2020年08月29日

hjb46ooi-900 907x

ハッセルブラッド907Xを実際に使う人がちらほら出てきた。

往年のVシステムとドッキングできる、究極の、夢のカメラであるが、センサーサイズが66判どころか645にも及ばないことを残念に思っていた。
SWCのビオゴン38mmは普通の広角になり、標準のプラナー80mmも中望遠になってしまう。

ところが、カメラ強者たちは驚くべき使用法を伝えている。マウントアダプターを使用し、135フルサイズ用レンズの母艦として最強なのだという。

135フルサイズよりひと回り大きいセンサーは、レンズの周辺像まで全て出し切ることができる。
ケラレるぎりぎりでトリミングすれば良いし、50mm以上のレンズの多くはイメージサークルに余裕があるらしく、例えば50mmレンズは39mm相当の画角で写すことができる。
イメージサークルに余裕がないレンズでも、完全なマルチアスペクトにより、レンズの画角と性能をフルに活かしたスクエア写真も撮れるのだ。
オールドレンズの味をフルに引き出すこともできる。非点収差のグルグルボケのさらに外側の強烈なグルグルを活かしたり、広角レンズの周辺光量がドスンと落ちる作例に目眩がした。
トリ・エルマーやズミルックスの最周辺はどこまで写るのか?特にトリ・エルマー16-18-21を付けスクエアで使う907Xはまさに「SWCズーム」ではなかろうか...
しかも、ライカレンズを装着した907Xは極めてコンパクトで美しいのだ。ライカレンズの魅力をライカ以上に引き出せるカメラが存在するとは思わなかった。

今は外出の機会が少なくてカメラよりオーディオだけど...これは魅力的だなあ...

robertohouse │コメント(0) 
ライカ | カメラと写真2020~

2020年08月24日

キャプチャ   

東欧サッカークロニクル

クロアチア・ザグレブに始まり、マケドニア、ルーマニア、リトアニア、グルジア、ウクライナ、アイスランド、キプロスといったサッカー小国のレポートが綴られる。
サッカーそのものよりも、サッカーという共通言語を通して欧州大陸の広さ、深さ、複雑さを感じさせ、全ての国を訪れてみたくなる内容だ。
欧州CL(チャンピオンズリーグ)は予選から楽しくなるし、さらにマイナーなクラブが参加するEL(ヨーロッパリーグ)にも興味が湧く。
(今季はコロナの影響で短期トーナメントでの開催となり、どちらも面白かった!)

中でもモルドヴァ国内に存在する(全く知らなかった!)沿ドニエストルという未承認国家へのアウェイ珍道中編が最高に面白い。
ユーゴ内戦に影響したとも言われるボバンの飛び蹴り事件についても、ボバン本人へのインタビューを行った上で深く考察されている。

各国ごとの短編集になっているが、googlemap等でそれぞれのクラブや街を調べながら読んでいたので、時間がかかってしまった。
サッカーファンはもちろん、欧州の旅行や文化、歴史に興味のある人にもぜひお勧めしたい。














robertohouse │コメント(0) 
サッカー | 読書と歴史民俗

2020年08月17日

345DC3DD-9A5D-4097-BB6C-EE1BFAD9005A 

柴犬専用ライブカメラを設置(^^)

robertohouse │コメント(0) 
柴犬日記 

2020年08月11日

DA3E6883-A435-47EF-BC99-434C7CB80538
LEICA M10-P + Summilux35mm/f1.4ASPH

近くで涼んできました。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
ライカ | 酒と食

2020年08月10日

32DF07B5-ACE9-4DE0-B85E-2D827EAC5A4C   

ビールより、白ワインより、すうっと疲れが吹き飛ぶ感じ。

robertohouse │コメント(0) 
酒と食 

2020年08月04日

52C15CEF-0070-42D3-BF14-66163AF361AA


CDを大量処分し、正しくオーディオ投資に回す!結果は圧倒的!!続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
オーディオ2020~ 

2020年08月01日

C040088B-90B6-42D8-9D4A-407D5A569125


色々聴いてみて、傾向はわかってきた。個性があり、万能ではないけれど、VISATON BG20はとても面白いユニットだ。 続きを読む

robertohouse │コメント(6) 
オーディオ2020~ 

2020年07月30日

L1006498


総工費ペア15,000円とは思われないかなーと自画自賛!(スタンドHST-60HBが6万^^;)
音は濃く太く明瞭かつ刺激感が少なく市販品にない個性があって、なかなか良いかも! 

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年07月29日

39E019F7-EF0A-44B3-9117-988CA1BB386B_1_101_o BAF1F50A-E461-447F-AF50-280A1B3A528D_1_101_o AD8EDFF9-9564-4591-A74A-B6238B3A5B19_1_101_o

左:軸上80cm  中:ユニット直前0cm 右:ダクト直前0cm (いずれも赤がアベレージ値)

ピンクノイズによる簡易測定とリスニングで調整作業。
小型エンクロージャーで上昇するf0c、Q0cの影響は計算通りで、120Hz中心にピークが出ている。
大口径バスレフダクトは40〜80Hzを放射しているようだ。距離が離れるとダクトを塞いでもF特はあまり変わらないが、音は全く違う。
ダクトの長さを調整し、計算上のfdは約60Hzと予定より高めに取ることになった。 レンジを欲張らず、スピード感、開放感を重視する方向。
VISATON  BG20のポテンシャルは高く、エンクロージャーを大きくすればフラットに低域を引き出せると思うが、その場合はスーパーツイーターが欲しくなるかもしれない。

低周波で揺さぶったせいか、エイジングも進んだような気がする。歪感が減って聴きやすくなってきた。
ボーカルやギターが明瞭でベース、ドラムは軽快に飛ぶ。音の芯の強さ、濃さがあり、ジャズ、ロック、ポップス、ブルースに合う。
ワイドレンジではないが意外に癖は少なくメリハリがあり、高能率で耐入力も大きい。ラウドネス効果の狙い通り、小音量でも細身にならず聴きやすい。
市販スピーカーとは違う個性を持つ面白いスピーカーに仕上がったかな?
ユニット、パーツ、エンクロージャーの総工費はペア15,000円くらいだから、コスパは高いと思う! 





robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 
82AB5623-FC4A-4182-B808-5D5E4AB4284C

アトリエで仮使用していた”FE83Sol木箱”は間もなく交代し、リビングに帰還予定。

9~12mmという薄い集成材、11Lと余裕のある容積で、少しブーストすれば8cmフルレンジとは思えないほど朗々と鳴る。
リビングのアンプは小型スピーカーをうまく鳴らすために、高いターンオーバーのトーンコントロールを装備している。
VISATONの新作に比べると真逆の設計で、外観、音とも女性的?な優しさもあり。

小型スピーカーは複数所有しても気軽に使いまわしができるので、また色々造りたい!

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ | 建築設計due

2020年07月28日

L1006484-2


夜な夜な試聴…

まずは聴き慣れた部屋で、メインスピーカーと同じポジションでスタンドに載せて評価を行う。
システムはMacBook→RME ADI-2PRO→EL34パラレルプッシュプルパワーアンプというシンプルな組み合わせ。 

まず低域は50Hzがしっかり出る。メインのJBLのようにズシっと深く沈み込まないものの、ブーストなしで十分聴ける音で、サイズの割りに頑張っている。
ベースは重くならず開放的でスピード感があり、80〜150Hz付近の盛り上がりはあるが予想より気にならない。
アンプのNFB(可変式になっている)をかけてダンピングファクターを高めた方が低域は自然になるようだ。

中域〜高域の音色はVISATON BG20の特徴がそのまま出ている。とても明瞭でメリハリがありながら、どこか仄暗くブルージーな夜の雰囲気。 
曲によってはダブルコーンらしい高調波歪みを感じるが、FOSTEX FEシリーズのようなハイ上がりな煩さはない。
JBL 2344バイラジアルホーンは本当に歪感がなく疲れない、綺麗な音だということがよくわかる。
ハイエンドは15kHz止まりなので、トーンコントロールで最高域を持ち上げると印象が変わり、クリアになってくる。

音場感、定位はフルレンジらしく当然良い。音像は前に出るタイプで、アルテック409B系に少し似ている気がする。

 
全体的に素性は良さそう。このタイプのユニットはエイジングでもかなり変わるはずだ。
アトリエに持ち込んでヤマハのプリメインアンプで鳴らすとどうなるか楽しみ! 













robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年07月27日

スクリーンショット 2020-07-24 23.41.49 スクリーンショット 2020-07-24 23.40.13



左は今回の設計12Lで、右はメーカー標準(推奨?)30LのエンクロージャーによるQ0c検討。

常識外れの小型エンクロージャーによりf0cが116Hzに上昇し、Q0cは1.35に達するので、この辺りに山ができることが予想される。
HiFi用途ならEQで潰したいところだが、BGM的な使い方なので小音量時の低音感を増すラウドネス効果を期待する。 
パッシブに行くなら、LCRによるインピーダンス補正で潰すことも考えられる。

さらにfd≒50Hz の大口径バスレフダクトで最低域レベルを確保し、必要に応じてEQかトーンコントロールで増強。トータルでピラミッドバランスを目指す。
見た目は古典的ダブルコーンだがfs=38Hzと低くストロークも大きいので、 長大なダクトを十分にドライブできるはず。

VISATON BG20のメリハリのある明瞭な中音域を活かしながら、ゆったり聴けるよう厚みのある低音感をプラスできれば理想的。さてどうなるでしょう?

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 
82003BD0-41BA-4EE0-9834-C8829251B74F


胸躍るとき!

無理な小型化によるQ0cのピークを少しでも抑えるよう、吸音材は多めに。
VISATON BG20はどんな音を出すでしょう?! 

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年07月26日

B612E67D-5E68-4B44-9088-C0907F45A133


バッフル面と背面はアイアンペイントのブラック。
その他の突き板部分はグレーのステインで拭き取り。













robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 
35FB7311-7914-45F6-A690-BE1EC4AFEC10  C37BF869-4E6E-4BC4-8A50-FB131444952B 0388587E-6960-458F-8069-09056A771276

実は初めてMDFを使う。価格が安く精度が良いが、天然木材のような響きとは違う。
今回は板の響きを活かすタイプのスピーカーではないので、内部損失の大きいMDFも悪くないと予想。
側面と天地には、家に在庫していた「セン」の厚手(1.5mm)突き板を貼ってみた。

MDF板を組み上げて叩くと、コンコンの中にボソボソという段ボールっぽさ?を感じたが、突き板を貼るとカツカツ!と響きが硬質になった。
厚い突き板に加えて、貼り付けのために大量に(約100ml/片ch)使用したタイトボンドの影響が大きいような気がする。塗装でもまた変わるはず!

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • ルームチューニング
    • ルームチューニング
    • クラシックカメラ
    • Amazon HD
    • さよならCD
    • JBL4318
    • JBL4318
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • 昼過ぎから出撃
    • QSC最強
    • JBL4349
    • スピーカーセッティング変更
    • スピーカーセッティング変更
    • スピーカーセッティング変更
    • 3ヶ月ぶり
    • 3ヶ月ぶり
    • 3ヶ月ぶり
    • 3ヶ月ぶり
    • 3ヶ月ぶり
    • 3ヶ月ぶり
    • 3ヶ月ぶり
    • 3ヶ月ぶり
    • 3ヶ月ぶり
    • ナカータの記憶
    • 山羊
    • 夕焼け
    • 夕焼け
    • 夕焼け
    • 907X+ライカレンズという夢
    • 907X+ライカレンズという夢
    • 東欧サッカークロニクル
    • リモート帰省