2019年09月19日

multi1

マルチアンプ方式でチャンネルデバイダー(クロスオーバー)を使う場合、大きく分けて2種類ある。

ひとつは伝統的なLCRフィルターによるアナログ式、もうひとつはA/D変換~DSP制御するデジタル式だ。
続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ 2018~ 

2019年09月17日

マルチ0917-3

前回検討した変則バイアンプ方式の致命的な問題点を発見してしまった。

デジタルチャンデバであれアンプ内蔵DSPであれ、デジタル式クロスオーバーにはレイテンシーが1~2ms程度あるようだ。つまり音速での到達距離にして0.3~0.6mほどの遅れが生じる。全chが遅れる分には問題がなく、各ch間のディレイによるタイムアライメント調整も有効であるが、ウーハーだけDSPを通す変則バイアンプでは、時間軸がそのままズレてしまう。これはダメだ。ユニット間の数cmのタイムアライメントどころではない。上図のようにチャンデバを通すか、全chを同等にDSPアンプで再生しなければならない。4ch型や、2ch×2台でも安価なDSPアンプもあるが、現用の真空管アンプを使うとしたら、やはりチャンネルデバイダーが必要なのか...

なお、DSP内蔵アンプのフローを見ると、基本的にDSPをスルーさせることは出来ないようだ。つまり必ず固有のレイテンシーが発生するので、チャンデバを使う場合も、DSP内蔵アンプとその他のアンプを混在させることは出来ないと思ったほうが良さそうだ。





robertohouse │コメント(0) 
オーディオ 2018~ 

2019年09月16日

マルチ0917

次はやっぱマルチかな?

しかしマルチはチャンネルデバイダーの性能が肝となり、システムが複雑化するため、メリットと同時に難しい面もある。

マルチアンプとバイアンプの中間的なやり方ではどうだろう?  続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ 2018~ 

2019年09月13日

s-care_mm_2

30年使っているレコードプレーヤーKP-9010のインシュレーターが劣化・硬化しており、用をなしていない。

試しにインシュレーターを外し、山本音響工芸の木製スパイクに載せてみたらハウリングは感じられない。スピーカーで色々実験してみて、スパイクインシュレーターは先が尖って見た目が硬い印象だが振動を効果的に遮断すると感じた。接点の面積が極小になるため、ミクロに見ると非常に柔らかいと考えられ、振動を嫌うレコードプレーヤーでも十分使えそうだ。そこでプレーヤーのM6ボルト穴に合うスパイクを探してみると、ノルウェーのサウンドケア社スーパースパイク SS6 が安価で良く出来ていると思う。上下が一体的になっていて設置が安定し、形状や材質も合理的でよく考えられている。 このタイプは他にはKRYNAくらいしかなく、価格は2倍以上である。

ハウジングのガイドにより実際の設置は非常に容易く一点支持を可能にします。結果として設置された音響機器が発生させる振動を他の機器に伝えることが無く、逆に他の機器より発生する振動を設置されている機器に伝えることもありません。「スーパースパイク」を使用したときの音響特性は、過渡特性に優れ振動ノイズをカットできるので低域再生能力が向上します。また、SN比が向上しますのでダイナミックレンジのパワーバランスが整い非常に聴きやすい再生音を得ることができます。使われている部材は、エンジニアやオーディオファイルの人たちにより繰り返しテストを行い納得がいく結果が得られたものを使用しております。...スパイク部は焼き入れし強度を高めた鋼を使用、スパイクケ-ス部はインシュレーターの共振を低減させるために比重の高い亜鉛を使用しています。ハウジング部はポリカーボネイト製で作られバツグンの強度が機器の性能を最大限に発揮させます。美しいハイ・エンドモデルは使用している機器のグレード感を大きく伸ばすことができます。」

続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
オーディオ 2018~ 
0E70A52B-D3D6-40DA-A7AB-EAE5955294C6

鉄骨の作業所を住宅に転用する工事。大きな空間を活かしながら、暮らしやすい家に改修します。
1980年代頃から建築の性能や耐久性が向上しているので、こうしたリノベーションは増えていくと思います。

robertohouse │コメント(0) 
現場 

2019年09月11日

キャプチャ1 キャプチャ

iPhone11Pro

ついにiPhoneに13mm相当の超広角レンズが搭載された。圧倒的シェアを誇るiPhoneによって超広角写真が一般化し、写真のトレンドが変わるだろう。
日常や旅行の記録でデジタルカメラを持つ必要性はほとんど無くなるし、レタッチに習熟すれば仕事でも十分使えると思う。
とても欲しいけど、自分の”10”はまだ1年しか使ってないので、いずれ”13Pro”あたりを買うか。

しかしこのデザインは…なぜ三眼(+二眼)をここまで強調する? 自分は若干トライポフォビア気味なのでこれはゾワッとする…
レンズ基部の段差は仕方ないとしても、その部分全体を真っ黒にすれば三眼を目立たなく出来た気がする…

robertohouse │コメント(0) 
カメラと写真 2015〜 

2019年09月10日

A70B1CCB-91A3-44E4-B62B-FC9D1103D6C7 A91F7AFE-999F-419B-B376-DDB1E0ECB552 5AA1E60C-9460-41CF-A592-416F7A955B18


工事は大詰めを迎えて、監理の頻度が上がっています。
住宅地にありながら、豊かな緑に包まれ四季を感じられる家です。

robertohouse │コメント(0) 
現場 

2019年09月09日

A4FF408F-9C68-448E-9309-15A467BE67A2

名古屋の建材会社の営業さん、目的は商品PRよりもコレだとか...
隠語が飛び交う患者同士のライカ談義に、同行の方はチンプンカンプンだったでしょうね(笑)

予約開始から瞬時に売り切れたという限定版M-E、アンスラサイト塗装がカッコ良かったです。

robertohouse │コメント(0) 
ライカ 
3E465F86-EEFD-4E2F-AC49-4D03F3FCC77C

1年余りをかけて構築してきた自作2wayスピーカーが一旦、完成。

低域:JBL2206H    高域:JBL2426H+JBL2344   ネットワーク:約1.2kHz -6dB/oct
スタンド:JBL JS-360 スパイク交換 インシュレーター:TAOC PTS-A
パワーアンプ:EL34パラレルプッシュプル


バッフルとマウントの強化、ユニット選定、ネットワーク調整も落ち着き、脚回りも固まった。
30年前に聴いて憧れていたJBL2344ホーンの滑らかさとキレ味も本領を発揮し始めた。
ずっと小口径フルレンジユニットが好きだったけど、もう戻れないかな…
コンプレッションドライバー+ホーンの切れ味はフルレンジの分割振動域とはやはり違う。
もちろんフルレンジユニットの良さもあるけど、JBLらしい迫力を活かしながらフルレンジ1発のように鳴らすのが目標!

さて、次なるチャレンジへ。ウーハーをもっと音離れ良く軽々とドライブしたい。アレに手を付けるしかないな(^^)

robertohouse │コメント(4) 
オーディオ 2018~ 

2019年09月08日

3B3380F1-01FA-4053-9EB3-E583F9086342   

猛烈な残暑を避けて、標高1000m超で犬の散歩(^^)  こんな絶景に渋滞もなく40分ほどで行けるのが富山の良いところ。   続きを読む

robertohouse │コメント(0) 
自然といきもの 
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
PVカウンター

    ギャラリー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(3) チャンネルデバイダー
    • マルチの検討(2) 変則バイアンプの問題
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • マルチの検討(1) 変則バイアンプ
    • soundcare スーパースパイク
    • soundcare スーパースパイク
    • soundcare スーパースパイク
    • リノベーション
    • iPhone11Pro発表
    • iPhone11Pro発表
    • KD邸
    • KD邸
    • KD邸
    • M-E
    • JBL 2way 一段落
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 称名滝
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • 夕飯調達
    • ファームアップ 2.7.5.0
    • ファームアップ 2.7.5.0
    • 2426Hのメンテナンス
    • 2426Hのメンテナンス
    • 2426Hのメンテナンス