2017年07月25日

IMG_0504

上原善広さんの大ファンだが、これは誰が読んでも面白いと思う。実際、かなり売れているらしい。昭和の大阪にこんな空間が存在していたのか。生々しい人と人のぶつかり合い、音や臭いや空気が強烈に伝わり、どんな映像よりも映像的、しかし絶対に映像化はされないテーマだ。上原善広さんは被差別部落の出身で、ほとんど1人でこのタブーを切り開いてきた。重いテーマを絶妙な距離感で淡々と描くのが魅力だが、この作品は最初から最後まで眼前で見ているような、息をつかせぬダイナミックな活劇である。至高の名作「日本の路地を旅する」とは筆致が対称的でありつつ共に自身のルーツを辿る双子のような作品。実父のことを書いたらこの先どうするのだろうと勝手に心配してしまう。これは大宅賞をもう一度取ってもいいと思う。最高!!


robertohouse │コメント(0) 
読書と歴史民俗 

2017年07月23日

IMG_0653  IMG_0656

自家製トマトとアサリのスパゲティ、自家製野菜にカジキマグロ(富山弁で「サス」)の自家製ツナ油煮のサラダ、豚ロースの香草パン粉焼き、マッシュルームのアヒージョなど。ツナは本当に簡単で手早く出来るのでお薦め。

robertohouse │コメント(0) 
酒と食 

2017年07月21日

DSC05868_320DSC05872_320DSC05878_320

薪ストーブと土間のあるコンパクトな平屋の家の工事が始まっています。
基礎配筋検査、外壁塗装サンプル検討、そして外壁と屋根の納まりを原寸模型で確認しました。


robertohouse │コメント(0) 
現場2017 

2017年07月16日

IMG_0630

家庭料理のプロyamazakiさんのアドバイスもあってようやくうまくできた…と言っても超簡単。  今回はビンチョウマグロの白身。塩コショウして適宜ハーブ入れて油ひたひたで弱火で煮込むだけ。前回失敗したのは柔らかくしようと1時間も煮込んで、カチコチに …今回は極弱火で15分ほど煮込んで蓋をしたまま置いておいた。繊維に沿ってほぐせばホロホロに別れる。安価なときにまとめて作れるし、塩加減やハーブの使い方は好みでアレンジできるし、塊から崩して使うので食感も食べ応えがある。コストもツナ缶同等かそれ以下であり、これならツナ缶を買う必要はないと思った。ツナ缶は便利過ぎて原料がマグロという認識が薄く、資源保護の観点から問題があると思うが、それはまた別の機会に。


robertohouse │コメント(0) 
酒と食 

2017年07月15日

IMG_4350

無事に引き渡し。最初の相談から長いお付き合いになりますが、じっくりと向き合って議論を重ね、間取り、デザイン、コストコントロールなど、dueらしくご家族にぴったりフィットさせることができたな、と思います。お別れ際のご家族の表情を見て、とても嬉しかったです。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2017年07月14日

DSC05805_320 DSC05783_320

塗装工事も進んで仕上がりが近づき、細部のチェックに入っています。

robertohouse │コメント(0) 
現場2017 

2017年07月13日

IMG_0625

大きな白貝とマイカのパエリア。イカ肝も少し加えて我ながら良い仕上がり!
スペイン本国でも高価なサフランの代わりにターメリックなどを使うこともあるというけれど、サフランは色よりも香りだと思う。
芳醇に上品にフワっと広がる、パエリアの世界に誘う幸せな香りに、毎回200円ほど支払う贅沢感(笑)    
セコンドは豚ロース焼き。ワインは安くてもスペイン産を。


robertohouse │コメント(0) 
酒と食 
IMG_0626

診療ユニットがたった1つの、プライベートな歯科医院です。
富山で最大級の歯科医院も作りましたが、今回は最小記録かもしれません。
経験は活かせますが、全く違う感覚もまた必要になります。

robertohouse │コメント(0) 
現場2017 

2017年07月10日

IMG_0608 IMG_0611 IMG_0615

魚を捌いてみたいと言うので今夜はこども料理長。
1尾だけ手本を見せたら、頭とワタ取りはもちろん、予想以上に手早く3枚下ろしをこなしてビックリ。
骨が苦手なので僕より几帳面に中骨を取る…塩加減やチーズおろしも筋がいい(^^;
ほぼ1人で丁寧に作ったアジの香草パン粉焼き、とっても美味しく頂きました👏 

robertohouse │コメント(2) 
酒と食 | 家族の時間

2017年07月09日

19959153_1331816853605418_6288189510803975557_n 19748522_1331498650303905_1249418050211660115_n

日曜くらい早い夕食にしてゆっくりしたいと言われ、明るいうちからワイン飲みながら料理したら幸せ感が半端なかった。
生パスタはイワシのロッソ仕立て、前菜にズッキーニ他、セコンドは安い豪州産牛肉をホロホロに柔らかい赤ワイン煮込みに。

robertohouse │コメント(0) 
酒と食 

2017年07月08日

L1001704_800   DSC05614_800

DSC05619_800   L1001712_800

スキップフロアの中2階に配置された、開放的かつプライベート感の高いダイニングキッチン。

robertohouse │コメント(0) 
建築設計due 

2017年07月07日

IMG_0596

竣工写真撮影!

robertohouse │コメント(0) 
現場2017 | 建築設計due

2017年07月06日

DSC05508a_512 DSC05522_341

鉄骨造の既存建物へ木造での増築工事。大屋根がなかなかダイナミックです。

robertohouse │コメント(0) 
現場2017 
IMG_0590

「トリッパのおじさん」UENOさんから頂いた猪のパンチェッタをペペロンチーノに合わせました。
ここのところ料理と現場と柴犬くらいしかアップされない、ずーっとテンパっている状況をお察しください^^;

robertohouse │コメント(0) 
酒と食 

2017年07月05日

DSC05479_320 DSC05458_320

外装がほぼ終わり、内装工事も進んでいます。たて込んだ街なかでの平屋の家は独特の存在感があります。

robertohouse │コメント(0) 
現場2017 

2017年07月02日

IMG_0581

スパゲティボンゴレビアンコ、頂きものや自家野菜のカポナータ、カプレーゼ、タコのカルパッチョ、豚肉のパン粉焼き。
栄養バランスが取れて、重くなくて、食べ応えのあるメニューをいつも考えてます。

robertohouse │コメント(2) 
酒と食 
IMG_4344

35mmは広角レンズなのだが、開放f1.4最短距離ではピントが数mmしかない。
ライカのレンジファインダーでのピントの歩留まりは高くないが、低くもない。

robertohouse │コメント(0) 
LEICA 

2017年06月29日

IMG_0572 IMG_0574 IMG_0573

新調したフライパンで初パエリア。焦げ付かず快適に作れました。セコンドはイサキのオーブン焼き。


robertohouse │コメント(0) 
酒と食 

2017年06月27日

2_400 1_400

まもなく完成です! ここで料理したくなってきました...

robertohouse │コメント(0) 
現場2017 

2017年06月25日

IMG_0546      IMG_0545

ヤナギバチメとアサリと生ダコのアクアパッツァ。取っ手が外れるのでそのままテーブルに出しやすく、セラミック加工で内側が白いのも良いです。
生パスタはサーモンとマッシュルームのトマトクリームで。生ダコはカルパッチョでも頂きました。
 

robertohouse │コメント(0) 
酒と食 
最新コメント
プロフィール
PVカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索
















    ギャラリー
    • 路地の子
    • 自家製
    • 自家製
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 射水のTI邸
    • 自家製ツナ
    • 高岡のOK邸
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • 白貝のパエリア
    • S歯科 地鎮祭
    • 料理男子
    • 料理男子
    • 料理男子
    • 早めの夕食
    • 早めの夕食
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • 富山のSI邸上棟
    • 富山のSI邸上棟
    • 猪肉のペペロンチーノ
    • 黒部のOZ邸
    • 黒部のOZ邸
    • 日曜日の食卓
    • ズミルックス35/1.4ASPH
    • 新フライパンでパエリア
    • 新フライパンでパエリア
    • 新フライパンでパエリア
    • 高岡のOK邸
    • 高岡のOK邸
    • フライパン新調記念
    • フライパン新調記念
    • FE83solバスレフ実験
    • FE83solバスレフ実験
    • ちょっとアンニュイ
    • ボンゴレ