2022年01月27日

87844BB7-12DE-4B8B-85A1-3797A860A325


ライカMからGFXに乗り換えて、全く期待しておらず、むしろ懸念していたが、意外に良かった3つのこと。


①シャッター音がとても静か
「シャッ、コン」という柔らかくて低い落ち着いたシャッター音。ミラーレスだからライブビュー→閉鎖→先幕(または電子先幕)→後幕→ライブビューと作動する巨大なフォーカルプレーンシャッターなのに、シャッターショックも小さく、なおかつシャッターが切れた感覚はある。電子先幕モードにするとさらに静かになり、レンジファインダーのライカM10-Pより目立たないほどだ。レリーズタイムラグは少しあるのだが、気になるほどではない。完全無音の電子シャッターモードではローリング歪みが大きいらしいが、まだ使っていない。

②マニュアルフォーカスがスムーズ
フォーカスリングが無限に回るバイワイヤのAFレンズなので全く期待していなかったが、滑らかで適度なトルクがあり、回転角が大きく、微調整がしやすい。FUJIFILMのXシリーズとは全然違う。これまでに触ったAFレンズの中で最も感触が良くピントが合わせやすい。特に単焦点レンズのフォーカスリングは幅広で素晴らしい操作感だ。SAF/CAF/MFの切り替えスイッチが背面の右手で操作できる位置にあるのもXのシリーズより便利。液晶/EVF表示に距離スケールと被写界深度が表示されるのもFUJIFILMの良いところで、MFを積極的に使用できる。

③センサーにゴミが付きにくい
これが最も意外だったこと。レンズ交換時に巨大なセンサーが剥き出しになるが、いまだに画像にゴミを見つけていない。Xシリーズより明らかに目立たず、ブロアすら吹いたことがない。クリーニング機構が効いているのか、センサーサイズ(Xの4倍)に対してゴミが相対的に小さくなること、大きなマウント+後玉によるテレセントリック性、被写界深度が(Xより2段分)浅くなるために目立たないのかもしれない。ライカM10はクリーニング機構がなくカバーガラスの薄さもあってゴミが目立ったが、M11では露出制御向上のため普通のミラーレスカメラ同様にセンサーが常時露出するようになり、ゴミ問題はさらに深刻になっているらしい。


これらは画質とか撮影性能とは直接関係ないが、撮影する上でストレスがない。さらに防塵防滴や手ブレ補正も撮影の障害を取り払ってくれている。
ライカのようにカメラを愛でる趣味性はないのだが...実用機としてよく出来ていると思った。





robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 

2022年01月26日

603008CB-EE9A-4EFD-B6AE-D77527063069

誰だろう(^ ^)

robertohouse │コメント(0) 
自然といきもの | FUJIFILM GFX

2022年01月22日

5C74132B-587E-4624-9CA7-70E5E15ACFA2


robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX | 柴犬日記

2022年01月16日

A9D54F40-8178-44B9-9E6B-600EF7B8E577


立体感、背景の癖、まるでズミルックス!続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX | 柴犬日記

2022年01月14日

DSCF1475


LEICA M11 出ましたね。

主な進化としては、RAWの解像度を60MP、36MP、18MPから選択できること。フィルムM型よりも軽く(530g!!)なったこと。USB-C充電/給電/転送に対応したこと。
M10-Pの使用経験からすると2000年代までのレンズは36MPでもギリギリで、60MPを活かせるのは最新の超高価なアポ系になりそう。それもレンジファインダーの精度でどこまで有効か?
70年代以前のオールドレンズには18MPで十分なので、歴史の長いライカらしい、ユーザーフレンドリーな仕様とも言えそうだ。
劇的な軽量化とUSB-C対応でM10までの問題点を解決し、他にもカラーフィルターの改良など、M型ライカらしさを突き詰めながら現代的にアップデートしてきた正常進化といえるだろう。


うーん、GFXへの交換は早まったか?(笑)

正直、ライカへの未練は少しあるけれど、同時に所有することはできないし、GFXは別次元のシステムだ。
100MPセンサーと隅々までシャープなレンズ。防塵防滴で雨や雪にも気を使わず、AFと強力な手ブレ補正によって片手でも撮れる中判カメラ。シャッター音はM10-Pより静粛なほどで、撮り心地も良い。

もうひとつGFXを使って思うのは、レンジファインダーのライカよりもチンピング(撮影直後に液晶で確認)をしなくなったこと。
撮影の瞬間に露出や構図がわかっているのと、手ブレもなく、ズレや傾きは圧倒的なトリミング/シフトマージンでカバーできるからだ。
C-AFのトラッキングで「自動追尾する距離計」のイメージでライカのように撮影できて、かつミスも少ない。より正確に合わせるときは拡大MFに切り替えられる。
巨大なRAWファイルは後処理が楽しく自由度が高い。Lrで使えるフィルムシミュレーションも素晴らしい。LrのM10-Pプロファイルは色がおかしくてAdobe標準を使っていたので、これがライカの絵なのか?という疑問もあった。

総合的に、自分のイメージ通りの写真を撮る道具としてはGFXが圧倒的に優れている。X-E4やX-T3で十分な場面でも、結局GFX100Sを使ってしまう。
欠点はやはりシステムとしてのサイズと重量で、そこはライカが最強だ。ただ撮影時は気にならないし、今の生活スタイルではあまり問題になっていない。

今年予定のGF20-35mmが発売されたら、M11による心のざわつきは消えるんじゃないかな(笑)






robertohouse │コメント(0) 
LEICA | FUJIFILM GFX

2022年01月12日

DSCF1465-2

ちょっとちがう(笑)続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
柴犬日記 | FUJIFILM GFX

2022年01月09日

D87A0C14-6BEF-497F-850F-21DDC4580620


海岸へランニングに行く途中、白くて大きな鳥がたくさんいて思わず車を停めました。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX | 自然といきもの

2022年01月08日

3C144FCA-7F18-4781-9745-E5990AAECF8A


見慣れた山並みとはいえ、さすがに感動的でした。続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 

2022年01月06日

DSCF1260


温泉入って美味しいご飯食べた後のアトラクションといえば!
吹雪で無人の温泉街を独りで撮り歩くに限りますよね!^ ^! 続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
FUJIFILM GFX 

2022年01月05日

DSCF1177-2


久しぶりに県境を越えました。
GFX100SにGF30mmを付けて、養分補給ウォーク。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX | 建築とデザイン

2022年01月02日

ED450762-8576-42CD-84E2-E80788C42CE3

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します


robertohouse │コメント(0) 

2021年12月31日

DSCF1018-2


良いお年を!

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 

2021年12月29日

68470D0E-58B7-4C6D-8328-C2B44CFF90E5        1BB8AB20-FBE0-4A6F-8289-05DA0434552C


GF50mmF3.5を特に気に入っている。コンパクトでGFX100Sとバランスが良く、ボケ感も素直だし周辺までシャープだ。
これくらい思い切りトリミングしても約4000×3000ピクセルものデータが残り、精細に解像している。
画素ピッチの小さい1億画素のセンサーにレンズ解像度がついて来れるところが素晴らしい。
これなら40-100mm相当のデジタルズームのように使うこともできるし、最短撮影距離の弱点もカバーできる。
自分の視線は広角寄りなので、GF20-35mmが出たらパンケーキ50mmとのコンビだけで十分かもしれない。


最近、40mmレンズが流行っているらしい。人気のリコーGR IIIxも40mm相当の単焦点という尖った仕様が話題になっている。
スマートフォンの画角(25〜28mm)とはっきり違う雰囲気の写真が撮れて、かつ1本で常用できるぎりぎりの狭さなのかなと思う。

40mmといえばフィルム時代には量産コンパクトカメラか、一眼レフなら安価なパンケーキレンズで、F値が暗い、最短撮影距離が遠いなど性能的には微妙なレンズも多かった。
中判、大判カメラでは最もポピュラーな画角であり、6×6判の75mmや6×7判の80mm、4×5判の135mmは概ねこれにあたる。
自分もプラウベルマキナ670やローライコードを愛用した。135判ではローライ35をいつもビジネスバッグに入れていた。
コンパクトに納まり、誇張のない自然な描写は旅行や日常使いにぴったりだった。何でも撮れるズームレンズとは違う良さがあった。

GFX100S+GF50mmの使い心地はなんとなくマキナ670に似ていて、とても馴染む。
画角と被写界深度のスペックではフルフレーム換算40mmF2.8相当だが、圧倒的なトリミングマージンがさらに汎用性をもたらすだろう。



 


robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 

2021年12月28日

robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 

2021年12月27日

2F47F3EB-C88C-410C-A1DC-8756205F5939


何でもないその辺の散歩も特別なものになるような錯覚。
オーバースペックなセンサー性能、周辺まで均一なレンズによって、風景がそのままスキャンされたように感じるのかな。
街や風景を単に高画素で記録するというだけで、意味がありそうな、なさそうな。






robertohouse │コメント(0) 
FUJIFILM GFX 




最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • GFXで意外に良かった3つのこと
    • あしあと
    • 雪散歩
    • フレクトゴン!
    • フレクトゴン!
    • LEICA M11発表
    • 手作りネックウォーマー
    • 手作りネックウォーマー
    • 手作りネックウォーマー
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 白鳥
    • 逆さ立山
    • 逆さ立山
    • 逆さ立山
    • 逆さ立山
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 温泉街
    • 建築探訪
    • 建築探訪
    • 建築探訪
    • 建築探訪
    • 建築探訪