2021年08月09日

6609B037-D3A6-423A-830E-B89C76A3C0AF

こんな完璧な虹は初めてかも。この日、全国的に見られたらしい。

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真2020~ 

2021年08月08日

50CE6575-F4E9-4672-A4FE-14EEBC4F5770 4E214638-5382-4416-A0E7-76E8A5597033 CA24911C-E201-4D66-9916-55EA3F360B55 8F6D9FAB-F76C-423B-ABAF-0ADA013FC975


ジョグを始めて3か月。ウェイトは4kg落ち、体力、筋力の向上も実感できる。
これまでは近所の周回コースで、給水もせずひたすら重い身体に負荷をかけていたが、そろそろ新しいことをやってみようと海岸線を走ってきた。
6:20/kmのペースで10km。アップダウンが無く、涼しい海風もあり、驚くほど楽に、気持ち良く走れた。ついでに釣りのポイントをチェックする余裕も^ ^

ペットボトルと小物の入るランニングバッグも購入。身体に密着し軽量なのでほとんど気にならない。
景色の良さそうな場所へ車で行って走る、新たな趣味ができた^ ^




robertohouse │コメント(2) 
フィットネス 
DSCF7187


BTLブリッジモノラル接続をテスト中。

ステレオモードより力強く、音像が明確になり、CP500Xの特長であるメリハリのある音質が更に際立つ。
BTL共通のデメリットとして、増幅回路が直列になるので残留ノイズが2倍に増える。ゲインも2倍になるので、前段機器にノイズがある場合はアンプの入力レベルを絞る必要がある。
現状で再生時に問題となるほどではないが、ネットワークを通さないマルチアンプで高能率ドライバーを使うと少し気になるかもしれない。
なお、電源系と思われるハムノイズが少し出ており、環境の影響を含めて検証したい。

BTL化で小音量時のS/Nは劣化するが、音量を上げた時にはパワーと余裕度の差が出る。品位だけならステレオモードの良さもあるが、総合的なクオリティはBTLかなと思う。

ともあれクラシックプロ恐るべし。これまで使ったアンプの中で、音の明瞭度、鮮度感、ストレートさではナンバーワンかもしれない。
これでパワーアンプ探しの旅は一旦お休み。周辺機器の特徴が明確に出るので、音作りを色々遊んでいきたい。


 


robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2021年08月07日

DSCF7185-2


大きな間口の水平ラインを強調した外観が見えてきました。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2021年08月01日

DSCF7094



アンプの音は第一印象、いや最初の1音が重要と感じており、しばらく使ってもその評価はあまり変わらないことが多い。

 CLASSIC PRO CP500X の音はどうか。

最初に感じたのは、静かで、クリーンで、カチッと引き締まった音だ。粗い音も予想していたので、え?こんなにHiFi?と驚いてしまった。

じっくり聴いてみると、癖や雑味がなく、解像度が高く、立上りが良く、聴き慣れた曲にハッとするような瞬間がある。繊細なエコーが聴こえ、音場が広く空間が出る。
ダンピングファクター400は伊達ではなく、低域の力は十分あり、30cmウーハー2206Hをタイトにドライブし、正確にリズムを刻む。

QSC USA900のような荒々しい圧力や真空管アンプの艶感、柔らかみのようなキャラクターは感じないが、薄口で味気ない音ではなく、エネルギー感、瞬発力は備えている。
安価な中華デジタルアンプもいくつか試したが、それらとは全く違う。どちらかといえば硬い音だが、歪感や聞きづらさはなく、オーディオ的な品位を持っている。
癖のない音なので、ストレートで聴くと物足りなく感じる人もいるだろう。自分はPULTEC型の真空管EQで厚みと膨らみ、艶、アタック感などを調整している。

とにかくこの音で24,800円とは信じられない。好みはあるが、価格が1桁違うアンプと比べてもこちらを選ぶ人はいると思う。
ファン騒音がなく、残留ノイズは多少あるが気になるほどではない。ポップノイズもなく、ホーム用パワーアンプとして使いにくさは全くない。ファンレスでシンプルなD級ハイパワーアンプは貴重な存在だ。

というわけで主役交代し、写真の通り既に2台になっている(笑)次回はBTLブリッジモノラル接続のレビューを。






robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2021年07月28日

6F0D3810-289F-4155-B36E-F5840A1369A8


コーナーに窓やドアの機能を集約したシンプルな家。
あえて伝統的な鎧張りとして、街角に新鮮な風景を作りたいと考えました。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2021年07月26日

IMG_8881


CLASSIC PRO CP500X のボンネットを開けてみる。

中央にスイッチング電源、左右にD級アンプ基板をツインモノラル配置。ワンチップICアンプではなく、一応ディスクリート構成。
いじれるところはケーブルの引き回しくらいだが、ノイズは感じられないのでその必要性もなさそう。
入力端子からボリュームへ行く信号ラインとは別に、フェライトコアを3回通してアンプ基板に直結されたシールド線は何だろう。

筐体はしっかりしており、天板は1mmくらいの鉄板で鳴きはない。ボディ左右がヒートシンクになっており前後に通気孔のある自然空冷式。
運転中はヒートシンクと天板がそこそこ暖かくなる。サウンドハウスさんに問い合わせたところ、ファンレスアンプは上下にスペースを空けたほうがいいとのこと。

電源ON/OFFでポップノイズはない。スイッチング電源によくある「ジー」というアンプ本体から発するノイズもない。
ボリュームは軽いクリック感がある。入力はXLRバランス/TRSフォン(バランス・アンバランス)、出力は普通のバインディングポスト。付属電源ケーブルが2芯なのは良い。
業務用らしくDC 保護、ショートサーキット、オーバーロード保護、熱保護の機能を内蔵している。

合理的というか、価格相応の回路キットを並べただけという感じの造りだが、音は良い。次回は音質レビュー!!





robertohouse │コメント(2) 
オーディオ2020~ 

2021年07月21日

222223761_4128472030606539_12869687277916840_n


onのランニングシューズCloudFlyerが良すぎるので、普段履きにCloudDipを購入!
バリスティックコットンのアッパーにマッドガード付きで頑丈、
ソールの柔軟性が高く、脱ぎ履きしやすいシューレースは仕事にもgood😉

最近、猛暑の現場で体力向上を実感してる。
立ちっぱなしが苦にならず、以前より明らかに疲れにくくなった。ジョギングって素晴らしい!








robertohouse │コメント(0) 
フィットネス 

2021年07月18日

9B696D26-FF2C-41E9-87F4-5CBC5B63B79F 332BB740-9D98-49E7-B7D6-49333410E143 B6DB97AF-025F-4FB8-9CE3-3685D5160B36


巨大なズッキーニとナスを頂いて、自家製のトマト、ニンニク、バジルと合わせてカポナータ。
シチリアにも砂糖を使うなど色々なレシピがあるけど、超シンプルに僅かな塩だけで。
これくらい美味しい野菜を食べられるなら、菜食に限定されても困らないかも。全ての食材をまとめてしまうオリーブオイルは偉大だなあ。







robertohouse │コメント(0) 
酒と食 

2021年07月14日

2C2E512A-834C-499B-A6EA-9BB5B3B60A77


QSCのデジタルvsアナログ対決は、とりあえずアナログアンプUSA900 (BTLブリッジ接続)に軍配が上がったが、決定版というわけではない。

色々と物色する中で、以前から気になるアンプがあった。サウンドハウスオリジナル激安ブランド、クラシックプロのCP500X
D級150w(8Ω)×2でブリッジモノラルなら500w/ch、これで24,800円という価格は信じられない。
低域のダンピングはD級アンプがベストな気がしているし、ファンレスなのが良い。D級で冷却ファンの無いハイパワーアンプは探してみると意外に見つからない。
業務用D級アンプはたくさんあるがほとんどがファン内蔵かつDSP内蔵で、DA/AD変換を行う。現在EQは前段で行っているのでアンプ内蔵DSPは不要だ。
LEPY、FXAUDIO、TOPPINGなど中華系で数千円のデジタルアンプもいくつか試したが、力強さや厚みが不足し、やはり安かろう悪かろうだと思った。

さてダメ元で購入したけど、これは想像を遥かに上回るかもしれない(^^) 少なくとも価格以上の音であることは間違いない。 じっくりテストして続報を書きます。





robertohouse │コメント(4) 
オーディオ2020~ 

2021年07月11日




週2、3回のジョグを継続中。6:30〜7:20/kmのスローペースで休まず10km、60分程度走れるようになり、ウェイトも月に1.5kgペースで落ちてきた。
爽快感と達成感はもちろん、5kmあたりで呼吸と筋肉がすうっと楽になり心拍も落ち着き、このままずっと走れそうな気がする時の快感!
元々走るのは好きじゃないし初日の疲労は凄かったので、2ヶ月でここまで楽になるとは思っていなかった。

タカヤマラソンチャンネルは初心者向けにわかりやすく参考になる。
身体の軸に体重をまっすぐ乗せるイメージや、股関節で後ろに蹴り出す動きを意識すると、無駄な力がなく疲れが減った。
ついペースを上げたくなるが、しばらくスロージョグを続けて基礎体力をつけてから、ペースアップも考えていきたい。何より無理をしないこと!




robertohouse │コメント(0) 
フィットネス 

2021年07月09日

西村経済再生担当大臣の発言に怒りと脱力。法的根拠によらず権力を振りかざして上流から圧力をかけ、かつ直接手を汚さない狡猾さ。
政府周辺はそれを異常な事だと思っていないようでもあり、日本社会のどこにでも巣食っている化け物みたいなものが見えた気がした。

robertohouse │コメント(0) 
雑記 

2021年07月04日

1CD75ACD-75A9-4324-8069-83788A75F605

高さや角度を自在に調整できるモニタースピーカースタンドにベストポジションでフェーダーを載せて、スロットルレバーのように! 
戦闘機のように、ニーチェアX に座ったまま全ての機器をコントロールできるのが理想。 単にモノグサとも言う^ ^;







robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2021年06月29日

DSCF6779_1280


完成引き渡しから約1ヶ月。とても良い雰囲気でした。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2021年06月28日

Nikon-Z-fc-retro-styled-APS-CNikon-Z-fc-retro-styled-APS-C-mirrorless-Z-mount-camera-2_640 nikon_zfc_011


ニコン「Z fc」の新しい画像がリーク、発表は6月29日?

フライング公開されたニコン「Z fc」だと思われる画像。6月29日には正式に公開されるはず。
ニコン「Z fc」のキットは、国内では「Z fcボディ」、「Z fc 16-50 SLレンズキット」、「Z fc 28mm Special Editionキット」になるらしい。
人工皮革部分はホワイト、ナチュラルグレー、サンドベージュ、コーラルピンク、ミントグリーン、アンバーブラウンに張替え可能(発売キャンペーン中は無料)。



往年のFM2やFE系にそっくり!このサイズ感を実現するためにAPS-Cとしたのだろう。

これが当たるかどうかはレンズラインナップ次第か。チープなキットレンズだけではファッションで終わってしまう。ルックスだけでなく、スマートフォンに差をつける描写が必要だ。
中華系MFレンズはすぐに出てくるだろうけど、FUJIFILMが広角~標準の明るい単焦点をニコンにOEM供給すれば良さそう(笑)


→続報  なかなかイケてるかも。FM2的なハンドリング感のためには、右手側にもう少し余裕が欲しいかな。


→正式発表  →Zfcスペシャルコンテンツ
デザインは頑張っていると思う!でもX-E4のライバルとしては、F1.4~2のコンパクトな単焦点レンズが欲しいな...






robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真2020~ 




最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • 21-NK邸
    • 21-NK邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 7Artisans 25mm f/0.95(噂)
    • 7Artisans 25mm f/0.95(噂)
    • 7Artisans 25mm f/0.95(噂)
    • 7Artisans 25mm f/0.95(噂)
    • 7Artisans 25mm f/0.95(噂)
    • 21-UD邸
    • XF23mm/F1.4R LM WR 発表
    • XF23mm/F1.4R LM WR 発表
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • 21-MB邸
    • バイ・アンプ
    • バイ・アンプ
    • f0.95
    • f0.95
    • f0.95
    • f0.95