2005年07月03日

三崎という街は前から気になっていた。
過去にマグロ漁で栄えたが、水揚げが焼津などの他港に移ってからはさびれてしまったという。昔は映画館が3軒、飲み屋は無数にあったそうだ。

行ってみると、確かにひなびた印象。
時間がゆったりしていて、観光客も少ない。猫はやたらと多い。
城ヶ島へ渡っても釣り客くらいしかいない。
暴走族の気配もなく、車中泊しても怖い感じもしなかった。

鎌倉や三浦海岸の華やかな印象とは違ったローカリティを感じた。


6c94b3fd.jpg

18aec178.jpg

4ea7d428.jpg

7238e86a.jpg

d9403b02.jpg


E?1 7?14mm


コメント(0) 
カメラと写真 ~2009 
週末は関東へ出張。今回はあれこれ荷物も多い。

どうせならデリカで行こう!

そうしてデリカで初めての長距離ドライブをすることになった。

立山IC→北陸道→上越JC→上信越道→更埴JC→藤岡JC→関越道→東松山IC→目的地着

なんと、3時間半で着いてしまった!これなら電車で来るよりずっと楽だ。
デリカは直進生がよくて疲れにくく、休む必要もなかった。

さて、明朝は横浜で仕事だが、どうやって行こうか。

どうせなら首都高で、しかも湾岸を走ろう!

久喜IC→東北道→首都高埼玉線→葛西JC→首都高湾岸線→

景色最高、渋滞もなく楽しいドライブだ。
デリカは加速も良く、首都高独特のカーブや緩急、短い車間距離にも慣れてきた。
湾岸は思った以上に空いていて、大正解だった。

どうせならこのまま三浦半島へ!

首都高湾岸線→ベイブリッジ→横浜横須賀道→三浦半島→三崎

埼玉から3時間弱で三崎のひなびた街へ到着。   

ここまできたら、やっぱり三崎マグロを食べよう! 中トロ丼、マグロの胃袋、マグロの塩辛を食べる。
マグロがこんなにうまいなんて!さすが三崎だ。

image


三崎港の脇でデリカ初の車中泊。
フルフラットにしてエアマットを敷くとなかなか快適で、デリカ純正網戸も役立った。それでも蚊は入ってきたが...
とにかく空間の広さは素晴らしい。


さて翌朝は6時起床。10時の打合せまで時間はたっぷりある。
三浦半島をのんびりドライブしよう!

三崎→城ヶ島→油壺→葉山→鎌倉→江ノ島→戸塚

日曜の朝は空いていて、天気もよくて気持ちがいい。
三浦半島周辺は電車ではよく来ていたが、クルマで走ると思ったより狭いエリアだ。
能登半島に比べれば、1/4くらいしかないだろう。

さて仕事完了。

戸塚→第3京浜→玉川IC→環八→練馬IC→関越道→上信越道→北陸道→立山IC

心配した環八も練馬ICも思ったほどの渋滞はなかった。
帰りの高速はずっと雨でちょっと疲れたが、相変わらずデリカは快調。
大きな声ではいえないが、かなりの速度を出しても安定していた。

ともあれ、クルマで首都圏へ遠征するのは思ったより楽であることがわかった。
埼玉は仕事の射程距離に入ることもわかった。
都内も時間帯とルートを選べばとても速く移動できる。
ポイントは、首都圏の人々と逆の動き方をして混雑を避けることだ。
そうすれば、巨大都市を快適にドライブできるのだ。

コメント(0) 
クルマ 

2005年06月28日

デリカ号がやってきて、4年間乗ったRVRとお別れした。

ee258f08.jpg


このクルマは急に迫られて探していたときに、何より安さに惹かれて衝動買いしたものだったのだが、それなりに気に入って乗ってきた。

3列シートでもないのに、リアシートが前後スライドできるのは珍しく、これが使いやすかった。
はじめはどうかと思ったスライドドアも、狭い道で子供を乗せるには便利だった。
雪道にもそこそこ強い4WDで小回りもきき、ボディに剛性感があって高速道路でもまあまあの乗り心地。

しかし2000ccディーゼルがターボ付なのに非力で、高速の登り坂などはベタ踏み90kmというありさま、加速も鈍く遅れる感じで音もうるさいし、ディーゼルはやはりこんなものなのかと思った。
(それが誤解であることはデリカに乗ってわかったのだが)

ここ1年、あちこちからオイルが漏れ始め、ついには屋根から雨漏りが始まった。
やはり安いだけのことはあるのだ。なんたって僕のロードバイクより安いのだから。
走行距離からすればまだまだ乗れるはずだが、家族が増えて手狭になったこともあり、憧れのデリカ号を迎えることになった。


RVRよ、これまでどうもありがとう。お疲れ様でした。
廃車にならないことを祈ります。



コメント(0) 
クルマ 

2005年06月27日

キャンプ場で久々に見た、この昆虫。
のそのそ動き、面白い顔をしている。

50832ca6.jpg

E?1 14-54mm


コメント(0) 
自然といきもの 

2005年06月21日

デリカ号がやってきた!!



image



■PROFILE

 デリカ スペースギア エクシードハイルーフ 
 ディーゼルターボ 7人乗り
 平成9年式 走行56,000km



唯一孤高のクロカン系1BOX7シーターという貴重な存在であるデリカ。
早速ちょっと乗ってみてのインプレッションです。



白のデリカはやはりかっこいい!そしてデカイ!

乗ってみるとまずはコラムシフトに戸惑う...慣れれば平気か?

エンジンはディーゼルターボだが、音はRVR号よりだいぶ静かだ。
加速も断然速く力がある感じ。RVRのようなもたつき感はなく、2トンの車体をぐいぐい引っ張っていく。
トルクの太さ、車体剛性の高さを感じることができる。

重心が高い分、停止やカーブでの揺れは多少感じる。
低速での街乗りではサスが柔らかめ。
ブレーキはRVRのようには効かない。さすがに2トンは重いのだろう。

何より驚くのはそのアイポイントの高さ!
街を見下ろしている感じで、とても視界が広くて気持ちがいい。

車内の広さは最近のミニバンに比べればたいしたことはないのだろうが、
下手な小細工のないフルフラット・ウォークスルーキャビンだから使い勝手は良さそうだ。
クルマと言うより、別荘を買ったようなぜいたくな気分である。

早く高速やオフロードを走ってみたい!
週末が楽しみでわくわくするぞ!


image



E-1 14-54mm



コメント(2) 
クルマ 

2005年06月19日

キャンプ2日目の午後は氷見で投げ釣り。

僕は中学生、高校生の頃にはかなりの釣りキチで、
全日本キス釣り選手権(SHIMANO JAPAN CUP)で16歳での最年少決勝進出
という輝かしい過去?をもっている。

キス釣りは遠投が必要だからスポーツでもあり、地形や海底を探りつつ、投げては考え歩き回るアクティブな釣りだ。
より遠くへ投げるためにいろんなフォームを試したり、よく練習したものだ。
そしてなんといってもキスは食べておいしく、富山の魚屋さんにもいいものが売っていないから家族にも喜ばれる。

今では1年に2,3回がいいところだが、旅行にはたいてい釣り道具を持って行く。
本気でやれば、150mくらいは投げることができるし、集中して釣り始めると、家族を無視して熱中してしまう...

今日は2時間ほど釣って、型のいいシロギスが8匹、カレイ1匹とまずまずの成果だった。
キスは天ぷらと刺身、カレイは唐揚げで、とってもうまかった!
特に大型キスの刺身は絶品ですよ!


5a03ef27.jpg
87aaa7eb.jpg


CASIO EXILIM


コメント(0) 
釣り 
キャンプ2日目の朝は虫取り。

ちょっと探すだけでも、いろんな虫を発見できる。
野外では、図鑑だけではわからない世界に出会える。


c521166d.jpg

44f9634e.jpg

74c5c9c0.jpg

430a98d4.jpg

E?1 14-54mm


コメント(0) 
自然といきもの 

2005年06月18日

デリカの納車が遅れたおかげで、今週はさよならRVR号ツアーとなった。
家族でゆったり出かけるなんて、なんて久しぶりだろう!!

バーベキュー、虫取りで楽しい時間を過ごす。

4年間頑張ってくれた、RVR号の勇姿。

971d2c28.jpg

CASIO EXILIM



77bfbac9.jpg

E?1 14-54mm


コメント(0) 
自然といきもの 

2005年06月17日

うまくいけば、明日はデリカの納車予定。

特にクルマ好きというわけではないのだが、とても楽しみでわくわくする。

週末はどこへ行こうか?
仕事で出張も楽しい、今年はキャンプ三昧、釣りにも行きたい、自転車も遠征したい...
夢はどんどん広がる。

デリカは「遊び道具」でありながら「家」のようなものでもあり、
普通のクルマとは違うんですよ!

26f22037.jpg



コメント(0) 
クルマ 

2005年06月13日

建築写真は水平垂直をきちんと出すのが生命線で、シフトレンズが必要なのですが、フォーサーズにはないのです。

そこで僕は7?14mmの7mm端で平行を出して縦位置撮影し、横位置ににトリミングしています。
1440×1920(300万画素弱)くらいになるので画質は落ちますが、A4プリントくらいならほとんどわからず、
2L判では判別がつかないほどです。
7mm端(14mm相当)で撮れば、トリミング後でも35判換算で20mm相当の画角は得られるので大変重宝しています。

しかしこれは、広角端でも歪みのない7-14mmレンズサマサマなのです。
歪みのあるレンズでは一気に緊張感がなくなってしまいます。

簡単なので建物を撮るときには、ぜひ試して見て下さい。
旅行先などでもひと味違った雰囲気の建物が撮れるので使えますよ。


写真は近所に最近できた富山医師会館。
大嫌いな建物ですが、「トリミングシフト」の作例として。


fd5a4c54.jpg

トリミング前



669067f1.jpg

トリミング後


コメント(1) 
カメラと写真 ~2009 

2005年06月09日

祝!!ワールドカップ出場決定!!

ニッポンは強くなったな?。e63127a7.jpg

技術戦術はもちろんだけど、精神的にタフでしぶとくなった。
過去のWC、アテネオリンピック、ワールドユースで経験を積んだ、
史上最強の代表チームだ。
経験では欧州の強豪にも劣らないから、本大会が楽しみだ。

それにしても、やはりZICOはすごいと思った。



コメント(0) 
サッカー 

2005年06月08日

三菱ディーラーからTEL。

「落札しました!」

限界額ギリギリだったが、とにかく嬉しい。
10日後には納車とのこと。これで僕もデリカ乗り!
わくわく!


fcbce84b.jpg



コメント(0) 
クルマ 

2005年06月07日

三菱のディーラーに中古のデリカを探してもうらうよう頼んでおいたら、
早速連絡があった。

H9年式後期型で走行56,000km、人気の白のエクシードハイルーフだ。
ディーゼルターボで、もちろん希望の7人乗りタイプ。
この時代のデリカで7人乗りは少なく、履歴もすべて純正ディーラー車検で評価点も良く、温暖な兵庫県のクルマだからお薦めだという。

白は人気で割高なのだが、予算からすればいずれにせよH9-10年式しか買えそうにないし、この時期に7人乗りが少ないから出物といえる。白となればなおさらタマ数は少ない。

H12年以降で30,000km以下だと、車体だけで200万くらいに跳ね上がるようだ。
これではどうやっても手が出ないが、
今回のクルマの予想価格は、ギリギリなんとかなりそうな金額だった。
それにしても、中古価格が下がりにくいクルマだ。

きちんとしたディーラーだけが参加できるオークションでの競りになるそうで、限界金額を伝えて入札してもらうことにした。

YAHOOオークションならやったことがあるが、期待と不安が入り交じる。
3年保証のディーラー中古だから安心ではあるのだが。

ともあれ、結果が待ち遠しくてドキドキしますね!

7918820b.jpg



コメント(0) 
クルマ 

2005年06月04日

デリカスペースギアが欲しい!!

愛車RVRも10万キロを超えたあたりで不具合が多くなり、修理費がかかるようになってきた。もし買い換えるなら、デリカスペースギアしかない!

なぜ今さらミツビシ?
なぜ、10年以上前の基本設計で車高が高くて乗り降りしにくく、燃費もよくないスペースギア?

それは、多彩なシートアレンジで広い室内空間を持ち、雪道も山道も走破する、
ワンボックス・オフロードとして孤高の存在だからだ。

他のミニバンやワゴンが、ただ「人とモノを運ぶ道具」であるのに対して、スペースギアはその存在そのものがホビーの対象である。
アウトドアスポーツのベースキャンプとして、クルマというより動く「家」となる。

自転車、キャンプ、写真、釣り、DIY...子供ふたりのチャイルドシート、
お客さんを乗せての住宅見学会案内...

もう自分にはこれしかないというほどフィットするクルマ。

販売台数が少なく、他社にライバルがないから中古価格も高く、いざ買うとなると勇気がいる。

気長にいいモノを探そうと思う。

358121ad.jpg





コメント(0) 
クルマ 

2005年05月28日

今日はいちご狩りで虫をたくさん見つけた。
虫たちにとっては、まだこれからという季節である。
トノサマバッタも2cmしかない。


1444e62c.jpg

79ecf173.jpg

995039fa.jpg

87efadcf.jpg


E?1 14-54mm

このレンズは名刺サイズくらいまで撮影できるから、マクロ撮影にも結構使える。画質は最高だし、WEBではさらにトリミングしても画質に問題ないから、ほとんどマクロレンズ並みだ。

コメント(0) 
自然といきもの 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • Pultec EQ総覧
    • M1 Macbook
    • M1 Macbook
    • X
    • プロフェッショナルオーディオ
    • おふろ
    • おふろ
    • WARM AUDIO  EQP-WA
    • WARM AUDIO  EQP-WA
    • ペリリュー
    • 長岡鉄男とは何だったのか?!
    • Pultecチャレンジ
    • コーナー吸音材
    • コーナー吸音材
    • ミズナガ・プリアンプを再稼働
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • Pultec
    • .WEリーグ記者会見をみて
    • ルームチューニング
    • ルームチューニング