、作って頂いて恐縮ですが、これは安すぎます...


今後のグレードアップ目標としては、MM型の高級機グラド REFERENCE PLATINUMとか、分厚い音で根強い人気のMCカートリッジのDENON DL103+MCトランス、も使ってみたいし、プレーヤーが壊れたら、ザクシーズとかLINNのユーロ系ターンテーブルも魅力的...でも壊れそうにないんです...

0dde0999.jpg
d76bba40.jpg


コメント(10) 
音楽とオーディオ ~2007 

2006年02月13日

今年は早くから大雪だったけど、もうすぐ春なのか?
今朝はあんまりいい天気なので、アトリエから望遠レンズを向けてみました。

そして今日はなんと2週間ぶりに、2人揃って保育園に行くことが出来ました!

午後は初めての方が打合せに来られます。

e9d5d2fd.jpg

ff4d4f7f.jpg

9b7d2294.jpg

オリンパスE?1 80-150mm




コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 

2006年02月12日

午前中はI邸の第1回プレゼンテーション。
模型と図面を置いてきたので、建て主にしばらくバーチャル生活してもらいます。
本当にFITした家にするためには、基本設計段階でじっくりイメージを深めることが何より大切ですからね。


04658610.jpg
午後の打合せは仕事ではなく、
なんと「スピーカー」の製作依頼!


我がブログで「オベリスク」のデザインを気に入ってくれた「まさ」さんがやってきました!ジャズ好きでご自身もピアノも弾くという方です。

こういう出会いができるのだから、ブログをやってよかったと思います!

早速、何枚かのCDやレコードをかけてオベリスクを聴いてもらいました。
スリムな姿に似合わない低音や音場感、定位感を気に入られたようで、 契約成立!
オベリスクJr.を製作することになりました。

10月に竣工する新居に合わせ(家の設計は僕ではありません)、オベリスクのデザインをそのまま縮小したミニチュア版になります。

現段階の構想では、オベリスクで成功したタンデム駆動をフル活用し、8cmフルレンジ×3発を12?14cmウーファでバックアップしようと思っています。背面ツイータも効果的でしょう。エンクロージャーはOSBをダーク塗装がいいかな。

あくまで趣味なので、ほとんど材料費だけで作れます(^_^)


こういう依頼って、仕事とはまた違った、格別な嬉しさがありますね?

コメント(0) 
音楽とオーディオ ~2007 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索














    ギャラリー
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • 豚肉のフジッローニ
    • anoのユニットを換装
    • anoのユニットを換装
    • anoのユニットを換装
    • anoのユニットを換装
    • anoのユニットを換装
    • anoのユニットを換装
    • anoのユニットを換装
    • anoのユニットを換装
    • オーラルケアすぎもとクリニック
    • くるみの森 上棟
    • 新スピーカープロジェクト
    • ワールドカップ2018 組分決定
    • 富山のAN邸上棟
    • FE83sol×ADI-2PRO
    • ジャンプスターター
    • DIYディフューザー
    • DIYディフューザー
    • DIYディフューザー
    • Alpair10のイコライジング
    • 世界一のクリスマスツリー???
    • くるみの森
    • くるみの森
    • くるみの森
    • FOSTEX PC100USB
    • S.M.S.L A8