2021年03月01日

C3D0F1AB-60DF-4483-96E0-4B9EC42A5A0A_1_201_a


広角ズームを仕入れたらX-S10で竣工写真も全部撮れちゃうな!機動性が上がって写真の質はむしろ向上するかも?
しかしエントリー機 1台だけで仕事するのはちょっと不安も...ということで上級機X-T4を触ってみたが、しっくり来ない。
X-T4はボディが厚くグリップの掛かりが浅いのでX-S10のようにしっかり握れず、重いボディなのにフロントヘビーに感じる。
元々はレンジファインダーライクなフォルムだったのが重く分厚くなり、グリップを中途半端に大きくした結果、レリーズボタンも自然な位置ではなくなった。
ライカのように掌で包み込む持ち方をするにはグリップが邪魔をして、ライカより重く感じる。
戦車のようにゴツくて丈夫そうなボディと静かなシャッターはとても良いが、X-S10のサイズとデザインのまま防塵防滴の中上級機が出たら理想かなと思った。

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM 

2021年02月28日



【FUJIユーザー必見!】世界初フィルムシミュレーションカスタムレシピアプリ出たよ!【X-S10 X-T4 fuji x weekly】

FujiXの売りのひとつがフィルムシミュレーションで、確かに面白いのだが、 RAW派としてはもうひとつ馴染めない。RAWのもつ情報量を一発勝負で捨てることになるし、メーカーに決められた枠の中で撮らされてる感じもする。せめてカスタマイズできればと思ったら、Fuji X WeeklyのアプリはKodakをはじめ多彩なフィルムシミュレーションを独自に構築して公開していて興味深い。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM 

2021年02月24日

EC711DC4-BC4C-4106-80C7-6F6608EC0E5C


貴重な肉を頂き、ルマコーニと合わせてラグーにしてみました。イノシシは歯応えに弾力があり味が濃く、とても美味!
せっかくなのでいつもより良いワインを抜いた🍷 VILTROX 23mmは日常の写真にぴったり。





robertohouse │コメント(0) 
酒と食 
57DEA85B-7BF7-4276-9F72-04F857A7A967

登梁のある2階リビングの家。

robertohouse │コメント(0) 
現場 | 建築設計due
DSCF0673


ずっと35mmを標準レンズとして使ってきて、F2が最低ライン、できればF1.4がベストと考えている。50mmと違ってボケや立体感が出しにくく、少し引くとパンフォーカスになってしまうからだ。 

VILTROX  AF 23mm F1.4 STMは3万円台ながらF1.4を実現しており、フルサイズ換算でF2の被写界深度を持つ。フィルム時代のレンズのように、絞りを開けると少し柔らかく変化するところが面白い。
これに対してライカズミルックス35mmF1.4ASPHは、開放から合焦部が浮き上がるような粒立ち、立体感で違いを見せる。1絞り分の深度と、コントラスト性能の差が出ていると思う。
VILTROXはX-S10の機動力も併せて自由なアングルで30cmまで寄れる便利さもあり、使い分けるのか、いずれ1本化できるのか、悩ましいところだ。




robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM | 柴犬日記

2021年02月22日

9C998CBC-EF12-493F-9034-D22767FC7645  


この深いグリップがX-S10購入の決め手という人は多いんじゃないかな?

出っ張りが大きいだけではなく、本体が薄いため深く握れて、重量バランスが良く、剛性感もある。指先だけで引っ掛けても不安がなく、ストラップ不要と思えるほどだ。
軽いボディ+重いレンズのフロントヘビーは苦手だが、やや大柄なズームレンズXF16-80mmF4(440g)でも全く問題ない。VILTROX23mmF1.4(260g)なら羽根のように軽い。
背面液晶で撮影するときにグリップの良さが特に効いて、強力な手ブレ補正と相まって自由なアングルが可能になる。これはやはり10-24mmが欲しくなるなあ...

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM 

2021年02月20日

5AAACD66-1541-4389-ACA8-60350E8F1406

VILTROX  AF 23mm F1.4 STM

FUJI交換レンズ最初の1本は、中華激安品。これが侮れない! 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM 

2021年02月18日

FD02EEC9-2BDE-4866-BC93-3DA62C513E48   

仕事で使えるようにセットアップ。カッコいい(^^) 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM 

2021年02月15日

EA357676-B1A5-40B3-8FB1-E4C38B3F69A5

久々にカメラを買いました。 続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
FUJIFILM 

2021年02月12日

5183BNMBiwL._AC_ 51Z8J34NGVL._AC_  

最近、深夜に映画を観るのが楽しい。Macbook16インチ高精細画面を至近距離で見ると50インチTVのような迫力と没入感(^^)音声はメインのJBLから、EQを効かせてド迫力で。

潜水艦映画にハズレはないと言われる。中でも1980年のドイツ映画Uボートは戦争映画の最高傑作といえるだろう。まるでドキュメンタリーのように徹底したリアリズムと緊迫感に圧倒される。ご都合主義を排除してもエンターテイメントとして成立しているのが凄い。子供の頃にTVで観た気がするが、改めてよくできた映画だと思った。超お薦め。U-571はアメリカ的な戦争アクション映画として割り切れば面白い。史実のエニグマ奪取作戦は英海軍が行ったが、ここではアメリカ軍になっていて、英政府からクレームがついたとの話も。ついでにUボート入門も素晴らしい。Uボートの戦績、構造や暗号装置や電子機器、各種兵装の予備知識を入れて、海中で息を潜める気分で映画を愉しめる(笑)

ところで前エントリーのブレードランナー2049だけど、その後なんともいえない余韻を引きずっている。主人公の抑えた演技と美しい映像で淡々と流れる長い尺に、ハリソン・フォードが溶けきれなかった気はするけど、もう一度観たいと思える良い映画だった。

robertohouse │コメント(0) 
エンターテイメント 

2021年02月09日

147706142_3664941203626293_940735484990373823_n 148089282_3664941210292959_3201595863848033302_n


ブレードランナー2049をようやく観た。 映像は綺麗でお洒落だし、脚本も悪くないし、いい役者も出てるし、全体的に世界観を踏襲しているし、ホログラムの子は可愛いし、ラストの余韻も良い。十分面白かったのではあるが。 どことなく、ここらでシーズン2に続くかな?的な、お金のかかったTVドラマっぽさというか。前作をリスペクトした2次創作っぽいというか。映像や演出が美しくスマートすぎるせいだろうか。もうひとつは、ハリソン・フォードの演技が変わってしまって、あの淡々と飄々とした感じがなくて普通のアメリカ的俳優に。 いや無理もない、オリジナルが巨大すぎたのだ。ブレードランナーがなければ、その後のアートやエンターテイメントは違うものになっていたはず。全てにおいて完璧な、映画史上最高傑作と言ってもいいと思う。




robertohouse │コメント(0) 
エンターテイメント 

2021年02月06日

L1007424-3



robertohouse │コメント(2) 
LEICA | 柴犬日記

2021年02月05日

L1007336-2_1280
LEICA M10-P + Tri-Elmar-M F4/16-18-21mm

築6年のお宅訪問。 猫ちゃんが可愛かった(=^・^=)

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due | LEICA

2021年02月02日

キャプチャ


やはりミラーレスだよなあと色々考える中で、意外なライト級のFUJIFILM X-S10が良さそうに感じる。続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真2020~ 

2021年02月01日

9871D067-6D11-4A3F-98D7-81B9C2BE536A 3C59A049-A61B-46EC-9DD7-A1EA574A4F4E    

30年間の愛聴盤、フォーレのレクイエム/コルボ指揮のリマスター盤を購入。レコードや旧盤CDより明らかにキレが良い。HiFi度ではリマスターCD>レコード>旧CDの順かな。ただ、新盤はやや高域寄りで、レコードが一番深々として雰囲気がある気もする。何より驚いたのはコルボのインタビューで、Pie Jesuを歌ったボーイソプラノのアラン・クレマンは録音の10日後に声変わりしてしまったという。あの儚げで透明な声は奇跡としか言いようがない。自分の葬式で流して欲しいという人も多い世紀の名演の価値がさらに高まった!





robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • X-S10とX-T4
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • Fuji X Weekly
    • イノシシ
    • 上棟
    • F1.4
    • X-S10のグリップ
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • VILTROX23mm F1.4
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • SmallRig Lプレート装着
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • X-S10デビュー
    • Uボート
    • Uボート
    • ブレードランナー2049