2020年07月08日

F4C57739-C4C4-419F-8738-833B08927201  7E63D660-D2A8-4987-939F-E46271B521F0


CDプレーヤーとMacBookではどちらの音が良いか?
リッピングした非圧縮wavファイルとじっくり比較してみた。

CDプレーヤーは10年選手のベルトドライブ機、CEC TL51XRをトランスポートとして使用。
どちらも同じDAC(RME ADI-2PRO)を通し、パワーアンプ(マルチ)直結という最もシンプルなセッティングだ。 

結果から言えば、MacBookの勝ち。 透明感、音場の拡がり、余韻、解像度、分離、情報量でワンランク上。
CDも厚みと温かみのある音で悪くないが、厳密に比較すると、やや音が団子になり、混濁する。

10年前にも同じような実験をしたが、今回はDACまで揃えているのに差が大きく感じる。
リッピング時のエラー訂正、ディスクを回転させて読み取るCDプレーヤーとSSDメモリの違いもあるし、MacがWindows より良い可能性もある。
利便性はもちろん、音質においてもCDの存在意義がほとんどなくなってしまった。複雑な気分だ…


★ブログのレイアウトをモニターサイズ1920*1080に最適化するよう再調整しました。様々な環境からご意見をいただければ幸いです。

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年07月04日

534909AB-EC0F-4DBE-93A7-A9DAE6D17D83

DACの電源として、車用ジャンプスターターを最新のメインシステムで再テスト。 

ACアダプター(iFi-Audio iPower(12V))と比べて音ははっきりと変わる。
デスクトップシステムでの実験と同じ印象で、全体的にパワフルになり、音圧感が高まり、特に中低域が太くガツンと来る感じ。解像感とかクリアネスではifiの方が良いかもしれない。

RME ADI2-PROはコンパクトなサイズの割に消費電力が大きく、13500mAのジャンプスターターでも数時間しか持たないが実用できないこともない。
MacBookも含めて再生系をオールバッテリー駆動にできるのは良いかも。 壁コンセントを使うのはパワーアンプだけになる。

優劣はしばらく使ってみないとわからないが、電源による変化は確認できた。ACアダプターのグレードアップも面白いかもしれない。
CD断捨離も始めたし、機器構成を徹底的にシンプル化し、その分クオリティを上げる方向性で行きたいと思う!













robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年07月01日

スクリーンショット 2020-07-01 22.44.14


ハッセルブラッド 907X スペシャルエディション

買えないし、何に使ったらいいのかわからないけど、ライカに匹敵する、カメラ趣味の頂点に位置するような夢のあるカメラだ。
新しい中判デジタルシステムであり、ハッセルブラッドHC / HCD、そしてVシステムと融合できるデジタルバック。なんとSWCのデジタル化も可能だ。
マウントアダプターが揃えば、古今東西あらゆるレンズを使える、最もシンプル・コンパクトで美しいカメラになるだろう。高価ではあるが、プロ用中判デジタルバッグと比べればさほどでもない。

ただし、残念ながらこのカメラのセンサーは43.8 × 32.9 mmであり、ハッセル本来の6×6判ではない。
ペンタックス645Dと同等で、フィルムの6×4.5判より小さく、ライカのような36×24mmフルサイズセンサーよりひと回り大きい程度だ。
ハッセルの標準レンズであるプラナー80mmは中望遠レンズになり、SWCビオゴン38mmも超広角レンズではなくなってしまう。

もしもフィルムと同じ56×56mmだったら、無理して借金しても手に入れようとしたかもしれない。
スマートフォンに敗れ去ったカメラが生き残るとしたら、こういう「夢」なんだよなあと思う。 

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 
2173DF04-DC7B-407D-9674-38E437F545C1


MacBookを得て、オーディオライフをシンプルに!狭い部屋を少しでも広く!

バックアップさえ取れば、本当に必要なCDはそんなにないことがわかった。
特に音質が良くPCとCDプレーヤーを比較したいものや、よほど思い入れのあるアーティスト位か。
アナログディスクのようなジャケットの魅力や、モノとしての価値もあまり感じないかな。
ひょっとすると、いずれ全て処分してCDプレーヤーをなくしても、何も困らないかもしれない… 











robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年06月29日

キャプチャ


90年代頃までの音源のCDは、音が良くないものが多い。音圧が低く、生気がなくモコモコしていたり、ノイジーだったりする。60~70年代ジャズやロックのCDはアナログ盤に完敗するものも多い。
中島みゆきのリマスター(HQCD)や、YEN TOWN BANDのリマスターLPを買って、音の激変ぶりに驚いた。音圧が高いだけではなく、鮮度や躍動感が違う。
DTMソフトやADCなどの機器のクオリティが上がっているし、エンジニアの知見も増えてマスタリング技術が向上しているのだろう。


Spotifyは最新音源が配信されており、自分が所有するCDと比べて、音質が向上しているものが少なくない。
例えばレッド・ツェッペリンは明瞭で迫力のある音になっているし、音が酷くて聴く気にならなかったビートルズも改善されている。
リマスタリングによって、古いCDよりもアナログレコードに近い音になっている気がする。

圧縮されたストリーミング音源がCDより音が良いとは...
これではCDの価値がないので、ストリーミングに負けるCDは思い切って断捨離することにした。リッピングデータは取るけれど聴く機会はなさそう。
リマスターCDはさらに良いはずだが、そこまでして聴きたい音源は限られる。今後はストリーミングと趣味的なアナログに絞っていくことになりそうだ。















robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ 

2020年06月27日

E6F65A07-5A98-45AF-BFDA-C34FED57BBC5


Macはアップルストアで買う場合のみ、各国語のキーボードを選択することができる。

コアなMacユーザーにはUSキーボードが人気のようだ。USの方がキー配列が合理的だという意見もあるが、やはりなんと言っても「かな」表記がなくシンプルでカッコいい。
自分も13インチ新品を検討していた時はUSを選ぶつもりだったが、割安な認定整備品16インチに飛びついた。キーボードの違いに4万円以上も払うことはできなかった…続きを読む

robertohouse │コメント(2) 
Mac 

2020年06月24日

3D8B7328-C40C-4B3F-A1B1-0B407AA04763
OLYMPUS E-3 ZD7-14mm/f4

オリンパス、カメラを含む映像事業をJIPへ譲渡へ


自分にとってオリンパスはライカと並んで特別なメーカーだった。楽しむライカ、働くオリンパスというイメージだ。フィルム時代に愛用したOMシリーズは、個性と使いやすさのバランスが絶妙だった。デジタル化してからはフォーサーズシステムが仕事を支えてくれた。初代E-1のバランス感は今でもベスト・オブ・デジタル一眼レフだと思っている。理念に反してE-3で大型化したところで一度つまづいた。マイクロフォーサーズでミラーレスというパンドラの箱を開けコモディティ化を進めた結果、システムカメラとしては中途半端な存在となり、スマートフォンとの競争に破れた。

ユーザーはオリンパスに何を求めていたか。その製品の造りの小気味良さに反して、オリンパスの経営・企画判断は鈍重でチグハグな印象があった。オリンパスらしさを活かして巻き返すチャンスは何度もあったような気がして、ファンとして悔しさが残る。例えばシグマfpのようなカメラは、オリンパスが10年前に実現できたと思える。フルサイズへの転換が難しかったなら、小さなセンサーの汎用性を活かして動画や産業分野をより開拓できなかったか。フォーサーズの防水タフカメラやアクションカムはなぜ出せなかったのか。

映像事業の見通しは厳しいが、新しい血が入ることで本来の技術力とブランド価値を取り戻すことを期待したい。オリンパスの名をただ残すのではなく、切れ味のあるプロダクトの象徴であってほしい。

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 
Spotifyは最高!もう手放せない。次々と未知の曲やアーティストを発見できて、新たな音楽ライフが始まった感じ。 

音質もなかなか良いと思うが、その設定は重要だ。


スクリーンショット 2020-06-24 3.45.13
 
まず、Music quality は4段階とAutomaticがある。
WiFi環境であればVery high にする。lowやnomalとvery highでは一聴して音が違う。highとvery highでは曲によってはわかりにくいこともある。
モバイル環境で、データ量を節約したい場合はAutomaticでいいだろう。

(もちろん日本語表記ができるのだが、設定画面は誤訳があり説明しづらいので英語画面にした)



スクリーンショット 2020-06-24 3.46.48


もう一つ重要なのがNormalize volume である。

アルバムごとに異なる音量レベルを揃える機能で、音量を3段階に設定できる。
イヤフォンでは安全だろうし、BGM的に聴くには良いが、これは一種のコンプレッサーであり、ダイナミックレンジが損なわれる可能性がある。
本来のアルバムの制作意図とも違う音圧になってしまう可能性もあり、offにする方が音は良いと思う。


なお、設定を切り替えた瞬間には音が変わらず、別の曲にスキップさせると次から反映される。

これらの設定を適切にし、良いDACを通して聴けば、CDにかなり迫る音で聴けると思う。












robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ | Mac

2020年06月23日

キャプチャ

Appleイベント「WWDC 2020」開幕! やっぱりApple Siliconが主役だね #WWDC20【更新終了】


今秋に予定されるMacOS ”BigSur” は、完全に新世代へのメジャーアップデートらしい。

・デザインがよりiOS、iPadOSに近づいた
・コントロールセンターある
・通知センターのウィジェット強化
・Mac Catalyst強化。Macのスクリーンに自動で最適化してくれるなど
・Safariがさらに速く。タブプレビューついた!


どうやらMacはiPadに、iPadはMacに近づいていくようだ。

そして以前から噂されていたARMチップ。まもなくMacbookやMacMiniに搭載される可能性が高そうだ。
自然冷却であれだけのパフォーマンスを発揮するiPadを見ても、速度や省電力性能はintelプロセッサよりも向上するのだろう。
MacbookPro13インチは5年間フルモデルチェンジをしていないので、ARM版を待つことも考えたけど、安定して使えるのはいつかわからない。
昨年新筐体で出たばかりの16インチなら、能力的に当分は戦えるかなという判断もあった。5年後?買い換える時はARM Macになっているのだろう。














robertohouse │コメント(0) 
Mac 

2020年06月22日

スクリーンショット 2020-06-19 23.25.02


Windows PCでリッピングしてきた外付HDDからMacBookでの再生はできたのだが、「元のファイルが見つからないため再生できません」が多発。読めるもの、読めないものに規則性がない。色々やってみたがライブラリファイルの何かが壊れているのか、元データはあるのにアクセスできない。1曲ずつ「元のファイルを探す」からサーチして力づくでなんとかしたが、疲れた…ともあれCDデータは全てMacBookから再生できるようになった。

これだけ苦労してCDリッピング音源を聴けるようにしたけれど、なんだCD500枚ってこれっぽっちかと思えてきた。結局、AmazonMusicやYouTubeの方が聞く機会が多くなる。

そこでストリーミングサービスのSpotify有料版Premiumを試してみることにした。 続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ2020~ | Mac
最新コメント
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
    ギャラリー
    • CD vs MacBook
    • CD vs MacBook
    • ジャンプスターター再テスト
    • ハッセルブラッド907X
    • CD整理
    • リマスター音源
    • Macのキーボード
    • Macのキーボード
    • オリンパス、カメラを含む映像事業をJIPへ譲渡へ
    • Spotifyの音質設定
    • Spotifyの音質設定
    • Apple WWDC 2020
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • Spotify
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • 荒れた海に苦戦
    • Panasonic Lumix S 20-60mm F3.5-5.6
    • 外付HDDからMusicを再生
    • ごちそう
    • Macの音2
    • Macの音
    • Color Sync
    • MacBook Pro 16inch 2019
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負
    • テトラ帯の勝負